Thu, 08/28/2003 12:39 pm UPDATE
2004シーズン NFLとは NFLヨーロッパ NFLイベント NFLフラッグフットボール サイトマップ
NFLビギナー NFLマニア NFLエンタメ コミュニティレポート NFL JAPAN チアリーダー
   NFL JAPAN top page>NFLマニア>NFL Report Japan
NFLマニア
シーズン関連トピックス
チーム関連トピックス
今週のプレイヤー、コーチトピックス
フランチャイズ物語
NFL戦略アナライシス
ビジネストピックス
コラム
NFL Report Japan
 


| NO.11 | NO.12 | NO.13 |
| NO.14 | NO.15 | NO.16 |
| NO.17 | NO.18 | NO.19 |
| NO.20 | NO.21 | NO.22 |
| NO.23 | NO.24 |




NFL TOKYO 2003が「東京」を占拠!
●河口念願のNFL挑戦でSF入り
●NFLフラッグ世界大会日本で初開催!



●開幕への祭典
●2003年NFLトレーニングキャンプ開催地と日程
●アメリカンボウル(NFLを温かく迎える東京)
●ホームカミング・ウィークエンド
●レッドスキンズ統率委員会が多様性と地域社会への貢献に対し栄誉を讃えられた
●ライオンズが社会貢献を讃えられる



●デバートロ・ヨークがナショナル・イタリアンアメリカン・スポーツ殿堂入り
●コミッショナーの視点(テレビ界に高くそびえ立つNFL)
●ウィルソンがニューマニタリアン・オヴ・ザ・イヤー・アウォードを受賞
●ダンジーがブッシュ大統領に表敬
●安定したパッシング





●マイケル・ビドウィルの若年スポーツへの貢献を賞賛
●『ファルコンズ大学』を創設
●NFLからアメリカのヒーローに敬礼
●コロンビア大学のロバート・K・クラフト・センターでラーナーの栄誉が讃えられた
●同じチームに…
●チャージャーズが新兵訓練所を訪問
●留守家族を選手が讃える




●バグダッドからライブ
●ギャラクシーの選手とチアリーダーが士気を高揚
●ソルジャー・フィールドに新たな記念碑
●ベストの中のベスト
●スタジアム建設ブームが続く
●ブラウンズのヒーロー基金の受給者がNFLドラフトでチームに合流
●スーパーインパクト



●NFLELから4人が凱旋帰国
●世界を目指せ!NFLフラッグ世界大会に向けて全国で予選大会が開催
●プロフット初挑戦の実感石田力哉
●フラッグフットボール学校訪問佼成学園中学ロータス
●立命、富士通、アサヒ飲料が春季をリード



●日本フットボール界に新風を吹き込む
●日本人チア5人がNFLサイドラインへ
●バッカニアーズ、ジェッツからNFL TOKYO 2003へ選手が来日
●華やかに、NFLチアリーダーズ ON TOUR

NFL Report Japan

SUMMER, 2003 No.23
エヌエフエルレポート・ジャパン 2003年夏号 通巻23号

発行日: 2003年(平成15年)6月30日
発行所: NFL JAPAN(株)

日本フットボール界に新風を吹き込む
立命館大学総長 長田豊臣
 2003年1月3日。初の日本一を成し遂げた立命館大学パンサーズを称える拍手が、東京ドームに鳴り響いた。一瞬のチャンスを確実に得点につないだ集中力は試合終了のホイッスルが鳴るまで途切れることはなく、パンサーズ時代の到来を予感させるような、緊張感に満ちた試合だった。
 導入2年目のオクラホマ大流ショットガンをさらに進化させた通称「リッツガン」を率いて、2002年度の日本フットボール界を席巻した立命館大は、フットボールだけでなく、大学そのものが、勢いに満ちている。

