Thu, 08/28/2003 1:05 pm UPDATE
2004シーズン NFLとは NFLヨーロッパ NFLイベント NFLフラッグフットボール サイトマップ
NFLビギナー NFLマニア NFLエンタメ コミュニティレポート NFL JAPAN チアリーダー
   NFL JAPAN top page>NFLマニア>コラム
NFLマニア
シーズン関連トピックス
チーム関連トピックス
今週のプレイヤー、コーチトピックス
フランチャイズ物語
NFL戦略アナライシス
ビジネストピックス
コラム
NFL Report Japan

コラム


HOT OFF THE GRIDIRON #41
「ダンテ・カルペッパー、ヴァイキングスをNFLトップに導く」
 

ヴァイキングスが第6週に、シカゴでベアーズに今季連勝したゲーム後、「ダンテ・カルペッパーがQBで勝ち続けることができるのかい?」と、私はヴァイキングスHCニス・グリーンに聞いてみました。

グリーンの返事には、彼のカレッジ時代のコーチング経験が表れていました。
「私たちはダンテに『フル・スカラーシップ』を与えているのさ。彼は私たちのQBとなる男さ。」


第7週終了時点で、NFLで無敗をキープしている唯一つのチームというのは、経過を見過ごしている人のために言うと、ラムズではなく、ミネソタ・ヴァイキングスなのです。

オフシーズンに、ヴァイキングスのHCデニス・グリーンは、メディア、そして一部の選手たちからも、QBジェフ・ジョージとの再契約をせず、QBランドール・カニンガムを放出したため、厳しい批判の的となりました。

グリーンはマイアミへ飛び、ダン・マリーノをミネソタへ呼び寄せようとしましたが、彼は引退してしまいました。

すると、デニス・グリーンは、これまでNFLで一度もパスを投げたことのなかった2年目のQBダンテ・カルペッパーを今季のスターティングQBにすると発表しました。
多くの人が、彼は無謀だ、ヴァイキングスをNFCプレーオフ候補から遠ざけた、とそのときは考えたものでした。


カルペッパーは、グリーンが自分をスターティングQBにしたことに疑問を投げかける新聞、雑誌を読んでいました。
それが、彼がオフシーズンに一生懸命トレーニングに励むモチベーションになったのです。

カルペッパーは、フロリダにあるクリス・カーターのFASTトレーニングプログラムで、ヴァイキングスのチームメイトのWRランディー・モス、クリス・カーターとともに、オフシーズンのトレーニングを積みました。

彼はそこで、40ydsをつねに4秒5で走れるようになるまでコンディショニングを改善した一方で、彼の最大のターゲットたちと、個人的な事柄まで知るようになったのです。


ヴァイキングスは第7週、ダンテ・カルペッパーが4Qだけで11回投げて8回成功、118yds、2TDをマークし、ビルズを逆転の末、31-27と下しました。

NFLのオフェンシヴコーディネーターのベテラン、シャーマン・ルイスが、ヴァイキングスのプレーコールをしていますが、彼は残り試合時間3分42秒に次のコールをしました。「スピード・ボム・ライト」
これは、カルペッパーが右にロールアウトして、軽く投げるフェイクをしてから、左サイドのランディー・モスへ高いパスを投げるというプレーです。

このプレーは、セイフティーがわずかにフェイクに引っかかり、オープンのモスが決勝のTDパスレシーブをして、完璧にうまくいきました。

NFLのスターティングQBとして初シーズンを迎えるQBダンテ・カルペッパーは、4Qに限っていえば、NFLトップランクのQBです。

彼は55回投げ40回成功、647yds、6TD、そしてインターセプトはわずかに1つで、パッサーレイテイングは140.5にのぼっています。

カルペッパーがゲーム終盤に勝負強いプレーを見せていることで、ヴァイキングスは7-0、NFLで唯一の無敗チームとなっているのです。

デニス・グリーンは、今季でヴァイキングスを率いて9年目で、スティーラーズのビル・カルワーとともに、一つのチームを率いているという点では、最長となっています。

グリーンの素晴らしいところは人物評価で、彼はこれをうまく利用しています。

1998年のNFLドラフトで、ほかの20チームが、ランディー・モスをパスした中で、グリーンはドラフト1巡目指名で彼を指名しました。
モスは現在、NFLで最も価値あるビッグプレーメーカーです。

