Wed, 01/07/2004 7:18 pm UPDATE
2004シーズン NFLとは NFLヨーロッパ NFLイベント NFLフラッグフットボール サイトマップ
NFLビギナー NFLマニア NFLエンタメ コミュニティレポート NFL JAPAN チアリーダー
   NFL JAPAN top page>NFLマニア>シーズン関連トピックス
NFLマニア
シーズン関連トピックス
チーム関連トピックス
今週のプレイヤー、コーチトピックス
フランチャイズ物語
NFL戦略アナライシス
ビジネストピックス
コラム
NFL Report Japan

シーズン関連トピックス

AP通信NFLオールプロ発表
 
キャリア初めてオールプロに選ばれたコルツQBペイトン・マニング
 今シーズンのリーグMVP同時受賞を果たしたペイトン・マニングが、タイタンズのスティーヴ・マクネアを抑え、AP通信のオールプロにQBとして初めて選出された。
 マニングの他には、AP通信のディフェンス部門プレーヤー・オブ・ザ・イヤーを受賞したレイヴンズLBレイ・ルイスが、NFLをカバーする50人のライターやブロードキャスターによる投票で最高得票となる49票を獲得し選出された。オフェンス部門のプレーヤー・オブ・ザ・イヤーを受賞したレイヴンズRBジャマール・ルイスは、2位の46票を獲得して選出された。
 チーフスはRBプリースト・ホームズ、TEトニー・ゴンザレス、Gウィル・シールズ、Tウィリアム・ローフ、KRダンテ・ホールと、リーグ1位の5人のオールプロを輩出した。
 レイヴンズは2人のルイスの他にも、Tジョナサン・オグデン、CBクリス・マカリスターと、4人のオールプロで2位となった。
 マニングは28.5票を獲得、マクネアの16.5票に今回は差をつけた。
 27人のオールプロ選手は15チームから選ばれ、AFCから18人、NFCから9人が選出された。

オールプロ選出選手リスト
 
オフェンス(12):
WR(2) トリー・ホルト セントルイス・ラムズ
ランディ・モス ミネソタ・ヴァイキングズ
T(3) ジョナサン・オグデン ボルティモア・レイヴンズ
ウィリー・ローフ カンザスシティ・チーフス
オルランド・ペイス セントルイス・ラムズ
G(2) スティーヴ・ハッチンソン
シアトル・シーホークス
ウィル・シールズ カンザスシティ・チーフス
C(1) トム・ネイレン デンヴァー・ブロンコズ
TE(1) トニー・ゴンザレス カンザスシティ・チーフス
QB(1) ペイトン・マニング インディアナポリス・コルツ
RB(2) ジャマール・ルイス ボルティモア・レイヴンズ
プリースト・ホームズ カンザスシティ・チーフス
 
ディフェンス (12):
DE(2) マイケル・ストレイハン ニューヨーク・ジャイアンツ
レオナルド・リトル セントルイス・ラムズ
DT(2) リチャード・シーモア ニューイングランド・ペイトリオッツ
クリス・ジェンキンス カロライナ・パンサーズ
LB(4) キース・ブラック
テネシー・タイタンズ
ジュリアン・ピーターソン サンフランシスコ・49ers
ザック・トーマス マイアミ・ドルフィンズ
レイ・ルイス ボルティモア・レイヴンズ
CB(2) タイ・ロー ニューイングランド・ペイトリオッツ
クリス・マカリスター ボルティモア・レイヴンズ
S(2) ロイ・ウィリアムス ダラス・カウボーイズ
ロドニー・ハリソン ニューイングランド・ペイトリオッツ
 
スペシャル・チーム(3):
P シェーン・レックラー オークランド・レイダース
PK マイク・ヴァンダージャクト インディアナポリス・コルツ
KR ダンテ・ホール カンザスシティ・チーフス