ハードとソフトの融合が生んだ日本一

 パンサーズが本拠を構える滋賀県草津市のびわこ・くさつキャンパス(BKC)は、まるでアメリカの大学を彷彿とさせるような解放感に満ちている。広大な敷地に施設が建ち並ぶ様は、圧巻だ。1994年、理工学部が京都府北区の衣笠キャンパスから拡充移転して作られた。現在は経済、経営学部を加えた3学部と、学際領域を担う3つのインスティテュートで構成されている。
 正門をくぐり、すぐ右手に見えるグラウンドが、パンサーズが日々の練習を行うクィンス・スタジアムだ。大学側は、充実したトレーニング施設と選手の食生活に欠かせない生協や食堂の協力体制を作り上げたほか、コーチを大学職員として採用することでチームをサポートしている。
 スポーツ推薦入学制度やトレーニング環境の整備など大学の積極的なバックアップと、新たな戦術が相乗効果を生みだし、それまでも全国随一のアスリート集団として知られていたパンサーズを、名実ともに日本一のチームに押し上げたと言える。
「フットボールは大学スポーツに非常に向いています」と、柔和な笑顔を見せるのは今年1月に二期目の任期を迎えた、長田豊臣立命館大学総長だ。パンサーズとは副学長時代の98年に部長を務めて以来の縁で、同年の甲子園ボウル優勝、そして昨年度の日本一と、栄光を共に体験してきた。
「昨年は橋詰コーチがオクラホマ大に留学して戦術を学んできたのが良かった。QBもバックアップで耐えてきた椙田くんが、最後に素晴らしいプレーを見せてくれました」
 次から次へと、選手やコーチの名前が出てきて、話題は尽きない。部長に就任したきっかけは「フットボールに関して素人だったから」だが、その分マネージメントに徹することが出来たという。「部長時代も、勝った試合の後にスタンドからグラウンドに降りるくらいでした」と言うが、フットボールへの愛情は「今はもう大ファンになりました」と言うほど、一気に強まった。
 1956年から約30年間途絶えていたスポーツ推薦制度は、体育会OB会の提言によって87年から復活し、長田総長らが中心になって整備を進めてきた。
「一流のスポーツ選手は頭が良い」というのが、長田総長の持論だ。「偏差値は到達度に過ぎない。スポーツしかできないのではなく、勉強する時間がなかっただけ。大学の役割は、学生が入学してからどこまで上に伸ばせるかという所にある。スポーツをやる学生は、個々の状況に合わせて、マンツーマンに近い指導が実現できれば理想的」と、今後の展望を語る。

私立大学は多様な人材の宝庫


「お正月を暖かいところで家族とのんびり…というのは、当分諦めることになりそうです」と、目を細めた
K.Ogawa/Touchdown
 少子化の影響を強く受け、大きな方向転換を迫られている大学界の中で、立命館大は着実に歩を進めている。
 全国各地で様々な形式の入試をいち早く導入したほか、附属校や大学院の充実、文部科学省の21世紀のCOE(センター・オブ・エクセレンス/卓越した研究拠点)プログラムに3つの研究案が採択されるなど、1980年代から始まった長期計画が順調に進められている。
また、2001年6月には日本の大学として初めて、NFLとスポーツマネージメント分野での協力協定を結んだ。NFLのスタッフがゲストスピーカーとして講義を担当するほか、NFLジャパンでのインターンシップ制度もあり、新しいスタイルの講義が積極的に展開されている。
 活発なクラブ活動も見逃せない。ほとんどの体育会クラブすべてが、各リーグで1部に所属するという高いレベルを誇っている。卒業生や在校生にもオリンピックや世界選手権への出場者が多く、プロ野球界きっての頭脳派で知られるヤクルト・スワローズの古田敦也捕手、米メジャーリーグのシアトル・マリナーズで活躍する長谷川滋利投手を始め、2001年の世界水泳シンクロナイズド・スイミングのデュエットで金メダルを獲得した武田美保らを輩出している。
「欧米にキャッチアップするために、均質な人材を育てる時代もあったが、日本がいざ世界のフロントランナーとなったときに、どう走っていいか分からなくなってしまった。それが日本の現状です。社会が求める人材も、多様化しています」
長田総長は、私立大学こそ、まさに多種多様な学生で構成されており、フットボールとも共通している点があるという。
「パンサーズには、高校を卒業後、一時相撲部屋に所属した合田正和(2001年度卒)という選手がいたんですが、彼などがその典型です。フットボールはどの大学にも強くなる要素があり、また大学からプレーを始める選手が多い。そういう点でも、カレッジスポーツの花形になりうるのです」

