Mon, 04/05/2004 2:57 pm UPDATE
2004シーズン NFLとは NFLヨーロッパ NFLイベント NFLフラッグフットボール サイトマップ
NFLビギナー NFLマニア NFLエンタメ コミュニティレポート NFL JAPAN チアリーダー
   NFL JAPAN top page>NFLマニア>NFL Report Japan
NFLマニア
シーズン関連トピックス
チーム関連トピックス
今週のプレイヤー、コーチトピックス
フランチャイズ物語
NFL戦略アナライシス
ビジネストピックス
コラム
NFL Report Japan
 


| NO.11 | NO.12 | NO.13 |
| NO.14 | NO.15 | NO.16 |
| NO.17 | NO.18 | NO.19 |
| NO.20 | NO.21 | NO.22 |
| NO.23 | NO.24 |




燃えた真夏の東京ドーム
●世界を結んだNFLフラッグ



●「今年も行くぞ!」
●NFLネットワークが11月4日にデビュー
●パーティを始めよう
●歩いて貢献
●モーデル夫妻の社会貢献を表彰



●クラフトが地域社会に貢献する学生に奨学金を援助
●スーパーサポート
●コミッショナーの視点
●NFLが新スポンサーを獲得
●貢献のチーフス





●鼓舞と変革
●オフフィールドでも活躍するNFL選手
●NFLとユナイテッドウェイが提携30周年を迎える
●ルーニー一家がルイスとクラークの足跡をたどる
●インターナショナル・フットボール・リーグ




●レイダースは再びAFCの頂点に立てるのか?
●守りに入る:バッカニアーズがアンコールを目指す
●タイタンズが芝を寄付
●年間スケジュール



●日本、アメリカンフットW杯連覇
●NFL初キャッチ
●女子選手も楽しむNFLフラッグフットボール世界大会
●新登場『NFL CLUB』2003年も充実
●フラッグフットボール学校訪問



●NFLに最も近い日本人選手
●チャージャーガールズとしてのデビュー戦を終えて
●NFL ウィミンズ・コレクション 日本初上陸
●マイクロソフトから NFL Fever 2004
●NFLフラッグも、PC用NFL壁紙ゲットも

NFL Report Japan

AUTUMN, 2003 No.24
エヌエフエルレポート・ジャパン 2003年秋号 通巻24号

発行日: 2003年(平成15年)9月30日
発行所: NFL JAPAN(株)

 
余裕のアクションで観客を喜ばせた、NFL最強のバッカニアーズDTウォーレン・サップ(2003年8月2日、東京ドーム)
K.Ogawa
バッカニアーズWRジュレビシャスにギャングタックルするジェッツ守備陣 K.Ogawa
スーパーボウル陰のMVPといわれたバッカニアーズQBブラッド・ジョンソン K.Ogawa 好パスをみせた2002年度の旋風児ジェッツQBチャド・ぺニントンK.Ogawa
サイドラインで人気一番だった、天才ジョン・グルーデン・バッカニアーズ・ヘッドコーチ K.Ogawa 理論家であり実力派のハーマン・エドワーズ・ジェッツ・ヘッドコーチK.Ogawa
 大観衆が本場NFLの迫力に酔った。前年度のスーパーボウルチャンピオンであるタンパベイ・バッカニアーズ(NFC南地区)、そして同時多発テロを乗り越え躍進したニューヨーク・ジェッツ(AFC東地区)、ともに初来日の強豪同士の対決。しかも、日本人選手が待望のNFL初レシーブする歴史的瞬間に立会い、真夏の東京ドームは大歓声で溢れた。
 日本で12回目、東京では3年ぶり11回目となるプレシーズンゲーム『NFL TOKYO 2003』(主催 NFL・株式会社東京ドーム・読売新聞社、後援 日本アメリカンフットボール協会・アメリカ大使館・産経新聞社・TOKYO FM・Inter FM・BAY FM・NACK5・FMヨコハマ、協賛 富士写真フイルム株式会社・カシオ計算機株式会社・東京コカ・コーラボトリング株式会社・ウイルソン、オフィシャルエアライン JAL)が、03年8月2日(土)午後6時より、43、601名の観衆を集め、東京都文京区の東京ドームで開催され、バッカニアーズが30対14でジェッツを下し、2003年シーズンの開幕を飾った。
ジェッツから出場した井本とバッカニアーズから出場した山田、日本人選手の試合後の交歓 K.Ogawa
プレスカンファレンスで勢ぞろいした『NFL TOKYO 2003』の主役たち
NFLJAPAN/Yukihito Taguchi
『NFL TOKYO 2003』イメージキャラクターのボブ・サップが参加したテイルゲート・パーティ
NFLJAPAN/Yukihito Taguchi
東京ドーム隣接のラクーアで開催した、少年少女が楽しむNFLエクスペリエンス
NFLJAPAN/Yukihito Taguchi
 試合はジェッツが、理性派クォーターバックとして旋風を起こしたチャド・ペニントンから新加入のエースレシーバーのカーティス・カンウェイへのロングパスを生かし先制したが、以後はバッカニアーズの強力守備が主役。新加入の二世クォーターバックのクリフ・シムズの活躍などで不安はなかった。選手に負けない人気のジョン・グルーデン・バッカニアーズ・ヘッドコーチは、試合後「東京を十分に堪能したが、これからの道のりは長い」と連覇への決意を語った。
 バッカニアーズの守備ラインのウォーレン・サップ、クォーターバックのブラッド・ジョンソン、ジェッツのラインバッカーのマーヴィン・ジョーンズなど人気選手が活躍する姿に、「初めて生で見ましたが、迫力と選手の個性に触れ、益々ファンになった」(林倫子、26歳 東京都)と、真夏のNFLの祭典は日本フットボールの普及振興に大きなバックアップとなった。
 日本人選手2人、バッカニアーズにラインバッカーの山田晋三(29歳、NFLELアドミラルズ、前アサヒ飲料)、ジェッツにはワイドレシーバーの井本圭宣(27歳、NFLELアドミラルズ、オンワードスカイラークス)が招待選手として参加した。足首負傷に悩んでいた井本だが第4クォーター5分過ぎに交代出場、ボーリンガーからのミドルパスを好捕、そのまま走り44ヤードの前進を記録した。日本人選手の初のパスレシーブ、日本人最長の獲得距離となった。山田も後半からスペシャルチームと守備の一員として出場したが記録はなかった。
 『TOKYO』を中心にフットボール普及を図る様々な催事が東京ドーム周辺で開催された。1、2日にはLaQua広場で米人パフォーマーも加わった『NFLエクスペリエンス』が少年少女の関心を集め、試合当日午後には緑と風のビアガーデンで『TOKYO』イメージキャラクターの格闘家ボブ・サップ(元ヴァイキングス選手)を囲んだ『テイルゲート・パーティ』も盛況だった。また、日本人チアリーダーとして、バッカニアーズの小島智子さんがチームに帯同して凱旋帰国、社会人Xリーグ選抜チアリーダーがジェッツのサイドラインを飾った。ハーフタイムショーには米国人気ロックバンド『チープ・トリック』が出演した。この模様はESPNにより全米に、G+で日本に生中継(午後5時45分から10時)され、日本テレビでダイジェスト放映(8月9日深夜2時20分から4時20分)された。
 両チームは7月30日来日、8月2日離日した。
 

