Thu, 08/28/2003 12:08 pm UPDATE
2004シーズン NFLとは NFLヨーロッパ NFLイベント NFLフラッグフットボール サイトマップ
NFLビギナー NFLマニア NFLエンタメ コミュニティレポート NFL JAPAN チアリーダー
   NFL JAPAN top page>NFLマニア>NFL Report Japan
NFLマニア
シーズン関連トピックス
チーム関連トピックス
今週のプレイヤー、コーチトピックス
フランチャイズ物語
NFL戦略アナライシス
ビジネストピックス
コラム
NFL Report Japan
 


| NO.11 | NO.12 | NO.13 |
| NO.14 | NO.15 | NO.16 |
| NO.17 | NO.18 | NO.19 |
| NO.20 | NO.21 | NO.22 |
| NO.23 | NO.24 |




●スーパーボウル 絢爛豪華21世紀超大戦
極限の感動と最高の興奮のNFL選手権 2001年1月28日米国タンパで開催
●タンパがスーパーボウルXXXVを歓迎
NFLのタイトルゲームが10年ぶりにタンパベイ・エリアに戻る
●2000年NFLプレーオフスケジュール




●コミッショナーの視点
我々はプレーヤーの行動を案じている



コミッショナーがリーグ再編成グループを任命
ヒューストンが加入する2002年にNFLが4チームずつの8地区制を導入
●リライアント・エナジーがテキサンズと記録的スタジアム契約
新エクスパンションチームがスタジアム名の権利を3億ドルで販売
●フェデックスとNFLが3年契約で合意

●ペイトンの遺産となる永久に続く賞賛
ベアーズのスターRBを敬い、道路、表彰、施設に名前が付けられる
●Superbowl.comが今年最大の試合にオンラインのファンを誘う
特別ウェブサイトにはマルチメディア特集、インタビュー、スペシャルイベントが
●ハワイで22年目を迎える プロボウルに新たな魅力
契約延長により ハワイでの開催が 2005年シーズンまでに





フィールド内外に影響を与えるグレイザー家
バッカニアーズを所有する一家がタンパの基金に貢献
●ジェッツのオーナーがSLEの研究に千2百万ドルを提供

新プログラムが今後10年間で治療法を探す
●NFLオーナーたちがナショナル・ワールド・ウォーIIメモリアルに支援を表明
NFL基金が独特の活動に資金を提供
●NFLプレーヤー出身者が選挙で成功を収めた

●アダムがテネシー・ステート大に奨学金10万ドルを寄付
傑出した経営者としてタイタンズのオーナーにラマー・ハント賞も贈られた
●NFLヨーロッパのトレーニングキャンプがタンパへ
全6チームが2001年シーズンへ向け4週間を過ごす




スタジアムのプロジェクトが可決
投票者がランボー・フィールドの改修とアリゾナの新スタジアム建設に合意
●ボルティモア・コルツの ボビー・ミッチェルの栄誉が称えられた
●スーパーボウル・フィーバーが世界中に拡大
5百人を超す世界中のメディアがビッグゲームを取材する

マイクト・アップ・マンデーがフィールドにファンを連れ出す

NFLフィルムズがABCと協力して独自のハーフタイムコーナーを制作
●大統領候補ブッシュとゴアは 「NFLにはかなわない」点で合意

●ロシアの若年フットボールチームがイーグルズ練習を見学
「グローバルボウル」に出場するためモスクワのオールスターチームがフィラデルフィアに来訪




●NFL基金が新しい助成金として 6百万ドルを寄付
対象は地元社会のボランティアを支援する新しいプルグラムなど

●4つの高校がプロへの踏み台になっている
各校の卒業生5人ずつが開幕ロスターに載った
●NFLとユナイテッドウェイが『ホームタウン・ハドル』で協力
ボランティアの慈善イベントに3百人以上のプレーヤーとコーチが参加
●『NFLトゥーズデイ』でプレーヤーが社会に還元
選手の休日は地域社会を助ける日となっている
●コレステロール・スクリーン・チームが ファンに心臓病の危険を呼びかける
NFL.comがオール・ハート賞で検査の大切さを訴える



