Fri, 02/13/2004 5:30 pm UPDATE
2004シーズン NFLとは NFLヨーロッパ NFLイベント NFLフラッグフットボール サイトマップ
NFLビギナー NFLマニア NFLエンタメ コミュニティレポート NFL JAPAN チアリーダー
   NFL JAPAN top page>2002シーズン>ニュース
2002シーズン
スーパーボウル
ニュース
試合結果
スケジュール
TV放映予定
スタンディング(リンク)
スタッズ(リンク)
ロースター(リンク)
デプス(リンク)

ニュース
2004シーズンニュース
2003シーズンニュース
12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月

Dec.31, 2002
 
カウボーイズ、カンポを解雇
 
今シーズンの最終戦後フィールドを去るデイヴ・カンポ
 今シーズンを5勝11敗で終えたカウボーイズは、ヘッドコーチ デイヴ・カンポを解雇した。
 カンポは2000年にカウボーイズのヘッドコーチに就任、以来3年連続でチームは5勝11敗の成績だった。15勝33敗(.312)は、チーム史上5人のヘッドコーチの中で最低の勝率となった。
 オーナーのジェリー・ジョーンズは、「どんな時でも、ヘッドコーチを代えるということは難しい決断だ。これはデイヴが結果を残せなかったというよりは、チームの考え方を変えるということから決定された。」と話した。
 カンポはカウボーイズに残っている、1989年に就任したヘッドコーチ ジミー・ジョンソンが、マイアミ大から連れてきた最後のコーチだった。
カウボーイズ

ジャガーズ、チーム史上唯一のヘッドコーチを解雇
 
8年過ごしたジャガーズを解雇されたトム・コフリン
 ジャガーズはチームがNFLに加入以来、8シーズンに渡ってヘッドコーチとGMを務めてきたトム・コフリンを解雇した。ジャガーズは今シーズンも含め、ここ3シーズンで負け越していた。
 オーナー ウェイン・ウィーヴァーは、「この世界ではある地点まで到達すると、何か新しい斬新なアイデアが必要になる。何か新しい、新鮮なアプローチが必要とされる。この決断は、何か新たな方向性を探るという観点からくだされた。」とコメントした。
 コフリンは8年で72勝64敗、2回のAFCチャンピオンシップ・ゲーム進出を果たした。1998年にはチーム史上初の地区優勝を達成。翌年にはAFC1位の14勝2敗を記録した。しかし、今シーズンの6勝10敗を含め、ここ3シーズンでは19勝29敗と低迷していた。
ジャガーズ

ベンガルズ、レボウを解雇
 
ベンガルズを解雇されたディック・レボウ
 ベンガルズはヘッドコーチ ディック・レボウを解雇した。
 今シーズンのベンガルズは2勝14敗と、チーム史上最低の勝率だった。レボウは2000年にヘッドコーチに就任以来、ディフェンスとRBコーリー・ディロンを中心としたチーム作りを進めてきたが、その間12勝33敗(.267)で、チーム歴代8人のヘッドコーチの中で最低の勝率だった。
ベンガルズ

DEC.26, 2002
 
チーフスRBホームズ、最終戦欠場へ
 
 チーフスRBプリースト・ホームズは、チームのレギュラーシーズン最終戦であるレイダース戦に欠場する。
 ホームズは12月15日のブロンコズ戦に尻部を負傷、先週のチャージャーズ戦にも欠場した。
 ホームズはあと2TDで、マーシャル・フォークの持つレギュラーシーズンの最多TD記録、26に並ぶところだった。また、今シーズンのスクリメージラインからの獲得距離、2,287ヤードも、フォークのNFL記録にあと142ヤードで並ぶことができた。
 ヘッドコーチ ディック・ヴァミールは、「今週は本人もプレーするつもりでいたが、プレーできるまでは回復できなかった。」と、話した。
チーフス

ブロンコズ、バーラインがスタートへ
 
ブロンコズの最終戦に先発するQBスティーヴ・バーライン
 ブロンコズは最終週のカーディナルズ戦に、ブライアン・グリーシーではなくスティーヴ・バーラインをQBに先発させる。
 グリーシーは第16週のレイダース戦で左膝を負傷、その後、試合には戻らなかった。グリーシーは11月17日のシーホークス戦でも同じ場所を負傷しており、その後2試合を欠場した。
 ヘッドコーチ マイク・シャナハンは、バーラインを先発させるのはグリーシーのケガとは関係なく、レイダース戦でグリーシーの後に出場したバーラインの活躍によるものであることをほのめかした。
バーラインはこの試合で28回中13回のパスに成功、234ヤード獲得、第3Qには自ら走ってTDを決めた。試合には結果的に敗れるが、このTDでブロンコズは息を吹き返した。
 ブロンコズにはまだプレーオフ出場の可能性があり、カーディナルズ戦に勝ち、他数チームが敗れることでプレーオフ進出が決まる。
ブロンコズ

