Thu, 08/28/2003 1:06 pm UPDATE
2004シーズン NFLとは NFLヨーロッパ NFLイベント NFLフラッグフットボール サイトマップ
NFLビギナー NFLマニア NFLエンタメ コミュニティレポート NFL JAPAN チアリーダー
   NFL JAPAN top page>NFLマニア>コラム
NFLマニア
シーズン関連トピックス
チーム関連トピックス
今週のプレイヤー、コーチトピックス
フランチャイズ物語
NFL戦略アナライシス
ビジネストピックス
コラム
NFL Report Japan

コラム


HOT OFF THE GRIDIRON #37
「フットボールの匂いが漂ってきました!」
 

 8月になりました。
 フットボールの匂いが漂い始めました。

 私は今、アメリカに帰っています。アメリカでは、私が行くところはどこでも、まもなく始まるフットボールシーズンへの期待と興奮が感じられます。

 8月は素晴らしい時期です。
 それは、夏が終わりに近づいているとはいえ、まだまだ暑い時期ですが、8月は、コーチも、選手も、そしてファンも楽観的でいられる時期だからです。

            ◇HOT◇OFF◇THE◇GRIDIRON◇

 NFLのトレーニングキャンプ、プレシーズンゲームはもうすでに始まっています。

 今月上旬には、ビッグテン・カンファレンスのような、メジャーなカレッジフットボールカンファレンスで、相次いでメディアミーティングが開かれました。
 この種のミーティングでは、各チームのヘッドコーチと代表2選手が参加し、まもなく始まるフットボールシーズンについて、テレビ、ラジオ、インターネット、雑誌などのプリントメディアの人々からの質問に答えたり、抱負を述べたりするのです。

 NFLやカレッジフットボールのプレビュー誌が店頭に並び、テレビやラジオのスポーツ番組でもフットボールシーズンのニュースが、シーズンが近づくにつれ、週毎にどんどん増えていきます。

 シーズンの開幕が近づくにつれ、その興奮が積み重なる感覚を感じることができるのです。

            ◇HOT◇OFF◇THE◇GRIDIRON◇

 NFLとカレッジフットボールだけが8月に始まるわけではありません。

 ハイスクール、ジュニア・ハイスクール、ポップ・ワーナー、そのほか諸々の若い子どもたちのチームが、8月に練習を開始します。

 アメリカの学年は9月に始まりますが、学生たちはフットボールのために学校に戻ります。
フットボールは学生生活で主要な部分となっているのです。

 もちろん、選手たちだけではありません。
 大勢の人たちが、毎週のスケジュール帳で最も楽しみにしているフットボールゲームに携わる、チアリーダー、マーチングバンド、そのほかのひとたちにとっても、フットボールは主要な学生生活の一部分なのです。

 多くのハイスクールで、選手たちがゲームジャージーを着て、金曜日に学校に行く姿を目にします。
 先生も生徒もみんな、体育館に集まり、学校を挙げて、「ペップ・ラリー」と呼ばれるセレモニーでチームを盛り上げます。

 ほとんどの学校で、フットボールゲームは単なるスポーツ競技ではなく、あらゆる年齢層の人々の大きなコミュニティーイベントとなっているのです。

            ◇HOT◇OFF◇THE◇GRIDIRON◇

 伝統的に、ジュニア・ハイスクールと、ハイスクールの1年生の試合は、木曜日の午後に行われます。
 同様に、ハイスクールは金曜日の夜、カレッジは土曜日の午後、NFLは日曜日にそれぞれゲームが行われます。

 現在、NFLが日曜日の夜(ESPN)と月曜日の夜(ABC)にゲームを行い、木曜日の夜にはメジャーなカレッジのゲーム(ESPN)が行われているので、1週間のうち、フットボールゲームが行われていないのは、火曜日と水曜日ということになります。