マニング、マクネア、MVP同時受賞
 
今シーズンのMVPに選出されたタイタンズQBスティーヴ・マクネア
今シーズンのNFL MVPに選出されたコルツQBペイトン・マニング
 コルツQBペイトン・マニングとタイタンズQBスティーヴ・マクネアが、AP通信のNFL MVPに選出された。
 2人の選手がMVPを同時受賞するのは、1957年にこの賞が制定されてから3度目となった。両選手はNFLをカバーする50人のライターやブロードキャスターによる投票で、それぞれ16票を獲得した。
 マニングは「これは素晴らしい栄誉だ。過去の受賞選手を見ても、それらの選手と同じリストに載ることができるだけで光栄に思う。これも全てチームメイトやコーチたちのおかげだ」と、喜びを表した。
 マクネアは、「ペイトンのような偉大なQBと同時にMVPを受賞できる喜びは、言葉では言い表せない。人々からNFLのトップQBの1人として、またMVP同時受賞者として見られることは非常にうれしい」と話した。
 投票では、ペイトリオッツQBトム・ブレイディが8票で3位、AP通信のオフェンス部門プレーヤー・オブ・ザ・イヤーに輝いたレイヴンズRBジャマール・ルイスが5票で4位、チーフスRBプリースト・ホームズが3票で5位、AP通信ディフェンス部門プレーヤー・オブ・ザ・イヤーに選ばれたレイヴンズLBレイ・ルイスが2票で6位だった。
 9年目のマクネアは今シーズン、負傷に悩まされながらも100.4のパサーレーティングで、マニングの99.0を抑えリーグ1位に輝いた。そして持ち前のリーダーシップとタフさでタイタンズを、AFC南地区2位の12勝4敗の成績でワイルドカード1位でのプレーオフ進出に導いた。
 6年目のマニングは今シーズン、4,267ヤードの獲得でNFLをリード、29TDパスではAFC1位となった。マニングに率いられたコルツは、12勝4敗で1999シーズン以来の地区優勝でAFC南地区を制した。
 過去に2人の選手が同時にMVPを受賞したのは、1997シーズンのブレット・ファーヴとバリー・サンダース、1960シーズンのノーム・ヴァン=ブロックリン、ジョー・シュミッドの2組。
<コルツ、タイタンズ>

ベリチック、AP通信コーチ・オブ・ザ・イヤーに選ばれる
 
負傷者が続出する中、ペイトリオッツをNFL1位の12勝4敗に導いたビル・ベリチック
 ペイトリオッツのヘッドコーチ、ビル・ベリチックがAP通信コーチ・オブ・ザ・イヤーに選出された。
 数多くのヘッドコーチがチームの再建に成功した今シーズンだったが、その中でも故障者が続出しながらも、ペイトリオッツをNFL1位の14勝2敗に導いたベリチックの手腕は際立った。ペイトリオッツはチーム新記録の12連勝でシーズンを終え、シーズン14勝もチーム新記録となった。
 ペイトリオッツは今シーズン、負傷の影響により42人の選手を先発させ、それら42人の選手合わせてのべ103試合に欠場した。また、開幕戦でスターターを務めた5選手が故障者リスト入りするなど、ベリチックは周到な試合へのゲームプランと、試合中のアジャストによりこれらを補った。
 ベリチックはNFLをカバーする50人のライターやブロードキャスターによる投票で35.5票を獲得、2位のベンガルズ マーヴィン・ルイスの7票、カウボーイズ ビル・パーセルズの6.5票に大差をつけた。
<ペイトリオッツ>

AP通信オフェンス部門プレーヤー・オブ・ザ・イヤーはジャマール・ルイス
 
今シーズン、史上2位となる2,066ヤードのラッシュを記録したレイヴンズRBジャマール・ルイス
 レイヴンズRBジャマール・ルイスは、今シーズンのAP通信によるオフェンス部門のプレーヤー・オブ・ザ・イヤーに選出された。
 ルイスは今シーズン、NFL史上2位となる2,066ヤードのラッシュを記録、1984年にエリック・ディッカーソンが作ったNFL史上1位の2,105ヤードにあと39ヤードまで迫った。1シーズンで2,000ヤードを超えたのは、史上5人目となった。
 ルイスはNFLをカバーする50人のライターやブロードキャスターによる投票で、29票を獲得した。2位のチャージャーズRBラデイニアン・トムリンソンは8票だった。
 ルイスは「素晴らしい栄誉だ。オフシーズンに努力した成果が出た。(今シーズンは)自分がこのリーグでも、トップクラスのRBであることが証明できたと思う」と、受賞の喜びを表した。
 ルイスは第2週のブラウンズ戦で295ヤード走り、1試合でのランによる獲得距離リーグ新記録を樹立するなど、ディッカーソン同様、今シーズンは12試合で100ヤードラッシュを記録した。
 ルイスとトムリンソンの他は、コルツQBペイトン・マニングが6票、チーフスRBプリースト・ホームズが3票、タイタンズQBスティーヴ・マクネアが2票、セインツRBデュース・マカリスター、ラムズWRトリー・ホルトがそれぞれ1票獲得した。
<レイヴンズ>

