Fri, 02/13/2004 5:31 pm UPDATE
2004シーズン NFLとは NFLヨーロッパ NFLイベント NFLフラッグフットボール サイトマップ
NFLビギナー NFLマニア NFLエンタメ コミュニティレポート NFL JAPAN チアリーダー
   NFL JAPAN top page>2002シーズン>ニュース
2002シーズン
スーパーボウル
ニュース
試合結果
スケジュール
TV放映予定
スタンディング(リンク)
スタッズ(リンク)
ロースター(リンク)
デプス(リンク)

ニュース
2004シーズンニュース
2003シーズンニュース
12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月

Jul.31, 2002
 
フォーティナイナーズが日本に向けて出発
 
 フォーティナイナーズのキャンプに参加している河口正史は来日するチームのツアーガイド兼通訳を買って出た。その見返りは、選手たちからのサポートだ。「彼らには、日本では僕が面倒を見てやるから、その代わりフィールド上では僕をサポートしてくれって頼んだんだ」と河口は言う。河口はNFLヨーロッパで数年間プレーしたベテランで、今回のNFL OSAKA 2002に向けてキャンプ中からフォーティナイナーズに帯同している。
 フォーティナイナーズは31日に日本に向けて出発し、いくつかのレセプションと公式行事に参加し、ほんの少し観光をしたあと、大阪ドームでレッドスキンズとプレシーズンゲームで対戦する。
 1週間のカルチャーショック、そして往復10,778マイルにも及ぶ長旅は、シーズンに向けての準備としては決してベストのものではない。それでもフォーティナイナーズの面々は日本への旅を楽しみにしているようだ。カリフォルニアの高校出身の河口はスティーヴ・マリウーチヘッドコーチに認めてもらおうと躍起になっている選手の一人だ。
「若い選手にとってNFL OSAKA 2002への参加は素晴しい経験になるだろう。でも、我々はあくまで仕事をしに日本に行くのであって、シーズンに向けての準備の一環であるということを忘れてはいけない」とDLブライアント・ヤングは言う。彼は95年にもアメリカンボウルで来日している。「と入っても、このたびは楽しいよ。一生の思い出になるものだ」。
 河口を除けば、DBジミー・ウィリアムズはフォーティナイナーズの中で唯一日本語をしゃべることのできる選手だ。ルイジアナ州出身のウィリアムズは高校で日本語を勉強し、日本にも4ヶ月間留学した。
 「みんなジミーや日本に言ったことのある連中と一緒に行動しようとしているよ」と新人のCBマイク・ランフは語る。「日本へ行くのは楽しみにしている。ただ、日本で売っているものの中にはアメリカで使えないものがあるって聞いたから、それは気をつけなきゃね」。
 NFL OSAKA 2002は今季各チームが5試合行うプレシーズンゲームの最初の試合である。フォーティナイナーズのプレシーズンスケジュールは決して楽ではない。終盤にはわずか10日間のうちに3試合をこなさなければいけない。マリウーチは不平を述べるようなことはしないが、他のコーチたちがほとんどすべて共有している同じような感想を持っている。
「プレシーズンゲームが3試合だったらいいのだけどね」とマリウーチは言う。彼の視点はこうだ。現在のNFLではミニキャンプが数回行われ、ロスター枠も少なくなり、コンディショニングプログラムは1年中続く。こういった状況ではプレシーズンは長く続く必要がないというのだ。
 88年以来フォーティナイナーズがアメリカンボウルシリーズに参加するのは今回で8回目だ。これまでロンドン、ベルリン、バルセロナと訪問している。しかし、現在チームに在籍している選手の中で最後にフォーティナイナーズが国外で試合を行ったヴァンクーヴァー(98年)から残留しているのはほんの一握りに過ぎない。
 ヤング以外にJJストークス、デイナ・スタブルフィールド、デリック・ディースのみが前回のチームの来日時に在籍していた。 
 フォーティナイナーズはゲームまでに大阪ドームで2回の練習を行うが、日本での時間はほとんどがレセプションやレクレーションに費やされる。その中で、確実にフットボールに集中するだろうと思われるのはバックアップQBのティム・ラティだ。ラティはプロボウルQBジェフ・ガルシアの跡に出場し、もっとも多くのプレー時間を費やすと考えられている。
「チームの戦略については十分理解しているつもりだ。でも机上で考えるのと実際のゲームで経験することは全く違う」とラティは言う。「それこそが僕が体験したいことであり、体験する必要があることだ。レギュラーシーズンとはまたレベルが違うし、スピードも違うものだ」。
 ラティは過去2年間ガルシアのバックアップとしてほとんどプレーする機会を与えられていない。バックアップQBが経験不足のまま新しいシーズンに突入するということはフォーティナイナーズにとって懸念材料以外のなにものでもない。フォーティナイナーズはブランドン・ドーマンをドラフトで指名し、ケイド・マクナウンをトレードで獲得した。それでもマリウーチはラティが2番手QBであることを保障している。
 ラティはルイジアナ工科大学時代には12,746ヤードをパスで獲得し、100TDを記録したが、NFLではわずか3回のパスしか投げていない。
「確かにそうだ。でも彼はその3回のパスをすべて成功させているよ」とマリウーチはいう。「今のこのリーグでは均衡が進んでいるから、ほとんどすべてのゲームが接戦となってしまう。だから、バックアップQBにプレーする機会を与えるのは難しい。私はティムがバックアップQBとしてふさわしい人材だと思っている。日本でそれが証明されるだろう」。
フォーティナイナーズ
 
レッドスキンズが日本に向けて出発
 
 レッドスキンズがいよいよ日本に向けて出発した。レッドスキンズは日本時間の木曜日に大阪に着き、日曜日のフォーティナイナーズの試合までに2回の練習を行う予定だ。
 この試合の模様は米国東部時間3日後と10時からESPNで放映される。Redskins.comではチームの日本での練習や行動をフィーチャーストーリーや写真などで随時アップデートしていく予定だ。
レッドスキンズ
 
Sブラウンが右手骨折
 
 昨シーズン、ベアーズがマークした2試合連続の延長戦での勝利の立役者となったSマイク・ブラウンがキャンプでの練習中に右手を骨折し、プレシーズンゲームの2試合を欠場する可能性が高くなった。故障は比較的軽傷で、完治まで時間もかからず、後遺症もないとされる。ブラウンが負傷したのは火曜日の練習中だが、正確にいつ故障したかはわからないという。
「まあ、よくあることだよ。練習をしていれば、どこかしら傷めるものさ」とブラウンは述べた。「今朝目覚めるまでなんとも思っていなかったんだ。ところが、今朝になって、力が入らないことに気が付いたんだ」。
 ブラウンは来週にもコンディショニングトレーニングを再開する予定だが、DBドリルに参加するのはもう少しあとになりそうだ。
 ブラウンは昨年の2試合連続のオーバータイムでの勝利で、いずれもパスインターセプトリターンTDを決めて、試合のヒーローになっていた。
ベアーズ
 
パッカーズがOG ブラックシェアと契約
 
 パッカーズはNFL9年目のベテランOGジェフ・ブラックシェアと契約を結んだ。ブラックシェアは93年にシーホークスに入団し、その後96年にレイヴンズにトレードされた。シーホークスからレイヴンズ在籍時にかけて、57試合連続先発出場も記録している。2000年にはチーフスに移籍して15試合に先発出場したが、昨年はフットボールから離れていた。このほかパッカーズはPスコット・エルダーを自由契約とした。
パッカーズ

Jul.30, 2002
 
シーホークスが1巡指名スティーヴンスと契約
 シーホークスは今年のドラフトで1巡(全体の28番目)指名したジェレミー・スティーヴンス(ワシントン大)と5年契約を結んだと発表した。スティーヴンスは31日からチームのキャンプに合流することになった。スティーヴンスはまだワシント大学に在籍していたため、シーホークスの公式練習に参加したのは、ドラフト直後に行われたミニキャンプのみだった。大学時代は3年生だった昨年に左足を骨折して数試合を欠場している。しかし、テキサス大学と対戦したホリデーボウル(47−43でテキサス大が勝利)では自己最多の9回のパスキャッチで109ヤード、1TDを記録した。
シーホークス
 
バッカニアーズがRBミラーを獲得
 
 バッカニアーズは前タイタンズのRBディセンゾ・ミラーと1年契約を結び、OGハワード・ダンカンを解雇したと発表した。ミラーはタイタンズにドラフト外で入団したが、自由契約となっていた。
バッカニアーズ
 
QBテスタヴァーディが親指を負傷
 
 ジェッツのベテランQBヴィニー・テスタヴァーディ(37)が練習中に他の選手のヘルメットに右手を強く叩きつけてしまい、親指にケガを負った。大きな損傷はない見込みだが、キャンプでの練習は数日間休むことになりそうだ。テスタヴァーディは「キャンプの練習を欠場してしまうのは残念だが、シーズン中に戦列を離れるよりはマシだ。」と述べている。15年間のプロ生活で何度もヘルメットに指をぶつけた経験があるらしく、テスタヴァーディは「2〜3週間もすれば治るよ。そんなに長く練習ができないとは思わない。開幕までには間に合うさ」と楽観視している。テスタヴァーディはケガの箇所をアイシングしながらサイドラインで残りの練習を見学した。
 ハーマン・エドワーズヘッドコーチは先週、テスタヴァーディがトレーニングキャンプ中に先発の座を奪われることはないと保証した。しかし、バックアップQBのチャド・ペニントンはテスタヴァーディの一時的な戦列離脱で練習時間を多く与えられるから、より奮起してエドワーズの信頼を勝ち得たい。そうすればシーズン中にテスタヴァーディが不調に陥った事態にはペニントンが代わって出場するチャンスを掴むことができる。
ジェッツ
 
チャージャーズのGMバトラーに肺癌宣告
 
 チャージャーズのGMジョン・バトラーが肺癌に侵されていることが発覚し、直ちに専門的な治療に入ったことがチーム側から発表された。選手側にはバトラーの希望で、マーティ・ショッテンハイマー心ヘッドコーチの口から伝えられた。バトラーが肺癌と診断されたのは数週間前のことらしい。8月13日で56歳になバトラーは昨年まで喫煙者だった。チーム関係者はリリースを発表する一方でチーム内に動揺が広まらないように務めている。
チャージャーズ
 
ドルフィンズが3巡指名マッキニーと契約
 
 ドルフィンズは今年のドラフトで3巡指名したCセス・マッキニー(テキサスA&M大)と3年契約を結んだ。第1、2巡指名権を持たなかったドルフィンズにとってはマッキニーがトップ指名にあたる。これでドルフィンズのドラフト指名選手は全てチームとの契約締結を完了した。マッキニーは大学時代に4年間先発を務め、50試合に出場した。Cのポジションで全試合に先発出場したのはNCAAディビジョンIでも歴代わずか5人目にあたる快挙だった。3、4年生時にはオールビッグ12カンファレンスのファーストチームに選出されている逸材だ。大学の最優秀Cに贈られるリミントンアワードの最終選考にも残った。
ドルフィンズ
 
ジャガーズがKホームズを解雇、DEセセリーを獲得
 
 ジャガーズはKジャレット・ホームズ(26)を自由契約とし、代わってDEマイク・セセリーと契約した。ホームズは昨年、最後の4試合に出場してキックオフとエキストラポイントのキックを担当した。ホームズはPクリス・ハンソンとともに今年6月にパーティでチーズフォンデュの鍋をひっくり返し、大火傷を負っていた。
 セセリーは昨年ジェッツに在籍し、このオフにはパンサーズに移籍していたが、2週間前に解雇されていた。
ジャガーズ
 
タイタンズが1巡指名ヘインズワースと合意
 
 タイタンズから1巡(全体の15番目)指名を受けたDTアルバート・ヘインズワース(テネシー大)がチームとの契約交渉で大筋合意に達した。ヘインズワースは契約がまとまるまでの間、キャンプの5日間を欠場した。6フィート5インチ、320ポンドのヘインズワースはヘンリー・フォードのバックアップとしてキャンプに参加するが、将来的には先発に育つことを期待されている。
タイタンズ
 
