Thu, 10/16/2003 6:21 pm UPDATE
2004シーズン NFLとは NFLヨーロッパ NFLイベント NFLフラッグフットボール サイトマップ
NFLビギナー NFLマニア NFLエンタメ コミュニティレポート NFL JAPAN チアリーダー
   NFL JAPAN top page>NFLマニア>NFL Report Japan
NFLマニア
シーズン関連トピックス
チーム関連トピックス
今週のプレイヤー、コーチトピックス
フランチャイズ物語
NFL戦略アナライシス
ビジネストピックス
コラム
NFL Report Japan
 


| NO.11 | NO.12 | NO.13 |
| NO.14 | NO.15 | NO.16 |
| NO.17 | NO.18 | NO.19 |
| NO.20 | NO.21 | NO.22 |
| NO.23 | NO.24 |




燃えた真夏の東京ドーム
●世界を結んだNFLフラッグ



●「今年も行くぞ!」
●NFLネットワークが11月4日にデビュー
●パーティを始めよう
●歩いて貢献
●モーデル夫妻の社会貢献を表彰



●クラフトが地域社会に貢献する学生に奨学金を援助
●スーパーサポート
●コミッショナーの視点
●NFLが新スポンサーを獲得
●貢献のチーフス





●鼓舞と変革
●オフフィールドでも活躍するNFL選手
●NFLとユナイテッドウェイが提携30周年を迎える
●ルーニー一家がルイスとクラークの足跡をたどる
●インターナショナル・フットボール・リーグ




●レイダースは再びAFCの頂点に立てるのか?
●守りに入る:バッカニアーズがアンコールを目指す
●タイタンズが芝を寄付
●年間スケジュール



●日本、アメリカンフットW杯連覇
●NFL初キャッチ
●女子選手も楽しむNFLフラッグフットボール世界大会
●新登場『NFL CLUB』2003年も充実
●フラッグフットボール学校訪問



●NFLに最も近い日本人選手
●チャージャーガールズとしてのデビュー戦を終えて
●NFL ウィミンズ・コレクション 日本初上陸
●マイクロソフトから NFL Fever 2004
●NFLフラッグも、PC用NFL壁紙ゲットも

NFL Report Japan

AUTUMN, 2003 No.24
エヌエフエルレポート・ジャパン 2003年秋号 通巻24号

発行日: 2003年(平成15年)9月30日
発行所: NFL JAPAN(株)

2002年NFLのMVPのレイダーズQBリッチ・ギャノン
Greg Trott
 地図上では『ヒューストン』と書いてあるが、その遠さと高さはエベレストのように見える。
 スーパーボウルXXXVIIIの開催地は、高くそびえる頂で、オークランド・レイダーズにAFCタイトルを防衛し、再度NFL最高の試合に出場したいという気持ちを持たせている。AFCの他の15チームが、オークランドを山から蹴落とし、ロンバルディ・トロフィーを自らの手に収めようと機を窺っている。
 「1年前と同じくらいの良い状態を保つだけでは、足りない」と2002年NFLMVPのリッチ・ギャノンは語る。「(スーパーボウルXXXVIIで)勝てなかったのは残念だが、気落ちしてはいない」。
 2002年レギュラーシーズンを2週間残した時点で、AFCでは16チーム中14チームが、同カンファレンスのプレーオフ進出6つの座を争っていた。ファンにとっては幸運なことに―疲労困憊したペースメーカーには不運なことに―2003年シーズンも、快活なシーズンが予測される。
 4年連続のAFCウエストタイトルを狙うビル・キャラハン・ヘッドコーチ(HC)率いるレイダーズは、去年リーグトップにランクされた攻撃陣を有する。ドラフト指名権6つのうち4つをディフェンスに使い、許した距離(311・2ヤード)で昨季11位に終わったユニットを強化した。
 オークランドを追うのは、ブロンコズ、チーフス、チャージャーズで、いずれもオートショーの桧舞台で見せられるような自慢できるランニングバック(RB)を擁している。サンディエゴのラデイニアン・トムリンソン(1、683ヤード)、カンザスシティのプリースト・ホウムズ(1、615)、デンヴァーのクリントン・ポーティス(1、508)は、それぞれNFLのラッシング順位で2位から4位を独占した。