アメリカ留学時代の思い出

 アメリカ史を専門とする長田総長は、74〜76年にプリンストン大、84〜85年にコロンビア大とニューヨーク市立大大学院センター、89年〜90年にNew School for Social Research(社会変動研究所)に留学していたが、なかなかフットボールとの接点はなかったという。
「今になって思うと、残念だなあと思いますが、当時はなぜかアメリカ帝国主義の塊だと思っていたんです」と苦笑いする。
 それでも、アイビーリーグに所属しているプリンストンにいた頃の思い出は強烈だ。ビッグゲームと呼ばれるブラウン大と一戦の日には、普段は学生しかいない街に、人が溢れかえっていたそうだ。
「グリーンの芝生にかっこいいコスチューム、チアリーダーと、確かにとてもアメリカ的です。ラグビーは地を這う陣取り合戦ですが、それに野球のホームランを加えたような、華やかさがフットボールにはあります」
 今夏はパンサーズOBの河口正史(ラインバッカー)が日本人として初めて、NFLサンフランシスコ・フォーティナイナーズのトレーニングキャンプに初日から参加する。卒業生の活躍は、在校生のみならず、同じ卒業生にも刺激を与えているという。
「フットボールの魅力は、それぞれが自分の場所で才能を発揮し、ハーモニーを奏でるところにあると感じています。知識とは、物事を知っていることではなく、状況を切り開くもの。自らの体をもってそれを覚えていくのがスポーツです」
 何でもできる体力に、知力をプラスした、魅力的な学生を世の中に送り出したい。長田総長の強い意志が、優しい瞳の奥に光っていた。


長田豊臣(ながた・とよおみ)
1938年生。立命館大学文学部教授、文学博士。専門はアメリカ史(南北戦争前後)。1965年立命館大学大学院文学研究課修士課程西洋史学専攻修了。同年に立命館大学文学部助手になる。1999年1月より立命館総長・立命館大学長に就任。2002年からアメリカ学会会長。主著に「南北戦争と国家」(東京大学出版会)。趣味はオペラ鑑賞と渓流釣りで、米国留学時代は毎週のように劇場に通っていた。お気に入りの演目はプッチーニの『トスカ』。
K.Ogawa/Touchdown

安田愛 やすだ・あい
1976年3月1日生
東京都出身。目白学園高校時よりチアリーダー活動を開始。目白学園女子短期大学、日産プリンス東京スカイライナーズで活躍後、2001年よりゴールドラッシュに参加
柳下容子 やぎした・ようこ
1976年9月9日生
新潟県出身。日本人初のNFLチアリーダーとなった三田智子氏が率いるアルビレックス・チアリーダーズに所属
中山麻紀子 なかやま・まきこ
1975年11月20日生
専修大学松戸高校時に野球部のチアリーダーとして活躍。専修大学、オンワードスカイラークスを経て2002年よりレッドスキネッツに参加
小島智子 こじま・ともこ
1978年3月23日生
大阪府出身。高校時までは水泳選手。立命館大学でチアリーディングを始め、卒業後は松下電工インパルスで2000年から3年間活動
山田幸子 やまだ・さちこ 
1973年生
東京都出身。桜美林大学でチアリーディングに出会い、卒業後はオンワードスカイラークスのチアとして活動。2002年はXリーグチアオールスターVENUSの一員としてチア普及に努めた
日本人チア5人がNFLサイドラインへ
NFLのサイドラインを彩るチアリーダーに、2003年シーズンは総勢5人の日本人が選ばれた。
 3月に日本で開催されたNFLチアリーダーズ・オーディションに合格したサンフランシスコ・フォーティナイナーズ・ゴールドラッシュの安田愛さんと、サンディエゴ・チャージャーズ・チャージャーガールズの柳下容子さんを筆頭に、2年目を迎えたワシントン・レッドスキンズ・レッドスキネッツの中山麻紀子さん、単身アメリカに渡り現地のオーディションに参加、合格したタンパベイ・バッカニアーズの小島智子さん、シアトル・シーホークス・シーギャルズの山田幸子さんだ。
 また、8月2日のNFL TOKYO 2003では、来日するニューヨーク・ジェッツに専属チアリーダーがいないため、この試合のために日本でオーディションが開催され、選ばれたメンバーは、チア・オン・ツアー中の6月27日に発表された。

バッカニアーズ、ジェッツからNFL TOKYO 2003へ選手が来日
 NFL TOKYO 2003に先駆けて、5月7日から9日にかけて、タンパベイ・バッカニアーズとニューヨーク・ジェッツの両チームから選手が来日するNFL ON TOURが行われた。
 来日したのは、バッカニアーズLBシェルトン・クォールズと、ジェッツLBマーヴィン・ジョーンズの二人。滞在中には、記者説明会やサイン会、大相撲東関部屋や在日米軍基地への訪問、早稲田大学でのスポーツビジネス講演会、早稲田大学アメリカンフットボール部訪問、プロ野球公式戦の読売ジャイアンツ対中日ドラゴンズの始球式等を精力的にこなした。

