Thu, 08/28/2003 12:40 pm UPDATE
2004シーズン NFLとは NFLヨーロッパ NFLイベント NFLフラッグフットボール サイトマップ
NFLビギナー NFLマニア NFLエンタメ コミュニティレポート NFL JAPAN チアリーダー
   NFL JAPAN top page>NFLマニア>NFL Report Japan
NFLマニア
シーズン関連トピックス
チーム関連トピックス
今週のプレイヤー、コーチトピックス
フランチャイズ物語
NFL戦略アナライシス
ビジネストピックス
コラム
NFL Report Japan
 


| NO.11 | NO.12 | NO.13 |
| NO.14 | NO.15 | NO.16 |
| NO.17 | NO.18 | NO.19 |
| NO.20 | NO.21 | NO.22 |
| NO.23 | NO.24 |




NFL TOKYO 2003が「東京」を占拠!
●河口念願のNFL挑戦でSF入り
●NFLフラッグ世界大会日本で初開催!



●開幕への祭典
●2003年NFLトレーニングキャンプ開催地と日程
●アメリカンボウル(NFLを温かく迎える東京)
●ホームカミング・ウィークエンド
●レッドスキンズ統率委員会が多様性と地域社会への貢献に対し栄誉を讃えられた
●ライオンズが社会貢献を讃えられる



●デバートロ・ヨークがナショナル・イタリアンアメリカン・スポーツ殿堂入り
●コミッショナーの視点(テレビ界に高くそびえ立つNFL)
●ウィルソンがニューマニタリアン・オヴ・ザ・イヤー・アウォードを受賞
●ダンジーがブッシュ大統領に表敬
●安定したパッシング





●マイケル・ビドウィルの若年スポーツへの貢献を賞賛
●『ファルコンズ大学』を創設
●NFLからアメリカのヒーローに敬礼
●コロンビア大学のロバート・K・クラフト・センターでラーナーの栄誉が讃えられた
●同じチームに…
●チャージャーズが新兵訓練所を訪問
●留守家族を選手が讃える




●バグダッドからライブ
●ギャラクシーの選手とチアリーダーが士気を高揚
●ソルジャー・フィールドに新たな記念碑
●ベストの中のベスト
●スタジアム建設ブームが続く
●ブラウンズのヒーロー基金の受給者がNFLドラフトでチームに合流
●スーパーインパクト



●NFLELから4人が凱旋帰国
●世界を目指せ!NFLフラッグ世界大会に向けて全国で予選大会が開催
●プロフット初挑戦の実感石田力哉
●フラッグフットボール学校訪問佼成学園中学ロータス
●立命、富士通、アサヒ飲料が春季をリード



●日本フットボール界に新風を吹き込む
●日本人チア5人がNFLサイドラインへ
●バッカニアーズ、ジェッツからNFL TOKYO 2003へ選手が来日
●華やかに、NFLチアリーダーズ ON TOUR

NFL Report Japan

SUMMER, 2003 No.23
エヌエフエルレポート・ジャパン 2003年夏号 通巻23号

発行日: 2003年(平成15年)6月30日
発行所: NFL JAPAN(株)

デバートロ・ヨークがナショナル・イタリアンアメリカン・スポーツ殿堂入り
「父は人生の間中偏見と戦っていましたから、特に女性として殿堂入りすることは、
父と母を喜ばせられたと思っています」

−デニース・デバートロ・ヨーク、サンフランシスコ・49ersオーナー
デニース・デバートロ・ ヨーク
San Francisco 49ers
 サンフランシスコ・49ナーズのオーナー、デニース・デバートロ・ヨークが、ヴィンス・ロンバルディ、ジョー・ディマジオ、メアリー・ルー・レットンなど、スポーツ界で名を残したイタリア系アメリカ人が名を連ねるナショナル・イタリアンアメリカン・スポーツ(NIAS)殿堂の一員に選ばれた。
 設立された1978年以降、NIAS殿堂には、200人を超える各スポーツ界のチャンピオンたちが選ばれている。デバートロ・ヨークの父は、1983年にNIAS殿堂との活動を盛んにするようになり、各スポーツ分野において、若者たちを励まし、支援してきた。
 「これが両親にとって、どれだけの意味を持つものかを理解しているだけに、とても光栄に感じています」とデバートロ・ヨーク。「父は人生の間中偏見と戦っていましたから、特に女性として殿堂入りすることは、父と母を喜ばせられたと思っています」。
 4月12日に行われた第26回殿堂入りセレモニーで、デバートロ・ヨークは、史上9人目となる殿堂入りを果たした。デバートロ・ヨークは、スポーツマネージメントと不動産開発・運営の分野で、25年以上の経験を持つ。
 NIAS殿堂入りは、スポーツ記者や既に殿堂入りしている人々、歴史家からなる選出委員会が決定する。選出されるには、苦境で勇気を奮い、イタリア人の遺したものに誇りを持っていなければならない。

