Thu, 08/28/2003 1:06 pm UPDATE
2004シーズン NFLとは NFLヨーロッパ NFLイベント NFLフラッグフットボール サイトマップ
NFLビギナー NFLマニア NFLエンタメ コミュニティレポート NFL JAPAN チアリーダー
   NFL JAPAN top page>NFLマニア>コラム
NFLマニア
シーズン関連トピックス
チーム関連トピックス
今週のプレイヤー、コーチトピックス
フランチャイズ物語
NFL戦略アナライシス
ビジネストピックス
コラム
NFL Report Japan

コラム


HOT OFF THE GRIDIRON #40
「ラムズオフェンスは、NFL史上最高に得点力のある攻撃なのです」
 

 セントルイス・ラムズがスーパーボウルに優勝して、HCディック・ヴァーミールが引退した後、多くの人々は、昨季と同じようにラムズが成功するかどうか、疑問に思っていました。

確かに、1年間だけ素晴らしかったQBカート・ワーナーが、昨季リーグ、スーパーボウル両方のMVPに輝いたような、魔法のようなシーズンを繰り返せるはずはない、ルーキーHCマイク・マーツがスーパーボウル優勝チームに科せられたよりタフなスケジュールにどう対処するのか、ディフェンディングチャンピオンをやっつけてやろうと、全チームから標的になってどうなるのか、と思われていました。

スーパーボウルチャンピオンチームはだいたい、フリーエージェントの流出により、オフシーズンに襲撃されます。

ラムズも実際、OTフレッド・ミラー、Cマイク・グータドーリア、LBチャーリー・クレモンズ、さらにDEジェイ・ウィリアムスら8人の選手を失いました。

多くのクエスチョンが、今季を迎えるラムズには積み重なっていたのです。

私は、ディフェンディングチャンピオン、とくにQBカート・ワーナーをチェックするために、第3週セントルイスへ飛びました。

ワーナーは、ラムズのスーパーボウル優勝と自身のMVPを決めた、アイザック・ブルースへの73yds決勝TDパスの後、スーパーボウルのポストゲーム記者会見ではすっかり周囲を取り囲まれ、6ヶ月前までほとんど無名だった男が突然、フットボール界最大の有名人の一人になったのです。

とくにセントルイスでは、ワーナーはもはや、牛乳を買いにスーパーへ行くこともできないくらい、すぐにサインを求める人々に取り囲まれてしまったのです。

人々は彼の家のそばを通るときは、車の窓から顔を出し、写真を撮り、さらには彼にサインをしてもらうために、物を玄関先の階段に置いておく人もでるくらいでした。

 NFLヨーロッパとアリーナリーグの経験者であるカート・ワーナーは、長い間貧乏だったため、インスタントラーメンで生活したり、フットボールのオフシーズンには、スーパーで袋詰めのアルバイトをして家族を養うなどしてきました。

昨季はNFLの定める最低年俸でプレーしたワーナーは、リーグ史上最も割の良い選手となり、4,353yds、41TDでNFLの全QBのトップになりました。

予想されていた通り、ワーナーはラムズと長期契約の交渉をはじめましたが、ラムズがワーナーと契約を結んだのは今シーズンが始まる数週間前のことでした。

ワーナーのポリシーで、彼はとりあえず1年358,000ドルの契約を結び、キャンプには最初から参加しました。

ワーナーはフットボールが大好きで、また、貧乏人として長いことベンチに座っていることが多かったので、先発の座をトレント・グリーンに手放したくなかったのです。

最終的に、ワーナーは1,150万ドルのサインボーナスを含む、7年4,635万ドルの契約を結びました。

ワーナーは1シーズンで、NFL最低給から、ブレット・ファーヴ、ドリュー・ブレッドソー、ペイトン・マニング、ティム・カウチら最高給クラスと肩を並べるリーグトップ選手となったのです。

TWAドームでは、ファンが新しいラムズのロゴの、#13カート・ワーナーのジャージを着ている姿を至るところで目にすることができます。

「ビッグスターはどんなプレーを見せてくれるんだろう?」
私はラムズベンチにできるだけ近い位置に陣取り、私の眼はワーナーにくぎ付けとなりました。

ラムズがオープニングのキックオフ(レシーブ)をした後、ワーナーは、1999年最も威力のあったオフェンスを率いて、リーグで最も弱い部類に入る若いセカンダリー陣の49ersディフェンスと対するために、人工芝のフィールドに飛び出していきました。

ラムズ25ydsラインからの最初のプレーで、ワーナーは素早いドロップバックからクイックスローで、クロスラウトで内に入ってきたWRトリー・ホルトへ15ydsほどのパスを投じました。

