Thu, 08/28/2003 11:42 am UPDATE
2004シーズン NFLとは NFLヨーロッパ NFLイベント NFLフラッグフットボール サイトマップ
NFLビギナー NFLマニア NFLエンタメ コミュニティレポート NFL JAPAN チアリーダー
   NFL JAPAN top page>NFLマニア>NFL Report Japan
NFLマニア
シーズン関連トピックス
チーム関連トピックス
今週のプレイヤー、コーチトピックス
フランチャイズ物語
NFL戦略アナライシス
ビジネストピックス
コラム
NFL Report Japan
 


| NO.11 | NO.12 | NO.13 |
| NO.14 | NO.15 | NO.16 |
| NO.17 | NO.18 | NO.19 |
| NO.20 | NO.21 | NO.22 |
| NO.23 | NO.24 |




●NFL TOKYO 2000 2000.8.6(SUN)
●イタイ、カワグチ絶好調
NFLヨーロッパリーグ開幕!
●NFL EL MAIL No.1

河口はNFL入り?




●NFLドラフトでチームが優秀選手に注目
ラムズやタイタンズの近年の成功により、 賢明な指名が重要視されている
●マン・オブ・ザ・イヤー・アウォードにペイトンの名前を
ヴァイキングズのカーターがフィールド内外の貢献で受賞
●NFLヨーロッパリーグでプレーするNFLプレーヤー数が最多に

カート・ウォーナーの成功にあやかろうと、希望に溢れる選手が8年目を迎えるリーグに向かう
●NFL観客動員数が1600万を突破

レギュラーシーズンの観客動員総数が2年連続の新記録に



ジェッツに新時代をもたらすジョンソン・オーナー就任の承認
パーセルズの後任にグローを任命、ベリチックはペイトリオッツへ
●NFLドラフトマニアにうってつけのウェブサイト
●コミッショナーの視点

伝説の3人を想う

●オフシーズンの主な選手異動
望みをかけるチームが活発にフリーエージェントと契約
●競技委員会が試合の質を保つ

焦点は選手の安全面と競争上のバランス





2000年NFLドラフト
豊富な才能溢れる選手たち

●フィールド外の活躍を促すプレーヤープログラム

成人教育やオフのインターンシップを提供
●ジャイアンツ達が食料援助
●高校フットボールがNFLのオンライン・ウェブサイトに

安全を優先した規則改正の重要性を調査で確認

脳しんとうの調査プロジェクトへNFLが資金提供
NFLショップのオンライン化でショッピングがかんたん便利に

地元を離れたファンもひいきチームのウェアを手に入れられる




信託資金で選手を援助
NFLとNFLアラムナイが辛苦を味わう元選手を支援
●スーパーボウル・レガシー:アトランタのYETセンターに200万ドルを寄付
施設の拡張のためNFLが若年プログラムへ寄付
●子供にフットボールの楽しさを伝える春季プログラム
若いNFLファン対象のプログラムでフットボールがより身近に

ロゼルが世紀のトップ・スポーツマンに

オフシーズン中に 多くのプレーヤーが学位を取得
●プロボウルのハワイ開催の継続を合意

NFCが51−31で勝利、ヴァイキングズのモスがMVP
NFLが99年度の最優秀高校教師とコーチを表彰




●スーパーボウルXXXIVは史上最高のスーパーボウルだったか?
マスコミはラムズとタイタンズの一戦で全てが見られたと評価

●新ミレニアムを迎えたNFLへのコメント
1億3250万人がスーパーボウルXXXIVを観戦
NFLタイトルゲームはテレビ史上5番目に多い視聴者を得た



●エミットとNFLフラッグをしたぞ!
NFL ON TOUR 2000
●『NFLフラッグ』世界選手権、8月にカナダで開催

日本を含む世界8ヶ国のジュニア代表が参加
●新ミレニアムの開幕はヨコハマボウル

5月28日横スタにチャンピオン登場
●プロ研修コーチ・トレーナーは通 算161人に

第4回春季NFLELコーチ研修ツアー
●NFLヨーロッパリーグ2000年日程

NFL Report Japan

SPRING, 2000 No.11
エヌエフエルレポート・ジャパン 夏号 通巻11号

発行日: 2000年(平成12年)3月30日 発行所: NFLジャパンリンク

スーパーボウルXXXIVは
史上最高のスーパーボウルだったか?