パッカーズ、リターン・スペシャリスト、メトカーフと契約
 
 パッカーズは、キック・リターンのスペシャリスト、エリック・メトカーフと契約した。
 3度プロボウル選出を誇るメトカーフは、2001年をレッドスキンズのPRとして過ごした後、今シーズンはどのチームでもプレーしていない。
 ヘッドコーチ マイク・シャーマンは、34歳のメトカーフがチームのリターン部門を補強してくれること願っていると語った。
 メトカーフはキャリアで、NFL記録のパント・リターンTD10個を獲得している。
 パッカーズはまた、OTジェフ・ブラックシーアと契約した。8年で96試合に先発出場しているブラックシーアは、2000年をチーフスで過ごしたが、昨シーズンからプレーしていない。
パッカーズ

DEC.25, 2002
 
ディオン・サンダース、復帰できず
 
 ディオン・サンダースのレイダース入りと、今シーズン中のNFL復帰は夢に終わった。
 レイダースがサンダースと契約する前に、まだわずかながらプレーオフ進出の望みがあるチャージャーズが、サンダースの保有権を得、サンダースのレイダース入りを阻止した。NFLのルールにより、チャージャーズはウェイヴァーを通してサンダースの保有権を得たため、サンダースはレッドスキンズからリリースされた時と同じリサーヴ/引退選手リストに入れられなければならない。よってサンダースは、チャージャーズでもプレーすることはできない。
 今シーズン中にサンダースがプレーできる道は、ウェイヴァーをどのチームにも引っかからずにクリアし、その後自らが選ぶチームと契約するのみだった。
 チャージャーズのほかにも、コルツ、タイタンズ、スティーラーズ、チーフスがサンダースの保有権に名乗りをあげ、プレーオフで対戦する可能性があるレイダース入りを阻止しようとしていた。
チャージャーズレイダース

レイダースCBウッドソン、手術へ
 
プレーオフ中の復帰を目指すレイダースCBチャールズ・ウッドソン
 レイダースCBチャールズ・ウッドソンは骨折した右腓骨の手術を行う予定で、チーフスとのレギュラーシーズン最終戦を欠場する。ウッドソンは、プレーオフ初めの2週も欠場する可能性がある。
 ウッドソンは12月2日のジェッツ戦でまず足を負傷、それ以来1試合にもフル出場していない。ウッドソンは第16週のブロンコズ戦にもユニフォームを着たが、限られたプレーにしか出場できず、後半は出場しなかった。
 レイダースは現在、タイタンズと並んでAFC1位の勝率である。最終週のチーフス戦に勝てば、プレーオフを通してホームで試合を行う権利を得られる。また、プレーオフのファーストラウンドを免除されれば、ウッドソンにそれだけ回復までの時間を与えられることになる。
レイダース

DEC.24, 2002
 
ディオン・サンダース復帰か?
 
 2000年シーズン後にレッドスキンズから引退したCBディオン・サンダースが、プレーオフからNFLに復帰すべくレイダースと交渉していることを明かした。
 チーム側は交渉について、否定も肯定もしていない。ヘッドコーチ ビル・キャラハンは、「現時点では全て推測にすぎない。」と話した。
 しかし、この動きを受けてか、サンダースの保有権をも持つレッドスキンズがサンダースをリリースした。サンダースはレッドスキンズとの7年契約の内1年を終えて引退、レッドスキンズがそのまま保有権を持ちリザーブ/引退選手リストに載せていた。
 サンダースがレイダースと契約するには、これからウェイヴァーをクリアしなければならない。リリースされウェイヴァーに載ると、どのチームでもその選手と契約することができるが、優先権は勝率の悪いチームからの順番となる。場合によっては、他のプレーオフ出場チームがサンダースと契約し、そのままリザーブ/引退選手リストに載せることもある。
 35歳のサンダースは、引退するまでNFLで11年プレーした。
レイダース

パッカーズSシャーパー、出場微妙
 
第16週のビルズ戦で負傷したパッカーズSダレン・シャーパー
 パッカーズSダレン・シャーパーは右膝をひねったが、チームは早ければジェッツとの最終戦への出場も視野に入れている。
 シャーパーはビルズ戦で、リーグトップの7個目のインターセプトを記録、そのリターン中に膝にヘルメットでタックルを受けた。
 通常、この種のケガが完治するには、症状により1週間から1ヶ月の幅がある。ヘッドコーチ マイク・シャーマンは、シャーパーの早期の復帰を楽観視しており、シーズン最終戦への出場もあり得ると話す。
パッカーズ

ブロンコズQBグリーシー、最終戦の出場微妙
 
 ブロンコズQBブライアン・グリーシーは左膝の負傷により、最終週のカーディナルズ戦への出場が微妙な状態。
 グリーシーは第16週のレイダース戦、第2QにLBビル・ロマノウスキーのサックを受け負傷した。グリーシーは11月17日のシーホークス戦でも同じ場所を負傷しており、その後2試合に欠場した。
 グリーシーの出場は、今週後半に判断する予定。
ブロンコズ