まわし姿になって高見盛関に挑戦したジョーンズ
(c)Yukihito Taguchi/NFL JAPAN
 5月8日の東関部屋訪問では、両選手が白まわしをつけて高見盛関との稽古に参加。立ち会いの結果は両選手とも押し出しで2勝したが、「NFLでも通用するよ」と、高見盛の強さに舌を巻いていた。
東京ドームシティ内で行われた記者会見に出席したクォールズ(左)とジョーンズ(右)
(c)Yukihito Taguchi/NFL JAPAN
 同日午後は早稲田大学大隈講堂にて、今年4月に新設された同大学スポーツ科学部の開設記念として、スポーツビジネス講演会「NFLのスポーツビジネス」が開催され、同学部の学生を中心に350人が聴講した。場所を東伏見に移して行われた同大学フットボール部訪問にはクォールズが参加。LBの基本を伝授したほか、選手からの質問を受けて、「体を鍛えるのも大事だが、勉強も大事。勉強することによってアサイメントなどを覚えられる」と、プレーだけでなくアカデミックな部分を重視すべきとアドバイスを送った。クォールズから「To KEN, A FUTURE NFL PLAYER」と書かれたバッカニアーズのヘルメットをプレゼントされたQB波木健太郎(4年)は、プロの風格を目の当たりにして、「強引にでもパスを決められるような選手になりたい」と将来は海外でプレーしたいと夢を語った。

華やかに、NFLチアリーダーズ ON TOUR
ランチタイムの大手町に華やぎを添えたNFLチアリーダーたち(6月26日 産経新聞社前広場)
(c)Yukihito Taguchi/NFL JAPAN
 サイドラインの華たちが、日本にやって来た。6月25日から7月1日までの一週間、NFLで活躍するチアリーダー8人が「NFLオールスターチアリーダーズ」を結成して、日本を訪れた。5月上旬に選手が来日したNFL ON TOURの一環だ。3月下旬に行われた『NFLチアリーダーズオーディション2003』に合格したサンフランシスコ49ナーズ・ゴールドラッシュの安田愛さんと、サンディエゴ・チャージャーズ・チャージャーガールズの柳下容子さんも凱旋帰国を果たした。
 滞在中は、東京千代田区の産経新聞社前広場でのパフォーマンスを皮切りに、東京読売巨人軍の練習訪問、東京港区のヴェルファーレでのイベント参加、ハードロックカフェ訪問、ナショナル麻布スーパーマーケット訪問、東京江東区お台場のパレットプラザ、ヴィーナスフォート訪問、日本人チアリーダーを対象にしたダンスクリニック、オッシュマンズ原宿店訪問、東京ドームシティ内のラクーアにてのパフォーマンスや、メディアからの取材などをこなした。
 6月26日は、正午すぎから産経新聞社前広場でパフォーマンスを披露した。ランチタイムも重なって、近隣に勤務する人を中心に多くの人が集まり、「しなやかで躍動感あふれるダンスが素敵」、「コスチュームもとても魅力的。8月2日の試合も是非観に行きたい」と好評だった。
 また、27日夜には、昨年夏からヴェルファーレで1980年代のディスコをテーマに行われている人気イベント「恋のお立ち台」に、NFL TOKYO 2003のイメージキャラクターを務めるボブ・サップとともに、特別ゲストとして参加。本場のチアリーダーの放つオーラに、会場は盛り上がった。特別ゲストに中西哲生氏とヨーコ・ゼッターランド氏を迎え、フットボールの魅力を語るトークショーも行われた。

(c)2002, NFL JAPAN 不許複製および転載を禁じます。
(c)2002, NFL Enterprises, L.P. NFL and the NFL shield design are registered trademarks of the National Football League. The team names, logos and uniform designs are registered trademarks of the teams indicated. No portion of this site may be reproduced without the express written permission of NFL Enterprises and Starwave Corporation. NFL Enterprises and Starwave take no responsibility for third-party material appearing in any bulletin board or chat sections of this site. All rights reserved.

→戻る