Thu, 08/28/2003 1:15 pm UPDATE
2004シーズン NFLとは NFLヨーロッパ NFLイベント NFLフラッグフットボール サイトマップ
NFLビギナー NFLマニア NFLエンタメ コミュニティレポート NFL JAPAN チアリーダー
   NFL JAPAN top page>NFLマニア>コラム
NFLマニア
シーズン関連トピックス
チーム関連トピックス
今週のプレイヤー、コーチトピックス
フランチャイズ物語
NFL戦略アナライシス
ビジネストピックス
コラム
NFL Report Japan

コラム


HOT OFF THE GRIDIRON #49
「NFLセカンドシーズン」
 
今年就任したばかりのライオンズGMマット・ミレン

 NFLのセカンドシーズンとは、オフシーズンのことであり、現在がその時期です。

 NFLのセカンドシーズンは、プロボウルから7月のトレーニングキャンプ開始の5ヶ月間のオフシーズンを指します。

 NFLのセカンドシーズンには、各チームのゼネラルマネージャーが来たるべきシーズンに向け、サラリーキャップ、フリーエージェント、ルーキードラフトなどの複雑な問題に対処し、ロスターを決めるため、フランチャイズQBのように至る所に出現します。


 NFLのセカンドシーズンでは、フットボールというよりはむしろ、ゲームのモノポリーのようです。

 測定の単位は勝ち負けではなく、お金です。

 フットボール選手に対する明確な価値とは新聞のファイナンシャルのページには記載されていませんが、NFLの首脳陣たちはそれぞれの選手たちに対して価値を当てはめていくという非科学的な作業に直面するのです。

 ゼネラルマネージャー、もしくは、選手人事の副社長は6,740万ドルというお金を各チーム53人に振り分ける必要があるのです。

 127万ドルのサラリーは私たちファンにとっては、夢のような話ですが、多くのNFL選手にとってはピーナッツのようなものでしかありません。

 選手と選手のエージェントが、リーグの同じポジションの他の選手と比べるので、個人的なエゴが作用し始めるのです。

 自分の好きなチームのGMがNFLのセカンドシーズンでどのような動きを見せるのかが、次のシーズン、またはさらに先まで、チームが成功するかどうか、大きな役割を担うのです。


 QBエルヴィス・ガーバック、QBダグ・フルーティ、RBキンブル・アンダース、DTチェスター・マクグロックトン、LBケン・ノートン、DTジョン・ランドールのような多くのビッグネーム、元プロボウラーたちが、サラリーキャップ枠までカットするために、所属チームから放出されました。

 また、大方の見方通り、サンディエゴ・チャージャーズは、2シーズンで13TDパス、33インターセプトに終わったQBライアン・リーフを放出しました。

 これで、チャージャーズは今春のNFLドラフトの全体1番目で、アーリーエントリーのヴァージニア工科大QBマイケル・ヴィックを指名するのに必死になっているようです。
 また、チャージャーズの新しいGMジョン・バトラーが、バッファロー時代からフルーティを良く知っていることから、フリーエージェントで彼を獲得するかもしれません。


 アトランタ・ファルコンズもまた、新しいQBが欲しいチームです。
 1巡目の全体5番目指名権を持つファルコンズですが、それをトレードして、チャージャーズが持つ全体1番目指名権を狙うかもしれません。

 バッカニアーズは素早くライアン・リーフを獲得しました。

 リーフは依然、チャージャーズからのサイニングボーナス、295万ドルを受け取ることになっています。

 バッカニアーズは1999年ドラフトでもリーフに興味を示しましたが、今、彼らはキャンプで彼を見る機会を得ました。
 彼がダメであれば、バッカニアーズはサラリーに関する一切の問題なしに、彼をカットすることができるのです。


 毎年恒例、ルーキーのスカウティングコンバインが先月末、インディアナポリスで行われました。

 最近のトレンドなのですが、QBマイケル・ヴィック、WRデヴィッド・テレルをはじめ、多くの1巡目指名候補選手たちが、練習には参加しませんでした。
 彼らはこの後に、自分たちの大学のキャンパスにNFLスカウトを呼び寄せ、プライベートに練習を行ってみせるのです。

