Thu, 08/28/2003 11:42 am UPDATE
2004シーズン NFLとは NFLヨーロッパ NFLイベント NFLフラッグフットボール サイトマップ
NFLビギナー NFLマニア NFLエンタメ コミュニティレポート NFL JAPAN チアリーダー
   NFL JAPAN top page>NFLマニア>NFL Report Japan
NFLマニア
シーズン関連トピックス
チーム関連トピックス
今週のプレイヤー、コーチトピックス
フランチャイズ物語
NFL戦略アナライシス
ビジネストピックス
コラム
NFL Report Japan
 


| NO.11 | NO.12 | NO.13 |
| NO.14 | NO.15 | NO.16 |
| NO.17 | NO.18 | NO.19 |
| NO.20 | NO.21 | NO.22 |
| NO.23 | NO.24 |




●NFL TOKYO 2000 2000.8.6(SUN)
●イタイ、カワグチ絶好調
NFLヨーロッパリーグ開幕!
●NFL EL MAIL No.1

河口はNFL入り?




●NFLドラフトでチームが優秀選手に注目
ラムズやタイタンズの近年の成功により、 賢明な指名が重要視されている
●マン・オブ・ザ・イヤー・アウォードにペイトンの名前を
ヴァイキングズのカーターがフィールド内外の貢献で受賞
●NFLヨーロッパリーグでプレーするNFLプレーヤー数が最多に

カート・ウォーナーの成功にあやかろうと、希望に溢れる選手が8年目を迎えるリーグに向かう
●NFL観客動員数が1600万を突破

レギュラーシーズンの観客動員総数が2年連続の新記録に



ジェッツに新時代をもたらすジョンソン・オーナー就任の承認
パーセルズの後任にグローを任命、ベリチックはペイトリオッツへ
●NFLドラフトマニアにうってつけのウェブサイト
●コミッショナーの視点

伝説の3人を想う

●オフシーズンの主な選手異動
望みをかけるチームが活発にフリーエージェントと契約
●競技委員会が試合の質を保つ

焦点は選手の安全面と競争上のバランス





2000年NFLドラフト
豊富な才能溢れる選手たち

●フィールド外の活躍を促すプレーヤープログラム

成人教育やオフのインターンシップを提供
●ジャイアンツ達が食料援助
●高校フットボールがNFLのオンライン・ウェブサイトに

安全を優先した規則改正の重要性を調査で確認

脳しんとうの調査プロジェクトへNFLが資金提供
NFLショップのオンライン化でショッピングがかんたん便利に

地元を離れたファンもひいきチームのウェアを手に入れられる




信託資金で選手を援助
NFLとNFLアラムナイが辛苦を味わう元選手を支援
●スーパーボウル・レガシー:アトランタのYETセンターに200万ドルを寄付
施設の拡張のためNFLが若年プログラムへ寄付
●子供にフットボールの楽しさを伝える春季プログラム
若いNFLファン対象のプログラムでフットボールがより身近に