タイタンズQBスティーヴ・マクネア
Greg Trott
 アリゾナからデンヴァーにやってきたクォーターバック(QB)ジェイク・プラマーは、1980年から1982年以来となる3年連続のプレーオフ進出失敗を防ぐことに意欲を燃やしている。フルシーズンで指揮を執った過去16年のうち15年で勝率5割以上をマークしたチャージャーズのヘッドコーチのマーティ・ショッテンハイマーは、ビッグプレーが期待できるレシーバー(元カーディナルズのデイヴィッド・ボストン)を獲得。リードを保つのに苦労したチーフスのディフェンスは、ラインバッカー(LB)ショーン・バーバーをフィラデルフィアから、ディフェンシブエンド(DE)ヴォニー・ホリデイをグリーンベイから得て、万全に近くなった。
 1999年以降では、テネシー・タイタンズ(44勝)より多く勝っているチームはない。AFCサウス優勝のタイタンズは、2002年シーズンでは最後の11試合で10勝を挙げ、スーパーボウル進出まであと1勝のところまで行った。スティーヴ・マクネアは自身最高のシーズンを過ごし、パスヤード(3、387)、TD数(22)の両部門で自己最多をマークした。エディ・ジョージはキャリアで2番目に多い12のタッチダウンを挙げている。また、テネシーのチームサック数は40に達した。

 インディアナのマーヴィン・ハリソンは、2002年に143キャッチのNFL新記録を樹立したが、2003年のコルツはディフェンスがカギになる。2001年にAFC最下位だったコルツディフェンスは、昨季は4位に躍進した。
 ジャクソンヴィル・ジャガーズは、2002年にプレーオフ進出チームと対戦した試合数はNFL最多の9試合だった。ジャクソンヴィルの新HCジャック・デルリオは、DEヒュー・ダグラス(フィラデルフィア)、LBマイク・ピーターソン(インディアナポリス)を獲得し、布陣を整えた。昨年ジャガーズが喫した10敗のうち8試合が1タッチダウン以内の差だった。
 創立2年目を迎えるヒューストン・テキサンズは、昨年の経験を生かしたいところ。「(ルーキーを先発で起用したことの)利点は、彼らが1年間の経験を身につけたこと。その分、チームは向上している」とテキサンズのドム・ケイパーズHCは語る。
 AFCノースでは、ボルティモア・レイヴンズ、シンシナティ・ベンガルズ、クリーヴランド・ブラウンズが、ここ2年間ディヴィジョンタイトルを手にしているピッツバーグ・スティーラーズを超えることを目標にする。ピッツバーグはここ2年間、いずれもラッシングディフェンスでNFLトップに位置し、サック数ではAFCトップを守っている。昨季50サックを挙げたディフェンス陣をリードしたのは、LBジェイソン・ギルドン(9)とLBジョーイ・ポーター(9)。攻撃では、スティーラーズはパスで4、036ヤードを稼ぎ、チーム新記録を樹立した。

 「チームとしてしっかりとまとまり、何事も軽く見なければ、我々を止めることが出来るのは我々自身でしかあり得ないだろう」とスティーラーズのビル・カウアーHC。
 クリーヴランドは、1988―89以来となる2年連続のプレーオフ進出を目指す。RBウィリアム・グリーンと、ケヴィン・ジョンソンを筆頭とする優秀なレシーバー陣が、手に入れるのが難しいスーパーボウルへの招待状を得る希望をブラウンズファンに与える。ボルティモアも、優勝を目標に2003年シーズンを迎える。タイトエンド(TE)トッド・ヒープ、RBジャマール・ルイス、LBレイ・ルイスは、それぞれのポジションでNFL屈指の選手であることは間違いない。
 ベンガルズの新HC、マーヴィン・ルイスは、シンシナティで人気の高い人物。ピッツバーグ近郊出身で、過去にスティーラーズとレイヴンズでアシスタントコーチを務めた経験を持つルイスは、AFCノースを熟知しており、選手にエネルギーを与える。
 AFCイーストでは、ハーマン・エドワーズがニューヨーク・ジェッツ史上初めて、就任初年度から2年連続でチームをプレーオフに導いたHCとなった。ジェッツがAFCディヴィジョナルプレーオフ以降のラウンドに進むためには、QBチャド・ペニントンがオフェンスのコントロールを冷静に行わなければならない。
 ジェッツは、2003年NFLドラフトでDTディウェイン・ロバートソンを選択。プロボウル選出のDEジョン・エイブラハムは、インテリアでのルーキーの存在に期待をする。
 「ジョン・エイブラハムには、”ジョン・ステイ・アウトサイド(内側に入らなくていい)“という新しい名前が付いた」とエドワーズ。「とにかく、外側を守ってくれれば、それでいい」。
 昨シーズン、ペイトリオッツからは6人がプロボウルに選ばれたが、今年は更にLBルーズヴェルト・コルヴィン(シカゴ)とSロドニー・ハリソン(サンディエゴ)を加え、スーパーボウル争いに再び加わってくるはず。
 マイアミはプロボウルに7人を送りながらも、6年ぶりにプレーオフ進出を逃した。2002年シーズンでは、最終日まで少なくともディヴィジョン首位タイを守った。新たに加わったリッキー・ウィリアムズ(1、853)が、ドルフィンズ史上初のNFLラッシングタイトルを手にし、DEジェイソン・テイラーは、チーム史上初めてサック数(18・5)でNFLトップで終えた。
 バッファローでは、ドゥルー・ブレッドソー時代が、華やかに幕を開けた。ブレッドソーはパスヤード(4、359)、パス成功数(375)など、10部門でチーム記録を塗り替えた。ディフェンスの補強は、Tサム・アダムズ(オークランド)、LBジェフ・ポウジー(ヒューストン)、タキーオ・スパイクス(シンシナティ)。