●河口など第6期プロ候補へ
NFLヨーロッパ・トライアウト新選抜方式で発表
●人気沸騰!NFLフラッグ
第2回NFLフラッグフットボール・クリニック
●スーパーボウルに勝てば千4百万円
第35回スーパーボウルメモ
●2006年までのスーパーボウル会場が決定
●NFLがインターネットでの可能性を探る
コミッショナーがシリコンバレーの企業を調査訪問

NFL Report Japan

WINTER, 2000 No.14
エヌエフエルレポート・ジャパン 冬号 通巻14号

発行日: 2000年(平成12年)12月30日 発行所: NFLジャパンリンク

コミッショナーがリーグ再編成グループを任命

ヒューストンが加入する2002年にNFLが4チームずつの8地区制を導入
ピッツバーグ・スティーラーズ社長ダン・ルーニー
Al Messerschmidt
 NFLの最新エクスパンションチーム、ヒューストン・テキサンズが2002年にプレーを開始する時、プロフットボールは現在とは大分違った様相となる。リーグに所属する32チームは、各4チームからなる8つのディヴィジョン(地区)に再編成されるが、どのチームがどのディヴィジョンに入るのか?
 これは、再編成案を研究・報告するため10月にポール・タグリアブーNFLコミッショナーが任命した7人のワーキング・グループが直面する最大の問題になる。
 同グループは、現在の各ディヴィジョンからの代表メンバー]ビル・ビドウェル(アリゾナ)、ラマー・ハント(KC)、マイク・マキャスキー(シカゴ)、ジェリー・リチャードソン(カロライナ)、ダン・ルーニー(ピッツバーグ)、ウィエン・ウィーヴァー(ジャクソンヴィル)、ラルフ・ウィルソン(バッファロー)]で構成されており、各地でNFLのオーナーと会談を持ち、1月17日にダラスで開かれる特別リーグ会議で各チームに調査結果を報告する。
 「現在の6ディヴィジョン制は、1970年に作られたものです。当時は26チームあり、各カンファレンスに所属するチーム数は同じではありませんでした。今回全32チームとなり、4チームのディヴィジョンを4つで構成する16チームのカンファレンスが2つという完璧な形が出来上がります。共通の対戦相手が14チームになり、ファンに対する刺激は計り知れないものになります」とルーニー。
 10月に再編成案追及を任されたグループは、11月と12月に各地で会議を開き、ディヴィジョンの地理的バランス、プレーオフ進出チームの数、プレーオフ進出チームの予想されるシード順位などについて議論を交わした。
 アトランタで開かれたリーグの秋の会議で承認されたスケジュール作成方式によると、各チームはディヴィジョン内で6試合(各チームとホーム・アンド・アウェイで対戦)、同カンファレンスの他の3つのディヴィジョンのうちどれか一つに所属する全4チームと対戦する4試合、違うカンファレンスの4つのディヴィジョンのうちどれかひとつに所属する全4チームと対戦する4試合、同カンファレンスに所属し前年のシーズンにディヴィジョンでの順位が同様の位置だった2チームと対戦する2試合を戦う。

全32チームとなり、
4チームの地区を4つで構成する
16チームのカンファレンスが2つという
完璧な形が出来上がり、
共通の対戦相手が14チームになる

ピッツバーグ・スティーラーズ、ダン・ルーニー社長


リライアント・エナジーが
テキサンズと記録的スタジアム契約


新エクスパンションチームがスタジアム名の権利を3億ドルで販売
リライアント・スタジアムの外観予想図
Jerry Gallegos
2004年2月1日にスーパーボウルXXXVIIIをホストするヒューストンのリライアント・スタジアム
Jerry Gallegos

 新加盟するヒューストン・テキサンズは2002年までフィールドに姿を見せないが、スタジアム名の権利にスポーツ史上最高額がつき、既に新聞の見出しを飾っている。10月、リライアント・エナジー社とテキサンズが、30年間でおよそ3億ドルのスタジアム名の権利契約に合意した。

 この契約により、開閉式屋根を持ち、6万9千5百人を収容するテキサンズのスタジアムはリライアント・スタジアムと命名され、スタジアム−コンベンションセンター・コンプレックス内に他の施設を持つリライアント・パークの一部となる。