ロゼルが世紀のトップ・スポーツマンに

オフシーズン中に 多くのプレーヤーが学位を取得
●プロボウルのハワイ開催の継続を合意

NFCが51−31で勝利、ヴァイキングズのモスがMVP
NFLが99年度の最優秀高校教師とコーチを表彰




●スーパーボウルXXXIVは史上最高のスーパーボウルだったか?
マスコミはラムズとタイタンズの一戦で全てが見られたと評価

●新ミレニアムを迎えたNFLへのコメント
1億3250万人がスーパーボウルXXXIVを観戦
NFLタイトルゲームはテレビ史上5番目に多い視聴者を得た



●エミットとNFLフラッグをしたぞ!
NFL ON TOUR 2000
●『NFLフラッグ』世界選手権、8月にカナダで開催

日本を含む世界8ヶ国のジュニア代表が参加
●新ミレニアムの開幕はヨコハマボウル

5月28日横スタにチャンピオン登場
●プロ研修コーチ・トレーナーは通 算161人に

第4回春季NFLELコーチ研修ツアー
●NFLヨーロッパリーグ2000年日程

NFL Report Japan

SPRING, 2000 No.11
エヌエフエルレポート・ジャパン 夏号 通巻11号

発行日: 2000年(平成12年)3月30日 発行所: NFLジャパンリンク

NFLドラフトで チームが 優秀選手に注目

ラムズやタイタンズの近年の成功により、
賢明な指名が重要視されている

チームに欠ける部分を埋める可能性を持つペン・ステートのラヴァー・アリントン
Paul Spinelli/NFLP

4月15日、マディソン・スクエア・ガーデンは活気で溢れかえる
David Drapkin

2000年ドラフト1巡指名順

1

クリーヴランド・ブラウンズ

2

ワシントン・レッドスキンズ(ニューオーリンズから)

3

ワシントン・レッドスキンズ(SFから)

4

シンシナティ・ベンガルズ

5

ボルティモア・レイブンズ(アトランタから)

6

フィラデルフィア・イーグルズ

7

アリゾナ・カーディナルズ

8

ピッツバーグ・スティーラーズ

9

シカゴ・ベアーズ

10

デンヴァー・ブロンコズ

11

ニューヨーク・ジャイアンツ

12

サンフランシスコ・49ers(ワシントン経由カロライナから)

13

タンパベイ・バッカニアーズ(SDから)

14

グリーンベイ・パッカーズ

15

ボルティモア・レイブンズ

16

ニューヨーク・ジェッツ(NEから)

17

オークランド・レイダーズ

18

ニューヨーク・ジェッツ

19

シアトル・シーホークス(ダラスから)

20

デトロイト・ライオンズ

21

カンザスシティ・チーフス

22

シアトル・シーホークス

23

カロライナ・パンサーズ(マイアミから)

24

サンフランシスコ・49ers(ワシントンから)

25

ミネソタ・ヴァイキングズ

26

バッファロー・ビルズ

27

タンパベイ・バッカニアーズ

28

インディアナポリス・コルツ

29

ジャクソンヴィル・ジャガーズ

30

テネシー・タイタンズ

31

セントルイス・ラムズ

 ドラフトで指名を受ける選手たちは、パズルのピースに似ている。正しいものを手にすれば、スーパーボウルチームを構成できる。これをつい最近証明してみせたのが、スーパーボウルXXXIVでドラフトで得た選手を中心にラインナップを組んでいたセントルイス・ラムズとテネシー・タイタンズだった。

 4月15日にニューヨークのマディソン・スクエア・ガーデンで行われる2000年NFLドラフトをNFLの各チームが心待ちにしているのも、無理はない。ESPNでドラフトの分析をしているメル・カイパー は、ドラフトが「フットボールシーズンの始まりを告げる」と語る。

 昨年のドラフト終了後から、カレッジフットボール・シーズン中、そして2月のNFLスカウティング・コンバインまで、NFLのスカウト、人事部長、そしてGMたちは、最高の有望選手を求めてアメリカ中を歩き回っていた。

 タイタンズのGM、フロイド・リースは、「ドラフトはチーム作りの場」と言う。「1994年にドラフトが7ラウンドに縮小されたとき、人々はドラフトの重要性が少なくなると思っていましたが、実際には、53人の選手と契約し、毎年サラリーキャップに頭を悩ます状況ではドラフトは非常に重要になってくるのです。」

 スーパーボウルでのタイタンズとラムズのスターティング・ラインナップが、ドラフトの重要性を良く示していた。スーパーボウル優勝のラムズの先発22人のうち、11人がドラフトでラムズに指名された選手で、タイタンズでは22人中16人が、ドラフトで獲得された選手だった。もちろん、スーパーボウルに出場した翌年は、ドラフトでの指名は一番最後かその次になるので、良い選手の獲得は難しくなる。