イーグルス、ジャイアンツ戦もフィーリーが先発へ
 
 イーグルスQB A.J.フィーリーは最終週のジャイアンツ戦でも、5週連続の先発出場を果たす。
 フィーリーはエースQBドノヴァン・マクナブとバックアップQBコイ・デトマーの負傷により出場、チームを4連勝に導き、その間NFC東地区優勝も決めている。
 マクナブは11月17日のカーディナルズ戦で左足首を骨折した。デトマーはマクナブの負傷後の初戦となった、11月25日の49ers戦で肘を脱臼した。
 ヘッドコーチ アンディ・リードは、デトマーがプレーできる状態ならジャイアンツ戦ではデトマーを先発させると話していたが、デトマーはまだプレーできる状態ではないと語った。
 フィーリーは129回中73回のパスを成功させ(57%)、858ヤード、6TD、4INTの成績。イーグルスはジャイアンツ戦で勝つと、プレーオフを通してのホーム・フィールド・アドヴァンテージを得られる。また、ジャイアンツが勝つと、ワイルドカードでのプレーオフ出場が決まる。
イーグルス

ファルコンズFBクリスチャン、引退か
 
 ファルコンズFBボブ・クリスチャンはライオンズ戦で脳しんとうとなり、ブラウンズ戦には出場しないが、そのまま引退の可能性もほのめかした。
 クリスチャンはライオンズ戦の第4Qに、パスをレシーヴ後、フィールドを走っているところでライオンズLBバレット・グリーンに、側頭部に腕でタックルを受けた。クリスチャンはボールをファンブルし、しばらく意識を失った。クリスチャンにとってはここ2ヶ月で、2度目の脳しんとう。
ファルコンズ

DEC.20, 2002
 
チーフスRBホームズ、今シーズン絶望の危機
 
残り2試合への出場が危ぶまれるチーフスRBプリースト・ホームズ
 チーフスRBプリースト・ホームズは、今シーズンあと2試合を残して、いくつかのNFL記録を塗り替えるところに近づいているが、尻部の負傷により残り試合への出場が危ぶまれている。
 チーフス・ヘッドコーチ ディック・ヴァミールは、「今後の出場は難しいと言わざるを得ない。」と語った。
 ホームズは今週末のチャージャーズ戦への欠場が決まっており、シーズン最終戦、レイダースとの試合にも欠場が濃厚。
 昨シーズンのNFLリーディング・ラッシャーであるホームズは、あと2TDでラムズRBマーシャル・フォークの持つ、1シーズンの最多TD記録、26に並ぶ。ホームズの今シーズン、リーグ1位のスクリメージからの獲得距離、2,287ヤードは歴代4位の記録で、フォークのNFL記録、2,429ヤードを超えられる位置にいる。
チーフス

ペイトリオッツCBスミス、故障者リスト入り
 
 ペイトリオッツCBオーティス・スミスは、肩の負傷により故障者リストに入り、今シーズンの出場が絶望となった。
 スミスは第15週のタイタンズ戦の第4Qに負傷した。スミスの代わりには、テレル・バックリーが出場する。
 37歳のスミスは、今シーズンがNFL12年目。過去4シーズンをペイトリオッツで過ごしている。
ペイトリオッツ

DEC.19, 2002
 
チーフスKアンダーソン、故障者リスト入り
 
連続出場記録が途絶えるチーフスKモーテン・アンダーセン
 NFL史上2位の得点記録を持つチーフスKモーテン・アンダーセンが、右膝の負傷のため故障者リスト入りした。
 NFL新記録にあと34試合と迫っていた、連続試合出場も途絶えることになる。アンダーセンは10月6日のジェッツ戦で、ウォームアップ中に負傷した。
 21年目のベテランは248試合連続で出場しており、ジム・マーシャルの282に次ぐ2位だった。
 アンダーセンの代役は、マイケル・ハステドが務める。
チーフス

タイタンズLTホプキンス、3週間の欠場へ
 
 タイタンズLTブラッド・ホプキンスは右膝の靭帯を損傷、3週間は試合に出れない見込み。
 ホプキンスの代役はジェイソン・マシューズが務める。これによりタイタンズは次のジャガーズ戦を、バックアップLTとLGで戦うことになる。スターターLGのザック・ピラーも先週負傷、ジャガーズ戦への欠場が見込まれている。
タイタンズ

DEC.17, 2002
 
ライオンズQBハリントン、残り2試合を欠場へ
 
ライオンズQBジョーイ・ハリントン
 ライオンズのルーキーQB、ジョーイ・ハリントンは、不整脈によりシーズンの残り2試合を欠場する。
 今年のドラフト全体3位指名のハリントンは、12月15日のバッカニアーズ戦で心臓の不調を訴え途中退場、そのまま検査のため病院へ向かった。
 医師によると、ハリントンの脈拍は入院前には正常に戻った。ヘッドコーチ マーティ・モーニンウェグによると、ハリントンの病状は選手生命に関わるものではないとのこと。また、今シーズンの残り2試合には、無理をして出場させることはしないと語った。
ライオンズ