QBラティ、プレシーズンで飛躍を
 
 プレシーズンはスターターにとってはほとんど出場機会がない。レギュラー陣は1、2シリーズ出場したあと、後はサイドラインに戻って最新モデルのキャップを被って試合を見ているのが常だ。そして、この暗黙のルールは今週末のNFL OSAKA 2002でレッドスキンズと対戦するフォーティナイナーズにも当てはまる。
 スティーヴ・マリウーチはジェフ・ガルシアはほんのわずかな時間しかプレーしないことを既に明らかにしている。すなわち、バックアップQBのティム・ラティが貴重な実戦経験を与えられるということでもある。ラティはガルシアに次ぐ安定した第2QBで、ブランドン・ドーマンやケイド・マクナウンよりもデプスチャートで上に登録されている。
 事実、フォーティナイナーズのファンは今年のプレシーズンでラティがプレーするのを多く見ることになるだろう。予定されている5試合で、マリウーチと彼のコーチングスタッフはラティに多くのチャンスを与える予定だ。
 「彼はおそらく他のQBよりもプレー時間を与えられるようになるだろう」とマリウーチはラティについて語っている。「先発で出場するかもしくは最後に登場するかはわからないが、彼はもっと実戦経験を積んでゲームに慣れなければいけない。例えばレッドゾーンだとか、フィールドドライブの長さだとか、2ミニッツドリルといったものは実戦の中で感覚を磨いていくものだ。彼に必要なのは練習ではなく試合での経験なのだ」。
フォーティーナイナーズ
 
ローゼンフェルズがNFL OSAKA 2002で先発
 
 レッドスキンズにとって今年のプレシーズンの1試合目となるNFL OSAKA 2002で、フォーティナイナーズを相手に先発出場するQBは2年目のセイジ・ローゼンフェルズとなる可能性が高くなった。
 ローゼンフェルズはNFLで公式戦の出場経験はないが、チームのQBの中で唯一昨シーズンから残留している選手である。昨年のドラフトで4巡指名を受けて入団したローゼンフェルズは、驚くべきほどの強肩とモビリティの持ち主ではないが、頭脳と冷静さでオフェンスをドライブさせることのできるQBである。
 スパリアーは依然として開幕先発の座は3人のQBによって争われる状況を変えようとはしていない。それでも、ローゼンフェルズはスティーヴ・スパリアーのNFLデビューとなる記念すべき試合に先発出場する権利を与えられたのだ。
 「とてもうれしい」とローゼンフェルズは言う。「プレシーズンゲームでファーストチームとして出場するのはこれが初めて。きっと楽しい試合になるだろう」。
 スパリアーがローゼンフェルズをフォーティナイナーズ戦の先発に指名したのは、彼が全試合でベンチにいたとは言え、昨年からの残留組であるからだ。
 実際にはローゼンフェルズは追いかける立場だ。なぜなら、ダニー・ワーフルもシェイン・マッシューズもフロリダ大学時代にスパリアーの下でプレーした経験があるからだ。つまり、それだけレッドスキンズが今年から採用するオフェンスのシステムの知識が有るということだ。
 「彼はシステムの飲みこみがとても早い」とスパリアーはローゼンフェルズについて感想を述べている。「彼は今までパス中心のオフェンスは経験していないと思う。だからこれは大きな試練だ」。
 ローゼンフェルズは先週、トレーニングキャンプの序盤でとてもいい調子でパスを投げていた。しかし、スロースタートながらQBのポジション争いはヒートアップしてきた。マッシューズは先発経験もあるし、チームのなかでリーダーとして頭角を現してきた。ワーフルも目立たないながら安定したプレーを見せるようになった。
 本当のテストはプレシーズンゲームで行われる。先発の座を射止めるのは一人。もうひとりはバックアップとしてチームに残るが、最後の一人はチームに残留することすら困難となるかもしれない。ポジション争いはいやでもヒートアップするだろう。
レッドスキンズ
 
元ドルフィンズのDLガードナーが入団
 
 レッドスキンズはドルフィンズから解雇されたDTダリル・ガードナーと1年契約を結び、ディフェンスの補強をほぼ完結した。ブロンコズもガードナー獲得に乗り出していたが、ガードナーはレッドスキンズを移籍先として選択した。レッドスキンズにしてみれば過去の故障遍歴が心配されるが、それ以上にディフェンスのフロント4を固める必要性が勝った形だ。ガードナーがチームに合流するのは来週から。ガードナーはNFL OSAKA 2002には出場せず、来日もしない。
レッドスキンズ
 
出るか!?『アマヤ・スペシャル』
 
 今週末に迫った「NFL OSAKA 2002」を待ち望むファンに朗報だ。日本人プレイヤーを代表してワシントン・レッドスキンズから試合出場する天谷亮仁(あまや・あきひと/29歳)選手だが、米国ペンシルヴェニア州カーライルで行われている同チームのサマーキャンプに合流するやいなや、彼のプレイぶりを見たヘッドコーチのスティーブ・スパリアーから思わぬコメントが出た。「いくつかのプレイでアマヤを使う予定だ。彼に持たせるのはたぶん、リバースプレイかリバースフェイクのパス」。
 スパリアーHCと言えばカレッジ界の重鎮にして名将として名を馳せた才子。「ファン&ガン」と呼ばれるパッシングアタックを武器に、母校フロリダ大を全米チャンピオンに導いたこともある。また一方では、大のメディア嫌いで、そのわがままぶりはフットボール界では有名な話。そんなスパリアーだけに、日本・大阪でのアメリカンボウルだからといって、「日本人選手は使うのが当たり前」などという常識は通用しない。ところが、突然飛び出した先の発言に当の天谷もびっくり。「リバース!? ワオ!!」。身長182センチ、体重86キロのNFLの中では小柄な天谷だが、国内を飛び出してNFL欧州でプレイしてきた過去2年間は決して無駄ではなかったようだ。天谷と同じNFL欧州ライン・ファイアーでチームメイトだったDBチャンドラー・スミスは、「驚きだよ。外国人なのにアマヤはスピードとシュアハンドを持った素晴らしい選手だよ」と練習でのマッチアップで舌を巻いた。
 また初めて天谷のプレイを見た同じポジションのWRクリス・ドーリングはこう言った。「アマヤはきっとNFLの”イチロー”になるよ」。「NFL OSAKA 2002」で初めてNFLプレイヤーとしてフィールドに立つ天谷。『アマヤ・スペシャル』でコーチ、スパリアーに強烈なインパクトを与えることができたなら、チームとの契約延長も夢ではない。8月4日は『アマヤ・スペシャル』が炸裂することを期待しよう。
レッドスキンズ

Jul.29, 2002
 
RBフォークが7年契約にサイン
 
 ラムズのエースRBマーシャル・フォーク(29)がチームと終身雇用とも言える7年契約を結んだ。マイク・マーツヘッドコーチが発表したもので、マーツはまたフォークを今季のチームキャプテンに任命した。契約が満了する頃にはフォークは36歳になっており、途中で解雇されない限りフォークはラムズで引退することになりそうだ。
 「我々はマーシャルが引退するまでこのチームでプレーしてくれることを望んでいる。」とマーツは言う。「彼がこのチームのみならずリーグ全体に与えたインパクトというの計り知れないものがある」。
 フォークも「このチームに残ることができてよかったよ」と述べている。
 フォークは史上初めてラッシュとパスキャッチによる総獲得距離が4年連続で2,000ヤードを超えた選手だ。しかも、膝の打撲で2試合を欠場したにもかかわらずこの偉業を達成したところにフォークの素晴らしさがある。2000年にはリーグMVPにも輝き、昨年は最優秀オフェンス選手賞に選ばれた。
ラムズ
 
ベンガルズWRウェストブルックが手首を骨折
 
 このオフにベンガルズに移籍したばかりのWRマイケル・ウェストブルック(30)が練習中に右手首を骨折し、手術が必要となることが明らかになった。少なくともキャンプの残りの日程は全休することが確実視されている。その一方でOTジョン・ジャクソン(37)は血管造影検査の結果、異常なしと診断された。
 ウェストブルックは28日の練習中に転倒し、その際に親指の付け根の骨を骨折した模様だ。彼はそのまま練習を続行したが、痛みが引かないために練習後に検査を受けて骨折が発覚した。翌29日に専門家から手術を受けて骨折箇所に固定用のボルトを埋め込むことを進められたという。その手術は30日も行われる。チームは9月8日の開幕戦(対チャージャーズ戦)までには復帰できることを望んでいるが、最低でも4週間は練習が再開できない見通しだ。
 ジャクソンは家族に心臓病を患った人が多く、自らも26日の検査でちょっとした異常が見られたためにより精密な血管造影検査をうけた。しかし、懸念された心臓には異常が認められず、練習再開にゴーサインが出された。
 さらにベンガルズはSピッグ・プレイザーをリザーブ/引退者リストに登録した。ミシシッピー州立大からドラフト外でベンガルズに入団したプレイザーは、これ異常NFLでプレーする意思がないことをチームに告げていた。
ベンガルズ
 
セインツが1巡指名ストールワースと契約締結、QBブルックスがキャンプに参加
 
 セインツにうれしいニュースがふたつ飛び込んできた。1巡(全体の13番目)指名のWRドンティ・ストールワース(テネシー大)との正式契約締結に成功し、さらにホールドアウト中だったQBアーロン・ブルックス(26)がようやくキャンプに合流したのである。
 ストールワースの契約期間は6年で、彼はジョー・ホーンの逆サイドの先発ポジションをジェローム・ペイソンと争うことになる。ブルックスは今年が契約の最終年にあたるが、チーム側から依然として契約延長のオファーがないことに不満を訴え、キャンプの初日から3日間を欠場していた。
セインツ
 
ジャイアンツが1巡指名ショッキーと合意
 
 ジャイアンツから1巡(全体の14番目)指名を受けたTEジェレミー・ショッキー(マイアミ大)がチームと契約内容で合意に達し、キャンプに参加することになった。ショッキーは契約がまとまるまでの間、キャンプを5日間欠場していた。彼が参加しなかった練習は9回に及ぶ。ジャイアンツが1巡指名選手にホールドアウトされたのは6年ぶり。最後にホールドアウトを敢行した新人は96年のDEセドリック・ジョーンズだった。
 ショッキーはマイアミ大でプレーした2年間に61回のパスキャッチで平均13.4ヤードをマーク、10TDを決めた。ジャイアンツは86年と90年シーズンにスーパーボウルを制したときの名TEマーク・ババーロに匹敵する能力をショッキーが持っていると高く評価している。
ジャイアンツ
 
CニューベリーがNFL OSAKA 2002欠場か
 
 プロボウルCのジェレミー・ニューベリーがキャンプの練習中にふくらはぎの筋肉を痛めてしまい、レッドスキンズとのNFL OSAKA 2002の試合に欠場する可能性が高くなった。このオフに6年間の契約延長を手にしたニューベリーは先週から練習には参加していない。フォーティナイナーズによればケガは重傷ではないが、5試合もこなさなければいけないプレシーズンのハードスケジュールのためにトッププレーヤーに関しては無理をさせない方針とのことだ。ニューベリーは大阪入りしないものと思われるが、スティーヴ・マリウーチはまだ最終的な決断を下していない。
フォーティーナイナーズ
 
選手のコメント集・OTジョン・ジャンセン
 
(日本でフットボール以外にしてみたいこと)
「アメリカのテレビ番組が見られるかどうかチェックしたいね。それから、チーズバーガーも見つけられるかな?迷子になりたくないから、行けと言われた場所以外は行かない。そして、すぐホテルに帰ってくるよ」。
(チームとスパリアーは期待に応えられるか)
「ウチのオフェンスに他のチームがどう反応してくるかを見てみたいね。レギュラー陣で4〜5クオーターをプレーしてみないと、実際の感じは掴めない」。
レッドスキンズ
 
選手のコメント集・QBシェイン・マッシューズ
 
「自分は今このオフェンスをうまくリードできるように、自分をリセットしている状態だ。でも、1日ごとにこのオフェンスをスムーズに動かすことができるようになってきている。僕は今までの9年間はウェストコーストオフェンスでプレーしてきた。そのオフェンスではコールされたプレーをきちんとこなすことが鉄則なんだ。スナップを受け、ディフェンスとレシーバーの動きを読んで、最もいい形でプレーを完結させるのがウェストコーストオフェンス。スパリアーのフィロソフィーはパーフェクトなプレーをコールすることだ。でも、いつでもプレーコールがパーフェクトであることはあり得ない。相手のディフェンスによっていいプレーを出せるようにするのがQBの責任なんだ。」
レッドスキンズ
 
選手のコメント集・LBジェシー・アームステッド
 
(LB陣について)
「ウチのLB陣は好きなだけタチが悪くなれるんだ。他の二人(アーリントンとトロッター)はパッションを持ってとても真剣にプレーしている。僕も同じだ。我々レッドスキンズがどれだけパッションを持ってプレーするかを、このLB陣が示してやるよ」。
(大阪でプレーすることについて)
「未知の体験だね。以前にはドイツに行ったことがあるが、今度は日本だ。これで世界一周したことになるね」。
[2002年7月29日]
レッドスキンズ