人間性についてできるだけ知りたい。
選手に関する判断は、
フィールド上での数字以上のものによって為される

クリーヴランド・ブラウンズ副社長兼フットボール運営部長、ドワイト・クラーク


 「運良く31番目の指名権を得た場合、ドラフトは2巡目からスタートするものと思わなければなりません」と語るのは、ラムズの選手人事副部長、チャーリー・アーメイ。「しかし、他のラウンドでは思惑通 りに選手を選びます。ドラフトでは何が起きるかわかりません。ギリギリのところでトレードがあるかもしれません。他の選手をトレードで獲得するチャンスがあるのかどうか、やってみなければわからないのです。」

 各チームに共通しているのは、指名する選手の性格を重視していること。身体の大きさ、スピード、強さ、そして残した数字が素晴らしくても、性格に難があれば指名されない場合もある。

 「各選手のバックグラウンドを調査し、完璧な分析をして個々の性格を詳しく見極めます」と語るのは、今年のドラフトで1位 指名権を持つ、クリーヴランド・ブラウンズの副社長兼フットボール運営部長、ドワイト・クラーク。「人間性について、できるだけ知りたいですね。選手に関する判断は、フィールド上での数字以上のものによって為されるのです。」

 ドラフト・デーはチームや選手だけでなく、ファンにとっても大切な日だ。去年のESPNとESPN2のドラフト中継は会場の「ウォールーム」の様子や、アメリカのプロ及びカレッジフットボール・ファンにドラフトの内容を20年にわたって伝えてきた中で最高の視聴者数となった。2日間にわたってESPNが中継した番組の視聴率は、前年の2.9%から3.3%に上昇した。

 元ワシントン・レッドスキンズのQBで、クリス・バーマン、カイパーと共にニューヨークに設置されるESPNのドラフト本部から中継を行うジョー・サイズマンは、「ドラフトはテレビ番組に要求される全ての要素(ユーモア、ドラマ、密通 、物議)を含んでいる」と語る。

 2000年ドラフトのテレビ中継スケジュールは次の通り:4月15日−ESPN、正午〜午後7時(東部時間) ESPN2、午後7時(東部時間)〜3巡目の終わりまで。4月16日−ESPN、午前11時〜午後1時(東部時間) ESPN2、午後1時(東部時間)〜終了まで。


マン・オブ・ザ・イヤー・アウォードにペイトンの名前を

ヴァイキングズのカーターが
フィールド内外の貢献で受賞

クリス・カーターがペイトンの家族と共にウォルター・ペイトン・NFLマン・オブ・ザ・イヤー・アウォードを披露−(左から)ペイトンの兄エディ、カーター、ペイトンの母エイリン、妻コニー、娘ブリトニー
NFL Photos
 NFLマン・オブ・ザ・イヤー・アウォードに新しい名前がついた。1970年以来、フィールド上での活躍と共に、地域社会への貢献をしたNFLプレーヤーに対して贈られてきた名誉ある賞は、ウォルター・ペイトン・NFLマン・オブ・ザ・イヤー・アウォードと名前を変えた。

 ミネソタ・ヴァイキングズのWRクリス・カーターが、ウォルター・ペイトン・アウォードの最初の受賞者となった。7度プロボウルに出場しているカーターは、地域社会の学校に通 う子供たちとの交流や、他の社会活動を称えられて受賞した。

 「ウォルターは、リーグ最高のプレーヤーであり、最も真剣に競技に取り組む人でした。その彼の名前がついた賞を頂くのは、身震いする気持ちです」とカーターは語る。

ウォルター・ペイトン以外に
NFLマン・オブ・ザ・イヤーの
真髄を適確に表した選手はいない。
彼の名をこの賞につけることによって、
全てのNFLプレーヤーに対する模範となった

ポール・タグリアブー・コミッショナー

1977年に同賞を受賞したペイトンは、シカゴ・ベアーズで1975年から1987年までプレーし、NFLの通 算ラッシュ記録、16,726ヤードを樹立した。プロフットボール殿堂にも入った彼は、ひと試合での最多ラッシングヤード(275)、ランとパスキャッチの通 算合計ヤード(21,803)、ランとパスキャッチの通算合計アテンプト数(4368)でもNFL記録を持っている。