世界を結んだNFLフラッグ
日本初開催の世界大会優勝はメキシコ
 メキシコ初優勝、惜しくも日本は6位。
 日本初となった 第4回NFLフラッグフットボール・ワールドチャンピオンシップ(主催 NFL=National Football League/NFL JAPAN/全日本フラッグフットボール協会、後援 外務省・文部科学省・東京都・調布市、運営協力 関東大学アメリカンフットボール連盟・日本フラッグフットボール連盟、協力  産経新聞社・スポーツオーソリティ・日本アメリカンフットボール協会・日本社会人アメリカンフットボール協会・関西アメリカンフットボール協会・東京都アメリカンフットボール協会、特別協賛 トヨタ自動車株式会社、協賛 三菱商事株式会社・株式会社リーボックジャパン・ウイルソン)は、世界10カ国の代表を集め、7月31日(木)から8月2日(土)まで、東京都調布市の味の素スタジアム・アミノバイタルフィールドで開催された。2日の決勝トーナメントで頂点対決を制したのはメキシコ(ディアブリトス)で、45対32で韓国(ドラゴン)を下した。

祝福のテープの雨の中、第4回NFLフラッグフットボール大会優勝を祝うメキシコ(8月2日、アミノバイタルフィールド)
NFLJAPAN/Yukihito Taguchi
8月2日、閉会式で挨拶する岡本行夫全日本フラッグフットボール協会会長
NFLJAPAN/Yukihito Taguchi
カナダを54対39で下した、日本代表(千里ファイティングBEE、白色ユニフォーム)は6位。
NFLJAPAN/Yukihito Taguchi
 初優勝したメキシコは、冷静なクォーターバックのヘルナンデス選手を中心に、体力、技術、スピード、チームワークで傑出、安定した戦いぶりだった。ラウル・アルベルト・ゴメス監督は「選手が真剣に集中してプレーした結果が出た」と笑顔で選手をたたえた。
 日本代表となった、千里ファイティングBEE(関西)は日本大会のMVPである海島選手のランを攻撃の核に健闘した。Aグループ予選ラウンドでオランダを31対19、カナダを54対39で下したが、メキシコに34対60、韓国に18対33で敗れ、最終日の5位決定戦でもスペインに26対36とスタミナ負けして6位に終わった。
 最終順位は、優勝メキシコ、準優勝韓国、3位タイ、4位オーストラリア、5位スペイン、6位日本、7位オランダ、8位オーストリア、9位カナダ、10位アメリカ。女子MVPはフータド・セラット・ナタリア(スペイン)、総合MVPはエドウイン・アーノルド・ヘルナンデス(メキシコ)。
 12歳から14歳の少年少女の大会とあって、国際交流の場としても十分な成果をあげた。浅草寺―東京江戸博物館―産経新聞社―東京タワーを回った東京観光、東京ディズニーランド観光、フラッグフットボールクリニック、NFL TOKYO 2003でのデモンストレーションゲームなどを通じて、相互理解の成果をあげた。フラッグフットボールの世界的な普及発展と子供たちへの夢の提供を目的とした世界大会がアメリカンボウルと同じ時期に、同じ国で開催されたのは今回が初めてだった。
 

(c)2002, NFL JAPAN 不許複製および転載を禁じます。
(c)2002, NFL Enterprises, L.P. NFL and the NFL shield design are registered trademarks of the National Football League. The team names, logos and uniform designs are registered trademarks of the teams indicated. No portion of this site may be reproduced without the express written permission of NFL Enterprises and Starwave Corporation. NFL Enterprises and Starwave take no responsibility for third-party material appearing in any bulletin board or chat sections of this site. All rights reserved.

→戻る