 「リライアント・エナジーは、テキサンズにとって最初で最重要なフランチャイズ・プレーヤーになりました」と語るのは、テキサンズ会長兼社長兼代表取締役、ロバート・マクネア。


フェデックスとNFLが3年契約で合意

 フェデックスがNFLの"公式全世界デリバリー・サービス・スポンサー"になった。フェデックス社は、運送、ロジスティックス、Eコマース、供給チェーン管理サービスを世界的に行う企業として、世界のトップクラスにつける企業。3年契約を交わした年間売上180億円のフェデックス社は、NFLの国内・世界のマーケティング権利を手にした。フェデックスは、現在NFL全32チームとスーパーボウル、プロボウルの公式スポンサーにもなっている。
 「NFLは業界のリーダーと有利なパートナーシップを結びました」と語るのは、NFL企業スポンサー部上級副部長、ジム・シュウェベル。「今回のパートナーシップの意義は、フェデックス社が運送業界の信頼とサービスの水準を設ける企業であるだけでなく、世界中で認知されているブランドであるところにもあります」。

NFLは業界のリーダーと
有利なパートナーシップを結ぶ

NFL企業スポンサー部上級副部長、ジム・シュウェベル



ペイトンの遺産となる永久に続く賞賛

ベアーズのスターRBを敬い、道路、表彰、施設に名前が付けられる
ウォルター・ペイトン
Manny Rubio
『ギブ・サンクス、ギブ・ライフ』臓器提供キャンペーンの認知度を高めるため、アメリカ上院議員リチャード・ダービン(左)と元NFL選手たちと共に演説するコニー・ペイトン
Rusty Kelly
 故ウォルター・ペイトンは、彼の人生、とりわけ闘病中に強さ、勇気、優雅さを示してきた。彼が持っていたこれらの徳性が、今年様々な形で、所属していたチームとNFLによって人々の記憶に残される。
 シカゴ・ベアーズは8月に、ペイトンが華々しい活躍を見せたソルジャー・フィールドの北側を走る通りを、ウォルター・ペイトン・ウェイと改名すると発表した。ベアーズは既に、イリノイ州レイク・フォレストの練習施設にペイトンの名前をつけている。
 NFLは、殿堂入りしているランニングバックのフィールド内外での貢献に敬意を表し、マン・オブ・ザ・イヤー賞を改名。ペイトンはNFLの歴代トップラッシャーだけでなく他にも多くのNFL記録を保持しているが、積極的に参加していたシカゴ地区での数多くの慈善活動でも良く知られていた。2000年のウォルター・ペイトン/NFLマン・オブ・ザ・イヤーは、スーパーボウルXXXVが開かれるタンパで、2001年1月に発表される。プレーヤーの素晴らしいプレーだけでなく、フィールド外での奉仕活動も認知するNFLの賞はこれだけしかない。
 ペイトンは肝臓疾患とそれに伴う合併症による長い闘病生活の末、1999年11月1日にこの世を去った。彼の死は、臓器及び組織の提供者の深刻な必要性を悲しく思い出させるものだった。10月に行われたキャピトルヒルでの記者会見で、ウォルターの未亡人、コニー・ペイトンが、アメリカ上院議員リチャード・ダービン(民主党、イリノイ州)と元NFL選手たちと共に、臓器提供キャンペーン『ギブ・サンクス、ギブ・ライフ』の認知度を高めるための集いに参加した。このキャンペーンは、ダービンがペイトンの死後提案したもの。同キャンペーンでは、サンクスギビングデーに全国の家族が臓器提供を話し合い、「感謝を与え、人生を与える」ことを呼びかけた。 11月には、NFLの数チームが、ホームゲームでキャンペーンの宣伝をした。コニー・ペイトンは、ワシントンでの記者会見で、「臓器提供者になることは、人生で最も価値のあることだと考えます」と臓器提供の重要性を説いた。臓器提供に関する詳しい情報は、www.givethanksgivelife.org.にアクセスして得ることができる。
 1987年シーズンを最後に引退したペイトンは、今年の夏に開かれたNFLルーキー・シンポジウムで、出席したルーキーたちからNFL史上最も偉大なプレーヤーに選ばれている。