グリーンは1999年ドラフトのドラフト1巡目指名で、QBダンテ・カルペッパーを指名して再び周囲を驚かせました。

カルペッパーは、セントラル・フロリダ大で4年間プレーし、そのレベルは疑わしい小さな大学を相手に、11,412yds、84TD、42INTを記録しました。

カルペッパーは州のトップハイスクール選手で、フロリダの「ミスター・フットボール」賞を受賞していましたが、主要な大学は彼の学力が低かったこともあり、彼を誘うことはありませんでした。

彼はまた、4年生時の463ydsをはじめ、4年間で1,000yds以上を走りました。

彼は4年生のとき、73.6%の驚異的なパス成功率をマークして、スティーヴ・ヤングが記録して以来、15年間破られていなかったNCAAのシーズン最高パス成功率記録を塗り替えもしました。
しかし、NFLスカウトは、彼がプレーしていたのは小さなカレッジ相手だったからだとして、彼の実力に対して疑問を持っていました。


私が最初にダンテ・カルペッパーに会ったのは、1999年、「QBの年」と呼ばれたドラフト以前、マイアミでのスーパーボウルでした。

私が最初に彼を見たとき、私は彼がQBだとは信じられませんでした。
彼の筋骨隆々とした193cm、102kgの身体は、LB、もしくはTEにさえ見えました。

私が彼と握手をすると、その手は大きくて力強く、私は「カルペッパーというのは大きくてパワフルな男だなぁ」と感じたのを記憶しています。

オフェンシヴコーディネーターのシャーマン・ルイスのプレーコールでは、カルペッパーの仕事は、カルペッパー自身がボールを持って走ったりするのと同様に、ボールをスターRBロバート・スミスもしくは、WRランディー・モス、WRクリス・カーターに託すことです。

2年目のQBは現在では、ゲーム展開が怪しくなってきたときに、チームに勝利をもたらすことのできる価値ある選手、という評判を得ています。

今季、ヴァイキングスは全184得点のうち、73点を4Qにマークし、度々逆転勝ちを決めています。


「私たちは一生懸命プレーし、勉強している。」とカルペッパーは話します。
「それが大きいのです。私たちは質素でいることを覚え、練習に集中するのです。」

ダンテ・カルペッパーは、投げるのと同じように走ることもでき、ジョン・エルウェイよりも大きい21世紀のQBです。

第1週のベアーズ戦では3TDランをマークし、平均ラン獲得ヤードが5ydsを超えるロバート・スミス2に次ぎ、ヴァイキングスのセカンドリーディングラッシャーとなっているように、彼の機動力は、ポケットパスのコンセプトとはまったく無縁なのです。

彼はここまで7試合しかプレーしていませんが、彼の大きな骨格と力強さは、彼がノックアウトされてゲームから退くことはないような、信頼の置けるQBのように思えます。

プロボウルのファン投票が始まっていますが、デニス・グリーンは、ラムズQBカート・ワーナーと並ぶ、NFC最多得票候補としてプッシュしています。

グリーンいわく、「ワーナーは、ほかのどのポジションのどの選手よりも、自分のポジションをうまくプレーすることができるが、ダンテは票を伸ばすべきだと思うよ。1.彼はNFLで唯一人負けていないQBである。2.彼はNFLトップレベルのレイティング(99.6)の選手である。3.彼は非常にパス成功率が高い(62.3%)選手である。4.彼は多くのTDパスを投げ(14TD)、平均2TD以上をマークしている選手である。5.彼は驚くべき選手である。」


カルペッパーは、武装強盗団としてマイアミの刑務所にいた未婚のティーンエイジャーから生まれました。

1977年1月、彼が生まれたその次の日には、ダンテは、フロリダ週オケイラに住む当時62歳のエマ・カルペッパーに預けられました。
エマは、ユース更正施設から彼女の生み親の仕事について聞かされていました。

エマは、ダンテを15番目、最後の子どもとして育て上げました。
その15人の中に彼女の子どもは一人としていませんでした。

85歳になったエマは現在、ダンテがプレゼントした新しい家に住んでいます。

ダンテはレシーバーをやりたくて、7年生のときにフットボールを始めました。

練習の最初の週に、QBが彼に投げたボールはオーバースローとなり、そのボールは、30ydsほど転がっていきました。
カルペッパーはこれを追いかけ、ノーバウンドで投げ返したのです。