ヒューストンでもこのシーンを再現したいジョン・グルーデン率いるバッカニアーズ
Paul Spinelli/NFLP
 タンパベイ・バッカニアーズと彼らの忠実なファンにとって、スーパーボウルXXXVIIでオークランド・レイダーズを48―21で下し、チーム初のチャンピオンシップを手にした2002年シーズンは、忘れ得ないシーズンとなった。
 しかし、バッカニアーズは、これで満足してはいない。
 「最後の試合はとても良いプレーが出来て、幸運にもスーパーボウルXXXVIIでの勝利を長く楽しむことができた」と語るのは、タンパベイHCジョン・グルーデン。「しかし、今はまた1勝もしていない状態に戻った。白星なし。ゼロだ。またここから始めていかなければならない」。
 1997―98のデンヴァー・ブロンコズ以来となるスーパーボウル連覇チームを目指すバッカニアーズは、2002年に圧倒的な強さを見せたのとほぼ同じディフェンスメンバーで新たな目標に向かう。
 昨季、タンパベイが許した点はわずか196で、1978年に16試合のスケジュールが導入されてから、5番目に少ない数字で、10点以下に抑えた試合が9度あった。
 「我々は、更に集中力を高め、ワールドチャンピオンになったことで気が散らないようにしなければならない」と2002年AP選出ディフェンシブ・プレーヤー・オブ・ザ・イヤーのLBデリック・ブルックスは語る。「現時点で、我々は新たなページをめくり、前進していると言えるだろう」。
 NFCサウスのライバルに立ち向かうことを今や遅しと待ち構えているのが、アトランタ・ファルコンズだろう。NFLで最もエキサイティングなプレーヤーと言っても過言ではないQBマイケル・ヴィック率いるファルコンズは、昨季9―6―1でフィニッシュし、プレーオフ進出を果たした。
 しかし、ヴィックは怪我で開幕から4試合欠場が見込まれており、今季序盤はヴィックなしでの戦いを強いられる。戦列に復帰したとき、ヴィックには、バッファロー・ビルズから獲得されたレシーバー、ピアレス・プライスという新たなターゲットが待っている。