Jul.28, 2002
 
RBジェームズが手術後初めてチームに合流
 
 コルツのRBエジャリン・ジェームズ(23)がキャンプの初日に元気な姿を現した。ジェームズがコルツの公式行事に参加するのは昨年11月に膝の手術を受けて以来初めてのことである。99年と2000年シーズンに2年連続でNFLのリーディングラッシャーに輝いたジェームズは昨季右膝のACLを断裂する重傷を負い、戦列を離れた。以来、ジェームズはチームの合同トレーニングや練習にも姿を見せていなかった。
コルツ
 
タイタンズCBロールが足首を捻挫
 
 タイタンズの先発CBサマリ・ロール(25)がキャンプでの練習中に右足首を捻挫するケガを負った。すぐにX線検査を受けたが、さらに詳しく故障箇所を調べる予定だ。ジェフ・フィッシャーヘッドコーチが語ったところによるとロールは最大で4週間欠場する可能性もあるとのことだ。
タイタンズ
 
チーフスがゴンザレスへの長期契約を撤回か
 
 チーフスのGMカール・ピーターソンは、TEトニー・ゴンザレス(26)がNBAへの挑戦を諦めない場合、彼に提示した長期契約のオファーを撤回する用意があることを明らかにした。ピーターソンは「スポーツをやるならひとつのものを徹底的にやるべきだというのが私の信念だ。つまり、1年中そのスポーツに集中するべきなのだ」と語り、強い姿勢で臨むことを示唆した。ゴンザレスはNBAとNFLの両方でプレーすることを自分の夢としており、実際にこの夏はマイアミ・ヒート傘下のサマーリーグチームでプレーしていた。バスケットボールのプレー中に足首を捻挫するなどのトラブルもあったが、さらにゴンザレスはWRクラスの年俸を求めてホールドアウトしている。これより前に彼はチームから提示された長期契約のオファーを退けている。
チーフス

Jul.27, 2002
 
ビルズが1巡指名ウィリアムズと契約
 
 ビルズは1巡(全体の4番目)指名のOTマイク・ウィリアムズ(テキサス大)と正式に契約を結んだ。ウィリアムズはチームが勢ぞろいする28日の試合から練習に参加する。契約締結までの間、4回の練習を欠場していた。
ビルズ
 
コルツが1巡指名フリーニーと合意
 
 コルツが1巡指名したDEドワイト・フリーニー(シュラキュース大)がチームの提示した契約内容で合意し、キャンプの初日から参加することが決まった。フリーニーが契約書にサインしたことでコルツはキャンプが始まる前にドラフト指名選手の全員を契約下に置くことに成功した。
[2002年7月27日]
コルツ

Jul.26, 2002
 
日本人磯有理子さんがNFL初の女性トレーナーに
 
 ACLを断裂してNFLでのキャリアを終えてしまう選手は多い。しかし、磯有理子さん(31)はACL断裂のためにNFLでのキャリアを始めることになった最初の人かもしれない。
 磯さんは東京でバスケットボールの選手として活躍していた。しかし、膝の故障で彼女の選手生命は絶たれてしまう。そこで彼女はスポーツ医学の道を志すようになったのだ。
 ふたつの大学での学位を習得し、その後9年間のアスレチックトレーニングを経て、磯さんは誰もがあこがれながら、とくに女性には実現の難しかった道へ自分をステップアップさせて行った。
 NFLが設立されてから82年目にしてピッツバーグ・スティーラーズが磯さんをフルタイムの女性トレーナーとして採用したのである。
 身長153センチの磯さんの体はお世辞にも大きいとは言えない。しかし、多くの女性トレーナーにとってはその存在は大きなものとなった。なぜなら、高校や大学で、選手の足首や膝にテーピングを施し、リハビリのプログラムを考える女性トレーナーは何千人といるかもしれないが、トップクラスのプロリーグで活躍する女性トレーナーは本の一握りにも満たないからだ。
 磯さんは全く疲れを知らないかのようにビニール袋入りの氷やウォータークーラーを持っては選手のこなすドリルからドリルへと走りまわっている。
 「オドオドしたりすることはないですね」と磯さんは1日15時間にも及ぶ練習のほんのわずかなブレイク中に答えた。「ここでは全ての環境が全く違うから、慣れるのが大変なんです。思ったほどナーバスにはなっていないです。でも、プレッシャーは感じます。初めての女性プロトレーナーになるなんて考えたこともなかった。でも、多くの人達がこれを目標にしているのだということは今では理解しています。だから、そういう人たちの夢を壊してはいけないというプレッシャーを感じるんです」。
 磯さんはスティーラーズのキャンプに昨年と一昨年にインターンとして参加している。だから、チームのジョン・ノーウィグトレーナーがもうひとり自分のアシスタントトレーナーを雇う許可をもらったときに、磯さんが第一候補となったのだ。ノーウィグは磯さんに次のようなアドバイスを与えたという。「いいかい、足首というのはどれもいっしょなんだ。それが誰の足首であるかなんて関係ないんだよ」。
 「彼女は素晴らしい学歴を持ったアスレチックとレーナーだ。それに、人柄もいい」とノーウィグは言う。「選手たちともとてもうまくやっているようだ。この仕事には最適な人材だよ」。
 磯さんが現在マスコミ攻勢に追われているが、それが終われば「技術を持った女性トレーナー」としてではなく「技術を持ったトレーナー」として認められたいと願っている。
 「医者に診てもらうとき、それが男性か女性かなんて気にしませんよね」と磯さんは言う。彼女はオレゴン州立大で学士号を修得し、サンノゼ州立大学で修士を修了した。「私は一人のトレーナーとして雇われたのだと思っています。性別は問題じゃないんです」。
 ロッカールームの中で飛び交う汚い言葉や女性のポスターなども磯さんは気にしない。
 「私は尊敬の念を選手と持って接していますから。それに、そういうことに関して嫌な思いをしたこともありません。私がスポーツをしていた時は私自身も闘争心を持ってやっていた。感情をストレートに表に出したこともあります。みんなそうなんです。だから大丈夫ですよ」。
 
悪童QBリーフが引退
 
 1998年にドラフト2位でチャージャーズに入団し、在籍するチームでトラブルを起こしては期待に応えられずにいたQBライアン・リーフがついにNFLから引退することになった。
 このオフにシーホークスに移籍したリーフは25日から始まったチームのキャンプに姿をあらわさなかった。先発QBでポジションリーダーのトレント・ディルファーがリーフに電話をしたところ、NFLから引退する考えを持っていることを知らされた。「彼はホッとした様子だったよ」とディルファーはリーフと話した感想を述べた。「人が下した決断に口を挟むべきじゃないけど、びっくりした。彼はミニキャンプでも好調だったし、いろんなことを吸収して、生まれ変わろうとしていたように見えたんだけど・…」
 リーフは4年間でチャージャーズ、バッカニアーズ、カウボーイズ、シーホークスと渡り歩いた。通算で21回の先発を含む25試合に出場、655試投で317回のパスを成功させ、3,666 ヤード、14TDを記録した。被インターセプトは36を数えた。パサーレイティングは50だった。
シーホークス

Jul.25, 2002
 
ブロンコズがKイーラムと再契約
 
ブロンコズは選手がキャンプ地のコロラド州グリーリーに集結した25日、Kジェイソン・イーラム(32)と1年契約を結ぶことに成功した。さらに、ドラフト1巡指名のWRアッシュリー・レリー(ハワイ大)と2巡指名RBクリントン・ポーティス(マイアミ大)とも契約内容で合意に達し、これによってブロンコズは今年のキャンプをホールドアウトする選手がなく、全員揃って迎えることができた。イーラムは今年2月に完全FAの資格を得ていたが、ブロンコズは彼をフランチャイズ選手に指名して優先交渉権を獲得した。この1年契約は仮契約とも言うべきもので、今後チームとイーラムサイドの話し合いによって複数年契約が正式に結ばれる見込み。
 レリーの正式契約は完了していないが、ポーティスは既に4年契約にサインしたとの情報もある。
ブロンコズ
 
ブロンコズがDEシンクレアを獲得
 
ブロンコズはベテランDEマイケル・シンクレア(34)と1年契約で合意に達したと発表した。シンクレアは昨年まで11年間シーホークス一筋にプレーしてきたが、このオフに解雇された。その後シンクレアは移籍先を求めてラムズやレイダーズと交渉を重ねてきた。ブロンコズはDEポール・トヴィエーシが膝のケガで現役続行が困難となったために自由契約とし、急遽シンクレアの獲得に乗り出した形だ。シンクレアは4年前にはNFLトップかつチーム記録となる16.5サックをマークして3年連続のプロボウル出場を果たした。しかし、99年に糖尿病を患ってからは成績が落ちる一方で、今年の2月にシーホークスから解雇を言い渡されていた。
ブロンコズ
 
NFL欧州出身のKキムリンがブロンコズへ
 
ブロンコズはこの春にNFLヨーロッパリーグのフランクフルト・ギャラクシーで活躍したスウェーデン人Kオラ・キムリンと契約を結んだ。その一方で、DEポール・トヴィエーシとOGジェイ・ハンフリーを自由契約とした。トヴィエーシは昨年のドラフト2巡選手だが、右膝の故障が原因でフットボール続行がほぼ不可能な状態になっていた。
ブロンコズ
 
ベンガルズが2新人と契約
 
ベンガルズは1巡指名のOTレヴィ・ジョーンズ(アリゾナ州立大)と2巡指名DBラモント・トンプソン(ワシントン州立大)との正式契約を完了させた。ジョーンズとは5年、トンプソンとは4年契約という内容だった。ジョーンズはアリゾナ州立大で3年間スターターを務め、35試合連続で先発出場を果たした。オールパック10のファーストチームにも選出されている。トンプソンは昨年ワシントン州立大学の歴代記録となる10個のインターセプトをマークした。なかでもUCLA戦では1試合で4インターセプトを決めた。通算24インターセプトはパック10カンファレンスの新記録だった。
ベンガルズ
 
レイダーズが1巡指名ブキャノンと契約
 
レイダーズは1巡指名のCBフィリップ・ブキャノン(マイアミ大)と5年契約を結んだと発表した。ブキャノンは高齢化の進むレイダーズのディフェンスで新人ながら先発ポジション獲得の期待がかかる。CBエリック・アレンは既に引退を発表しており、チャールズ・ウッドソンの逆サイドが空席の状態となっているからだ。レイダーズはまた、7巡指名のQBロナルド・カリー(ノースカロライナ大)と6巡指名のRBラリー・ネッド(サンディエゴ州立大)とも契約を完了した。これでレイダーズはすべてのドラフト指名選手との契約を終え、26日からのキャンプに参加することになった。
レイダーズ
 
大ベテランOTブラウンがバックスと1年契約
 
7回のプロボウル出場を誇る39歳のベテランOTローマス・ブラウンがバッカニアーズと1年契約結び、自身19年目のシーズンに挑戦することになった。ブラウンにとってはこれがNFLでプレーする5番目のチームとなる。彼は今年2月にサラリーキャップ対策のためにジャイアンツから解雇されていた。バッカニアーズでは2年目のケンヤッタ・ウォーカーとLTの先発ポジションを争うことになる。85年のドラフトで6巡指名を受けてライオンズに入団したブラウンズはその後カーディナルズやブラウンズでプレーしたことがある。2000年から在籍したジャイアンツでは2シーズンで32試合に出場し、35回スーパーボウル出場に大きく貢献した。通算では252試合に出場、そのうち1試合を除いてすべてに先発している。
バッカニアーズ
 
ドルフィンズがFBアヤンバデージョを獲得
 
ドルフィンズは前レイヴンズで、このオフにはFAとなっていたFBオバフェミ・アヤンバデージョと1年契約を結んだ。アヤンバデージョは今年4年目の選手。過去3年はいずれもレイヴンズでプレーしていた。このオフは制限付FAとなったが、レイヴンズが再契約の意思を示さなかったために完全FAとなっていた。3年間の通算では39試合に出場、61回のボールキャリーで210ヤード、2TDをマークしている。
 さらにドルフィンズは今年のドラフトで指名した5選手のうち4人の新人と契約を済ませた。契約を済ませた4選手は4巡指名のTEランディ・マクマイケル(ジョージア大)、5巡指名のCBオマーレ・ローウィ(ワシントン大)、同じく5巡指名のWRサム・シモンズ(ノースウェスタン大)、7巡指名のRBレオナード・ヘンリー(イーストカロライナ大)である。マクマイケルは4年、他の3人は3年契約という内容。
ドルフィンズ
 
CBパーカーが今季絶望
 
キャンプ3日目にしてフォーティナイナーズは重要な戦力を失った。CBアンソニー・パーカーが練習中に四頭筋を断裂する重傷を負ったもの。MRI検査の結果、今季のプレーが不可能であると診断された。
 アンソニーの搬送された病院で報道陣の質問に答えたスティーヴ・マリウーチヘッドコーチは「たった今検査結果を見てきたところだ。筋肉が切れているのがはっきりとわかった。アンソニーはただランニングをしていただけなのに」と落胆振りを隠さなかった。
 パーカーは99年にドラフト4巡でフォーティナイナーズに入団し、以降21試合に出場してきた。昨年は 5試合に出場したあと、肩のケガでその後のシーズンを欠場した。99年にはトレーニングキャンプ中にACL断裂の重傷を負って、やはりシーズンを棒に振っている。今年は第4CBの座を巡ってラシャド・ホールマンとポジション争いを展開する予定だった。フォーティナイナーズはサラリーキャップに余裕があるため、別のCBを新たに獲得することもできるが、マリウーチはその可能性に関しては言及しなかった。
フォーティナイナーズ
 
CBチャンプ・ベイリーがオフェンスでもプレー?
 
