Tue, 01/06/2004 1:56 pm UPDATE
2004シーズン NFLとは NFLヨーロッパ NFLイベント NFLフラッグフットボール サイトマップ
NFLビギナー NFLマニア NFLエンタメ コミュニティレポート NFL JAPAN チアリーダー
   NFL JAPAN top page>NFLマニア>シーズン関連トピックス
NFLマニア
シーズン関連トピックス
チーム関連トピックス
今週のプレイヤー、コーチトピックス
フランチャイズ物語
NFL戦略アナライシス
ビジネストピックス
コラム
NFL Report Japan

シーズン関連トピックス

前半戦を終えての各賞!
 
Byパット・カーワン
(パット・カーワンはジェッツやバッカニアーズでアシスタントコーチやチームの選手人事担当、スカウトなどを務めた。また、選手との契約、トレード交渉、サラリーキャップの分析なども行っていた。)

最優秀選手:ブレット・ファーヴ(パッカーズ)
パッカーズがファーヴに頼っているほど、1人の選手の活躍にチームが左右されるチームはない。彼の1,706ヤードのパスと14TD、3INTからも見て取れる。毎年、新たなスター選手が生まれ、この選手こそがNFLで1番だと思わせることがあるが、ファーヴを超える選手は現れていない。

オフェンス最優秀選手:ドリュー・ブレッドソー(ビルズ)
ブレッドソーはバッファローで生まれ変わった。そしてチームも、ジム・ケリーらがいた頃の黄金時代に近づきつつある。ブレッドソーはNFLのパス部門をリードし、ドルフィンズ戦での23対10の勝利でこの賞はブレッドソーのものであると確信した。このままのペースで行くと5,000ヤードで32TDという、自己ベストを達成することになる。

ディフェンス最優秀選手:デリック・ブルックス(バッカニアーズ)
8サックをしているチームメイトのウォーレン・サップと判断に迷ったが、ブルックスは得点を上げているので選んだ。バッカニアーズはNFL1位のディフェンスであり、8試合で85得点を記録している。バッカニアーズはディフェンスで勝っている。オフェンスは得点でリーグ15位。ブルックスは4TDしており、36タックル、4インターセプト、1サックの成績。

オフェンス最優秀ルーキー:デイヴィッド・カー(テキサンズ)
テキサンズはオフェンス・ラインが安定していない。カーは7試合で44回のサックを受けた。しかし、彼はチームを2度の勝利に導いた。今後リーグを代表するQBに成長していくことを予想させる。

ディフェンス最優秀ルーキー:ジュリアス・ペッパーズ(パンサーズ)
ペッパーズは8試合で9サックを記録し、NFLリーダーである。また、3回のファンブルを誘発、1インターセプト、20タックルの成績。シーズン終了後にはNFLのディフェンス部門でのMVPも夢ではない。

最優秀チーム・フロント:
ビルズのトム・ドナホーとチャージャーズのジョン・バトラーの2人。ドナホーは非常に計画的にサラリーキャップの泥沼から抜け、ブレッドソーを好条件のトレードで獲得した。さらにブレッドソーを取り巻くプレーヤーにも、若くていい選手が育ってきている。バトラーがドラフトで2年前に選択した、ドリュー・ブリーズとラデイニアン・トムリンソン、そして今年招聘したヘッドコーチ マーティ・ショッテンハイマーらの活躍で、昨シーズン最下位だったチャージャーズがここまで首位にたっている。

最優秀ヘッドコーチ:
ドルフィンズのデイヴ・ウォンステッド、セインツのジム・ハズレット、イーグルス アンディ・リード、パッカーズ マイク・シャーマン、さらにチャージャーズ マーティ・ショッテンハイマーと難しいところだが、私は現時点ではショッテンハイマーを選ぶ。彼は経験のないQBで戦い、ディフェンスの要であるジュニア・セアウをケガで欠き、昨シーズン後にはレッドスキンズ・オーナー ダニエル・スナイダーに解雇されるという逆境の中、昨シーズン5勝11敗で終わったチームをここまでNFL1位タイの6勝1敗に導いている。

最優秀ディフェンシヴ・コーディネーター:モンテ・キフィン(バッカニアーズ)
キフィンに率いられたバッカニアーズ・ディフェンスはリーグ1位である。恐らく最も素晴らしいのは、アウェイのゲームで相手に42点しか許していないということだろう。その間チームは4勝1敗である。敵地で1試合平均8点しか取られていないというのは、立派な数字である。

最優秀オフェンシヴ・コーディネーター:ケヴィン・ギルブライド(ビルズ)
1年前、私はメディアでの仕事を考えていたケヴィンと、よく時間を共にした。彼はスティーラーズにコーデル・スチュアートを育てきれていないとの理由から解雇された。その前にはチャージャーズで、ライアン・リーフの失敗により解雇された。今シーズン、スチュアートは控えになり、リーフに至ってはフットボールをプレーしていない。ギルブライドはバッファローで新たなチャンスを得た。彼はブレッドソーをよみがえらせ、ビルズは得点でリーグ3位である。

最もエキサイティングな選手:マイケル・ヴィック(ファルコンズ)
ヴィックのプレー・スタイルがフットボールを変えることはない。なぜなら、同じようにプレーできる選手が他にはいないからだ。ヴィックには1,000ヤード・ラッシュを達成しながら2,000ヤード以上のパスを投げる能力がある。ヴィックはまだインターセプトを投げておらず、どのチームにもヴィックをスパイして、ポケットの中から出さないようにできる選手はいない。