イーグルズQBドノヴァン・マクナブ
Jim Turner
 「チャンピオンシップ獲得のために、自分の出来ることを全てやりたい」と、2002年に94キャッチ、1、252ヤード、9タッチダウンの成績を残したプライスは語る。
 QBアーロン・ブルックスは、2002年に自己最多の27タッチダウンパスをマークし、セインツの攻撃陣は安定している。ニューオーリンズが期待するのは、ドラフト1巡指名のジョージア大出身ジョナサン・サリヴァンが、ディフェンシブラインを強化してくれること。
カロライナ・パンサーズは、プロボウル2度選出のRBスティーヴン・デイヴィズとQBジェイク・デロウムをオフェンスに迎え入れ、昨年NFCのルーキー中トップの12サックを挙げたDEジュリアス・ペパーズの更なる活躍に期待する。
 QBドノヴァン・マクナブが率いるフィラデルフィア・イーグルズは、今年のシーズンは昨年より1試合長くプレーしたい。イーグルズのシーズンは、新球場リンカン・フィナンシャル・フィールドで幕を開け、9月8日の今季最初のNFLマンデーナイト・フットボールでバッカニアーズを迎える。
 NFCイーストには、馴染みのある顔が戻ってくる。ニューヨーク・ジャイアンツで2度スーパーボウルを制したビル・パーセルズが、カウボーイズを優勝に導くべく、ダラスのHCに就任した。ダラスは2003年のドラフトではディフェンスを強化、1巡でカンザスステイト大のCBテレンス・ニューマンを獲得している。
 ジャイアンツは、元イーグルズとワシントン・レッドスキンズで活躍したブライアン・ミッチェルをFAで獲得し、NFL歴代トップのリターンプレーヤーを手に入れた。
 ジャイアンツのスペシャルチームは、元クリーヴランドのロングスナッパー、ライアン・クールとベテランパンター(P)ジェフ・フィーグルズ、マット・ブライアントと争うキッカー(K)マイク・ホリスとも契約し、充実した。
 レッドスキンズのファンは、今シーズン歴史的瞬間を目撃するかもしれない。DEブルース・スミス(195サック)が、198サックでNFL歴代トップに立つレジー・ホワイトに迫っている。オフェンスでは、QBパトリック・ラムジーが、昨シーズンニューヨーク・ジェッツで89キャッチ、1、264ヤードを挙げたWRラヴェラヌアス・コウルズという新たなターゲットを得た。
 NFCノースでは、9月29日(月)に改修されたソルジャー・フィールドにシカゴ・ベアーズが長年のライバル、グリーンベイ・パッカーズを迎え、プロスポーツ史上最も偉大なライバル関係のひとつである両チームの歴史に、新たな1ページが加えられる。シカゴは、新加入のコーデル・ストゥワートがQBを務める。
 一方のパッカーズは、おなじみブレット・ファーヴが今年もQBを務める。改修されたランボー・フィールドで、2年連続のディヴィジョン優勝を目指すパッカーズを、見慣れた背番号4が引っ張り、自身の記録更新も目指す。
 ミネソタでは、ヴァイキングズが、シーズン最後に3連勝と終盤に得た勢いを保つことを目標にする。

 デトロイトでも、スティーヴ・マリウッチ時代が幕を開け、注目を集める。ミシガン州アイアンマウンテン出身のマリウッチ率いるライオンズを引っ張るQBジョーイ・ハリントンは、ドラフト1巡指名のミシガンステイト大出身のスターWRチャールズ・ロジャーズとホットラインを組む。
 NFCウエストでは、NFLの歴代ラッシングリーダー、エミット・スミスがカーディナルズでのキャリアをスタートさせ、アリゾナの新たな時代が始まろうとしている。スミスは昨季カウボーイズで975ヤードを走り、ウォルター・ペイトンが持っていた歴代ラッシング記録を更新した。スミスは13年間で17、162ヤードを稼いでいる。
 サンフランシスコでは、デニス・エリクソンがフォーティナイナーズのHCとして新たなスタートを切り、チームは3年連続のプレーオフ進出を目指す。目標達成に導くことが期待されるのは、QBジェフ・ガルシアとWRテレール・オーウェンズのオールスターコンビ。
 エリクソンが対戦するディヴィジョンライバルには、1995―98に指揮を執ったシアトル・シーホークスも含まれている。シアトルは、QBマット・ハセルベックが昨季終盤で見せた力を再現してくれることを期待。
 2002年の最後の6週間で、ハセルベックは1試合平均343、7ヤードのパスを投げ、その間のトータルで12タッチダウン、7インターセプトとNFLのトップQBとも言える活躍を見せた。
 セントルイス・ラムズもシアトルの気持ちはよく分かっている。歴史的な高得点を稼ぎ出すラムズだが、2002年シーズンで無念の1年となり、今年はプレーオフに戻ることを期待。ドラフトではペン・ステイト大の秀でたDTジミー・ケネディを獲得し、ディフェンス強化を図った。