レッドスキンズはCBチャンプ・ベイリーを第2のディオン・サンダースとするプランがあることを明らかにした。すなわち、彼をキックリターナーやWRとして起用するというのだ。
 ジョージア大学在学中はリターナーやレシーバーも務めたことがあるベイリーだが、スティーヴ・スパリアーヘッドコーチに練習中にWRでもラインアップするように言い渡された。実際に練習ではスティーヴン・デーヴィスからピッチを受けるリバースプレーで50ヤードのTDランを披露した。チームメートの中にはオフェンス用の白い練習ジャージをきたベイリーに混乱した者もいたようだ。
 「僕がインターセプトして、逆方向に走ってしまったと思ったチームメートが多かったようだよ」とベイリーは語った。「彼らは僕がオフェンス側に入っていることに気づきもしなかったんだ」。
 ベイリーはこれまでもかつてのヘッドコーチたちにオフェンスでのプレー参加を直訴していた。ノーヴ・ターナーとマーティ・ショッテンハイマーはそのアイディアに耳もかさなかったが、2000年シーズン途中にターナーが解雇されたあと、臨時ヘッドコーチとなったテリー・ロビスキーは自分が指揮した3試合のなかでベイリーをレシーバーとしても起用し、2回のパスキャッチと1TDランを記録させている。
 スパリアーも最初はこの考えに否定的だった。一人のCBのために練習時間が削られてしまうレシーバー陣の心情を慮ってのことだった。しかし、ベイリーのビッグプレーを生み出す能力はやはり無視できるものではなかった。さらに10人のレシーバーの中でNFLでスター選手としての実績を残している人材はないという事実も、スパリアーに考えを変えさせるきっかけとなった。
 「我々は積極的にチャンプをオフェンスで使っていく」とスパリアーは言う。「チャンプはチームでも最も俊足な選手の一人だし、オープンフィールドで彼の能力を生かす可能性があるのなら、それを利用しない手はない。ただし、彼はあくまでディフェンスの選手だから、常時オフェンスにランアップするわけではない。それほど練習しなくてもいいように、3〜4プレーに限定するつもりだ」
レッドスキンズ

Jul.24, 2002
 
元レイヴンズのQBザイアーが引退
 
レイヴンズなどで6年間プレーしたQBエリック・ザイアー(29)がフットボールから引退し、抵当権貸し業に転身することになった。「この先何が僕を待っているかわからないが、今のところは自分の決断に満足している」とザイアーは語った。ザイアーはジョージア大学で4年間プレーし、その間に同大学のパッシング記録のほとんど全てとサウスイースタンカンファレンスの18部門での記録を塗り替えた。95年にブラウンズに入団し、チームの移転とともにレイヴンズでプレー、その後はバッカニアーズやファルコンズにも在籍した。おもにバックアップとして活躍した。通算では28試合に出場し、そのうち12試合に先発出場した。
レイヴンズ
 
スティーラーズが1巡指名シモンズと契約
 
スティーラーズは1巡指名のOLケンドール・シモンズ(オーバーン大)との間で6年契約で合意に達したと発表した。シモンズはスティーラーズのトレーニングキャンプに初日から参加することになる。また、これによってスティーラーズは全選手を契約下においたことになる。6フィート2インチ、310インチのシモンズは大学時代はOTとして活躍したが、スティーラーズではOGに転向し、オリヴァー・ロスと右OGのポジションを争う予定。スティーラーズはこのオフにロスと再契約し、さらにシモンズをドラフトで指名したため、昨年までのスターター、リッチ・ティルスキを放出していた。スティーラーズの1巡指名選手がホールドアウトせずにキャンプの初日から合流するのは97年のCBチャド・スコット以来だという。
スティーラーズ
 
スティーラーズに日本人女性トレーナー誕生
 
スティーラーズにフルタイムで働く初めての女性トレーナーが誕生した。それも磯有理子(いそありこ)さんという日本人だ。磯さんは昨年まで5年間ポートランド州立大学のフットボールとレーナーの長として働いてきた。スティーラーズでは昨年と一昨年のトレーニングキャンプにインターンで参加して、NFLでの経験を積んでいた。磯さんはチームのジョン・ノーウィッグトレーナーを始め、全てのメディカルスタッフのアシスタントを務める
スティーラーズ
 
ジャイアンツがQBコリンズの契約を延長
 
ジャイアンツはキャンプインを2日後に控えて、QBケリー・コリンズの契約を2年間延長し、2004年シーズン終了まで契約下に置くことに成功した。2000年シーズンにチームをスーパーボウルに導いたコリンズは今季後にFAとなる予定だった。この再契約で今年のサラリーキャップに余裕のできたジャイアンツはバックアップQBジェイソン・ギャレットとの再契約も完了させた。
ジャイアンツ
 
ベアーズが1巡指名コロンボと契約
 
ベアーズはドラフト1巡指名のOTマーク・コロンボ(ボストンカレッジ)と正式契約を結び、今年のドラフト指名選手全員の契約が完了した。
ベアーズ
 
セインツがベテランCBマシスを解雇
 
セインツはキャンプ直前に行われたフィジカルテストで合格基準に達しなかったCBケヴィン・マシス(28)を解雇した。マシスは過去2年間セインツのディフェンスで大きな貢献をしてきたが、昨年の12月30日にレッドスキンズ戦で首を痛め、それが完治しなかった。
 「こういう形でマシスと袂を分かつ結果となったのは実に残念だ」とセインツのフットボール経営責任者のミッキー・ルーミスはコメントを残している。「彼はこの2年間、素晴らしい活躍をしてくれたばかりでなく、リーダーシップもよく発揮してくれた。しかし、彼を診断したメディカルスタッフの報告を聞いた上では、こういう決断を下すことが彼にとっても最善策なのだと判断した」。
 マシスは2000年シーズンの開幕前にカウボーイズとのトレードでセインツに入団し、先発29を含む30試合に出場した。この2年間では166タックル、3インターセプト、17回のパスデフレクト、5回のファンブルフォース、1QBサックを記録してチームのなかでも最もアグレッシブなタックラーの一人に数えられていた。
 マシスの故障はレッドスキンズのRBをタックルした時に負ったもので、一時的に四肢の感覚を失うほどの重傷だった。試合が終わるまでにはすべての感覚が戻っていたが、現在に至ってもフットボールをプレーするには危険が伴うとセインツは判断したようだ。
セインツ

Jul.23, 2002
 

イーグルスが1巡指名シェパードと契約

 
イーグルスは今年のドラフトで1巡指名(全体の26番目)したCBリト・シェパード(フロリダ大)と5年契約を結んだ。これによってシェパードは25日から始まるトレーニングキャンプの全日程に参加することになる。5フィート10インチ、194ポンドのシェパードはフロリダ大学在学中に出場した34試合で、自分のサイドではわずか1TDパスしか許さなかった。抜群のクイックネスを持った選手で、カバーできる範囲も広い。また、リターナーとしても才能を発揮し、大学時代にはキックオフリターンで平均22、5ヤード、パントリターンで平均11.4ヤードをマークした。
イーグルス
 
スティーラーズがDE スミスの契約を5年延長
 
スティーラーズの最大かつ最後の懸念であったDEアーロン・スミス(26)との契約問題がキャンプ開始数時間前になってようやく解決し、キャンプのホールドアウトという最大の危機が回避された。今季後にFAになる予定だったスミスは5年間の契約延長を手にし、高年俸選手の仲間入りを果たした。昨年8QBサックを記録してスティーラーズの3-4守備隊形のパスラッシュDEとしての地位を確立したスミスは、やはりこのオフに再契約したLBジョーイ・ポーター並の年俸を要求していた。スミスが契約書にサインしたことで、昨年リーグ1位にランクされたスティーラーズのディフェンスは今後5年間にわたってキープレーヤーの全員が契約下におかれることとなった。ドラフト1巡指名のOTケンドール・シモンズ(オーバーン大)のみがチームとの契約を完了していないが、大筋ではほぼ合意に近づいているといわれる。
スティーラーズ
 
パッカーズが1巡指名ウォーカーと契約
 
パッカーズから1巡指名を受けたWRジェイヴォン・ウォーカー(フロリダ州立大)がチームと6年契約を結んだ。昨年までのトップレシーバーの3人(ビル・シュレーダー、コーリー・ブラッドフォード、アントニオ・フリーマン)がいずれも退団してしまったパッカーズで、今季ウォーカーにかかる期待は大きい。このオフに獲得したテリー・グレンとロバート・ファーガソンがスターターになる予定だが、ウォーカーもかなりの出場機会を与えられるものと見られる。さらにパッカーズは6巡指名のOLマイク・ヒュートン(サンディエゴ州立大)とも正式契約を結んだ。これにより、未契約の新人はFBネイジャー・ダヴェンポート(4巡、マイアミ大)とDLアーロン・カンプマン(5巡、アイオワ大)となったがいずれも近いうちに契約内容で合意に達する見込み。
パッカーズ
 
セインツがベテランRBアレンを獲得
 
セインツはNFL経験13年のベテランRBテリー・アレン(34)をデュース・マカリスターのバックアップとして獲得した。アレンは度重なる膝の故障に悩まされながらも、90年にヴァイキングズに入団して以来5つのNFLチームを渡り歩き、通算で8,614ヤードのラッシング、ト79TDを記録している。昨年はレイヴンズで故障欠場のジャモール・ルイスに代わって先発8試合を含む11試合に出場し、168回のボールキャリーで658ヤードを稼いだ。これまで1,000ヤードラッシュを4回経験しており、1,353ヤード走ってリーグ最多の21TDをマークした96年にはプロボウルにも選出されている。パスでの貢献も大きく、これまで204回のパスキャッチで1,601ヤード、6TDを記録している。セインツには2000年に在籍していたことがあり、2季ぶりのチーム復帰となる。
セインツ
 
ライオンズが1巡QBハリントンと契約
 
ライオンズはトレーニングキャンプが始まる前に1巡指名(全体の3番目)のQBジェイ・ハリントン(オレゴン大)と正式契約を結んだ。ハリントンはかねてからキャンプをホールドアウトすることはないと公言していたが、その約束通りにキャンプに間に合うように正式契約を完了した。また、2巡指名のDEカリンバ・エドワーズ(カロライナ大)もチームと契約した。ヘッドコーチのマーティ・モーニンウェグはハリントンを将来のQBとして育てる方針で、今季中に先発として出場する可能性は少ないとしている。昨年のドラフト5巡で入団したマイク・マクマーンが今年の先発QBとなる公算が高い。
ライオンズ
 
ラムズ1巡指名のLBトーマスが契約書にサイン
 
ラムズが1巡で指名したLBロバート・トーマス(UCLA)がチームと正式な契約を結んだ。契約期間は5年間。ラムズはトーマスを開幕先発LBとして考えており、キャンプ前にトーマスとの契約を完了することが不可欠となっていた。UCLAではMLBとしてプレーしたが、ラムズは彼をウィークサイドのOLBに起用する方針だ。
ラムズ
 