レイ・ルイス、AP通信ディフェンス部門プレーヤー・オブ・ザ・イヤーに輝く
 
キャリア2度目のディフェンス部門のプレーヤー・オブ・ザ・イヤーに輝いたレイヴンズLBレイ・ルイス
 レイヴンズLBレイ・ルイスが、2000シーズンに続きキャリア2度目のAP通信ディフェンス部門プレーヤー・オブ・ザ・イヤーに選ばれた。
 ルイスはNFLをカバーする50人のライターやブロードキャスターによる投票で実に43票を獲得、2位のカウボーイズSロイ・ウィリアムスとペイトリオッツDEリチャード・シーモアの2票に大差をつけた。
 「取り戻したよ。去年はデリック・ブルックスに取られたからね。ずっと言い続けてきたことだが、オレがフィールド上に出れば、誰よりも完璧なディフェンス選手であることには疑いがない。それは、自分が努力してきた結果だ」と、コメントした。
 ルイスに率いられたレイヴンズ・ディフェンスはリーグ3位にランクされ、チーム史上初の地区優勝の原動力となった。レイヴンズのディフェンスは、スーパーボウルを制覇した2000シーズン以降、建てなおしを余儀なくされたが、ルイスはその中心であり続けている。
 ルイスの価値は記録ではもちろんだが、チームメイトやコーチまでもを奮い立たせるリーダーシップにある。「彼の情熱にはいつも驚かされる。特に、練習に対する彼の態度はもの凄い。来る日も来る日も、同じテンポ、同じ気持ちを持ち続けている。それには本当に驚かされるよ」と、レイヴンズ・ヘッドコーチ ブライアン・ビリックはルイスを評す。
<レイヴンズ>

ボルディン、満票でAP通信オフェンス部門ルーキー・オブ・ザ・イヤーに
 
WRとして史上最高のルーキーシーズンとなったカーディナルズWRアンクァン・ボルディン
 カーディナルズにドラフト2巡目、全体54番目に指名された、フロリダ州立大出身のWRアンクゥアン・ボルディンがAP通信オフェンス部門のルーキー・オブ・ザ・イヤーに選出された。
 ボルディンはNFLをカバーする50人のライターやブロードキャスターによる投票で、満票の50票を獲得した。
 ボルディンの前には5人のWRが指名を受け、カーディナルズはボルディンの前にペン州立大のブライアント・ジョンソンを指名していたが、ボルディンはWRとして史上最高のシーズン過ごし、ルーキーとして唯一プロボウルにも選出された。
 ボルディンはライオンズとの開幕戦で、10回のレシーヴで217ヤード、2TDを記録、ルーキーWRとしては史上最高のデビュー戦となった。そのまま安定した活躍を続け、NFL3位の101回のレシーヴでチーム記録に並び、1996シーズンに当時ペイトリオッツのテリー・グレンが作ったルーキー記録(90)を抜いた。1,377ヤードの獲得は、ここ43年でルーキーとしては最多の記録。
カーディナルズ

サッグス、AP通信ディフェンス部門のルーキー・オブ・ザ・イヤーに
 
レイヴンズLBテレル・サッグス
 今シーズンの最終戦まで先発出場をしなかったにも関わらず、レイヴンズLBテレル・サッグスはAP通信のディフェンス部門のプレーヤー・オブ・ザ・イヤーに輝いた。
 ボルディンはNFLをカバーする50人のライターやブロードキャスターによる投票で、23票を獲得した。2位のカウボーイズCBテレンス・ニューマンは15票を獲得した。
 サッグスはレイ・ルイス、ピーター・ボールウェアらの揃うレイヴンズLB陣の中で、パス・ラッシュのスペシャリストとしてNFL7位タイの12サックを記録した。
 レイヴンズのドラフト1位、全体10番目の指名を受けたサッグスは、アリゾナ州立大の2002年に24サックでディヴィジョン1-A記録を樹立した。
 サッグスとニューマン以外では、パッカーズLBニック・バーネットが6票、ヴァイキングズDTケヴィン・ウィリアムスが3票、ベアーズCBチャールズ・ティルマンが2票、ペイトリオッツSユージーン・ウィルソンが1票を獲得した。
<レイヴンズ>

キトナ、AP通信カムバック・プレーヤー・オブ・ザ・イヤーに輝く
 
ベンガルズQBジョン・キトナ
 ベンガルズをカムバックに導いたQBジョン・キトナが、自身もAP通信カムバック・プレーヤー・オブ・ザ・イヤーに選ばれた。
 7年目のキトナは、ベンガルズでの3シーズン目となった今シーズン、プロとして最高の成績を残した。今シーズンは開幕からスターターとなったキトナは、それまでの2シーズンで8勝24敗だったチームを8勝8敗に導いた。
 ベンガルズはシーズン序盤1勝4敗と不振だったが、その後の7戦で6勝するなど最後までレイヴンズとAFC北地区の優勝を争った。キトナは今シーズン、NFLで唯一全てのスナップを受け、26TDパスはコルツQBペイトン・マニングに次ぐAFC2位にランクされる。
 セントラル・ワシントン大出身の、キトナのここまでの道のりは険しいものだった。1996年にドラフト外でシーホークスに入るが芽が出ず、1997年にワールド・リーグ(現NFLEL)に渡りMVPを獲得するも、その後のシーホークスでの4シーズンを終えると契約を更新されなかった。
 キトナはNFLをカバーする50人のライターやブロードキャスターによる投票で8票を獲得、カウボーイズQBクィンシー・カーターの7票、レイヴンズTオルランド・ブラウンの6票、パンサーズRBスティーヴン・デーヴィスとチーフスSジェローム・ウッズの5票を上回った。
<ベンガルズ>