コミッショナーの視点
テレビ界に高くそびえ立つNFL
NFL Photos
 私たちの業界で今日最も語られている事項は、テレビ界におけるスポーツの将来である。
 近年、メディア分布図は激しい変化を遂げてきた。新たな技術が、現代のメディア消費者を多様化するテレビチャンネルや他の様々な手段に接触させている。ファンは、衛星テレビ、デジタルケーブル、インターネット、ペイパービュー、ビデオ・オン・デマンド、ビデオゲーム、デジタルビデオディスクなど、新しい様々な方法を通じて、スポーツを体験することが出来る。この成長に伴い、一握りだったテレビチャンネルの数は、数百にまで急増した。
 選択肢の増加は、視聴者を分割し、スポーツ界に新たなメディア環境を提供した。衛星テレビは400を超えるチャンネルを擁し、アメリカ国内での加入者が2、000万人を超えた。従来のテレビ放送でも数十のチャンネルが見られるようになり、デジタル技術によって他の数百のケーブルチャンネルがアメリカ国内の2、000万世帯に配信されている。1999年以降、8、000万世帯以上に向けて発信しているケーブルネットワークの数が、ゼロから27に増加した。この新たな分布図によって、各スポーツ組織が抱える、視聴者とそれぞれの分野を支える収益を持続するための難題が増加している。
 近年では、多くのスポーツテレビ局が、広告費と加入料金のダブル収益が見込めるケーブルへと移行している。
 いくつかの例では、収益の点で魅力があるようにも見えるが、無線放送のテレビネットワークの方がより多くの世帯に受信されているため、有線の増加で視聴者が減少する可能性など様々な不利益をもたらす面もある。
 対戦する両チームの本拠都市の市場で提供するESPNのプライムタイムパッケージ放送を含め、リーグで行われる全試合を無線放送でテレビ中継放送するスポーツリーグは我々NFLが唯一である。我々のネットワークテレビのパートナー4局│ABC、CBS、ESPN、FOX│との契約では、無線放送で過去に例を見ない露出が約束されるほか、3つの重要な要素も持ち合わせているが、ここではテレビにおけるNFLの将来について、分析してみよう。
 将来、テレビ界において我々がどのような状況に置かれているかを正確に予測するのは難しいが、ひとつだけ確かなことがある。現在のような新しいメディア環境にあっても、NFLは特別な存在であり、テレビ界で最強の番組を提供するということだ。
 NFLは、過去に例を見ないほど競争力を増している。視聴者が細分化されて視聴率全体が下落している現在でも、リーグは計32チームに拡張し、昨年はNFLのテレビ視聴率は増加した。他の番組と比較しても、テレビ界におけるNFLゲームの持つ価値は、より高いものになり続けている。
 我々の任務は、NFLと各チームをよりよく披露し、テレビ視聴者を惹きつけてNFLフットボールを世界一のスポーツエンターテイメントに作り上げることである。絶えず新たな挑戦に挑まなければならない現在でも、我々は、テレビ界を独占するたぐい稀な機会に恵まれており、その機会を通じて膨大な数の視聴者を虜にしている。
 だからと言って、テレビ放映権の見直しや、より多くの視聴者を得るための放送時間の変更、柔軟性のあるスケジューリングの導入など、向上のための改革をする機会を無視するものではない。近年では、シーズン開幕戦として木曜夜の試合を追加、シーズン終盤のプライムタイム番組作りを強化、さらにはプレーオフゲームを、より多くの人々がテレビを見ている時間帯であるプライムタイムを含む、1日の遅い時間への移行も実現してきた。我々は、現状打破を常に心がけている。
 我々は、ケーブルやその他の配給手段において、力強い存在であり続けるつもりだ。ESPNのサンデーナイトゲームや他のESPNのNFL関連番組も、大きな成功を収めている。ケーブルテレビの最高視聴率リストには、NFLゲームが羅列されている。NFL独自のサンデーチケット衛星パッケージや新たに発足するNFLネットワークなど、他の配給手段も用い、我々の基盤にあるネットワークパッケージを援助し支えていく。
 現時点では、2006年から始まる新たなテレビ放映権の内容がどのようなものになるか、詳細は分かっていない。ただひとつ分かっていることは、NFLはテレビ界のMVP(Most Valuable Property = 最も価値のある財産)であり、NFLファンは今後も、NFLゲームや他の関連番組に対する幅広いアクセスを楽しみ続けるということだ。