1巡指名ランフが正式契約
 
フォーティナイナーズから1巡指名を受けたDBマイク・ランフ(マイアミ大)がチームと5年契約を結んだ。契約が成立したのはチームのキャンプ2日目で、ランフは練習を3回欠場しただけでキャンプに合流することになった。ランフは昨年マイアミ大が全米王座についたときの先発DBで、今季はフォーティナイナーズのバックアップDBを務めることになる。
フォーティナイナーズ

Jul.22, 2002
 
ベテランWRスコットがジャガーズに入団
 
 ジャガーズはこのオフに解雇したキーナン・マッカーデルの穴を埋めるべく、ベテランWRダーネイ・スコット(30)と1年契約を結んだ。7月25日から始まるトレーニングキャンプからチームに合流する。スコットは8年間在籍したベンガルズからつい先ごろ自由契約となっていた。ジャガーズはマッカーデル放出のあと、ベテランレシーバーをかき集めており、これまでにボビー・ショウ、パトリック・ジョンソンらを獲得している。
 スコットは左脚の骨折で2000年シーズンを棒に振ったが、昨年は57回のパスキャッチで819ヤードを稼ぎ、2TDを記録して復活を遂げた。これまでの通算では先発104を含む109試合に出場、386回のパスキャッチで5,975ヤード、36TDをあげている。
ジャガーズ
 
ドルフィンズがDEウィリアムズの契約を延長
 
 ドルフィンズはパンサーズとのトレードで獲得したDEジェイ・ウィリアムズ(30)と新たに契約を結びなおし、契約を3年間延長することで合意に達した。これによりウィリアムズは2005年までドルフィンズの契約下に置かれる。
ドルフィンズ
 
パンサーズが1巡指名ペパーズと契約
 
 7月26日にキャンプインを前にして、パンサーズは今年のドラフトで1巡、全体の2番目で指名したDEジュリアス・ペパーズ(ノースカロライナ大)と正式な契約を結んだ。これでペパーズは新人にとってはとても重要なトレーニングキャンプに初日から参加することになった。ペパーズはノースカロライナ大で3年間プレーし、その間に通算30.5個のQBサックをマークして、同大学の歴代2位にランクされた。2年生だった2000年には、1980年にローレンス・テイラーがマークした同大学記録にわずかひとつ及ばない15個のサックを決めた。昨年は63タックル、9.5サック、3インターセプトを決めた。パンサーズでは左サイドのDEポジションのスターターとなることが期待されている。
パンサーズ
 
チャージャーズがトップ指名の2新人抜きでキャンプイン
 
 チャージャーズは22日、新人選手と一部のベテラン選手による練習を行い、今年度のサマーキャンプを開始したが、そこに1巡指名CBクィンティン・ジャマー(テキサス大)と2巡指名トニウ・フォノーティ(ネブラスカ大)の姿はなかった。チャージャーズは前日に4人のドラフト指名選手との契約を結んだが、ジャマーとフォノーティの両選手とは折り合いがつかなかった。チャージャーズでは昨年も1巡指名だったRBラデイニアン・トムリンソンがキャンプの全日程をホールドアウトで欠場し、2巡指名のQBドリュー・ブリーズも序盤は不参加だった。
チャージャーズ
 
49ers、キャンプ初日に8人のドラフト指名選手と契約
 
 フォーティナイナーズはキャンプ初日のチームミーティングが始まるまでに、10人のドラフト指名選手のうち8人との正式契約を完了した。正式な契約書にサインしたのはLB サリーム・ラシード、Kジェフ・チャンドラー、Sケヴィン・カーティス、QBブランドン・ドーマン、TE マーク・アネーリ、OGエリック・ハイトマン、OTカイル・コジアー、CBテディ・ゲインズである。残る2選手はCBマイク・ランフ(1巡)とDTジョシュ・ショウ(5巡)だけとなった。1巡指名のランフとは契約できていないものの、スティーヴ・マリウーチヘッドコーチは8人もの新人選手とキャンプ前に契約を結べてことに満足しているようだ。5巡のショウは膝に受けた手術からのリハビリを行っている最中であるため、正式契約は遅れるものと見こまれている。
フォーティーナイナーズ
 
レッドスキンズ、4人のドラフト指名選手と契約
 
 レッドスキンズはキャンプ開始を目前にして4人のドラフト指名選手と正式契約を交わしたと発表した。契約したのはCBラシャド・ボーマン、TEロバート・ロイヤル、OLレジー・コールマン、ロングスナッパーのジェフ・グラウである。未契約なのは1巡のQBパトリック・ラムジー、2巡のRBレイデル・ベッツ、3巡のDBクリフ・ラッセルだけとなった。
レッドスキンズ

Jul.21, 2002
 
フォーティナイナーズがキャンプイン
 
 フォーティナイナーズは21日(日本時間22日)にリーグで2番目に早い日程でキャンプインを迎えた。キャンプインが例年よりもやや早くなったのは、『NFL OSAKA 2002』のためにはるばる日本まで行かなければならないことに加え、今年のプレシーズンは例年よりも1試合多い5試合を消化するスケジュールになっているからだ。
21日は選手たちがキャンプ開催地となるパフィシック大学に集結し、翌朝から練習が始まる。今年のNFLのチームではテキサンズに次いでキャンプインが早かった。23日からは『NFL OSAKA 2002』の対戦相手レッドスキンズがキャンプインする。
フォーティーナイナーズ

Jul.20, 2002
 
テキサンズが前セインツのLBミッチェルを獲得
 
 2000年にプロボウル出場を果たしたことのあるベテランLBキース・ミッチェル(27)がテキサンズに入団した。身長6フィート2インチ(約188センチ)、体重245ポンド(約111キロ)のミッチェルはこれまで5年間セインツに在籍し、通算で先発61を含む78試合に出場した。昨年は97回のタックルと2QBサック、1ファンブルリカバーを記録した。ミッチェルの自己最高のシーズンは2000年で、14試合に先発出場し、キャリア最多の6.5サック、4ファンブルリカバー、1インターセプトリターンTDを記録、プレイオフでも1試合に先発出場した。
テキサンズ
 
Tボセーリ、キャンプ開幕に間に合わず
 
 現地時間7月20にキャンプインしたテキサンズだが、エクスパンションドラフトで1位指名を受けたTトニー・ボセーリ(30)は肩の故障のために別メニューでの調整となった。5回のプロボウル出場を誇るボセーリだが、ジャグワーズに在籍していた昨年は度重なる肩の負傷でわずか3試合にしか出場できなかった。昨年11月以降、3度の手術を受けているが、回復は思わしくなく、春のミニキャンプでもフルに練習に参加することはできなかった。トレーニングキャンプでも序盤は軽めの調整を余儀なくされそうだ。チーム関係者は具体的な復帰予定に関しては口を閉ざしているが、あくまでも9月8日の開幕戦(対カウボーイズ)には間に合わせたいと強調している。ボセーリが練習に参加できない間、前ベアーズのTジミー・ヘンダーソンが左Tのポジションを務めている。
テキサンズ
 
シーホークス新スタジアム公開日に死亡事故
 
 シーホークスの新スタジアムが一般公開された20日、ファンの一人が観客席から転落し、死亡するという事故が起きた。警察の調べによると、スタジアムの北西側の観客席から転落した模様で、事件性はないとのこと。前日にはゲイリー・ロック州知事とチームオーナーのポール・アレンが視察をしていた。今季からオープンするこの新しいスタジアムだが、柿落しを前に思わぬ悲劇が起きてしまった。
シーホークス

Jul.19, 2002
 
ドルフィンズ、DEウィリアムズを獲得─DEカードナーを解雇
 
 ドルフィンズはDEジェイ・ウィリアムズ(31)をパンサーズとのトレードで獲得した。パンサーズはウィリアムズと引き換えにDEアル・ウォレスと来年のドラフト4巡指名権を譲り受けた。さらにドルフィンズはDEダリル・ガードナー(29)を放出した。
 ウィリアムズは94年にドラフト外でドルフィンズに入団したが、トレーニングキャンプ終了と同時に解雇され、その後ラムズに移籍した。99年にラムズがスーパーボウルを制したあと2000年にFAでパンサーズに入団し、2年間プレイしていた。2000年には先発14を含む16試合に出場し、チームトップの6QBサックをマークした。昨年は自己最多の54タックルを記録し、初のインターセプトも決めている。今年は8年ぶりの古巣復帰となる。
ドルフィンズ
 
マーツヘッドコーチが契約延長へ
 
 ラムズはヘッドコーチのマイク・マーツと2006年までの契約延長で合意に達したと発表した。マーツの契約はあと2年を残していたが、新たに5年契約を結んだことになる。マーツは1999シーズン後、前任のディック・ヴァーミールがヘッドコーチを勇退したことで攻撃コーディネイターからヘッドコーチに昇格した。2000年には年間で540得点を記録し、1試合平均442ヤードを稼ぐオフェンスを作り上げたが、ディフェンスが弱く、10勝6敗でレギュラーシーズンを終え、プレイオフ1回戦でセインツに敗退した。ディフェンスに大改革を施して臨んだ昨年は2年ぶりにスーパーボウル出場を果たしたが、圧倒的有利を言われながらペイトリオッツに敗れてしまった。マーツがラムズのオフェンスを率いるようになった99年から3年連続でチームのオフェンスはリーグ1位を維持している。
ラムズ
 
ラムズがハイズマントロフィー受賞者と契約
 
 ラムズは今年のドラフトで3巡指名したQBエリック・クラウチ(ネブラスカ大)と3年契約を結んだ。クラウチは昨年のハイズマントロフィー受賞者で、大学時代にはビッグ12カンファレンス記録となる3434ヤードラッシングをマークした。また、NCAAで史上3人目となるラッシュ3,000ヤード、パス4,000ヤードを達成した。
ラムズ
 
セインツCBカーターがまたも出場停止
 
 NFLはセインツのCBデイル・カーターを出場停止処分とした。リーグが規定している反薬物政策、『サブスタンス・アビュース・ポリシー』違反があったためで、これによりカーターはチームのあらゆる活動に参加することを禁止される。この間、カーターはチームのロスター枠にはカウントされず、彼の年俸もサラリーキャップには反映しない。カーターは2000年にも同様の違反で1年間の出場停止処分を受けている。リーグの規定では1年の出場停止を受けた選手が同じ違反で処分を受けた際、出場停止の期間は「無期限」となる。出場停止期間の終了はポール・タグリアブーNFLコミッショナーの判断に委ねられる。
セインツ
 
7巡指名FBカートライトと契約
 
 レッドスキンズは今年のドラフトで7巡指名したFBロック・ラートライト(カンザス州立大)と正式な契約を交わした。身長5フィート7インチ(約170センチ)、体重237ポンド(約108キロ)のカートライトは大学時代に112回のボールキャリーで570ヤード、7TDという成績を残した。 パスでも20回のパスキャッチで186ヤードを稼いでいる。レッドスキンズはまた、今年4月に新人FAとして契約したFBチャーリー・ランドリガンを解雇した。
レッドスキンズ

Jul.15, 2002
 
テキサンズが3巡指名ヒルとサイン
 
 テキサンズは今年のドラフトで3巡指名したDTチャールズ・ヒル(メリーランド大)と契約を完了した。テキサンズがドラフトで指名した新人と契約をするのはヒルが6人目。 ヒルは4年生だった昨年、全11試合に先発出場し、自己最多の81回のタックルを決めてチーム2位にランクされた。QBサックは2回記録。メリーランド大在学中には先発26を含む39試合に出場、165回のタックルと6回のQBサックをマークした。
テキサンズ
 
パンサーズが4巡指名ウェズリーと契約
 
 パンサーズは4巡指名したCBダンテ・ウェズリー(アーカンソー大パインブラッフ校)と3年契約を結んだ。彼の代理人であるレイ・サヴェージは「本当は4年契約を望んでいたのだが、とにかく契約が完了してホッとしている」とのコメントを発表した。ウェズリーは大学時代に4年で7個のインターセプトを記録している。パンサーズではテリー・カズン、デロン・ジェンキンズ、レジー・ハワードらとポジション争いを展開することになる。パンサーズはこれで5人のドラフト指名選手との契約を完了したが、上位二人の指名選手(ジュリアス・ペッパーズ、デショーン・フォスター)との契約が済んでいない。また、5巡指名のランディ・ファサーニと7巡ピート・キャンピオンも未契約のままだ。
パンサーズ
 