 コンバインは依然、各チームにとって、本当のエリート選手ではなく、ドラフトで選択されることになる大多数の選手を見極める上で、重要なものです。

 今回起こった興味深い出来事は、ヴァージニア工科大のコーチングスタッフはヴィックもしくは、ほかのヴァージニア工科大の選手についてNFLスカウトに一切のコメントをしない、とヴァージニア工科大がヘッドコーチ、フランク・ビーマーからの命令で良い続けたことです。

 これにより、NFLスカウトたちは、ヴィックに、ヴァージニア工科大が知られたくないと思っているような問題があるのではないかと疑心暗鬼に陥り、頭をかきむしることになったのです。


 一方、テキサスクリスチャン大のラダニアン・トムリンソンが、コンバインの40ydsダッシュ4秒38をマークし、RBでの株を上げています。

 ウィスコンシン大からのアーリーエントリー、RBマイケル・ベネットも40ydsで4秒39をマークしました。

 カリフォルニア大のDEアンドレ・カーターが113kgしかなく、スカウトにショックを与えた一方で、おそらく今回のドラフトでナンバーワンパスラッシャーのミズーリ大のDEジャスティン・スミスは株を上げました。

 ミシガン大の4年生オフェンスライン、クリス・ハッチンソンとジェフ・バックスは、練習で俊敏なところを見せ、やはり株を上げました。


 ミシガン大のアーリーエントリー、WRデヴィッド・テレルには、昨シーズンずっと足の故障を抱えたままプレーし、現在も足にピンを入れる必要があるのではないかとの噂がここに来て浮上しています。

 テレルは今年のドラフトのベストレシーバーですが、彼の足に関する問題は、多くのチームの候補者リストで、ノースカロライナ大からのもう一人のアーリーエントリーWRコーレン・ロビンソンを一番に持って来させることになるかもしれません。

 UCLAからのアーリーエントリーのフレディー・ミッチェルも40ydsを4秒43で走り、なかなかの好タイムを出しました。


 グリーンベイ・パッカーズは、QBブレット・ファーヴとの生涯契約を結んだことを明らかにしました。
 QBファーヴはこの契約により、昨年のレッドスキンズRBスティーヴン・デーヴィスを超えて、NFL史上初めての1億ドルプレーヤーとなりました。

 チームは高額に及ぶ長期契約となったことを告知しましたが、選手に保証された部分はサイニングボーナスでしかありません。

 ファーヴの新しい契約は10年契約ですが、彼がケガをしてプレーができなくなったり、チームがカットせざるを得なくなるまで彼が衰えてしまえば、彼の契約はそこで無効となり、お金もストップしてしまうのです。


 ファンは、まだまだ延々と続くNFLのセカンドシーズンを楽しむことになるでしょう。

 みなさんも、ゲーム結果や順位を追いかける代わりに、4月21、22日に行われるNFLドラフトを控えるルーキー選手たちの高騰、下落をチェックしつつ、フリーエージェントの動き、好きなチームの動向にも注意しておかなければなりませんよ。


SEE YOU NEXT TIME!

Bill Marklevits

 