Superbowl.comが今年最大の試合に
オンラインのファンを誘う


特別ウェブサイトにはマルチメディア特集、インタビュー、スペシャルイベントが
 スーパーボウルXXXVの開催地はタンパだが、アメリカ最大のゲームをファンに紹介するオンラインサイトは、Superbowl.com。Superbowl.comでは、ファンをロッカールームに案内し、他では見られない選手のインタビューや記者会見も紹介する。
 2000年レギュラーシーズン開幕前に始動したSuperbowl.comは、過去34回のスーパーボウル全ての歴史的背景を、完全な形で紹介する。サイトには、インタビューや逸話、チームと選手のプロフィール、ビデオやスタジオハイライトなどのマルチメディア特集で溢れている。
 各スーパーボウルのビデオクリップなどが含まれているマルチメディア特集は、全ての年代のファンを楽しませる。また、スーパーボウルの決定的なプレーを説明する、偉大な選手のインタビューを聞くこともできる。今年のスーパーボウル出場チームに所属する選手の、独占ビデオダイアリーは、ファンをスーパーボウルウィークのより深い部分に連れて行ってくれる。
 NFLのオフィシャルマガジン、NFLインサイダーの編集者が毎日記事を寄せ、一方では選手とコーチの記者会見がライブで伝えられる。更には、タンパからラジオの生番組がNFLによって伝えられ、ファンはイーメールで質問を送ることも出来る。
 ファンが見たい過去の記録や歴史的出来事の他に、スーパーボウルに向けて各地で盛り上がるイベントの情報も提供される。
 CBSSportsline.comと共同製作さ れ、『ミラー・ライト』が提供となるSuperbowl.comは、最大の人気を誇るスポーツリーグサイト、NFLインターネット・ネットワークの一部でもある。

ハワイで22年目を迎えるプロボウルに新たな魅力

契約延長によりハワイでの開催が2005年シーズンまでに
昨シーズンのプロボウルMVPランディ・モス
NFLP/Paul Spinelli
1980年以来プロボウルをホストし続けているアロハ・スタジアム
Richard Peterson
 2月4日、22年連続のハワイ開催となる毎年恒例のNFLオールスターゲーム、プロボウルに新たな面が加わる。
 出場選手は所属チームのヘルメットをかぶるが、ユニフォームが新たなデザインに変わった。プロボウルウィークに行われるイベントには、AFCとNFCのオールスターが技術を競う『バトル・オヴ・ザ・グリッドアイアン』の最新バージョン、ライブ演奏と打ち上げ花火によるアロハ・スタジアムでの特別企画、『フライデーナイト・アット・ザ・プロボウル・エクスピリエンス』が含まれている。
 もうひとつの新イベントは、地元の団体への寄付を募るNFLチャリティーズ主催のボウリング大会、『ビーチ・ボウリング・バッシュ』。  試合はABC−TVが生中継(東部時間午後5時30分)、アロハ・スタジアムでは22年連続の完売が見込まれている。プロボウルに選ばれる各チーム43人のメンバーは、12月4日にESPNが放送するプロボウル・セレクションショーで発表される。
 昨年の試合は、NFCが51−31で勝ち、ヴァイキングズのワイドレシーヴァーのランディ・モスがMVPに選ばれ、ダン・マグワイア・トロフィーを受け取った。モスはパスキャッチ回数(9回)とキャッチ距離(212ヤード)でプロボウル新記録を樹立した。
 先日の契約延長で、プロボウルは少なくとも2005年シーズンまでホノルルで開催されることが決まっている。調査報告によると、プロボウルは毎年ホノルルに8千万ドルの経済効果をもたらしており、観戦に訪れるファンの半分はハワイ以外からやってきているという。

(c)2000, NFL JAPAN LINK. 不許複製および転載を禁じます。
(c)2000, NFL Enterprises, L.P. NFL and the NFL shield design are registered trademarks of the National Football League. The team names, logos and uniform designs are registered trademarks of the teams indicated. No portion of this site may be reproduced without the express written permission of NFL Enterprises and Starwave Corporation. NFL Enterprises and Starwave take no responsibility for third-party material appearing in any bulletin board or chat sections of this site. All rights reserved.

→戻る