タイタンズが4巡指名の3選手と契約
 
 タイタンズは4巡で指名した3人の選手と契約を結んだ。CBマイク・イコルズ(5フィート10インチ、190ポンド、ウィスコンシン大)は4年間で全試合に先発出場し、12回のインターセプト、219回のタックル、4回のQBサックという成績を残した。CBトニー・ベッカム(6フィート1インチ、189ポンド、ウィスコンシン大スタウト校)は43タックル、1インターセプトを記録したほか、キックオフリターンも16回務め、平均24.1ヤードをマーク、1TDを記録した。LBロッキー・ボイマン(6フィート4インチ、233ポンド、ノートルダム大)は144回のタックル、8.5サック、5回のファンブルリカバーという成績だった。これで未契約の新人選手は3人となった。
タイタンズ
 
元パッカーズのローリッグ氏が死去
 
 パッカーズで3年間プレーし、その後はNFLの審判を務めたハーマン・ローリッグ氏が亡くなった。84歳だった。ローリッグ氏はネブラスカ大在学中の1939年にオールビッグ6のHBに選出され、41年にはローズボウルにも出場した経験がある。23歳でパッカーズ入りするが、1年を経たところで第2次世界大戦に空軍として従軍した。戦後パッカーズに復帰して2年間プレーしたあと、47年に引退した。現役中には11インターセプトを記録している。
 引退後はNFLやビッグ7カンファレンスの審判を務めたあと、ビッグ10カンファレンスのフットボールとバスケットボールの審判のスーパーバイザーを16年間務めた。
パッカーズ

Jul.13, 2002
 
ドルフィンズQBフィードラーが股関節を手術
 
 ドルフィンズのQBジェイ・フィードラー(30)が股関節に手術を受けたため、トレーニングキャンプの序盤を欠場する可能性が高くなった。フィードラーが手術を受けたのは左の股関節で、2000年のプレシーズンに痛めた箇所とは別の場所。ドルフィンズはこの手術によって故障箇所が完治すると見込んでおり、フィードラーはキャンプが始まる7月26日に再検査をして復帰までの日取りを決めることになる。
 「このところ臀部にかけて痛みがあった。シーズン中に影響が出るよりは今思い切って手術をしてしまった方がいいと考えたんだ」とフィードラーは語った。「トレーニングキャンプの序盤を休んだところでなんの心配もしていない。オフシーズンはずっとチームで練習していたから、新しいオフェンスで我々が取り組んでいることもよく理解しているとつもりだ。大切なのはレギュラーシーズンでこの故障が影響しないようにすることだ。
ドルフィンズ
 
バッカニアーズがWRプールを解雇
 
 バッカニアーズはつい4ヶ月前に契約したばかりのWRキース・プール(28)を解雇した。今年6年目を迎えるプールは97年から2000年の間にセインツで26試合に先発出場し、昨年はブロンコズに在籍した。通算では96回のパスキャッチで1,734ヤードの獲得、11TDという成績を残している。バッカニアーズはこのオフにジョー・ジュレヴィシャスとキーナン・マッカーデルをFAで獲得し、さらにドラフトでマークィス・ウォーカー(ミシガン大)を指名した。そのため、プールがリストラされてしまった形だ。
[2002年7月13日]
バッカニアーズ

Jul.12, 2002
 
シーホークスがLBカークランドを自由契約に
 
 シーホークスはベテランLBルヴォン・カークランド(33)を解雇した。カークランドは昨年オフにスティーラーズから移籍し、全16試合に先発出場して101タックル、1QBサック、2回のファンブルフォースを記録した。カークランドが1シーズンで100回以上のタックルを記録するのは6年連続で、通算では8回目のことだった。通算タックル数は1,0005回で、123試合連続先発出場中である。
シーホークス
 
ファルコンズがWRウィリー・ジャクソンを獲得
 
 ファルコンズは前セインツのベテランWRウィリー・ジャクソン(30)を獲得した。代わって4月に入団したばかりのWRジェフ・グラハムが放出された。ジャクソンは昨年自己ベストとなる80回のパスキャッチ、1,046ヤードという成績を残し、5TDを記録した。通算では259回のパスキャッチで 3,384 ヤードを獲得、23TDをマークしている。これまではカウボーイズ、ジャガーズ、ベンガルズ、セインツでプレーしてきた。
ファルコンズ
 
イーグルスがRBレヴェンスを獲得
 
 イーグルスはベテランRBドーシー・レヴェンス(32)と1年契約を結んだと発表した。6フィート1インチ、230ポンドのレヴェンスは昨年まで8シーズンをパッカーでプレーしていた。1,000ヤードラッシュを2回経験し、97年にはプロボウルにも出場している。
イーグルス
 
49ers キャンプ Facts&Notes
 
・ジェフ・ガルシアとテレル・オーウェンズのコンビはNFLでも最も生産性の高いTDデュオのひとつとなった。99年以降42試合で実に31個のもTDを生み出している。2000年からの30試合に限れば29個ものハイペースである。NFLでトップクラスのTDコンビを見てもガルシアとオーウェンズは際立っている。1試合ごとにTD率を計算してみるとペイトン・マニングとマーヴィン・ハリソンのコンビは99年以降 .79(59試合で47TD) で唯一ガルシアとオーウェンズの .74を上回っている。ただし、ガルシアがフルタイムのスターターとなった2000年以後で計算するとその数値は .96と一気に跳ね上がる。
・ジェフ・ガルシアが初先発から数えて42試合の間にパスで稼いだ距離はチームの歴代QBの中で2位、TD数は1位にランクされている。
フォーティーナイナーズ
 
レッドスキンズ選手プロフィール(9)
 
■ロッド・ガードナー(WR)
■番号:87
■身長:6フィート2インチ
■体重:217ポンド
■NFL経験:2年目
■出身校:クレムゾン大
■NFLでの実績:ガードナーは昨年、第6週のパンサーズ戦で208ヤードキャッチを記録して、一気に名声を得た。QBトニー・バンクスからガードナーへの85ヤードTDパスで同点に追いついたレッドスキンズは延長戦にはいって47ヤードのFGで逆転勝ちを収めたのである。
■主な経歴:彼が記録した1試合208ヤード獲得は昨年のNFLで最高の成績だった。去年1年間でガードナーは46回のパスキャッチで741ヤード、4TDの成績を残した。
■今季の期待:今年はレッドスキンズを代表するレシーバーになることが期待されている。昨年はビッグプレーレシーバーの片鱗をのぞかせた。2年目の今季は安定度を高めたい。
■本人の言葉:去年は1試合ごとに大きく進歩することができた。NFLのCBを相手にプレーするのは初めてだったから、今でもその傾向は勉強している最中だ。今年もこのまま成長を続けたい。
 
レッドスキンズ選手プロフィール(10)
 
■ロッド・ジョーンズ(OG)
■番号:51
■身長:6フィート5インチ
■体重:335ポンド
■NFL経験:7年目
■出身校:カンザス大
■NFLでの実績:ベンガルズに在籍していた2000年はRBコーリー・ディロンの走路を開くために活躍。ディロンの1試合におけるラッシングのNFL新記録樹立(278ヤード、対ブロンコズ戦で達成)に貢献した。
■主な経歴:第36回スーパーボウルではラムズのLTとして先発出場した。しかし、故障のために第1Qで戦列を離れてしまった。
■今季の期待:今年は先発OGとなることが期待される。レッドスキンズのOL内のポジション争いは熾烈になると予想されている。
■本人の言葉:スティーヴ・スパリアーの就任で新しいオフェンスが誕生した。これは自分にとっては大きなチャンスだ。去年のラムズのようなハイパワーなオフェンスを作り上げたい。
レッドスキンズ

Jul.11, 2002
 
イーグルスが3巡指名ウェストブルックと契約
 
 イーグルスは今年4月のドラフトで3巡指名したRBブライアン・ウェストブルック(ヴィラノーヴァ大)と3年契約を結んだ。球団方針として金銭的な条件は明らかにされていない。5フィート9インチ、200ポンドのウェストブルックはオールアメリカンに選ばれ、アトランティック10カンファレンスの最優秀オフェンス選手賞を2度獲得した。昨年はディビジョンI-AAの最優秀選手に贈られるウォルター・ペイトン賞を受賞した。彼が大学時代にマークしたオールパーパス(攻守、スペシャルチームなどすべてのプレイ)での総獲得距離、9,885ヤードはNCAAの記録である。また彼は1試合に287ヤードを走ってヴィラノーヴァ大のシングルゲームレコードも樹立した。通算で46試合に出場して84個のTDで542点を獲得、725回のボールキャリーで4,499ヤード(平均6.2ヤード)という成績を残した。パスキャッチでは219回のレセプションで2,639ヤードを獲得し、さらにキックオフリターンで4TDを記録した。大学時代には41個のチーム記録と13個のカンファレンスレコード、5つのNCAA記録を更新した。
イーグルス
 
タイタンズが二人の新人選手と契約で合意
 
 タイタンズは5巡指名のWRジェイク・シフィーノ(エイクロン大)と6巡指名のOGジャスティン・ハートウィグ(カンザス大)とそれぞれ複数年契約を結んだ。シフィーノは大学時代に40試合に出場し、131回のパスキャッチで1,986ヤード、10TDを記録した。ハートウィグはRTで3年間スターターを務めた。
タイタンズ
 
シーホークスが5巡指名バーナードと契約完了
 
 シーホークスは5巡指名のDLロバート・「ロッキー」・バーナード(テキサスA&M大)と複数年契約を結んだ。バーナードは4年生だった昨年、チームのDLで唯一全試合に先発出場し、69回のタックル(ソロ42)をマークした。テキサスA&M大のDLとしては元シーホークスのサム・アダムスが93年に78タックルを記録しているが、バーナードはアダムス以降最多のタックルを記録したDLとなった。通算で33試合に出場し、170タックル(ソロ89)、12QBサック、33回のロスタックルという成績を残した。
シーホークス
 
ラムズが5巡指名バラードと契約締結
 
 ラムズは5巡指名のLBコートランド・バラード(オハイオ州立大)と3年契約を結んだ。バラードは先発32を含む50試合に出場し、145回のタックル(ソロ104)、11QBサック、1インターセプト、4パスディフェンス、4ファンブルフォース、1ファンブルリカバーを記録した。3年生の時の活躍が最も目覚しく、全12試合に出場し、そのシーズンにマークした6回のQBサックをすべて最終の6試合でマークした。
ラムズ
 
RBジョーナス・ルイスを解雇
 
 フォーティナイナーズは現地時間11日、ベテランRBジョーナス・ルイス(25)を解雇した。これによってトレーニングキャンプに向けて現在ロスターに登録されているRBは9人となった。
 ルイスは2000年シーズンにスペシャルチームでの多才振りを買われて最終ロスターに残された。昨年はチームのトップキックリターナーとして開幕を迎えたが、ファルコンズとの開幕戦で腿の付け根を痛めた。その後シーズンの大半をリハビリで費やしたが、さらに故障を悪化させて故障者リザーブリストに登録されてしまった。
 ルイスの解雇はNFLヨーロッパリーグで活躍したジャモール・ロバートソンにとっては追い風となりそうだ。CFLのカルガリー・スタンピーダーズのプラクティススクワッドに所属していたこともあるロバートソンはNFLヨーロッパリーグの最優秀オフェンス選手に選ばれた。
 そのほかのRBではケヴィン・バーロウ、フレッド・ビーズリー、ギャリソン・ハースト、ジェイセン・イゾム、テリー・ジャクソン、サラディン・マッカラ、ポール・スミス、マット・スタンリーが登録されている。
 
次ぎはカマージか?
 