マスコミはラムズとタイタンズの一戦で全てが見られたと評価
終了2分12秒前、パスを捕球したWRアイザック・ブルースが73ヤードの決勝TDをあげた(2000年1月30日、ジョージアドーム 第34回スーパーボウル)
K.Ogawa
マイク・ジョーンズ(52)がケヴィン・ダイソンに勝利のタックル
Kevin Terre/NFLP
初のスーパーボウル制覇に、いつもは冷静なラムズQBカート・ワーナーがビンスロンバルディー杯を突き上げて叫んだ(第34回スーパーボウル)
K.Ogawa

 最後のプレーでのタックルで、テネシー・タイタンズがあと1ヤードのところで同点に追いつけず、劇的な結末を迎えたスーパーボウルXXXIVは、歴史の中でどのような位 置づけになるのだろうか。1月30日、アトランタのジョージア・ドームで、ラムズが26−16の劇的勝利を収めた試合についてのコメントを紹介する… 「スーパーボウルXXXIVは、今まで見た中で最高だった。なぜ格別だったかと言うと、この試合が(少なくとも私にとっては)教訓劇のようだったからである。真の勇気対多彩 な装備。スターリングラードの戦い。ゲティスバーグとリトル・バウンド・トップの戦い、ジョシュア・ローレンス・チェインバーレンの包囲されたトウェンティース・メイン対膨大な戦力を持った南部連合。弾薬が尽きた後の必至の銃剣での攻撃」。スポーツ・イラストレイテッド、ポール・ジマーマン

 「NFLで躍進を見せた2チームの戦いは、美しかった。タイタンズもラムズも、スーパーボウルは初出場ながら、老練のマッチアップを見せ、ぞくぞくする試合に決着をつけたのは、きらびやかに光る人工芝の上の6インチの距離?

 NFLに新たに発生した混乱が続くことを祈ろう。この2年間のように、毎年新たな強豪を生み出し、カート・ウォーナーのような、暖かくホッとするよなストーリーを聞かせてもらおう。これがプロフットボールの進む道であるならば、我々はそれを祝福するべきだ」。ザ・スポーティング・ニューズ、ポール・アトナー 「セントルイスが、ジョージア・ドームでテネシーを23―16で下し、スーパーボウルXXXIVを制覇。しかし、真の勝者はプロフットボール界だった。今回もまた、プロフットボールはショックアブソーバーがないスポーツであることを証明し、国中を揺るがしていかなる乗り物でも届かないところに跳ね飛ばしてしまった」。ロサンジェルズ・タイムズ、ビル・プラシュキー 「昨夜は、両チームともチャンピオンの気概を持っていた。よそ者や、新顔によってのみこのような試合が行われると言うのなら、再編成を考えよう」。ニューヨーク・タイムズ、ジョージ・ヴィーシー

 「プロフットボールが存続する限り、どうやってカート・ウォーナーが全くの無名状態から、41TDパスを投げ、シーズンMVP、そして最後にはスーパーボウルMVPを手にするに至ったかと話し続けられるだろう。  ウォーナーとラムズにとっては、夢のシーズンだっただろう。その最後は、グラウンドの上でマイク・ジョーンズがケヴィン・ダイソンの足首に腕を絡ませ、ジョージア・ドームの1ヤードライン上で迎えられた(スーパーボウルは)アメリカのスポーツの中で、もっともヘヴィーなチャンピオンシップだ。

 そして、このことには気づいているだろうか?  スーパーボウルは、普通の時間に行われているので、家族全員が見ることのできる最後のスポーツイベントともなっている」。ニューヨーク・デイリーニューズ、マイク・ルピーカ


「スーパーボウル伝説の中で(少なくとも、スーパーボウルがテレビで最も見られているスポーツイベントである時代の中で)今回の試合は、ジャイアンツが20―19でビルズを下したスーパーボウルXXVや、49ersが20―16でベンガルズを下したスーパーボウルXXIIIに匹敵し、過去最高のレベルに達していた」。ザ・テネシーアン、ジェフ・レグウォルド