しかし、49ersもしっかり宿題をやってきたようで、右のLBウィンフレッド・タブスがホルトをしっかりと待ちうけ、楽々とパスをインターセプトしました。

ワーナーはベンチに戻ってくると、まずコーチ、マイク・マーツのところへ行き、話をしました。
こうしている間に、49ersはジェフ・ガルシアが最初のプレーで29ydsTDパスを決め、リードを奪いました。


ラムズの2回目の攻撃でも、49ersがタフなディフェンスを披露しました。

7プレー、49ydsのドライブの後、ワーナーは49ers29ydsラインで3rdダウン5ydsの場面を迎えると、WRオズザヒア・ハキームへのパスを失敗。
ラムズはジェフ・ウィルキンスの47ydsFGに封じられてしまいました。

その次のシリーズでも、マーシャル・フォークのランで3回25ydsを獲得した後、ワーナーはドロップバックから再び早いタイミングでWRトニー・ホーンへ15ydsのパスを投げましたが、今度は49ersのルーキーCBアーメッド・プラマーに、自身初となるインターセプトを許してしまいました。

ワーナーは明らかに憤慨してベンチに引き上げてきました。
そこをマーツに呼び止められ、二人は短く話をしたかと思うと、ワーナーはドリンクを取りに行きました。

 マーツはその直後、ワーナーへメッセージを届けました。
ワーナーは、昨季オフェンシヴコーディネーターとして、ラムズのオフェンスをデザインしていた男がメッセージを伝えている間、頷いてこれを聞いて言いました。

49ersがFGでリードを10-3と拡げた2Q序盤、ワーナーは、オフェンスに「レッツ・ゴー!」とはっぱを掛けます。

マーシャル・フォークの右のタックルへのランで7ydsを獲得、さらにダイヴプレーで10ydsほどを獲得するナイスランを見せたかと思われたものの、これはGアダム・ティマーマンのホールディングで戻されてしまう。

さらに、自陣15ydsラインからの2ndダウン13ydsは、ワーナーがマーシャル・フォークへのスクリーンパスをオーバースロー。
3rdダウンは、49ersのルーキーLBジュリアン・ピーターソンにパスを叩き落とされてしまう。

ワーナーは再び、得点をあげることなく、フィールドから出てくると、49ersがディフェンスがうれしい誤算を喜んでいる一方で、ワーナーは、マイク・マーツにすぐさま噛み付きました。

「これが爆発的なオフェンスの発電源とは思えない。ワーナーはこの逆境をどう切り抜けるんだろうか」

セントルイスのホームのファンは、ワーナーにブーイングをしませんでしたが、TWAドームは無気味な静けさに支配されていました。

「マーツがワーナーに言ったのは、マーツがレッドスキンズ時代にQBコーチをしていた2シーズン(97〜98年)以来のかつての教え子、トレント・グリーンとQBをスウィッチする、ということだったのかな」

10-3とリードされて迎えた2Q中盤、ワーナーはフィールドに戻ると、立て続けにパスを決める。
 トリー・ホルトへ19yds、アイザック・ブルースへ17yds、マーシャル・フォークへ19yds、ハキームへ4yds、そして最後はホーンへ18ydsTDパスを決めました。

ワーナーは拳を振り上げ、WRたちはボブ・アンド・ウィーヴのTDダンスをすると、観客も大騒ぎとなりました。

さらに自信を取り戻したワーナーは、アイザック・ブルースへ78ydsTDパスを決め、マーシャル・フォークも後半、3ydsTDランを決めました。

ワーナーのベストゲームではありませんでしたが、それでも394yds、2TDをマークしました。

ゲーム後、マーツは、ワーナー、「NFL最高のオールラウンドRBだ」と言ってマーシャル・フォークの2人を賞賛した一方で、間違ったプレーコールだったをしてしまった、とワーナーの2インターセプトの責任を認めました。

結果は41-24とみんなが期待していた通り、ラムズが49ersを下しました。

スティーヴ・マリウッチの卓越した手綱さばきで49ersは良いゲームを展開したものの、マーツがひとたび、ワーナーの価値の高いパッシングゲームに必要なアジャストをして、ボールを進めるようになると、49ersはラムズのハイスコアリングゲームについていくことができませんでした。

私は、ワーナーとラムズが勝ったことに対してはではなく、序盤の逆境を冷静に対処したこと、彼らが持つオフェンスの武器に強いインパクトを受けました。

 ラムズは、ワーナーという素晴らしいQBに加え、トレント・グリーンをバックアップに持ち、さらには、オーランド・ペースという若くて才能のある左タックル(QBを守る責を負う人)、NFL史上最もスピードのある若くて層の厚いレシービング陣、そしてマーシャル・フォークという信じ難いマルチパーパス・バックを抱えています。