 サンノゼマーキュリーニュース紙が報じたところによると、フォーティナイナーズはQBジオ・カマージを放出する方針を固めたようだ。
 「現在は最終的な調整に入っている段階だ」とカマージの代理人であるジェフ・スパーベックはマーキュリーニュース紙に語っている。「まだ公式発表ではないが、彼は退団することになるだろう」。
 フォーティナイナーズからは公式な発表はないが、カマージの解雇は予測されていたことでもあった。カマージはフォーティナイナーズに在籍した3年間のほとんどを故障で苦しんだ。フォーティナイナーズはこのオフにブランドン・ドーマンをドラフトで指名したほか、ドルフィンズとのトレードでケイド・マクナウンを獲得している。
フォーティーナイナーズ
 
レッドスキンズ選手プロフィール(8)
 
■リナルド・ウィン(DE)
■番号:97
■身長:6フィート3インチ
■体重:290ポンド
■NFL経験:6年目
■出身校:ノートルダム大
■NFLでの実績:ウィンは自己最多の5QBサックと75タックル(ソロ40)をマークした昨年を自分のプロ入り後最高のシーズンだと位置づけた。通算では先発63を含む73試合に出場、プレイオフでも3試合に先発出場している。
主な経歴:新人の年にはオールルーキーチームに選出された。97年にジャガーズから1巡指名(全体の21番目)を受けてNFL入りを果たした。
■今季の期待:先発メンバー入りが期待される。DEとDTの両方をプレイすることができ、素晴らしいリーダーシップも発揮する。
■本人の言葉:フットボールと密接な関係を持っているこの街に来れたことをとてもうれしくおもっている。ここのは数々の伝統がある。ここはフットボールの街だ。自分も早くその一員になりたい。この街の雰囲気は自分にあっているとも思う。すべての状況がうまくいっている。自分はDEでもDTでも貢献できる。そういった器用さで自分はこのチームに後見出切る物と思っている。
レッドスキンズ

Jul.10, 2002
 
パンサーズが5巡指名ジョンソンと契約
 
 パンサーズは今年のドラフトで5巡指名したFBカイル・ジョンソン(シュラキュース大)と3年契約を結んだと発表した。ジョンソンはシュラキュース大としては20年ぶりとなる2度のキャプテンを経験した選手。プレイヤーとしては主にブロッキングバックでの貢献が大きかった。今季はブラッド・フーヴァーと先発ポジションを争う。パンサーズが今年のドラフト指名選手との契約を完了するのはジョンソンが3人目。これまでに3巡ウィル・ウィザースプーン、7巡ブラッド・フランクリンが契約書にサインをしている。
 パンサーズはまたOLルーク・フリッツを、チームのフィジカルテストに合格しなかったことを理由に解雇し、オクラホマ大出身のDEコーリー・ケイレンズを獲得した。ケイレンズはこの春にNFLヨーロッパリーグのライン・ファイアーでプレイしていた。
パンサーズ
 
コルツが4巡指名ソーントンと契約
 
 コルツはドラフト4巡で指名したLBデイヴィッド・ソーントン(ノースカロライナ大)との契約を完了した。契約期間や金銭面の条件は公開されていない。ソーントンは昨年全11試合に先発出場し、155回のタックルと3QBサックを記録した。
コルツ
 
シーホークスが7巡指名ケリーとサイン
 
 シーホークスは7巡指名で獲得したQBジェフ・ケリー(サザンミシシッピー大)と契約をした。ケリーは大学時代に2年間スターターを務め、昨年のパス成功回数(198)では同校シングルシーズン記録の歴代2位、パス試投数(341)、獲得ヤード数(2,381)、TDパス数(15)、トータルオフェンス(2,415)ではそれぞれ3位にランクされた。通算での獲得ヤード数 (4,482) 、TDパス数 (36)は歴代3位、トータルオフェンス (4,473)とパス成功回数 (357)は4位, パス試投数(621)では6位にランクされている。シーホークスがQBをドラフトで指名するのはケリーが12人目、サザンミシシッピー大出身の選手がシーホークスから指名を受けるのは彼がわずが二人目である。
シーホークス
 
49ers1巡指名ランフが飲酒運転で逮捕
 
 マイアミヘラルド紙はフォーティナイナーズのCBマイク・ランフが6日夜、マイアミビーチで飲酒運転の疑いで逮捕されたと報じた。マイアミ警察の発表によるとランフは警官に車を止められ、アルコール検査を受けたところ規定以上のアルコールが検出されたという。
 ランフは6フィート2インチ、205ポンドのCBで今年4月のドラフトでは1巡(全体の27番目)で指名を受けていた。マイアミ大時代の4年生だった昨年はローズボウルに勝って全米王座を手にした。
 チームのGMであるテリー・ドナヒューはこの件に関して「マイク・ランフがマイアミで逮捕された。この件に関して我々は非常に遺憾に思っている。法律的な観点から現時点ではこれ以上のことはコメントを差し控えたい」と述べるにとどまった。
フォーティーナイナーズ
 
レッドスキンズ選手プロフィール(7)
 
■デイヴィッド・ラヴァーン(OG) 
■番号:66
■身長:6フィート3インチ
■体重:299ポンド
N■FL経験:3年目
■出身校:サンノゼ州立大学
■NFLでの実績:ラヴァーンは昨年までジェッツに在籍し、2000年と昨シーズンは全試合に出場した。ジェッツは昨年10勝をあげてプレイオフに進出した。
■主な経歴:レッドスキンズはドラフト直前のトレードでラヴァーんを獲得した。ラヴァーんは99年にドラフト3巡指名を受けてジェッツに入団した。趣味は古くなった車の修理だとか。
■今季の期待:ラヴァーンは左右いずれかのOGのポジションで出場機会をつかみたい。
■本人の言葉:プレシーズンではLGのポジションを維持したい。ハードに練習を積んで、コーチたちに自分がレッドスキンズに貢献できる選手だということを示したい。
レッドスキンズ

Jul.9, 2002
 
ベンガルズがベテランWRスコットを解雇
 
 ベンガルズはWRダーネイ・スコット(30)を解雇した。スコットは無制限FAとなり、どのチームとも自由に交渉することができる。6フィート1インチ、204ポンドのスコットは2000年に脚を骨折して全試合欠場したが、昨年は57回のパスキャッチで819yd、2TDと見事な復活を遂げていた。これまで8年のNFL生活をすべてベンガルズで過ごしてきており、パスキャッチ数(386)はチーム歴代4位、獲得ヤード数(5,975)は歴代5位の成績である。スコットが解雇された背景にはベンガルズが先ごろWRマイケル・ウェストブルックを3年契約で獲得した事実がある。ウェストブルックはスコットのポジションには入ることになる。ベンガルズには他にピーター・ウォリック、チャド・ジョンソン、ダニー・ファーマー、TJ・ハウシュマンダゼーがいる。
ベンガルズ
 
パッカーズが3巡指名アンダーソンと契約
 
 パッカーズが今年のドラフトで3巡指名したDBマーケズ・アンダーソン(UCLA) との契約を済ませたとヘッドコーチ兼GMのマイク・シャーマンが発表した。パッカーズがドラフト指名選手との契約を完了するのはアンダーソンが6人目。アンダーソンは97-98年にUCLAで数試合に先発出場した後、2000-01年にはフルタイムのスターターとなった。昨年は大学の最優秀DBに贈られるジム・ソープ賞の最終ノミネートの12人にまで残った。UCLAでの4年間では236タックル(ソロ174回)、8インターセプト、40回のパスディフェンス、9回のファンブルフォース、5回のファンブルリカバー、4QBサック、16回のロスタックルを記録した。4年生時にはオールパック10のセカンドチームに選出された。
パッカーズ
 
フォーティナーズのメンバーがチャリティキャンペーンを主催
 
 フォーティナイナーズの現役選手やOBたちが子供たちに読書を奨励するためのチャリティキャンペーン「フォーティナイナーズリーディングチーム(49ers Reading Tteam)」を開催した。このプロジェクトは子供たちにこの夏、図書館で本を読もうと呼びかけるもので、多くの参加を呼びかけている。方法は簡単で、地元の図書館に名前を登録し、読書を習慣づけるキャンペーンに取り組めばいい。キャンペーンにはスティーヴ・ボノ、エリック・ジョンソン、ジョーナス・ルイス、RC・オーウェンズ、トニー・パリッシュ、アームド・プラマー、デイナ・スタブルフィールド、ジョン・ウェブスター、ジェイミー・ウィンボーンらが参加しており、年間を通してさまざまなイベントのスポンサーを務める。
 チームがブロンコズと対戦する9月15日には子供たちに読み終わった比較的新しめの本をスタジアムスタジアムに持ってきてもらい、それをボランティアが回収するなどの活動が行われる。回収された本はコミュニティセンターやホームレス保護施設、学校などに贈られる。また、スタジアムの入り口付近では「フォーティナイナーズリーディングチーム」をフィーチャーしたブックマーク(しおり)を無料配布する。
フォーティーナイナーズ
 
レッドスキンズ(公式サイトより)現地時間7月9日付
選手プロフィール(6)
 
■ゼロン・フレミスター(TE)
■番号:89
■身長:6フィート4インチ
■体重:245ポンド
■NFL経験:3年目
■出身校:アイオワ大
■NFLでの実績:昨年第10週のブロンコズ戦(17-10で勝利)で均衡を破る決勝TDパスキャッチをしたのがフレミスター。風と雪が強く舞う中でのこの3ヤードTDパスキャッチでレッドスキンズは4連勝を飾ったのだった。昨年は17回のパスキャッチで196ヤード、2TDという成績だった。
■主な経歴:ブロンコズ戦でのTDパスキャッチは彼にとってNFLで初のTDだった。その3週間後に2度目のTDパスキャッチを決めている。
■今季の期待:トレーニングキャンプではキャッチング能力が高いことをスパリアー新ヘッドコーチにアピールしたい。昨年はチームのTEで最多のパスキャッチをマークしたにもかかわらず、先発出場のチャンスは一回しか与えられなかった。フレミスターはまたスペシャルチームでも活躍する。昨年は6回のタックルをスペシャルチームで記録している。
■本人の言葉:去年は試合を追うごとに自信がついたし、うまくなれた。とにかくフィールドに出て結果を出すことだ。今年はもっとうまくブロックしたい。そして、自分の能力をすべて発揮したい。今シーズンが本当に楽しみだ。
レッドスキンズ

Jul.8, 2002
 
CBバックリーがバッカニアーズ入り
 
 バッカニアーズはベテランCBテレル・バックリー(31)を1年契約で獲得した。5フィート9インチ、176ポンドのバックリーは過去10年間でパッカーズ、ドルフィンズ、ブロンコズ、ペイトリオッツと渡り歩き、計157試合に出場した。その間、8シーズンでプレーオフを経験している。昨年はペイトリオッツに在籍して、1試合の先発を含む15試合に出場した。ラムズを破ったスーパーボウルではファンブルリカバーをしている。
 「昨年と同じような手順で移籍先を探してきた。」とバックリーは語る。「チーム状態やスケジュール、昨年の成績、チームの進歩の度合いなどをよく勘案してバッカニアーズ入団を決めた。スーパーボウルに勝ってワールドチャンピオンになるチャンスがここにある」。
 バックリーは通算で41個のインターセプトと469回のタックルをマークしている。92年にパッカーズからドラフト1巡指名を受けてNFL入りした。フロリダ州立大時代はインターセプト数で歴代1位だった。
 「これは素晴らしいチャンスだ。」とバックリーは続けた。「僕はフロリダに住んでいるし、家族もそこにいる。そして、バッカニアーズはスーパーボウルを狙えるチームだ」。
バッカニアーズ
 
ペイトリオッツがCBスコットを獲得
 
 ペイトリオッツはジェッツを自由契約となったCBトニー・スコット(25)を獲得した。スコットは2000年にドラフト6巡でジェッツに指名され、1年目は全16試合に、昨年はおもにスペシャルチームで9試合に出場した。2000年にはドルフィンズ戦で初のインターセプトを記録している。このオフにペイトリオッツが獲得した元ジェッツの選手はこれで4人目。これまでにSクリス・ヘイズ、DLスティーヴ・マーティン、DLリック・ライルがFAで入団している。
ペイトリオッツ
 
ブロンコズがNFLELのスター選手と契約
 
 ブロンコズはワールドボウル連覇を達成したベルリン・サンダーで活躍し、オールNFLヨーロッパリーグにも選出されたLBジュード・ワディ(26)と契約を交わした。ワディ(6フィート2インチ、228ポンド)は98-99年にパッカーズに在籍し、先発8を含む27試合に出場して75回のタックル(ソロ56)を記録した。おもにスペシャルチームでの活躍が目覚しかった。2000年の8月に解雇されたあと、昨年4月にバッカニアーズに移籍し、トレーニングキャンプ終了までロスターに残っていた。
ブロンコズ
 
ブラウンズが4巡指名のサンダースと合意
 
 ブラウンズは今年のドラフトで4巡指名したTEダーネル・サンダース(オハイオ州立大)と4年契約を結んだ。サンダースは大学時代似3シーズンで42回のパスキャッチを記録した。今年1月1日のアウトバックボウルでは2TDパスキャッチをしている。
ブラウンズ
 
選手プロフィール(3)
 