そのパスを見たコーチはこう言いました。
「キミが私たちのクォーターバックだ!」


対戦チームのディフェンスは、「スパイ」と呼ばれるラインバッカーを配して、ダンテ・カルペッパーを止めようとします。

しかしながら、RBにロバート・スミス、WRにランディー・モス、クリス・カーターというビッグプレーウェポンを揃えるヴァイキングスは、ダンテの強みを最大限利用するために、オフェンスをいろいろと組み合わせることができるのです。
これも、相手チームが彼にLBで鍵をかけようとするかどうか、注意を払うからこそできるのです。

デニス・グリーンがミネソタに雇われていることについて、これ以上言う必要はないでしょう。
実際、オーナーのレッド・マッコムズは、彼に3年間の契約延長を与えました。

ヴァイキングスが今季、1年目QBダンテ・カルペッパーでどこまで勝ち進むのか、疑問は残りますが、ラムズのカート・ワーナーが正しいシステムがあれば、1年目のQBでもスーパーボウルを勝つことができることをすでに証明しています。

現在、ワーナーは指の骨折で4〜6週間欠場しているだけに、ヴァイキングスが非常に重要なNFCプレーオフのホームフィールドアドヴァンテージを掴むことができるでしょう。

ファンはこのことを覚えておいてください。
過去3年間、最後まで無敗をキープしていたチーム(デンヴァーが2度、そして昨季のラムズ)がスーパーボウルを制しているのです。

ヴァイキングスが開幕7連勝をマークしたものの、タンパで連勝がストップしたちょうど2年前と同じように、ヴァイキングスは第9週、タンパで連勝が途切れました。
ヴァイキングスは、今季本来あるべき姿を取り戻したバッカニアーズに41-13と敗れたのです。

カルペッパーはこのゲームで、とうとうルーキーらしいミス--最初の攻撃でのファンブルロストと2つのインターセプト--を犯しました。

「2度とも、ビッグプレーをしてやろうと思っていた。この日はなかったから。その時さ、トラブルが発生してしまったのは。」

結果として、昨季から続いていたヴァイキングスのレギュラーシーズン10連勝が途絶えてしまいました。

これでラムズと並んで7-1となりましたが、ヴァイキングスはダンテ・カルペッパーがチームを1月末、タンパベイに連れて行くものと、大いに期待しているのです。


次回はAFCトップに登り詰めようとしているコルツとレイダースについて、見ていくことにしましょう。

SEE YOU NEXT TIME!