マニング、ヴァミール、マクスウェル賞受賞
 
 AP通信NFL MVPを、タイタンズQBスティーヴ・マクネアとともに受賞したコルツQBペイトン・マニングは、293の1位票を得てマクスウェル賞のプレーヤー・オブ・ザ・イヤーに輝いた。
 テネシー大に在籍していた1997年にも、大学選手のプレーヤー・オブ・ザ・イヤーに輝いたマニングは、187の2位票、89の3位票も獲得した。レイヴンズRBジャマール・ルイスは2位、マクネアは3位の得票だった。
 同賞のコーチ・オブ・ザ・イヤーは、769票中192票を獲得したチーフス ディック・ヴァミールが選ばれた。
 同賞は、NFLオーナー、選手人事担当、ヘッドコーチ、オフェンス/ディフェンス・コーディネーター、プロフットボール・ライターズ・オブ・アメリカ、マクスウェル・フットボール・クラブの会員からの投票により選出される。
<コルツ、チーフス>

2004シーズン展望:NFC西地区
2004シーズン展望:NFC北地区
2004シーズン展望:NFC南地区
2004シーズン展望:NFC東地区
2004シーズン展望:AFC北地区
2004シーズン展望:AFC南地区
2004シーズン展望:AFC西地区
2004シーズン展望:AFC東地区
デプスの戦い
新スターターたちよ、準備はいいか?
2004NFLドラフトの行方
2004ドラフト注目選手
ドラフトにまつわるトリビア
2004NFLドラフト概要
NFLフリーエージェントFAQ
NFLスカウティング・コンバイン総括
フランチャイズ・タグを読む
2004ドラフト指名順位
NFLスカウティング・コンバイン前のドラフト候補選手ランキング
2004 NFLカレンダー
ブレイディ、頂点に立つ!
究極のCBを目指すロー
勝負はQBが決める
ミルズ、フィールズに捧げる勝利
ベリチック、名将パーセルズの影から名将へ
第38回スーパーボウルのキーポイント
デーヴィス、パンサーズを救う
ペイトリオッツ・ディフェンスバック陣の新たな挑戦
進化するパンサーズ・ディフェンスライン
マーヴ・レヴィ: スーパーボウル・ウィークの裏側
ブレイディ、影のNFLナンバーワンQB
フォックス、パンサーズをタフなチームに変える
強い2チームがスーパーボウルへ
スーパーボウルにまつわるトリビア
マニング、すべての雑音をかき消す
デローム、カロライナで輝く!
答えは未だ闇の中
AP通信NFLオールプロ発表
マニング、マクネア、MVP同時受賞
ベリチック、AP通信コーチ・オブ・ザ・イヤーに選ばれる
AP通信オフェンス部門プレーヤー・オブ・ザ・イヤーはジャマール・ルイス
レイ・ルイス、AP通信ディフェンス部門プレーヤー・オブ・ザ・イヤーに輝く
ボルディン、満票でAP通信オフェンス部門ルーキー・オブ・ザ・イヤーに
サッグス、AP通信ディフェンス部門のルーキー・オブ・ザ・イヤーに
キトナ、AP通信カムバック・プレーヤー・オブ・ザ・イヤーに輝く
マニング、ヴァミール、マクスウェル賞受賞
NFL2003シーズン プロボウル選出選手発表!
2004プロボウル、ウェブ上での投票スタート!
2003シーズン・プレビュー
河口正史選手、トレーニングキャンプ情報
6月1日のカットに向けての準備
2003NFLドラフト概要
ドラフト候補選手トップ15人 Byジル・ブランド
コンバイン前のポジション別ランキング Byジル・ブランド
2003NFLドラフト、ベンガルズが全体1位指名!
2003年レギュラーシーズン対戦相手
前半戦を終えての各賞
ブランドが選ぶオール2002チーム(第7週終了時点までの)
NFL2002シーズン、いよいよ開幕!
2002年NFLサマーキャンプ日程
ミニキャンプダイジェスト
NFL、2002年度のルール変更を発表
NFL2002年の各チーム、対戦相手決定
NFL第17週のキックオフ時間を発表&NFL第7週のスケジュール変更を発表
NFLレギュラーシーズン16試合制を維持
NFL、第2週の見送りを決定

▲戻る