チーフスRBホームズ、次戦欠場か
 
チーフスRBプリースト・ホームズ
 チーフスRBプリースト・ホームズは右尻部を負傷、次週のチャージャーズ戦への出場が難しい状態。
 ホームズは、第15週のブロンコズ戦の第3Qに負傷。ホームズは精密検査を受ける予定。
 ホームズは第15週を終えて、NFLをラッシングでリードする。また、24TDは、あと2つでマーシャル・フォークの持つNFL記録に並ぶ。スクリメージからの獲得距離でも、2,287ヤードでNFL1位。フォークのNFL記録、2,429ヤードを超えるチャンスがある。
 また、FBトニー・リチャードソンも、ブロンコズ戦で右肩を脱臼。残り2試合への欠場が見込まれている。
チーフス

イーグルス、カウボーイズ戦もフィーリーが先発へ
 
 イーグルスQB A.J.フィーリーは、少なくともあと1試合は先発出場する。
 フィーリーはケガで欠場する、ドノヴァン・マクナブとコイ・デトマーに代わり出場、チームを3連勝に導いている。
 ヘッドコーチ アンディ・リードは、「カウボーイズ戦はコイの地元ということもあり出場したいだろうと思うが、まだプレーできる状態ではない。」と話した。
 マクナブは、12月28日のシーズン最終戦での復帰を目標にしている。マクナブは松葉づえはもう使用していないが、足を守るための防具をつけている。
しかし、リードはマクナブがいつ復帰できるかについては、明言を避けた。マクナブは11月17日に左足首を骨折、回復には6〜8週かかると見込まれる。
イーグルス

バッカニアーズDTマクファーランド、右足骨折
 
 バッカニアーズDTアンソニー・マクファーランドは、第15週のライオンズ戦で右足を骨折、今シーズンの残り試合への欠場が濃厚。
 ヘッドコーチ ジョン・グルーデンは、「彼を失うのは非常に痛い。」と話した。
バッカニアーズ

ブラウンズDEブラウン、膝を手術へ
 
 ブラウンズDEコートニー・ブラウンは、膝の手術を行う予定で、今シーズンの残り2試合への出場が微妙である。
 ヘッドコーチ ブッチ・デーヴィスによると、ブラウンは左膝の軟骨を損傷、手術をしてケガの度合いを見る。ブラウンは少なくとも、次のレイヴンズ戦には欠場する。その後の出場についても、まだ定かではない。
 ブラウンは11月24日のセインツ戦で負傷、次の週は出場したが、その後の2戦は欠場している。
ブラウンズ

DEC.13, 2002
 
ラムズQBワーナー、故障者リスト入り;来季はブルジャーが先発も
 
今シーズンは思うような活躍ができなかったラムズQBカート・ワーナー
 ラムズはQBカート・ワーナーを、右手の骨折により故障者リストに載せた。
 ワーナーはこの負傷以前にも、今シーズン、右手小指の骨折により5試合に欠場した。ワーナーはシーズン終了前には復帰できると話していたが、チームは、2000年以来3度骨折しているワーナーの手を心配して、今回の決断を下した。
 ワーナーは、「プレーしたかったが、状況を考えると、ケガを完全に治すのがベストだと思う。」と、話した。
 ワーナーは今シーズンを3TD、11INTで終え、先発した6試合全てで敗戦した。ワーナーが欠場している間、第3QBだったマーク・ブルジャーが活躍、チームを5連勝に導いた。その間、ブルジャーは106.0のパサー・レイティングを獲得、12TD、4INTの成績だった。
 ブルジャーは最後に先発出場した試合で右手人差し指を突き指、12月15日のカーディナルズ戦から復帰する。ヘッドコーチ マイク・マーツは、もしブルジャーが負傷前と同じような活躍で今シーズンを終えたら、来シーズンはワーナーとスターターとして競わせると明言した。
 ブルジャーとワーナーを競わせる可能性について聞かれたマーツは、「当然あり得る。もしマークが良いプレーを続け、成長し続けたら、それを無視するわけにはいかない。」と、話した。ワーナーの状態については、「カートのことは心配している。オフの間に手をよく検査して、いい時の状態に戻さなければ。」と、コメントした。
ラムズ

マーヴィン・ルイス残留へ
 
 レッドスキンズのディフェンシヴ・コーディネータ、マーヴィン・ルイスは、ミシガン州立大ヘッドコーチ就任の要請を断り、チームに残留すると話した。
 ルイスは、「チームの了解を得てミシガン州立大を訪れ、ヘッドコーチ就任についての話し合いを行った。非常に魅力的だしすばらしいチャンスだったが、ここでの仕事には非常に満足している。とにかく今は、自分たちがやろうとしていることに集中したい。まずは、今度のイーグルス戦に備えなければ。」と、語った。
レッドスキンズ