            ◇HOT◇OFF◇THE◇GRIDIRON◇

 ところで、私はこの前のNFLアメリカンボウル(NFL TOKYO 2000)で東京ドームにいたときに、NFLファンを含む何人かの方から、このような質問を受けました。
 「ビルさん、日本でフットボールを普及させるためには、何が必要ですか?」

 「単純に短期間で結果が出るという答えはないよ。この質問に対する私の答えは、日本でスポーツの人気を上げようとすれば、長い期間が必要だよ、NFLフラッグフットボールのような、グラスルーツ活動こそが、長い目で見れば有効な手だてだよ、ということになるでしょう。
 野球は日本の学校システムの中で、よく組織だっており、子どもたちは小学校ではじめて、大学生になるまで楽しめるのです。
 私の気持ちとしては、フットボールというスポーツが日本でメジャーになっていくには、学校でその地位を上げる必要があると思います。これはとくに、高校、大学レベルで必要でしょう。
 アメリカでは、歴史と伝統がフットボールの味方をしてくれます。(フットボールの)歴史と伝統が十分ではない日本では、これは逆風となってしまいます。
 興味深いことに、アメリカのハイスクール、カレッジレベルでは、野球はあまり人気がありません。それは、長い間、秋にはフットボール、冬にはバスケットボールという、もっと人気のあるスポーツの陰になってしまっているからです。」

 あらゆる人が知っているように、野茂英雄やマック鈴木、佐々木主浩、吉井理人といった日本人選手の成功は、日本でのMLB人気に好影響をもたらしました。

 いつか、日本人フットボール選手もNFLでプレーする日が来ると思いますが、それは非凡な人間によるものでしょう。

 大昔の話ですが、かつて「スティール・カーテン・スタント・4-3ディフェンス」と呼ばれたときのスティーラーズの元ディフェンス・コーディネーター、ジョージ・パールズは私にこんなことを言っていました。
 「NFLとメジャーカレッジフットボールは、"Uncommon Sport played by Uncommon
People!" (非凡な人間によって行われる常識外れなスポーツさ)」

 もちろん彼が言いたいのは、NFLでプレーするためには、選手は常識外れの身体能力サイズ、スピード、頑強さ、そしてそのバランスを持っていない、それにたとえ、そのような能力を持ち合わせていようとも、トップに上り詰め、それを維持していくためには、戦う意思、戦う姿勢、戦うモチベーションを持ちつづけなければいけない、ということなのです。

 

            ◇HOT◇OFF◇THE◇GRIDIRON◇

 アメリカンボウルでカウボーイズの一員としてプレーしたLB河口正史は、NFLチームに10日間参加できたことはうれしい、と言っていますが、彼の夢は、日本で開かれるアメリカンボウルでプレーするだけではなく、チームのロスター争いをすることなのです。

 HCダン・リーヴスは、河口を賞賛し、他の日本人2選手についても、彼らは優秀な選手で、一生懸命に努力していると言っていました。
そして将来は20歳前半からNFLチームに挑戦できる様になることが必要ではないかと言っています。

            ◇HOT◇OFF◇THE◇GRIDIRON◇

 NFLのロスター争いは、ハイスクールの選手たちが114あるNCAAディヴィジョン1-Aのチームに加わろうとするのと同じように、大変熾烈です。

 アメリカには、だいたい100万人の高校生フットボール選手がいますが、ディヴィジョン1-Aの学校でプレーするために奨学金をもらえるのは、このうちの1%にも満たないのです。