 ポール・タグリアブー・コミッショナーは「多くの人が、ウォルター・ペイトンをフットボール史上最高のプレーヤーと見ています。彼は、フィールド上では戦士でした。しかし、性格はとてもオープンで、親しみやすく、純粋で地に足がついていて、区別 することなく他を包み込む人で、我々が持つスーパースターのイメージとは全く違う面 も持っていました」と語る。

 「ウォルターのフィールド外での貢献は、フィールド上での活躍と同等の価値がありました。ウォルター・ペイトン以外にNFLマン・オブ・ザ・イヤーの真髄を適確に表した選手はいません。彼の名をこの賞につけることによって、全てのNFLプレーヤーに対する模範となりました。」

 ウォルター・ペイトン・アウォードは、NFLに貢献した主な人物の名を冠した賞のひとつで、他にはザ・ヴィンス・ロンバルディ・トロフィー(スーパーボウルチャンピオン)、ザ・ピート・ロゼル・トロフィー(スーパーボウルMVP)、ザ・ラマー・ハント・トロフィー(AFCチャンピオン)、ザ・ジョージ・ハラス・トロフィー(NFLチャンピオン)がある。

NFLヨーロッパリーグでプレーする
NFLプレーヤー数が最多に


カート・ウォーナーの成功にあやかろうと、希望に溢れる選手が8年目を迎えるリーグに向かう
1998年、カート・ウォーナーはNFLヨーロッパで最多パスヤードを記録
Wayne Paulo
ジョン・キトナ
Thom Wollenweider
ブラッド・ジョンソン
Allen Kee






 スーパーボウルMVPを受賞したカート・ウォーナーのように、NFLヨーロッパで実績を上げてNFLで一気に開花しようという希望を胸に、過去最多数となるNFLプレーヤーがこの春、海外へ向けて出発する。

 創立から8年目、NFLとFOXのジョイント・ベンチャーとしては6年目を迎えるNFLヨーロッパは、4月15日(土)に2000年シーズンを開幕する。この日は、去年のワールドボウル勝者、フランクフルト・ギャラクシーがべルリンを訪れ、新ヘッドコーチ、ピーター・ヴァース率いるサンダーと対戦し、バルセロナ・ドラゴンズはドイツのデュッセルドルフでライン・ファイアーと顔を合わせる。

 ウィーク1は翌日まで続き、ウォーナーがかつて所属したアムステルダム・アドミラルズがスコットランドのエディンバラでスコティッシュ・クレイモアズと対戦する。

 NFLヨーロッパの全ての試合は、FOX、FOXSportsNet、またはDirecTVで中継される。FOXはウィーク8から「ゲーム・オブ・ザ・ウィーク」を放送し、ワールドボウルで締めくくる。アトランタのジャマール・アンダーソン、ミネソタのクリス・カーター、ニューヨーク・ジャイアンツのマイケル・ストレイハンがコメンテーターとして活躍する。

 ワン・オン・ワン・スポーツ・ラジオは2年目を迎え、ウィーク8からアメリカ国内で「ゲーム・オブ・ザ・ウィーク」を開始し、ワールドボウルまで放送を続ける。

 2000年シーズンには、新記録となる154人のプレーヤーがNFLチームから送られる。

 1998年には、同様の方法でアドミラルズがウォーナーを獲得し、ウォーナーはパスで2101ヤード、15TDを稼いでリーグトップとなった。翌1999年シーズンでは、過去にバート・スター、テリー・ブラッドショー、ジョー・モンタナ、エミット・スミス、スティーヴ・ヤングしか成し遂げたことのない、NFLMVP、スーパーボウルMVPの両方の栄誉を手にする活躍を見せて名が知られたのは言うまでもない。