イーグルス、QBフィーリーが先発へ
 
 イーグルスは12月15日のレッドスキンズ戦に、3試合連続でQB A.J.フィーリーを先発出場させる。
 ヘッドコーチ アンディ・リードは、「何か特別なことが起きない限り、日曜日はA.J.が先発出場する」と話した。
 当初、コイ・デトマーが11月25日の49ers戦で左肘を脱臼して以来、初めて先発出場する予定だったが、リードは、「コイはまだ100%ではない。本人に聞いたら、恐らくプレーできると言うだろうが、先のことを考えるともう1週間休ませた方がいい。」と話した。
 デトマーは、エースQBドノヴァン・マクナブの足首の骨折により、代わって出場していた。
イーグルス

ビルズLTジェニングス、出場微妙
 
 ビルズの先発LTジョーナス・ジェニングスは、右足首の捻挫により2日連続で練習を欠場、チャージャーズ戦への出場が微妙な状態。
 ジェニングスはペイトリオッツ戦で負傷。ジェニングスが出場できない場合、マーカス・プライスが代役を務める。
ビルズ

パンサーズLBモーガン、故障者リスト入り
 
 パンサーズはMLBダン・モーガンを、左肩の脱臼により故障者リストに載せた。
 モーガンは治療のため手術を受ける予定で、回復には最低でも6週間はかかる。モーガンは2001年のドラフト1位指名でパンサーズに入団。今シーズンは負傷のため5試合に欠場した。また、昨年も足の骨折のため5試合に欠場した。
パンサーズ

シーホークス、QBジョージ出場も
 
 シーホークスはQBマット・ハッセルベックが左足捻挫のため、次のファルコンズ戦への出場が微妙な状態。ハッセルベックが出場できない場合、13年目のベテラン、ジェフ・ジョージが先発出場する。
 ジョージは今週、第1QBとして練習しており、鋭いパスを連発している。ヘッドコーチ マイク・ホルムグレンは、「ジェフには多くの経験がある。ただ、しばらくプレーしていないことがマイナス要因だが、練習を見ても分かるようにまだまだプレーできる。」と、話した。
 ジョージは、「こうしてまた汗をかくのは楽しい。まだ体の切れがないかもしれないが、もっと練習を重ねていけば問題ない。」とコメントした。
ファルコンズ

DEC.12, 2002
 
バッカニアーズSリンチ、出場微妙
 
ライオンズ戦への出場が微妙なバッカニアーズSジョン・リンチ
 バッカニアーズSジョン・リンチは首の負傷により練習に参加できず、次のライオンズ戦への欠場が濃厚になってきた。
 リンチは34対10で勝利したファルコンズ戦、第1Qに負傷。その後、試合には戻らなかった。
 リンチはレギュラーシーズン戦で、現在68試合連続出場中している。リンチは文書で、「ケガはだいぶよくなってきている。何とか次の試合にも出場したいが、難しい状況である。」とコメントした。
バッカニアーズ

ベアーズQBミラー、今シーズン絶望
 
今シーズンはケガに悩まされたベアーズQBジム・ミラー
 ベアーズQBジム・ミラーは左膝の負傷により、今シーズンの残り3試合を欠場する。
 ミラーはドルフィンズ戦の第3Qに負傷した。ミラーは今シーズン途中から、肩と肘の負傷に悩まされ、314回中180回のパス成功、1,994ヤード、13TD、9INTの成績。
 今週のジェッツ戦にはクリス・チャンドラーが出場する。
ベアーズ
DEC.11, 2002
 
イーグルスQBマクナブ、ギプス外れる
 
復帰が待たれるイーグルスQBドノヴァン・マクナブ
 イーグルスQBドノヴァン・マクナブの骨折した右足首からギプスが外れた。しかし、マクナブが出場できるまでには、まだしばらく時間がかかる見込み。
 マクナブは11月17日のカーディナルズ戦、第1Qで負傷した。チームが発表した声明によると、マクナブはまだ松葉づえを使用して歩行しており、通常、この種のケガが完治するまでには6〜8週間かかるとのこと。
 また、11月25日の49ers戦で肘を脱臼した、バックアップQBのコイ・デトマーは順調に回復しており、早ければ今週のレッドスキンズ戦から復帰できる模様。
 イーグルスはマクナブ、デトマーの負傷にも関わらず、第3QBのA.J.フィーリーが過去2戦でチームを勝利に導いている。
イーグルス

ラムズQBブルジャー、復帰へ
 
今週から復帰するラムズQBマーク・ブルジャー
 ラムズQBマーク・ブルジャーは、医師からプレーの許可を得た。
 今シーズンのラムズの5勝全てで先発出場したブルジャーは、11月18日に人差し指と中指をつき指して以来欠場していたが、今週のカーディナルズ戦から復帰する。
 ブルジャーのパサー・レイティングは現在106.0で、規定のパス試投数に到達していたらリーグ1位となる成績。また今シーズンは12TDに対し4回のインターセプトしか許していない。
 今シーズン、ブルジャーはチームの第3QBとして開幕を迎えたが、スターターのカート・ワーナー、バックアップのジェイミー・マーティンの相次ぐ負傷によりチャンスをつかんだ。
ラムズ
DEC.10, 2002
 