 NFLに進めることのできるアメリカのハイスクール選手の割合は、6,000人に1人でしかないのです。

 だから、NFLへ進むために、この競争に勝ち抜いていく選手たちは、実際に「非常識的」なのです。

 今、アメリカ以外の国で生まれた選手たちの数は、カレッジフットボール界で、どんどん増えています。

 NFLは今、「NFLフューチャーズ」という新しいプログラムを進めており、そのプログラムの中のひとつとして、「NFL
International Scholars Program」という名の高校生留学プログラムを行っています。
これは、将来に可能性のある外国の選手たちを高校生の時にアメリカの高校でフットボールシーズンにプレーできるように支援する制度で、ドイツ人のDEコンスタンティン・リッツマンがこの制度初の選手でした。彼は後にテネシー大から奨学金を受け取って
同大学でPLAYしています。これは外国人も奨学金をもらえる可能性があるという望みを持てるということです。

 リッツマンは、NFLヨーロッパリーグのスカウトたちが、ドイツで最も期待できる高校生と目を留めた選手で、実際に、去年はRedshirtsしないで、1年生として9試合に出場し、ノートルダム大とのゲームでは、QBサックもマークしています。

 さらに上達しているので、ドイツ生まれのDEコンスタンティン・リッツマンは、NFLでプレーするかもしれません。

そして、現在、日本からも期待の星、清水衛君が、留学しています。チームの監督、コーチロジャーの話によると、彼は今年チームの中心的選手としてゲームで使うということだそうです。
 彼のパスキャッチには定評があり、アクロバティックではないものの「Sure Hand」タイプで、ディフェンスエンドとしても昨年もゲーム出場していますし、器用な選手だという評価を得ているとのこと。今年はレシーバーとしてもスターターレベルでゲーム出場する予定だそうです。皆さん、応援しましょう!

            ◇HOT◇OFF◇THE◇GRIDIRON◇

 いつか、俺は最高の選手になるんだ、という大望を抱いた「非凡な」若い日本人選手が出現するでしょう。

 もし、その彼がアメリカでカレッジフットボールをプレーすることがあれば、NFLを目指すその選手の可能性は大いに広がります。

 その彼が誰であろうとも、フットボール界はその「彼」が現れることをずっと待っています。


SEE YOU NEXT TIME!

Bill Marklevits


予告!
次回は、2000年カレッジフットボールシーズンレポートをお届けします。どうぞ、おたのしみに!