■ジャッケズ・グリーン(WR)
■番号:80
■身長:5フィート10インチ
■体重:175ポンド
■NFL経験:5年目
■出身校:フロリダ大
■NFLでの実績:グリーンは昨年まで在籍したバッカニアーズで99-2000年に2年連続で50回以上のパスキャッチを記録した(99-2000年)。バッカニアーズではローレンス・ドージー(91-92年)以来の快挙。157回のパスキャッチ、2,217ヤード獲得、7TDパスキャッチというのが過去4年間の通算成績。
■主な経歴:フロリダ大学在学中はスティーヴ・スパリアーの下でプレー。113回のパスキャッチで大学の歴代5位となる2,181ヤードを記録した。大学時代には19試合にしか先発出場していないことを考えるとこの数字は称賛に値する。
■今季の期待:WRとしてレギュラーポジションを取ることが期待される。スパリアーはWRのポジションを自由競争で獲得するべきものと宣言している。レッドスキンズには現在10名のレシーバーが登録されているが、最終的な53人のロスターには5〜6人のレシーバーが登録される見込みだ。
■本人の言葉:自分にはプレーメーカーとしての能力があると思うし、このチームに貢献する自信もある。レッドスキンズは自分が生まれ変わる場所となるだろう。
レッドスキンズ
 
選手プロフィール(4)
 
■アントニオ・ピアース(LB)
■番号:58
■身長:6フィート1インチ
■体重:237ポンド
■NFL経験:2年目
■出身校:アリゾナ大
NFLでの実績:ピアースは昨年、地元フェデックスフィールドで行われたカーディナルズとのレギュラーシーズンの最終戦で初のインターセプトを記録した。これで火がついたレッドスキンズはスティーヴン・デイヴィスのTDランで勝利を掴み、8勝8敗でシーズンを終えた。
■主な経歴:ピアースはドラフト外の入団でありなが新人として安定した貢献を見せた。8試合に先発出場し、67タックル、1インターセプトをマークした。
■今季の期待:ピアースはLBの層を厚くする重要な人材であることをコーチ陣に強くアピールするべく練習に励むだろう。MLBジェレマイアー・トロッター、OLBラヴァー・アーリントン、ジェシー・アームステッドを擁するレッドスキンズはNFLでも屈指のLB陣を誇る。
■本人の言葉:今フットボールを一生懸命に勉強している最中だ。僕はこのスポーツが大好きだし、この世界で成功したい。僕は大学でプレーしたのと同じレベルでこのNFLでもプレーしたい。今年は昨年の倍くらいうまくなれるように懸命に努力したい。
レッドスキンズ
 
選手プロフィール(5)
 
■ジャスティン・スキャッグス(WR)
■番号:16
■身長:6フィート2インチ
■体重:202ポンド
■NFL経験:1年目(2001年はプラクティススクワッド)
■出身校:エヴァンジェル
NFLでの実績:フットボールでは無名なミズーリ州のエヴァンジェル大学からルーキーFAで入団したスキャッグスは15週間をレッドスキンズのプラクティススクワッドで過ごした。第16週に出場登録されたが、残された2試合に出場することはなかった。
■主な経歴:大学時代は非常に多才なアスリートだった。WRとしてプレーするばかりではなく、DB、キックリターナー、FGキッカーも務めたのだ。高校時代はサッカーでも活躍した。
■今季の期待:スキャッグスは他の9人のレシーバーとともに、最終ロスターに残ることを目指している。たいていのNFLチームは最終的に5〜6人のレシーバーをロスターに残すから、スキャッグスはトレーニングキャンプでコーチ陣にいい印象を与えてその枠のひとつを確保したい。オフシーズンの練習ではキックリターナーとしてもプレーしている。
■本人の言葉:自分には実現したい夢がある。そして、目標は常に高く持ちたい。去年の目標はチームに残ることだったけど、今年はそれだけじゃなくてポジションを確保したい。
レッドスキンズ

Jul.3, 2002
 
レッドスキンズ選手プロフィール(2)
 
■デル・カウセット(DT)
■番号:91
■身長:6フィート1インチ
■体重:288ポンド
■NFL経験:2年目(2000年はプラクティススクワッド)
■出身校:メリーランド大
NFLでの実績:2001年はおもにDTダン・ウィルキンソンとケナード・ラングのバックアップとしてプレーした。シーズン終盤には出場機会も増え、12月6日のイーグルス戦で4回、同月23日のベアーズ戦では2回のタックルを記録した。シーズンのトータルでは16回のタックルをマーク。
■主な経歴:95〜99年にメリーランド大学で活躍。在学中は全44試合に出場し、通算で280回のタックル、13個のQBサックを記録した。99年には同大学のディフェンスMVPに輝いた。2000年のドラフトでレッドスキンズに7巡指名(全体の216番目)を受けてNFL入りした。
■今季の期待:このオフは手首の故障のためにほとんど練習ができなかったが、トレーニングキャンプには間に合う見込みだ。 ダン・ウィルキンソンとサンタナ・ドットソンが先発DTとして君臨するが、カウセットもキャンプでは多くの練習時間を与えられるだろう。昨年全16試合に出場して、控えDTとして成長、今季は更なる活躍が期待される。
本人の言葉:このすばらしいディフェンスの一員でいられることを幸せに思う。僕が一緒にプレーをしてきた選手やその選手たちから学んだことはとても言葉では言い表せないほどだ。そして今はレナード・ウィンやジェレミア・トロッターといった選手も入団した。今年のシーズンのことを考えるとワクワクしてしまう。
レッドスキンズ
 
セインツに敏腕理事参入
 
セインツは昨年までレッドスキンズのフットボール経営に携わっていたラス・ボールをチームの上級理事として招聘した。ボールはセインツのフットボールオペレーションの責任者(事実上のGM)であるミッキー・ルーミスのアシスタントを務め、おもにチームのサラリーキャップ問題を担当することになる。
セインツ

Jul.2, 2002
 
ベテランWRウェストブルックがベンガルズ入り
 
 ベンガルズは前レッドスキンズのベテランWRマイケル・ウェストブルック(29)と3年契約を結んだ。身長6フィート3インチ(約191センチ)のウェストブルックは今季がNFL8年目。95年にレッドスキンズから1巡指名を受けてプロ入りし、昨年までで通算277回のパスキャッチで4280ヤード、24TDという成績を残している。
 「ウェストブルックの入団はキャンプに向けて準備を進めている私たちにとって大きなプラスだ」とベンガルズのヘッドコーチ、ディック・ルボーは言う。「マイケルは実績もあるし、スピードがあるレシーバーだ。何より私たちが欲しかったのは彼のサイズだ。彼にはDBと競り合って負けないサイズと強さがある」。
 ウェストブルックは昨年チーム最多の57回のパスキャッチをマークする一方で、TDキャッチ(4)はチーム最多タイ、獲得距離(667ヤード)ではチーム2位にランクされた。、また、自己最長となる76ヤードのTDキャッチも記録している。2000年は左膝の前十字靱帯を断裂してシーズンの大半を欠場したが、昨年は全試合に先発出場できるまでに復活を遂げた。先月行われたベンガルズの入団テストでは、40ヤードを4秒35で走るスピードを披露した。
 ベテラン選手の獲得に積極的なベンガルズがこのオフに契約したメジャーなFA選手はブルックスで7人目となる。これまでにCBジェフ・バリス(前コルツ)、QBガス・ファーロット(前ブロンコス)、DEエリック・オボーグ(前ジェッツ)を他球団から獲得したほか、CBアートレル・ホーキンズ、Tジョン・ジャクソン、DEレナード・ウィルソンと再契約をしている。
ベンガルズ
 
ラムズが3巡指名選手と契約
 
 ラムズは今年のドラフトで3巡指名(全体の84番目)したRBラマー・ゴードンと4年契約を結んだ。ゴードンは先発RBマーシャル・フォークのバックアップの座をトラング・キャニデイトと争うことになる。ノースダコタ州立大時代には4700ヤードを走り、62個のTDを記録した。ラムズがドラフト指名選手との契約を完了するのはゴードンで3人目。
ラムズ
 
ファルコンズがWRシェヴァリーニを獲得
 
 ファルコンズは前カウボーイズのダリン・シェヴァリーニ(24)を獲得した。シェヴァリーニは99年にドラフト5巡指名を受けてNFL入りした。昨年は16試合に出場した。3年間の通算成績は63回のパスキャッチで662ヤードの獲得、7TD。
ファルコンズ
 
ダイナスティ時代のキーマンが死去
 
 49ersに悲しい知らせが駈け抜けた。長くチームのスカウトを務めてきたトニー・ラザーノ氏が病気のために亡くなったのだ。77歳だった。
 ラザーノ氏は1979年から91年にかけて、チームのカレッジスカウトチームのトップを務めた。80年代にスーパーボウルを4度制覇した頃のチームでは彼がスカウトした選手たちが活躍した。
 49ersに入団する前はペイトリオッツ(76〜78年)やチャージャーズ(67〜71年)、レッドスキンズ(63〜67年)のスカウトとして働いた。
 家族はキャロライン夫人との間に6人の子供がおり、8人の孫がいる。息子の一人、デイヴィッドはラムズのスカウトを務めている。
 「トニーは49ersのダイナスティ時代を築いたキーマンの一人だった」とビル・ウォルシュは追悼の言葉を述べた。「彼のやり方は常にプロフェッショナルで、ジョー・モンタナをはじめ、数多くの素晴らしい選手の獲得に多大な貢献を残した人物だった」。
フォーティーナイナーズ
 
フォーティナイナーズ、2選手を解雇
 
 49ersはWRブライアン・ホーガブルックとSオンテイ・ジョーンズを解雇した。
フォーティーナイナーズ
 
フラッシュバック:1971年
 
 レッドスキンズは1971年11月21日、RFKスタジアムに集まった53041人の観衆の目の前でカウボーイズに0−13で敗れた。この敗戦で通算成績は6勝3敗1分となったが、そのあと残り4試合のうち3試合に勝ってレギュラーシーズンを終えた。
 レッドスキンズはNFL東地区2位の9勝4敗1分で、1945年以来となるプレイオフに駒を進めたのだった。四半世紀ぶりとなるプレイオフの初戦でレッドスキンズはサンフランシスコに乗り込み、49ersと対戦するが、20−24で敗れてしまう。
 チームはこの悔しさを翌年のシーズンにぶつけた。そして、この年レッドスキンズは球団史上初めてスーパーボウル出場を果たすのである。しかし、結果はドルフィンズの勝利だった(第7回大会、7−14)。
レッドスキンズ

Jul.1, 2002
 
チーフスが7巡指名選手と契約
 
 チーフスは今年のドラフトで7巡指名したLBモーリス・ロドリゲスと3年契約を結んだ。身長6フィート1インチ(約185センチ)、体重237ポンド(約108キロ)のロドリゲスはフレズノ州立大学在学中に先発14を含む33試合に出場し、4年生時には自己最多の101タックル、3QBサックをマークした。ロドリゲスとの契約のため、チーフスはPアダム・ウルフェックを解雇した。現時点でチーフスは1巡指名のDTライアン・シムズを除き、すべてのドラフト指名選手との契約を完了した。
チーフス
 
レッドスキンズ選手プロフィール(1)
 
 レッドスキンズのトレーニングキャンプが近づいてきた。そこでレッドスキンズ公式サイト『Redskins.com』はロースターに登録されている選手の紹介を始めていく。今日はSサム・シェイドだ。シェイドは99年にレッドスキンズに入団した。
 レッドスキンズのキャンプは7月22日、ペンシルヴァニア州カーライルのディッキンソンカレッジで8月16日まで行われる予定だ。
■サム・シェイド(セーフティ)
■番号: 29
■身長: 6フィート(約183センチ)
■体重: 211ポンド(約96キロ)
■NFL経験: 8年目
■出身校: アラバマ大
■NFLでの実績: 95年のNFLドラフトでベンガルズから4巡指名(全体の12番目)を受けてNFL入りした。昨年はプロとして100試合目を経験。これまで108のレギュラーシーズンゲームに出場している。
■主な記録: レッドスキンズに入団して1年目となった99年には、チーム最多の166タックルを記録。同じ年にはジェッツ戦で自己ベストとなる1試合17タックルをマークした。
■今季の期待: 2年連続でシェイドはFSデイヴィッド・テレルとコンビを組むことになる。マーヴィン・ルイス新守備コーディネイターの指導の下、シェイドはランサポートで大きな役割を果たすだろう。ランサポートはルイスの重視する戦略のひとつである。レッドスキンズのラン守備は昨年20位と不振だった。
■本人の言葉: 「僕は常に試合に勝つことを念頭においてプレイしてきた。常にプレイオフを目指しているし、いいプレイをしたいと心がけている。記録に命を賭けるような選手ではない」
レッドスキンズ


▲戻る