タイタンズDEカース、練習再開へ
 
左足骨折のため開幕戦以来プレーしていないタイタンズDEジェヴォン・カース
 タイタンズDEジェヴォン・カースは近日中に練習に合流する予定で、12月16日のペイトリオッツ戦で復帰する可能性がある。
 カースは開幕のイーグルス戦、2プレー目で左足を骨折。それ以来プレーしていない。
 ヘッドコーチ ジェフ・フィッシャーによると、負傷からくる痛みは春まではなくならない様子。カースはペイトリオッツ戦に出場した場合、左足に負担のかかる右サイドから、左サイドのエンドに移される模様。
 8勝5敗のタイタンズは、AFC南地区でコルツと並ぶ1位。
タイタンズ

負傷に悩む、ラムズRBフォーク
 
今シーズンは負傷に悩まされたラムズRBマーシャル・フォーク
 ラムズRBマーシャル・フォークは右足首の捻挫により、今シーズンの残り3戦への出場は限られた時間のみとなる見込み。
 フォークは第14週のチーフス戦、10回のキャリーでわずか13ヤードのゲインに抑えられた。パスでは4回のキャッチで35ヤードの獲得。ケガのため、ここ1ヶ月は先発出場していない。
 フォークは今シーズンここまで、ランで858ヤード、レシーヴで483ヤード獲得している。1シーズンの総獲得距離2,000ヤードを、NFL記録となる過去4シーズン連続で達成してきたフォークだが、今シーズンはその記録の継続も難しい状況となってきている。
ラムズ

レッドスキンズ、再びラムジーをスターターに
 
 レッドスキンズ・ヘッドコーチ スティーヴ・スパリアーは、今シーズン5度目の先発QBの変更を発表、ルーキーのパトリック・ラムジーが12月15日のイーグルス戦に先発出場する。
 第14週のジャイアンツ戦でダニー・ワーフェルが右肩を負傷、ラムジーが途中出場していた。ワーフェルは負傷で1〜2週は出場できない見込みだが、スパリアーは今シーズンの残り試合をラムジーに託す考えを示した。
 5勝8敗のレッドスキンズは、すでに今シーズンのプレーオフ出場の可能性がなくなっている。
レッドスキンズ

パンサーズLBモーガン、肩を手術へ
 
 パンサーズLBダン・モーガンは、脱臼した左肩の治療のため手術を受ける必要がある。そのため、今シーズン残りの3戦を欠場する可能性もある。
 ヘッドコーチ ジョン・フォックスによると、どの時点で手術を受けるかはモーガンの判断となる。今シーズン中に手術を受けた場合、残り3試合への出場は難しい状況。
 5勝8敗のパンサーズは、すでにプレーオフ進出の可能性を絶たれている。
パンサーズ

49ers KR/PRウィリアムス、今シーズン絶望
 
 49ersのKR/PRジミー・ウィリアムスは左膝の靭帯を断裂、今シーズンの出場が絶望となった。
 ウィリアムスはここまでのパント・リターン、1回平均16.8ヤードでNFCをリードしていた。また、キックオフ・リターンでも平均21.9ヤードを記録していた。
 ウィリアムスは12月8日のカウボーイズ戦で負傷。リハビリには4〜5ヶ月かかる模様で、来年4月のミニキャンプには間に合う見込み。
 また、LBジェイミー・ウィンボーンも左膝の手術を行う。ウィンボーンは9月22日以来プレーしていないが、チームは手術によりプレーオフに出場できることに望みをかけている。
49ers

DEC.6, 2002
 
カーディナルズ、新スタジアム建設へ青信号
 
 アリゾナ州最高裁判所は、アリゾナ・カーディナルズの新スタジアム建設開始への障害を取り除いた。
 アリゾナ州最高裁判所は、観光スポーツ局を設立するにあたって作られた法律は合法だとする、8月27日に控訴裁判所が下した判断への再審議要請を却下した。この判断は2001年11月に、裁判所で下された判決を支持するものとなった。
 この訴えはフェニックスの土地開発業者、ジョン・F・ロング氏により起こされた。ロング氏は自らが提案したスタジアムの建設地が、観光スポーツ局に採用されなかったことから訴えを起こしていた。
 カーディナルズの新スタジアムは約3億5,500万ドルかけて、アリゾナ州グレンデールに開閉式屋根のスタジアムとして建設が予定されている。今後、用地の買収、デザインの最終決定などが急ピッチで進められることになる。
 カーディナルズは当初、2005年シーズンから新スタジアムでのプレーを予定していた。しかし、この訴えのため計画はすでに数ヶ月の遅れをきたしており、状況によっては2006年シーズンからのオープンにずれ込む模様。
カーディナルズ

パッカーズDEバージャ=ビアミラの母が事故死
 
 パッカーズDEカビア・バージャ=ビアミラは、第一子誕生のその日に自分の母親を事故により失った。
 バージャ=ビアミラの母、ボラ・ティト・アンジョリンは、12月1日ロサンゼルスで自ら運転する車が椰子の木に激突、炎上した。事故は彼女が相談にのるため友人のもとを訪れ、帰宅する途中に起きた。53歳だった。
 事故の起きた日、バージャ=ビアミラの妻エイリーンが、2人にとって初の子供となる男の子をグリーンベイで出産していた。バージャ=ビアミラの母は、今週中にも初孫に会いにグリーンベイを訪れる予定だった。
 バージャ=ビアミラは12月8日のヴァイキングズ戦に出場する予定だが、チームは心理状態などを見ながら最終的な判断をする模様。
パッカーズ