ウィルソンがニューマニタリアン・オヴ・ザ・イヤー・アウォードを受賞
「彼は、自分の行動について多くを語らず、謙虚なため、彼がフットボールと
バッファロー市にとって
どれだけ大切な人であるかということは、
十分に知られていないでしょう」
−マーヴ・リーヴィー、元ビルズHC
1960年のビルズ創設以来オーナーを務めるラルフ・ウィルソン
NFL Photos
 ラルフ・ウィルソンの記録を見ると、彼がバッファロー市とニューヨーク州西部にいかに関心をもって活動してきたかが、よく理解できる。ビルズの創設者でオーナーでもあるウィルソンが、この春シーモア・H・ノックス二世ニューマニタリアン・オブ・ザ・イヤーを受賞し、その偉業が認められた。
 ウィルソンは、4月24日に、アムハースト(NY州)商工会議所とエンターコム・コミュニケーションズが主催したイベントで、栄誉が讃えられた。同賞は、バッファロー・セイバーズの創設者で、オーナーも務めた故人であるノックスの特徴であった、地域社会への貢献や、芸術への支援、謙虚さを具現した人物に対して贈られる。
 「彼は、人生の質を高める数々のことを成し遂げ、バッファロー市に対しても多大な貢献をしてくれました」とウィルソンは、ノックスについて語る。「彼の名が付けられた賞を受け取るのは、大変名誉なことです」。
 元ビルズのHCマーヴ・リーヴィーは、現在ビルズのGとしてプレーするルーベン・ブラウンと共に、85歳のオーナーを会場で讃えた。
 「彼ほど受賞に適している人物はいないでしょう」とリーヴィー。「彼は、自分の行動について多くを語らず、謙虚なため、彼がフットボールとバッファロー市にとってどれだけ大切な人であるかということは、十分に知られていないでしょう」。
 自らの出身地であるデトロイト郊外とバッファローの両都市で過ごすウィルソンは、ニューヨーク州西部で様々な活動をひっそりと支援してきた。例を挙げると、昨年末のクリスマスシーズンには、バッファローとローチェスター地域のフードバンクに、2万5千ドルを寄付している。
 また、1987年には、バッファロー・ビルズ・ユース基金とビルズ・アラムナイ・アソシエーションを創設。ビルズが、ウィメンズ・アンド・チルドレンズ・ホスピタルや、ロズウェル・パーク・キャンサー・インスティテュート、ロナルド・マクドナルド・ハウス、ユナイテッド・ウェイと関わる際のリーダーも務めてきた。1985年には、カニシアス・カレッジの学生アスリートを支援するために永久的な奨学金を設立、2002年には、ビルズがトレーニングキャンプの本部を置くセント・ジョン・フィッシャー・カレッジに200万ドルの寄付をしている。

ダンジーがブッシュ大統領に表敬
NFL Photos
 ジョージ・W・ブッシュ大統領が、5月12日〜13日の訪問でインディアナポリス国際空港に到着した際、大統領を出迎えた8人の地元著名人の中にインディアナポリス・コルツのHCトニー・ダンジーの姿があった。元州議会議員候補マイク・ソドレル(中央)も列席した。ブッシュ大統領は、インディアナ州屋外展示会での集会で挨拶をする前に、コルツのQBペイトン・マニングとも会談した。