back number
#115 「リッキー・ウィリアムズの引退はドルフィンズを茫然とさせました。」
#114 「ペイトリオッツは昨年よりもよいチームとなっているようです。」
#113 「NFLの完璧な勝利」
#112 「NFL2004年ドラフト レビュー」
#111 「マニングの願いが叶いました。」
#110 「“NFLドラフト 第1位指名権の行方は?”」
#109 「クラレットのルールへの挑戦は、NFLの根本を揺るがすものです。」
#108 SUPER BOWL 38 レビュー
「ブレイディがペイトリオッツを再びスーパーボウル勝利に導きました。」
#107 「SUPER BOWL XXXVIII プレビュー」
#106 「ファーヴがグリーンベイにマジックをまた取り返しています。」
#105 「ハイズマントロフィーが必ずしもNFLでの成功を確約するわけではありません。」
#104 「バッカニアーズからマジックが消えてゆきました。」
#103 「マービン・ルイスはベンガルズをプレイオフへ導く勢いです。」
#102 「ヴァイキングスは今、NFCで注目のチームです。」
#101 「ディック・ヴァミールはチーフスを好調の波に乗せました。」
#100 「モーリス・クラレットとポール・タグリアブーの対決」
#99 「バッカニアーズはNFLで最高のチームです。」
#98 「全米連覇を狙うオハイオ州立大学」
#97 「ジョン・グルーデンは連覇を狙います」
#96 「トミー・マドックスにどのぐらいの価値があると思いますか?」
#95 「NFLチームがロサンゼルスに戻る日は?」
#94 最善のオーバータイム方式とは?
#93 「NFL のチームはドラフトでディフェンスの選手を探しました。」
#92 「チャールズ・ロジャーズはドラフトで注目のトップアスリート」
#91 「カーソン・パーマーのインタビュー」
#90 「5人の新ヘッドコーチ」
#89 「グルーデンは高くなかった」
#88 「ジョン・グルーデン・ボウル」
#87 「マイケル・ヴィック − 君はどんな活躍をみせてくれるんだい?」
#86 「NFLで最も優れたチームはどのチームでしょうか」
#85 「モーリス・クラレット」
#84 「ジェイク・ポーターのタッチダウン」
#83 「エミット・スミスと偉大なラッシャー」
#82 「デトロイト・ライオンズの新しいスタジアム」
#81 「デイヴィッド・カーの試練」
#80 「大学街でのNFL」
#79 「2002ビッグテンカンファレンス プレビュー」
#78 「マイアミ大学ハリケーンズ、2連覇なるか?」
#77 「スティーヴ・マリウーチとトム・イゾー こどものころからの大親友 (後半)」
#76 「スティーヴ・マリウーチとトム・イゾー こどものころからの大親友 (前半)」
#75 「イーストコーストオフェンスがNFLにやってきた」
#74 「フットボールとサッカー」
#73 「さよなら、クリス・カーター」
#72 「プロフットボールの底辺は”アリーナフットボール2”」
#71 「ドラフトを振り返って」
#70 「新しいエクスパンションチーム、ヒューストン・テキサンズは、2002年のNFLのドラフトで、ナンバーワンピックを取るでしょう。」
#69 「ジョン・グルーデンとアル・デーヴィス」
#68 「ペイトリオッツが示しました。みんなが間違っていたと!」
#67 「第36回スーパーボウルプレビュー」
#66 「天はニューイングランドに味方した!」
#65 「マイアミ大は押しも押されもせぬ全米チャンピオンです」
#64 「カレッジフットボール シーズン回顧」
#63 「ブレット・ファーヴは、NFL史上最強の鉄人QBです」
#62 「ダ・ベアーズ」
#61 「ペンステイトのパターノが、NCAA通算最多勝利を記録」
#60 「フットボールと戦争」
#59 「第3週を終わって、チャージャーズがまだ負けていません!」
#58 「フットボールが戻ってきました。しかし、以前と同じではあるはずがありません!」
#57 「どのチームがローズボウルに進出するでしょうか?」
#56 「ヴァイキングズWRランディー・モスがついにNFL最高給選手です!」
#55 「ハイスクールNo.1QBがオハイオ州立大学入学を決意!」
#54 「ジェリー・ライスとサラリーキャップ」
#53 「2002年 NFL再編成」
#52 「NFLドラフトレビュー」
#51 「NFLドラフト全体1番目指名権を持つ男、チャージャーズの新エグゼクティヴ・ヴァイス・プレジデント兼ゼネラルマネージャー、ジョン・バトラーとのインタビュー」
#50 「NFLドラフト プレビュー」
#49 「NFLセカンドシーズン」
#48 「RBロバート・スミス引退!」
#47 「NFLコーチに対する勝利へのプレッシャーはどんどん上昇しています!」
#46 「レイヴンズがスーパーボウル優位!」
#45 「NFLプレーオフには、フットボールの興奮が詰まっています!」
#44 「12月はコーチの入れ替わる時期です」
#43 「新HCゲイリー・モーラーは、ライオンズに覇気をもたらす!」
#42 「レイダースが、AFC各チームをびびらせています!」
#41 「ダンテ・カルペッパー、ヴァイキングスをNFLトップに導く」
#40 「ラムズオフェンスは、NFL史上最高に得点力のある攻撃なのです」
#39 「多くの日本のNFLファンには辛い時期ですね」
#38 「カレッジシーズン、キックオフ!」
#37 「フットボールの匂いが漂ってきました!」
#36 「ジョーイ・ギャロウェイ〜カウボーイズ期待の選手」
#35 「チームメイトだったブラウンとアーリントンがドラフト1-2番目」
#34 「ミシガン州立大とNFLドラフト」
#33 「エディー・ジョージ "THE BEAST"」

→戻る