USAフットボール設立
 
 NFLとNFLPA(NFL選手協会)は、アメリカ国内のあらゆるレベルのアマチュア・フットボールを代表する支援団体となる、USAフットボールの設立を発表した。
 USAフットボールはワシントンDCに拠点を置く。若年層や高校のフットボール・プログラムをサポートするためにNFLとNFLPAによって設立された、NFLユース・フットボール基金からの援助を受けながら運営を行う。
 初代のエグゼクティヴ・ディレクターには、大学フットボール協会の役員で、スポーツ業界で25年の経験を持つ、デイヴ・オグレアン氏が就任した。
 USAフットボールは各地域ごとや、全国的なユース・フットボール・プログラムのサポートを行う。USAフットボールは今後、既存の若年層や高校フットボール・プログラムとのコラボレーションを通じ、フットボールの更なる普及を図るための共同事業を創りだしていく。

DEC.5, 2002
 
ラムズOTペイス、2〜3週欠場
 
 ラムズOTオーランド・ペイスは右膝腱を断裂、2〜3週の欠場が見込まれている。
 ペイスは第13週のイーグルス戦、第1Qに負傷。ペイスは今シーズン前半にも、ふくらはぎの負傷で3ゲームに欠場した。
 ラムズはイーグルス戦ではRTジョン・セントクレアを左サイドに移し、ルーキーのアンディ・キングをRTに起用したが、キングは2回のサックを許した。
 ヘッドコーチ マイク・マーツは、次週のチーフス戦ではキングを起用せず、他の選択肢を検討していると話した。
ラムズ

スティーラーズTEブルーナー、今シーズン絶望
 
 スティーラーズTEマーク・ブルーナーは膝の負傷により、今シーズンの出場が絶望となった。
 当初は膝をひねっただけかと思われたが、手術の結果、骨と軟骨に損傷が見つかった。回復には約6ヶ月かかる見込み。ブルーナーは昨シーズンも、肩のケガにより最後の9試合に欠場した。
 また、ヘッドコーチ ビル・カウワーは、次週のテキサンズ戦からトミー・マドックスが先発QBとして復帰すると発表した。
スティーラーズ

レッドスキンズDTウィルキンソン、今シーズン絶望
 
 レッドスキンズはDTダン・ウィルキンソンを故障者リストに登録、今シーズンの出場が絶望となった。また、Pブライアン・バーカーも故障者リスト入りした。
 両選手ともサンクスギヴィング・デーに行われたカウボーイズ戦で負傷。ウィルキンソンは右足ふくらはぎの肉離れ、バーカーは鼻を骨折した。
 同じ試合で膝の靭帯を断裂したLBジャレマイア・トロッターは、すでに今週前半に故障者リスト入りしている。
レッドスキンズ

ジャガーズ、Kカニングハムを解雇
 
 ジャガーズはわずか1試合でKリッチー・カニングハムを解雇、今シーズン4人目となるキッカーを探している。
 カニングハムは1回のFG機会と1回のエクストラ・ポイントを成功させたが、オンサイド・キックでミスがあったのと、キックオフの距離が短かったことが解雇へとつながった。
 25対23で敗れたスティーラーズ戦では、今シーズン途中ジャガーズのトライアウトに落ち、スティーラーズと11月19日に契約したばかりのジェフ・リードが6回のFG機会全てに成功。コフリンの苛立ちに追い討ちをかけた。
ジャガーズ

ベアーズTEライマン、今シーズン絶望
 
 ベアーズTEダスティン・ライマンは、左膝の靭帯損傷のため今シーズンの出場が絶望となった。
 ライマンは第13週のパッカーズ戦で、7回のレシーヴで58ヤード、2TDを獲得するなど、3年のキャリアで1番の活躍をしたばかりだった。
 ライマンは膝の手術を行う予定で、リハビリには10ヶ月かかる模様。
ベアーズ

パンサーズDEペッパーズ、4試合出場停止
 
 パンサーズDEジュリアス・ペッパーズは、薬物使用違反により今シーズンの残り4試合への出場を停止された。
 ペッパーズのエージェント、マーヴィン・デモフによると、ペッパーズの服用した減量用のサプリメントにNFLで禁止されている成分が含まれていた。
 22歳のペッパーズは、今年のドラフト全体2位でパンサーズに指名された。今シーズンはここまでNFL3位の12サックを記録、ルーキーでは1位のサック数だった。
 4勝8敗のパンサーズはすでに、プレーオフ出場の可能性がなくなっている。ペッパーズがプロボウルに選ばれた場合、出場することは可能。
パンサーズ