安定したパッシング
NFLヨーロッパのエキサイティングなシーズンを通してQBが活躍
ダグ・グレイバー(中央、トロフィーを掲げる)率いるフランクフルト・ギャラクシーがワールドボウルでの35−16の勝利を祝福
waynepaulo.com
 スリリングな試合、熱狂的なファン、フットボール界最高の若いプレーヤーがNFLヨーロッパ11年目のシーズンを彩り、ヨーロッパのフットボールファンにはこたえられない春となった。
 それらが頂点に達した6月14日、スコットランドのグラスゴーで開かれたワールドボウルXIで、フランクフルト・ギャラクシーがライン・ファイアーを35―16で下した。
 今年は、200人を超えるNFLプレーヤーが、NFLヨーロッパに派遣され、貴重なゲーム経験を積んできた。
 スーパーボウルXXXVIIでタンパベイを優勝に導いたブラッド・ジョンソンは、かつて同じ立場にいた。1995年にロンドン・モナークスでプレーしたジョンソンは、そのシーズンで13TDパスをマークし、リーグ2位につけた。
 「NFLでの3年目はミネソタで過ごしていて、オフェンス・コーディネーターはブライアン・ビリックでした」とジョンソンは語る。「私はよく練習していましたが、ウォーレン・ムーンという偉大な選手の控えだったため、試合での経験がほとんど得られませんでした。そこでブライアンに、NFLヨーロッパでプレーしたいと話したのですが、私の人生の中で最高の決断のひとつとなりました」。
 今年も、NFLヨーロッパで活躍したNFLのQBは数人いたが、そのひとりがミネソタ・ヴァイキングズのショーン・ヒルだった。
 アムステルダム・アドミラルズの先発QBとしてプレーしたヒルは、7つのパス部門で、リーグ上位につけた。
 ヒルは、NFLに次ぐ実力を誇るNFLヨーロッパで、強豪を相手にシーズンを通してプレーしたことで、多くを身につけた。
 「NFLヨーロッパでプレーしたことは、自分にとって大きなプラスになりました」とヒルは語る。「学んだことは、数え切れません。今は、このレベルでプレーできるんだという自信がつ
いています」。
 ヒルは、第7週のフランクフルト・ギャラクシー戦で27―24の勝利を収めた試合など、試合終盤での決勝ドライブで貢献することが何度かあった。
 熱狂的なフランクフルトファンの前で、ヒルは残り1秒で5ヤードのTDパスを決め、アドミラルズの今シーズン最高の勝利と言える一戦を演出した。
 ヒルだけでなく、グリーンベイのクレイグ・ノール(スコットランド)、サンディエゴのセス・バフォード(バルセロナ)も、2003年シーズンでQBとしての活躍が目立った。
 他にも、スコットランドの高得点オフェンスの起爆剤となったバッファロー・ビルズのRBケン・シモントンなど、自らのプレーを向上させると同時に、ファンを楽しませたプレーヤーはたくさんいた。
 「ケンの活躍ぶりは、いやでも目に入ってきます」と語るのは、ビルズのオフェンス・コーディネーター、ケヴィン・ギルブライド。「NFLヨーロッパの偉大な点の一つは、高い能力を持ったチームを相手に、試合を経験する機会を得られることでしょう。ケンは、それを十分に活用しました」。
 選手にヨーロッパでの時間をフルに活用させると同時に、自らのコーチ経験も積めるのが、NFLコーチング・インターンシップ・プログラムに参加している、NFLの元選手と現役選手たちだ。
 NFLとNFL選手会の共同事業として始まった同プログラムに参加した18人の選手が、NFLヨーロッパのトレーニングキャンプが開かれたフロリダ州タンパで、コーチを経験した。更に、6人の元選手たち―レジー・ブルックス(ベルリン)、バリー・フォスター(ライン)、エリック・グリーン(フランクフルト)、ヒュー・グリーン(FCバルセロナ)、アンプ・リー(アムステルダム)、レジー・マケロイ(スコティッシュ・クレイモアズ)がシーズン中もコーチ経験を積んだ。
 「NFLヨーロッパで過ごした時間は、とても大きなチャンスでしたし、十分に価値のあるものだったと思っています」と語るのは、11年の現役生活中(1981-1991)に2度プロボウルに選ばれているヒュー・グリーン。「もし私が選手に10の新しいことを教えて、選手がそのうちのひとつだけしか使わなかったとしても、私は成功したと思いますし、選手も完全な選手になるまでに一歩近づいたと言えると思います」。
 ファンも、フィールド上での激戦に反応を示した。特筆すべきは、第3週にドイツのグルゼンキルヒェンにあるアリーナ・アウフシャルケに超満員の43、985人を集め、ライン・ファ
イアーがスコットランドを下した試合だろう。また、ベルリン・サンダーも歴史的なオリンピック・スタジアムでの1年目を迎えたし、ドラゴンズはFCバルセロナの新たなホームグラウンド、ミニエスタディでのデビューを飾った。

(c)2002, NFL JAPAN 不許複製および転載を禁じます。
(c)2002, NFL Enterprises, L.P. NFL and the NFL shield design are registered trademarks of the National Football League. The team names, logos and uniform designs are registered trademarks of the teams indicated. No portion of this site may be reproduced without the express written permission of NFL Enterprises and Starwave Corporation. NFL Enterprises and Starwave take no responsibility for third-party material appearing in any bulletin board or chat sections of this site. All rights reserved.

→戻る