「最大の試合。最高のフィニッシュ。最も長いヤード数」。デトロイト・フリー・プレス、ミッチ・アルボム

「今後99回のスーパーボウルでは、雨のジョージアでのゲームを凌ぐ試合が期待されてしまう。今回の試合は、過去もしくは未来の試合の中でも、その明解さと驚きが永遠に続き、ひとつのプレー、ひとつのパス、ひとつのキャッチ、そして最後に見たひとつのタックルが勝敗を分けた一戦として永遠に記憶に残るだろう」。シカゴ・トリビューン、バーニー・リンシカム

「ひとつのタックルが、史上最高のスーパーボウルに決着をつけた」。セントルイス・ポスト・ディスパッチ、バーニー・ミクラズ 「私がNFLを取材してきたここ16年の中で、今回は最高のポストシーズンだった。これ以上、何を望めるだろうか?ミュージック・シティ・ミラクル、波に乗るタイタンズが毎週見せた勇壮な試合、ニューヒーロー、史上最高のスーパーボウル。フットボールが危機に瀕しているという意見?笑い飛ばせ。

 これは、過去最高のスーパーボウルだった。これまでの33回は、足元にも及ばない。バカらしい言い方かもしれないが、今回の試合は史上最高だったと思う」。スポーツ・イラストレイテッド、ピーター・キング

「世界中に向けて、あのような試合ができて嬉しいです。ワールドチャンピオンシップゲームというのは、ああでなければいけません。  大統領聞いてください。このフットボールチームは、まさにアメリカそのものなのです―良く働き、他を気遣う良い人間たち、自分勝手でなく、他に与えるべき物を与え、お互いを愛し合っている。

 我がチームでは、お互いに守ろうとしているモットーがあります。ベストを尽くす姿は、良い手本になるというモットーですが、我々は、実際に良い手本になっています。アメリカそのものなのです」。セントルイス・ラムズ、ディック・ヴァミール・ヘッドコーチ、クリントン大統領に面 会して。


新ミレニアムを迎えたNFLへのコメント

 劇的なスーパーボウルで始まった新たなミレニアム。NFLには支援のメッセージが多く寄せられている。リーグ外部から送られてきたコメントの一部を、次に紹介する。 「NFLが最もうまく運営されているリーグであることや、プロフットボールが我々の世代の国技になったことへの最新の根拠が、日曜日に行われたカンファレンス・チャンピオンシップにあった。

 勝敗をわけるべき者に、実際にそうさせているのはフットボールだけであること。今日のカードを見れば、それがわかる。中規模から小規模の都市のチームが4つ進出してきており、資金がモノを言ったのではない。4チームとも、常勝チームではなく、伝統も関係ない。

 ここまで達した4チームが勝ってきた理由は、フロントとコーチ陣が良く、より強いプレーヤーが揃っていたこと、そしてもちろん、ケガやボールのバウンドに運があったこと。これこそ、スポーツのあるべき姿だろう。

 フットボールのいいところは、ここにある。融通の利かないサラリーキャップと、チーム収入のシェアにより、ベストチームが勝つ結果 となっている。

 NFLの全チーム平等性は一番良く機能していて、全てのチームに望みがある。

 今日のNFLが好きな理由は、ここにある。NFLでは、全てのチームに同等のチャンスがある。これこそが、全てのファンが望むものなのだ」。フォート・ローダーデール・サン・センティネル、デイヴ・ハイド、2000年1月23日

「NFLが政党だったとしたら、この政党の演説者は和平と発展を約束するだろう。

 最大のイベント、スーパーボウルの前夜にも、NFLは史上最も裕福なスポーツ組織として、他に類を見ない存在として君臨している。

 スポーツ界の全員が、NFLをナンバーワンとして見ていると語るのは、アトランタで野球のブレーヴスとバスケットボールのホークスの社長を務めるスタン・キャステン。NFLは、筋の通 ったサラリー抑止と収入分配をうまく組み合わせている。

 今シーズン、観客動員数は2.1%増加し、1試合平均65,349人となり、総動員数は初めて1600万人を突破した。ABC-TVのマンデーナイト・フットボールは、ネットワークの番組としては3番目の視聴率を得、 年来で最高の数字を記録した。スーパーボウルは、1億3千万の視聴者を得る見込みで、これは野球のワールドシリーズやNBAのチャンピオンシップシリーズの2〜3倍にあたる数字である。