セントルイスのオフェンスは、11試合連続400yds以上を獲得するNFLレコードを持つなど、NFL史上最も得点力のある攻撃を展開しています。

5試合を終え、ワーナーは1,947yds、14TDを記録、これはダン・マリーノの持つ5,048ydsのNFLシーズンパッシングヤード記録を更新するペースです。

まだスターターとして2年目のシーズンを迎えたばかりのワーナーですが、パス成功率(72.1%)、平均パッシングヤード(11.8yds)、さらには現在のNFLのQBパッサーレイティングシステムで史上最高の数字となっている122.00QBレイティングと、いずれもNFLトップをマークしています。

NFLは1960年以降、あらゆる規定投球回数以上を投げたQBの統計上の到達度を元に、パフォーマンスに対してある一定の基準を、指標化してきました。

 シーズン終了後で最も高い数字を残したのは、1994年のスティーヴ・ヤングがマークした112.8、昨季のカート・ワーナーは109.2でNFL史上5位でした。


この後、ラムズは第5週で、不幸なチャージャーズから614yds、53得点を奪って、圧倒しました。

ラムズのオフェンスが、ドン・コリイェルが指揮した1980年代のチャージャーズのオフェンスに最も良く例えられるのは、興味深いことです。

QBダン・フォウツを擁したチャージャーズは、1981年には1試合平均29.9点、82年には32点を奪い、いずれもリーグトップ。
同様に、フォウツも6シーズン連続してリーグのリーディングパッサーに輝きました。


ラムズHCマイク・マーツは、選手としてコリイェルを理想に掲げ、コリイェルのスタッフだったコーチ、アーニー・ザンピシーと1990年代前半はともに仕事をしました。

 マーツは次のように話し、今のラムズと、チャージャーズのコリイェルの間に相違点があることを認識しています。
「コンセプトでは、共通点がたくさんある。私たちは選手のタイプを変えた。選手をより動かすことで、ドン・コリイェルがしたように、フィールドのどこからでもいつでもエンドゾーンを狙えるようにしている。フォーメーションのいくつかは異なるが、コンセプト、フィロソフィーは非常に似ているよ。」


 11試合連続30得点以上をマーク、10試合連続オフェンスが400yds以上をマークしているラムズは、チャージャーズが82年から83年にかけてマークした11試合連続400yds超の記録を是非更新したいところでしょう。

歴史上、得点力で上位に入ったNFLチームの多くの成績が、ベストイヤーに結びつけているとは言えません。

 NFL史上トップ10のうち、9チームは、その翌年、平均得点で5点以上前年を下回っています。

第5週を終えた時点では、ラムズオフェンスは、昨季NFLトップだった1試合あたり32.9点に比べても、43.4点と快走を続けています。


1年チャンピオンに輝いただけでは、NFL黄金期を築いたことにはなりません。

 この爆発的なハイスコアリングオフェンスが、ラムズをNFL黄金期に導くことができるでしょうか。

 ラムズは依然として、ディフェンスに弱点を残していますが、ラムズオフェンスが1試合40点以上を獲得しているときは、ディフェンスのミスを十分カバーすることができます。

相手ディフェンスは、なんとかして、ラムズを止めるスキームを生み出そうとしていますが、多くの武器を持っているために、だれか1選手だけをマークするということができないのです。

 マイク・マーツの契約は2003年まで残っており、さらにワーナーは2006年、フォークは2005年、アイザック・ブルースは2006年、オフェンスライン全員でも2002年までそれぞれ安泰となっています。


ラムズがNFL黄金期を築くことができるか。その可能性は十分にあります。

このオフェンスを止められるとすれば、ワーナー、フォーク、もしくはキーとなるレシーバーがケガをするしかないように思われます。

ラムズがハイスコア・マジックをいつまで維持できるかは、時間が経てば分かるでしょうが、ただ、今現在では、ラムズオフェンスは、NFL史上最高に得点力のある攻撃なのです。


SEE YOU NEXT TIME!