タイタンズが芝を寄付
ナッシュヴィルのホワイト・クリーク高校に敷かれるタイタンズの芝
Tennessee Titans
 テネシー・タイタンズのおかげで、NFL仕様の芝でプレーできる。
 タイタンズが先日、ザ・コロシアムの芝をナッシュヴィルのホワイト・クリーク高校に寄付をした。ザ・テネシー・ヴァリー・スポーツ・ターフ・マネージャーズ・アソシエーション(TVSTMA)が、タイタンズの寄付を手伝った。
 タイタンズが芝を寄付する一方で、いずれもTVSTMAのメンバーである地元の企業6社が、グッズやサービスを贈りプロジェクトを完成させた。
 ホワイト・クリーク高校は、メトロポリタン・ナッシュヴィル・スクール・ディストリクトによってタイタンズとTVSTMAとの協議を経て、選ばれた。このプロジェクトを、同校が独自に契約をして遂行した場合、およそ8万5千ドルの費用がかかると推測される。
 「ホワイト・クリークは、私たちの学区の中で最も手助けを必要としていた学校です」と語るのは、メトロ・スクールズの運動部長、スコット・ブルネット。「タイタンズとTVSTMAの寛大さがなければ、明らかにこのプロジェクトは我々の予算だけで実現出来るものではありませんでした」。
 「今回のプロジェクトによって、学校は新たなフットボールフィールドを手に入れただけでなく、地域社会と子供たちが誇りに思い、誇りを持ってプレーできるフィールドを手に入れたのです」とホワイト・クリークのスティーヴ・ヤング校長は語った。「この高校にとっては、夢が現実となったのです」。

K.S.(バド)・アダムズJr.
NFL Photos
 タイタンズは、地元の若いフットボールプレーヤーたちの手助けをすることを、熱望している。
 「今回のプロジェクトでTVSTMAと協力し、ホワイト・クリークだけでなく彼らと対戦する全ての学校が、新しい芝の上でプレーできるようになったことを、嬉しく思っています」とタイタンズの創始者で現在もオーナーを務めるK・S・(バド)・アダムズJr.は語った。「全てのレベルのフットボールプログラムをアシストし続けるのが、タイタンズの目標です。我々のパートナーであるTVSTMAが、このプログラムを実現するために力を貸してくださったことに、感謝を申し上げます」。

年間スケジュール
2003年にNFLで祝福される周年祭
NFL Photos
70周年: NFLチャンピオンを決定するのにディヴィジョナルプレーが取り入れら れた;フォワードパスは、スクリメージラインから後であればどこからで も投げられるようになった;ハッシュマークとゴールライン上のゴール ポストが導入された。
60周年: 選手の自由な入れ替えを採用し、ヘルメット着用が義務付けられた。
55周年: レフェリー以外のオフィシャルがホイッスルを持つようになり、弾力性 のある人工的なティーの使用がキックオフ時に認められる。
ロサンジェルズ・ラムズのHBフレッド・ガークがチームのヘルメットに 雄羊の角を描き、プロフットボール界での初のヘルメットマークとなった。
40周年: ニューヨーク・タイタンズがチーム名をジェッツに改名。
プロフットボール殿堂がオハイオ州キャントンに設立される。
ガーク(上)がヘルメットに角を描き、ネイマス(下)が予告を実現
Darryl Norenberg
35周年: 1968年シーズン後、スーパーボウルで、ニューヨーク・ジェッツがボルティ モア・コルツを16−7で下してAFLチーム初のスーパーボウル制覇を成 し遂げる。
30周年: 教育・慈善活動の支援とプロフットボールに関わった中で自己支援が不 可能な人々に対する経済的援助を施す非営利団体、NFL基金が設立さ れる。
バッファロー・ビルズのRB、O.J.シンプソンが、史上初のシーズンラッ シング2,000ヤード突破を達成。2,003ヤードをマーク。
25周年: 7番目のオフィシャル、サイドジャッジが審判団に加えられる。
NFLが始めてメキシコシティで試合を行い、プリシーズンゲームでニュー オーリンズ・セインツがフィラデルフィア・イーグルズを14−7で下す。
10周年: オールスターゲームの選出方法に、ファン、コーチ、選手の投票を取り 入れた唯一のプロスポーツリーグとなる。
カロライナ・パンサーズとジャクソンヴィル・ジャガーズがフランチャイ ズを与えられる。

(c)2002, NFL JAPAN 不許複製および転載を禁じます。
(c)2002, NFL Enterprises, L.P. NFL and the NFL shield design are registered trademarks of the National Football League. The team names, logos and uniform designs are registered trademarks of the teams indicated. No portion of this site may be reproduced without the express written permission of NFL Enterprises and Starwave Corporation. NFL Enterprises and Starwave take no responsibility for third-party material appearing in any bulletin board or chat sections of this site. All rights reserved.

→戻る