最優秀トレード:
ビルズのブレッドソーかドルフィンズのリッキー・ウィリアムスかお好きな方を。
最も優れたコーチの決定:スティーラーズ ビル・カウワーのコーデル・スチュアートに代えてトミー・マドックスを投入した決断。マドックスがフィールド場に現れて以来、全てがスティーラーズにとっていい方向に進んだ。ジョン・フオックスがクリス・ウィンキに代えてロドニー・ピートを先発させたのが僅差での2位。

最も優れたオフシーズンの選択:
セインツ・フロントとヘッドコーチ ジム・ハズレットのリッキー・ウィリアムスとウィリー・ローフをトレードし、ジョー・ジョンソンとラロイ・グローヴァーと再契約しなかった決断。セインツはNFC南地区1位タイで、プレーオフ進出に向けていい位置を保っている。

最優秀フリーエージェント:モーテン・アンダーセン(チーフス)
チーフスは42歳のアンダーセンと低い年棒で契約したが、現在、アンダーセンは79点でNFL得点王。19回中17回のFGを成功させ、28回全てのエクストラ・ポイントを決めている。アンダーセンのシーズンでの自己ベストは1995年の122得点だが、このペースで行くと今シーズンが21年のキャリアでベストとなる可能性が高い。

最優秀ユーティリティー選手:マイケル・ルイス(セインツ)
セインツはルイスが29歳にして初めてNFL入りを果たした2年前、まだ磨かれていない宝石を見つけた。2001年、ルイスはリターン選手として46回ボールに触り843ヤード獲得した。そして8試合が終わった今シーズン、すでに65回ボールに触れ1,464ヤード獲得している。

復活賞:
毎年、シーズンが始まる前にはその年解雇されそうなヘッドコーチの名前が挙がり、その中から少なくとも1人は好成績を収める。ラムズがスーパーボウルを制覇した年のディック・ヴァミールがそうだった。今シーズンは、現在勝ち越しているファルコンズ ダン・リーヴスがその候補。

チームにとっての最悪のケガ:
オフェンス、ディフェンスどちらでも、1人のケガがそのチームのシーズンをがらりと変えてしまうことがある。今シーズンは、ブラウンズLBジャミア・ミラーに起きたケガがブラウンズのシーズンを180度変えた。ラムズQBカート・ワーナーのケガもその1つだ。

2004シーズン展望:NFC西地区
2004シーズン展望:NFC北地区
2004シーズン展望:NFC南地区
2004シーズン展望:NFC東地区
2004シーズン展望:AFC北地区
2004シーズン展望:AFC南地区
2004シーズン展望:AFC西地区
2004シーズン展望:AFC東地区
デプスの戦い
新スターターたちよ、準備はいいか?
2004NFLドラフトの行方
2004ドラフト注目選手
ドラフトにまつわるトリビア
2004NFLドラフト概要
NFLフリーエージェントFAQ
NFLスカウティング・コンバイン総括
フランチャイズ・タグを読む
2004ドラフト指名順位
NFLスカウティング・コンバイン前のドラフト候補選手ランキング
2004 NFLカレンダー
ブレイディ、頂点に立つ!
究極のCBを目指すロー
勝負はQBが決める
ミルズ、フィールズに捧げる勝利
ベリチック、名将パーセルズの影から名将へ
第38回スーパーボウルのキーポイント
デーヴィス、パンサーズを救う
ペイトリオッツ・ディフェンスバック陣の新たな挑戦
進化するパンサーズ・ディフェンスライン
マーヴ・レヴィ: スーパーボウル・ウィークの裏側
ブレイディ、影のNFLナンバーワンQB
フォックス、パンサーズをタフなチームに変える
強い2チームがスーパーボウルへ
スーパーボウルにまつわるトリビア
マニング、すべての雑音をかき消す
デローム、カロライナで輝く!
答えは未だ闇の中
AP通信NFLオールプロ発表
マニング、マクネア、MVP同時受賞
ベリチック、AP通信コーチ・オブ・ザ・イヤーに選ばれる
AP通信オフェンス部門プレーヤー・オブ・ザ・イヤーはジャマール・ルイス
レイ・ルイス、AP通信ディフェンス部門プレーヤー・オブ・ザ・イヤーに輝く
ボルディン、満票でAP通信オフェンス部門ルーキー・オブ・ザ・イヤーに
サッグス、AP通信ディフェンス部門のルーキー・オブ・ザ・イヤーに
キトナ、AP通信カムバック・プレーヤー・オブ・ザ・イヤーに輝く
マニング、ヴァミール、マクスウェル賞受賞
NFL2003シーズン プロボウル選出選手発表!
2004プロボウル、ウェブ上での投票スタート!
2003シーズン・プレビュー
河口正史選手、トレーニングキャンプ情報
6月1日のカットに向けての準備
2003NFLドラフト概要
ドラフト候補選手トップ15人 Byジル・ブランド
コンバイン前のポジション別ランキング Byジル・ブランド
2003NFLドラフト、ベンガルズが全体1位指名!
2003年レギュラーシーズン対戦相手
前半戦を終えての各賞
ブランドが選ぶオール2002チーム(第7週終了時点までの)
NFL2002シーズン、いよいよ開幕!
2002年NFLサマーキャンプ日程
ミニキャンプダイジェスト
NFL、2002年度のルール変更を発表
NFL2002年の各チーム、対戦相手決定
NFL第17週のキックオフ時間を発表&NFL第7週のスケジュール変更を発表
NFLレギュラーシーズン16試合制を維持
NFL、第2週の見送りを決定

▲戻る