 NFL社は無敵に見える。日曜日のスーパーボウルでは、今年も驚異的な視聴者数を上げ、アメリカのプロスポーツの重要な支柱であることを改めて示すことだろう」。ダラス・モーニング・ニューズ、リチャード・アルムー2000年1月30日

「NFLは最高の運営状況にあることから、ポール・タグリアブーは最高のコミッショナーと言えるだろう。NFLは完璧という状態からは程遠いが、他のメジャースポーツと比べれば圧倒的に良い状況であることには、論議の余地はない」。ニューヨーク・デイリー・ニューズ、マイク・ルピーカ、2000年1月30日

1億3250万人がスーパーボウルXXXIVを観戦

 NFLタイトルゲームはテレビ史上5番目に多い視聴者を得た  
 スーパーボウルXXXIVは、史上最もエキサイティングな試合のひとつというだけでなく、大多数の視聴者を得た試合でもあった。推定視聴者数1億3250万人は、テレビ史上5番目に多い数字。

 テレビ・コンサルタントのニール・ピルソンは、「スーパーボウルは、筋書き、目を見張るプレー、途方もない結末など、全ての要素を含んでいる」と話す。

 プロフットボールが、アメリカで一番人気の高いスポーツであることを改めて示したNFLでは、レギュラーシーズンの試合でも、それらの要素を見ることができる。

 セントルイス・ラムズや、テネシー・タイタンズ、インディアナポリス・コルツなど、活躍が予想されなかったチームの台頭で地方での中継の視聴率が上がり、結果 、レギュラーシーズン全体の視聴率が上昇した。

 CBSとFOXの視聴率は2%上昇(それぞれの平均は10.5%、 11.0%)。ESPNは1998年シーズンと同じ8.1%、ABCは視聴率が下がったものの、わずか1%の減少(平均13.7%)にとどまった。日曜午後の試合を中継している放送局が2社とも2年連続で視聴率が上がったのは、1985年以来のこと。

 地方別では、デンヴァー・ブロンコズ、グリーンベイ・パッカーズ、カンザスシティ・チーフス、ピッツバーグ・スティーラーズなどが相変わらずの高視聴率を得、占拠率(同じ時間にテレビを見ている世帯の中で、この番組を見ている世帯の割合)も60%代と高かった。サプライズチーム(セントルイス(55)、インディアナポリス(49)、テネシー(35)も高い占拠率を記録している。

 リサーチによると、シーズン中の毎週末に、およそ1億1500万人がNFLの試合を見ているという。

 「毎年NFLは、テレビ広告主にとって一番の“買い”となっている。NFL以外のスポーツで、これほどの視聴率やインパクト、信望を得ることはできない」と語るのは、NFL放送・ネットワークテレビ関連上級副部長のデニス・レウィン。

 シーズン最後の2試合は、テレビ界での大きな成功を収める試合となった。

 スーパーボウルを観戦した世帯数は4361万8000で、タイトルゲーム史上2番目に多い数字を記録(スーパーボウルXXXがトップで4411万世帯)。その1週間後には、点の取り合いとなったプロボウル(NFCが51―31で勝利)が、1999年の視聴率(7.9%)を9%上回る、8.6%を記録した。

視聴者数が多かったテレビ番組

スーパーボウル

開催日

視聴者数(百万)

対戦カード

XXX

1996.1.28

138.4

カウボーイズ対スティーラーズ

XXVIII

1994.1.30

134.8

カウボーイズ対ビルズ

XXXII

1998.1.25

133.4

ブロンコズ対パッカーズ

XXVII

1993.1.31

133.4

カウボーイズ対ビルズ

XXXIV

2000.1.30

132.5

ラムズ対タイタンズ

XXXI

1997.1.26

128.9

パッカーズ対ペイトリオッツ


(c)2000, NFL JAPAN LINK. 不許複製および転載を禁じます。
(c)2000, NFL Enterprises, L.P. NFL and the NFL shield design are registered trademarks of the National Football League. The team names, logos and uniform designs are registered trademarks of the teams indicated. No portion of this site may be reproduced without the express written permission of NFL Enterprises and Starwave Corporation. NFL Enterprises and Starwave take no responsibility for third-party material appearing in any bulletin board or chat sections of this site. All rights reserved.
 
→戻る