DEC.3, 2002
 
ワーナー、右手にひび
 
度重なるケガに悩まされるラムズQBカート・ワーナー
 ラムズQBカート・ワーナーは右手にひびが入り、少なくとも次の2戦を欠場する。
 ワーナーは12月1日のイーグルス戦で、負傷のためボールを強く握ることができなかった。そのため、ワーナーはファンブルやパスがすっぽ抜けるなどのミスを犯した。
 ヘッドコーチ マイク・マーツは、ワーナーはプレーすることもできるが痛みがひどいため出場させないと語った。次週のチーフス戦にはジェイミー・マーティンが出場する。ワーナーの前回の欠場中チームを5連勝に導いたマーク・ブルジャーは、右手人差し指の突き指のためバックアップにまわる。
ラムズ

パッカーズTクリフトン、手術か
 
 パッカーズTチャド・クリフトンは歩行できるまであと数週間かかる予定で、場合によっては骨盤の手術が必要となる。
 ヘッドコーチ マイク・シャーマンによると、手術を行うかどうかの決断は一ヶ月ほど様子を見て下される。また、この負傷が長期に渡ってクリフトンに影響を与えるかは、まだ判断するには時期が早いとのこと。
 クリフトンは11月24日のバッカニアーズ戦で、バッカニアーズのインターセプト・リターン中にDTウォーレン・サップのタックルで負傷した。
パッカーズ

ドルフィンズQBフィードラー、ベアーズ戦先発へ
 
 ドルフィンズQBジェイ・フィードラーは右手親指の骨折から復帰、次週のベアーズ戦で10月13日以来の先発出場をする。
 フィードラーの欠場中に代役を務めたレイ・ルーカスは、12月1のビルズ戦で首と肩の負傷で途中退場、第3Q途中からフィードラーが急遽プレーした。ルーカスはその後精密検査を受けたが、ケガの状況は明らかにされていない。
 ビルズ戦の敗戦でドルフィンズは7勝5敗となり、ペイトリオッツにAFC東地区1位で並ばれている。
 フィードラーの欠場中、チームはルーカスが先発した試合で2勝4敗だった。
ドルフィンズ

ベアーズRBトーマス、今シーズン絶望
 
 ベアーズRBアンソニー・トーマスは、30対20で敗れたパッカーズ戦で右手人差し指を骨折、今シーズンの出場が絶望なった。
 昨シーズン、オフェンス部門でルーキー・オブ・ザ・イヤーに選出されたトーマスは、今シーズン、オフェンス・ラインの負傷もあり思うような活躍ができなかった。
 代わりにはレオン・ジョンソンが出場する。
ベアーズ

パッカーズRBグリーン負傷
 
 パッカーズRBアーマン・グリーンは左足の打撲のため練習を欠場、次週のヴァイキングズ戦の出場が微妙な状況である。
 グリーンが出場できない場合、ルーキーのトニー・フィッシャーが先発出場する。
 グリーンは12月1日のベアーズ戦、第3Qに負傷。その後グリーンは試合に戻るが、1回キャリーしただけでサイドラインに下がった。グリーンに代わりプレーしたフィッシャーは、17回のキャリーで91ヤード走り、1TDを記録した。
パッカーズ

レイヴンズDEマクレアリー、引退の可能性も
 
 レイヴンズはDEマイケル・マクレアリーを故障者リストに載せた。マクレアリーはそのまま引退する可能性もある。
 マクレアリーは膝の故障により、今シーズン5試合にしか出場していない。慢性的な膝の負傷により、昨シーズンも10試合にしか出場できなかった。
 ヘッドコーチ ブライアン・ビリックは、「彼は素晴らしい選手だ。マイケルがレイヴンズの選手としてキャリアを終えられることを誇りに思う。どの医師も再びプレーすることについては、リスクが大きすぎると言っている。ある時点で、将来のことも考えなければならない。」
 チーム広報によると、マクレアリーは引退についてまだ検討しており、明言はしていない。32歳のマクレアリーは、今シーズン2試合で先発出場するも、10月20日以来プレーしていない。もしこれ以上選手生活を続けると、日常生活で歩くことも困難になる可能性がある。
レイヴンズ

レッドスキンズ、Kコルテスと契約
 
 レッドスキンズは、先週49ersを解雇されたKホセ・コルテスと、Pクレイグ・ジャレットと契約した。これに伴い、Kジェームス・テューシルを解雇した。
 コルテスは49ersで今シーズン、24回中18回のFGを成功させたが、2度の決勝FGを外し解雇された。
 テューシルは開幕戦で負傷したブレット・コンウェイの代役として契約された。契約当初は10回中9回のFGを決めたが、ここ6回のFGの内5回を失敗していた。
 ジャレットはカウボーイズ戦で鼻を骨折した、ブライアン・バーカーの代役を務める。バーカーは手術を受けるが、故障者リスト入りはしない。
 また、レッドスキンズは同じくカウボーイズ戦で膝の靭帯を断裂した、LBジャレマイア・トロッターを故障者リストに載せた。
レッドスキンズ


▲戻る