back number
#115 「リッキー・ウィリアムズの引退はドルフィンズを茫然とさせました。」
#114 「ペイトリオッツは昨年よりもよいチームとなっているようです。」
#113 「NFLの完璧な勝利」
#112 「NFL2004年ドラフト レビュー」
#111 「マニングの願いが叶いました。」
#110 「“NFLドラフト 第1位指名権の行方は?”」
#109 「クラレットのルールへの挑戦は、NFLの根本を揺るがすものです。」
#108 SUPER BOWL 38 レビュー
「ブレイディがペイトリオッツを再びスーパーボウル勝利に導きました。」
#107 「SUPER BOWL XXXVIII プレビュー」
#106 「ファーヴがグリーンベイにマジックをまた取り返しています。」
#105 「ハイズマントロフィーが必ずしもNFLでの成功を確約するわけではありません。」
#104 「バッカニアーズからマジックが消えてゆきました。」
#103 「マービン・ルイスはベンガルズをプレイオフへ導く勢いです。」
#102 「ヴァイキングスは今、NFCで注目のチームです。」
#101 「ディック・ヴァミールはチーフスを好調の波に乗せました。」
#100 「モーリス・クラレットとポール・タグリアブーの対決」
#99 「バッカニアーズはNFLで最高のチームです。」
#98 「全米連覇を狙うオハイオ州立大学」
#97 「ジョン・グルーデンは連覇を狙います」
#96 「トミー・マドックスにどのぐらいの価値があると思いますか?」
#95 「NFLチームがロサンゼルスに戻る日は?」
#94 最善のオーバータイム方式とは?
#93 「NFL のチームはドラフトでディフェンスの選手を探しました。」
#92 「チャールズ・ロジャーズはドラフトで注目のトップアスリート」
#91 「カーソン・パーマーのインタビュー」
#90 「5人の新ヘッドコーチ」
#89 「グルーデンは高くなかった」
#88 「ジョン・グルーデン・ボウル」
#87 「マイケル・ヴィック − 君はどんな活躍をみせてくれるんだい?」
#86 「NFLで最も優れたチームはどのチームでしょうか」
#85 「モーリス・クラレット」
#84 「ジェイク・ポーターのタッチダウン」
#83 「エミット・スミスと偉大なラッシャー」
#82 「デトロイト・ライオンズの新しいスタジアム」
#81 「デイヴィッド・カーの試練」
#80 「大学街でのNFL」
#79 「2002ビッグテンカンファレンス プレビュー」
#78 「マイアミ大学ハリケーンズ、2連覇なるか?」
#77 「スティーヴ・マリウーチとトム・イゾー こどものころからの大親友 (後半)」
#76 「スティーヴ・マリウーチとトム・イゾー こどものころからの大親友 (前半)」
#75 「イーストコーストオフェンスがNFLにやってきた」
#74 「フットボールとサッカー」
#73 「さよなら、クリス・カーター」
#72 「プロフットボールの底辺は”アリーナフットボール2”」
#71 「ドラフトを振り返って」
#70 「新しいエクスパンションチーム、ヒューストン・テキサンズは、2002年のNFLのドラフトで、ナンバーワンピックを取るでしょう。」
#69 「ジョン・グルーデンとアル・デーヴィス」
#68 「ペイトリオッツが示しました。みんなが間違っていたと!」
#67 「第36回スーパーボウルプレビュー」
#66 「天はニューイングランドに味方した!」
#65 「マイアミ大は押しも押されもせぬ全米チャンピオンです」
#64 「カレッジフットボール シーズン回顧」
#63 「ブレット・ファーヴは、NFL史上最強の鉄人QBです」
#62 「ダ・ベアーズ」
#61 「ペンステイトのパターノが、NCAA通算最多勝利を記録」
#60 「フットボールと戦争」
#59 「第3週を終わって、チャージャーズがまだ負けていません!」
#58 「フットボールが戻ってきました。しかし、以前と同じではあるはずがありません!」
#57 「どのチームがローズボウルに進出するでしょうか?」
#56 「ヴァイキングズWRランディー・モスがついにNFL最高給選手です!」
#55 「ハイスクールNo.1QBがオハイオ州立大学入学を決意!」
#54 「ジェリー・ライスとサラリーキャップ」
#53 「2002年 NFL再編成」
#52 「NFLドラフトレビュー」
#51 「NFLドラフト全体1番目指名権を持つ男、チャージャーズの新エグゼクティヴ・ヴァイス・プレジデント兼ゼネラルマネージャー、ジョン・バトラーとのインタビュー」
#50 「NFLドラフト プレビュー」
#49 「NFLセカンドシーズン」
#48 「RBロバート・スミス引退!」
#47 「NFLコーチに対する勝利へのプレッシャーはどんどん上昇しています!」
#46 「レイヴンズがスーパーボウル優位!」
#45 「NFLプレーオフには、フットボールの興奮が詰まっています!」
#44 「12月はコーチの入れ替わる時期です」
#43 「新HCゲイリー・モーラーは、ライオンズに覇気をもたらす!」
#42 「レイダースが、AFC各チームをびびらせています!」
#41 「ダンテ・カルペッパー、ヴァイキングスをNFLトップに導く」
#40 「ラムズオフェンスは、NFL史上最高に得点力のある攻撃なのです」
#39 「多くの日本のNFLファンには辛い時期ですね」
#38 「カレッジシーズン、キックオフ!」
#37 「フットボールの匂いが漂ってきました!」
#36 「ジョーイ・ギャロウェイ〜カウボーイズ期待の選手」
#35 「チームメイトだったブラウンとアーリントンがドラフト1-2番目」
#34 「ミシガン州立大とNFLドラフト」
#33 「エディー・ジョージ "THE BEAST"」

→戻る