Bill Marklevits


back number
#115 「リッキー・ウィリアムズの引退はドルフィンズを茫然とさせました。」
#114 「ペイトリオッツは昨年よりもよいチームとなっているようです。」
#113 「NFLの完璧な勝利」
#112 「NFL2004年ドラフト レビュー」
#111 「マニングの願いが叶いました。」
#110 「“NFLドラフト 第1位指名権の行方は?”」
#109 「クラレットのルールへの挑戦は、NFLの根本を揺るがすものです。」
#108 SUPER BOWL 38 レビュー
「ブレイディがペイトリオッツを再びスーパーボウル勝利に導きました。」
#107 「SUPER BOWL XXXVIII プレビュー」
#106 「ファーヴがグリーンベイにマジックをまた取り返しています。」
#105 「ハイズマントロフィーが必ずしもNFLでの成功を確約するわけではありません。」
#104 「バッカニアーズからマジックが消えてゆきました。」
#103 「マービン・ルイスはベンガルズをプレイオフへ導く勢いです。」
#102 「ヴァイキングスは今、NFCで注目のチームです。」
#101 「ディック・ヴァミールはチーフスを好調の波に乗せました。」
#100 「モーリス・クラレットとポール・タグリアブーの対決」
#99 「バッカニアーズはNFLで最高のチームです。」
#98 「全米連覇を狙うオハイオ州立大学」
#97 「ジョン・グルーデンは連覇を狙います」
#96 「トミー・マドックスにどのぐらいの価値があると思いますか?」
#95 「NFLチームがロサンゼルスに戻る日は?」
#94 最善のオーバータイム方式とは?
#93 「NFL のチームはドラフトでディフェンスの選手を探しました。」
#92 「チャールズ・ロジャーズはドラフトで注目のトップアスリート」
#91 「カーソン・パーマーのインタビュー」
#90 「5人の新ヘッドコーチ」
#89 「グルーデンは高くなかった」
#88 「ジョン・グルーデン・ボウル」
#87 「マイケル・ヴィック − 君はどんな活躍をみせてくれるんだい?」
#86 「NFLで最も優れたチームはどのチームでしょうか」
#85 「モーリス・クラレット」
#84 「ジェイク・ポーターのタッチダウン」
#83 「エミット・スミスと偉大なラッシャー」
#82 「デトロイト・ライオンズの新しいスタジアム」
#81 「デイヴィッド・カーの試練」
#80 「大学街でのNFL」
#79 「2002ビッグテンカンファレンス プレビュー」
#78 「マイアミ大学ハリケーンズ、2連覇なるか?」
#77 「スティーヴ・マリウーチとトム・イゾー こどものころからの大親友 (後半)」
#76 「スティーヴ・マリウーチとトム・イゾー こどものころからの大親友 (前半)」
#75 「イーストコーストオフェンスがNFLにやってきた」
#74 「フットボールとサッカー」
#73 「さよなら、クリス・カーター」
#72 「プロフットボールの底辺は”アリーナフットボール2”」
#71 「ドラフトを振り返って」
#70 「新しいエクスパンションチーム、ヒューストン・テキサンズは、2002年のNFLのドラフトで、ナンバーワンピックを取るでしょう。」
#69 「ジョン・グルーデンとアル・デーヴィス」
#68 「ペイトリオッツが示しました。みんなが間違っていたと!」
#67 「第36回スーパーボウルプレビュー」
#66 「天はニューイングランドに味方した!」
#65 「マイアミ大は押しも押されもせぬ全米チャンピオンです」
#64 「カレッジフットボール シーズン回顧」
#63 「ブレット・ファーヴは、NFL史上最強の鉄人QBです」
#62 「ダ・ベアーズ」
#61 「ペンステイトのパターノが、NCAA通算最多勝利を記録」
#60 「フットボールと戦争」
#59 「第3週を終わって、チャージャーズがまだ負けていません!」
#58 「フットボールが戻ってきました。しかし、以前と同じではあるはずがありません!」
#57 「どのチームがローズボウルに進出するでしょうか?」
#56 「ヴァイキングズWRランディー・モスがついにNFL最高給選手です!」
#55 「ハイスクールNo.1QBがオハイオ州立大学入学を決意!」
#54 「ジェリー・ライスとサラリーキャップ」
#53 「2002年 NFL再編成」
#52 「NFLドラフトレビュー」
#51 「NFLドラフト全体1番目指名権を持つ男、チャージャーズの新エグゼクティヴ・ヴァイス・プレジデント兼ゼネラルマネージャー、ジョン・バトラーとのインタビュー」
#50 「NFLドラフト プレビュー」
#49 「NFLセカンドシーズン」
#48 「RBロバート・スミス引退!」
#47 「NFLコーチに対する勝利へのプレッシャーはどんどん上昇しています!」
#46 「レイヴンズがスーパーボウル優位!」
#45 「NFLプレーオフには、フットボールの興奮が詰まっています!」
#44 「12月はコーチの入れ替わる時期です」
#43 「新HCゲイリー・モーラーは、ライオンズに覇気をもたらす!」
#42 「レイダースが、AFC各チームをびびらせています!」
#41 「ダンテ・カルペッパー、ヴァイキングスをNFLトップに導く」
#40 「ラムズオフェンスは、NFL史上最高に得点力のある攻撃なのです」
#39 「多くの日本のNFLファンには辛い時期ですね」
#38 「カレッジシーズン、キックオフ!」
#37 「フットボールの匂いが漂ってきました!」
#36 「ジョーイ・ギャロウェイ〜カウボーイズ期待の選手」
#35 「チームメイトだったブラウンとアーリントンがドラフト1-2番目」
#34 「ミシガン州立大とNFLドラフト」
#33 「エディー・ジョージ "THE BEAST"」

→戻る