 「NFLヨーロッパは素晴らしい経験だった。ラムズだけでなくNFL全体でも自分を認識してもらえるようになった。ヨーロッパでプレーしたことで、NFLに来て成功できるという自信がついた。 

 昨シーズンは、ウォーナーを始め11人のNFLヨーロッパ出身のQBがNFLの試合で先発を果 たした。他の10人の中には、チームをディビジョン優勝に導いたワシントンのブラッド・ジョンソン(1995年ロンドン)、シアトルのジョン・キトナ」(1997年バルセロナ)が含まれている。

 1999年シーズンでは、合計180人のNFLヨーロッパ経験者がNFLでプレーし、その中には1998年にライン・ファイアーでプレーし、オフェンシブMVPに輝いた、シカゴ・ベアーズのWRマーカス・ロバートソンも含まれていた。昨シーズン、ロバートソンは長いパスを受けられるNFL屈指のWRに成長し、 キャッチ、1400ヤード、9タッチダウンを記録した。

 NFLヨーロッパの2000年シーズンでは、12人のQBを始め、NFLの有望な若手選手がプレーする。1999年シーズンにファルコンズで3試合に先発したQBトニー・グラジアーニは、バルセロナの先発QBになると予想される。 グラジアーニ擁するドラゴンズは、ウィーク2でベルリンと対戦し、シンシナティ・ベンガルズのQBエリック・クレッサーとの対決が見られるかもしれない。

 「ヨーロッパでの競争にもまれるのは、若い選手にはとても大事なこと。自分の目標は、いいプレーをしてベルリンのファンのために優勝を持ち帰ること」とクレッサー。

 NFLヨーロッパのシーズンは、6月25日にドイツのフランクフルトで行われるワールドボウルで閉幕する。フランクフルトでは、47,846人の観衆の前でラインがフランクフルトを34−10で下した1998年のワールドボウルも開かれている。

 「NFLプレーヤーによってプレーの水準が高まっており、これからのシーズンがとても楽しみです」と語るのは、今シーズンからNFLヨーロッパの社長を務めるビル・ピーターソン。「今年も、ヨーロッパだけでなく世界中のファンに楽しんでもらえるシーズンになることを信じています。」
 

NFL観客動員数が1600万を突破

レギュラーシーズンの観客動員総数が2年連続の新記録に
 1999年シーズン、NFLの観客動員数が過去最高の数字となり、2年連続で新記録達成となった。

 レギュラーシーズンでの1試合平均の有料入場者数は、1300人以上の増加となり、初めて65,000人を突破した。総動員数16,206,640人(1試合平均65,349人)は、1998年シーズンの最高記録15,364,873人を抜き、リーグ発足以来初めて1600万人に達した。平均値で見ると、NFLのレギュラーシーズンゲーム248試合で、スタジアムの収容人員の90%以上が埋まっていたことになる。

 ポール・タグリアブー・コミッショナーは、「全てのファンに、今シーズン頂いたご支援、そして毎シーズン頂いているご声援に感謝します。NFLのチームとプレーヤーは、スタジアムでみなさんが下さる熱狂的な応援を、心からありがたく思っています」と語る。

 NFLはこの5年間で、有料入場者数トップ5を記録している。

観客動員数

試合数

1試合平均

1999

16,206,640

248

65,349

1998

15,364,873

240

64,020

1995

15,043,562

240

62,682

1997

14,967,314

240

62,364

1996

14,612,417

240

60,885

 

(c)2000, NFL JAPAN LINK. 不許複製および転載を禁じます。
(c)2000, NFL Enterprises, L.P. NFL and the NFL shield design are registered trademarks of the National Football League. The team names, logos and uniform designs are registered trademarks of the teams indicated. No portion of this site may be reproduced without the express written permission of NFL Enterprises and Starwave Corporation. NFL Enterprises and Starwave take no responsibility for third-party material appearing in any bulletin board or chat sections of this site. All rights reserved.

→戻る