Bill Marklevits


back number
#115 「リッキー・ウィリアムズの引退はドルフィンズを茫然とさせました。」
#114 「ペイトリオッツは昨年よりもよいチームとなっているようです。」
#113 「NFLの完璧な勝利」
#112 「NFL2004年ドラフト レビュー」
#111 「マニングの願いが叶いました。」
#110 「“NFLドラフト 第1位指名権の行方は?”」
#109 「クラレットのルールへの挑戦は、NFLの根本を揺るがすものです。」
#108 SUPER BOWL 38 レビュー
「ブレイディがペイトリオッツを再びスーパーボウル勝利に導きました。」
#107 「SUPER BOWL XXXVIII プレビュー」
#106 「ファーヴがグリーンベイにマジックをまた取り返しています。」
#105 「ハイズマントロフィーが必ずしもNFLでの成功を確約するわけではありません。」
#104 「バッカニアーズからマジックが消えてゆきました。」
#103 「マービン・ルイスはベンガルズをプレイオフへ導く勢いです。」
#102 「ヴァイキングスは今、NFCで注目のチームです。」
#101 「ディック・ヴァミールはチーフスを好調の波に乗せました。」
#100 「モーリス・クラレットとポール・タグリアブーの対決」
#99 「バッカニアーズはNFLで最高のチームです。」
#98 「全米連覇を狙うオハイオ州立大学」
#97 「ジョン・グルーデンは連覇を狙います」
#96 「トミー・マドックスにどのぐらいの価値があると思いますか?」
#95 「NFLチームがロサンゼルスに戻る日は?」
#94 最善のオーバータイム方式とは?
#93 「NFL のチームはドラフトでディフェンスの選手を探しました。」
#92 「チャールズ・ロジャーズはドラフトで注目のトップアスリート」
#91 「カーソン・パーマーのインタビュー」
#90 「5人の新ヘッドコーチ」
#89 「グルーデンは高くなかった」
#88 「ジョン・グルーデン・ボウル」
#87 「マイケル・ヴィック − 君はどんな活躍をみせてくれるんだい?」
#86 「NFLで最も優れたチームはどのチームでしょうか」
#85 「モーリス・クラレット」
#84 「ジェイク・ポーターのタッチダウン」
#83 「エミット・スミスと偉大なラッシャー」
#82 「デトロイト・ライオンズの新しいスタジアム」
#81 「デイヴィッド・カーの試練」
#80 「大学街でのNFL」
#79 「2002ビッグテンカンファレンス プレビュー」
#78 「マイアミ大学ハリケーンズ、2連覇なるか?」
#77 「スティーヴ・マリウーチとトム・イゾー こどものころからの大親友 (後半)」
#76 「スティーヴ・マリウーチとトム・イゾー こどものころからの大親友 (前半)」
#75 「イーストコーストオフェンスがNFLにやってきた」
#74 「フットボールとサッカー」
#73 「さよなら、クリス・カーター」
#72 「プロフットボールの底辺は”アリーナフットボール2”」
#71 「ドラフトを振り返って」
#70 「新しいエクスパンションチーム、ヒューストン・テキサンズは、2002年のNFLのドラフトで、ナンバーワンピックを取るでしょう。」
#69 「ジョン・グルーデンとアル・デーヴィス」
#68 「ペイトリオッツが示しました。みんなが間違っていたと!」
#67 「第36回スーパーボウルプレビュー」
#66 「天はニューイングランドに味方した!」
#65 「マイアミ大は押しも押されもせぬ全米チャンピオンです」
#64 「カレッジフットボール シーズン回顧」
#63 「ブレット・ファーヴは、NFL史上最強の鉄人QBです」
#62 「ダ・ベアーズ」
#61 「ペンステイトのパターノが、NCAA通算最多勝利を記録」
#60 「フットボールと戦争」
#59 「第3週を終わって、チャージャーズがまだ負けていません!」
#58 「フットボールが戻ってきました。しかし、以前と同じではあるはずがありません!」
#57 「どのチームがローズボウルに進出するでしょうか?」
#56 「ヴァイキングズWRランディー・モスがついにNFL最高給選手です!」
#55 「ハイスクールNo.1QBがオハイオ州立大学入学を決意!」
#54 「ジェリー・ライスとサラリーキャップ」
#53 「2002年 NFL再編成」
#52 「NFLドラフトレビュー」
#51 「NFLドラフト全体1番目指名権を持つ男、チャージャーズの新エグゼクティヴ・ヴァイス・プレジデント兼ゼネラルマネージャー、ジョン・バトラーとのインタビュー」
#50 「NFLドラフト プレビュー」
#49 「NFLセカンドシーズン」
#48 「RBロバート・スミス引退!」
#47 「NFLコーチに対する勝利へのプレッシャーはどんどん上昇しています!」
#46 「レイヴンズがスーパーボウル優位!」
#45 「NFLプレーオフには、フットボールの興奮が詰まっています!」
#44 「12月はコーチの入れ替わる時期です」
#43 「新HCゲイリー・モーラーは、ライオンズに覇気をもたらす!」
#42 「レイダースが、AFC各チームをびびらせています!」
#41 「ダンテ・カルペッパー、ヴァイキングスをNFLトップに導く」
#40 「ラムズオフェンスは、NFL史上最高に得点力のある攻撃なのです」
#39 「多くの日本のNFLファンには辛い時期ですね」
#38 「カレッジシーズン、キックオフ!」
#37 「フットボールの匂いが漂ってきました!」
#36 「ジョーイ・ギャロウェイ〜カウボーイズ期待の選手」
#35 「チームメイトだったブラウンとアーリントンがドラフト1-2番目」
#34 「ミシガン州立大とNFLドラフト」
#33 「エディー・ジョージ "THE BEAST"」

→戻る