Wed, 01/14/2004 7:06 pm UPDATE
2004シーズン NFLとは NFLヨーロッパ NFLイベント NFLフラッグフットボール サイトマップ
NFLビギナー NFLマニア NFLエンタメ コミュニティレポート NFL JAPAN チアリーダー
   NFL JAPAN top page>NFLマニア>シーズン関連トピックス
NFLマニア
シーズン関連トピックス
チーム関連トピックス
今週のプレイヤー、コーチトピックス
フランチャイズ物語
NFL戦略アナライシス
ビジネストピックス
コラム
NFL Report Japan

シーズン関連トピックス

デローム、カロライナで輝く!
 
パンサーズの快進撃を支えるQBジェイク・デローム
 1月11日の夜遅く、部屋を埋め尽くしたリポーターたちは、そのしばらく前にフィールド上で今シーズン数度目となる奇跡を起こした、パンサーズQBジェイク・デロームの話を聞こうと待ち構えていた。
 しかしデロームには、その前にやらなければならないことがあった。デロームはエドワード・ジョーンズ・ドームの通路で、かつてNFLELアムステルダム・アドミラルズでともにプレーしたラムズQBカート・ワーナーにばったり会った。ワーナーはまだ赤ん坊の息子を手に抱いており、息子は父のチームが負けたせいかあまり機嫌がよくない様子だった。デロームはその子に顔を近づけおかしな顔をしたり、指でくすぐったりすると、その子はおとなしくなった。
ワーナーの子も、デロームのマジックにかかったのだ。
「この子、おれに微笑んだよ!」、デロームは得意げに言うと、ようやくインタビュー室に連れて行かれた。
 それまで比較的無名だったQBは、パンサーズをNFCチャンピオンシップへと導いた。デロームのキャリアの始まりを考えれば、全く予想できなかった展開である。
ワーナー同様、デロームもキャリアの序盤を海外か、サイドラインでボードを持ちながら過ごしていた。セインツでの6年で、ルイジアナ=ラファイエット大からドラフト外でチームに入ったデロームは、86回のパスを投げた。NFLELにも2シーズン参加したが、そこでもあまり出場機会には恵まれなかった。
 しかし、パンサーズはデロームについて、いろいろな人に話を聞きながら調査を進めるうち、彼こそがチームに相応しいと確信した。
 「調査をしていくうちに、彼の数字に表れないポテンシャルやリーダーシップに関して、すばらしいことしか聞かなかった。チームに合流してからも、日に日によくなっていくように感じたよ。そして、試合が大きくなればなるほど、彼もそれに応えてくれる。それがQBに求められることであり、まだこれで終わらないことを願うよ」と、パンサーズ・ヘッドコーチ ジョン・フォックスはチームの司令塔を評する。

ワイルドカード・プレーオフでのカウボーイズ戦29対10での勝利を祝福するパンサーズ
 デロームは開幕時にはスターターではなかったが、すぐにチャンスをつかむとそれをものにした。ジャガーズとの開幕戦で前半を終えて14対0とリードされると、デロームは先発のロドニー・ピートに代わり出場、そこから“デローム・ストーリー”が始まった。その試合で、チーム史上最大の逆転劇を成功させると、シーズンを通して同じような活躍を続けた。
ディヴィジョナル・プレーオフでのラムズ戦勝利は、今シーズン8度目となる最後の攻撃での勝利だった。また、パンサーズはレギュラーシーズン中、7試合での3点差以内での勝利によりリーグ記録に並ぶなど、“劇的勝利”がチームの代名詞となった。
 フォックスは、ジャガーズ戦の時点でその先のデロームの活躍を予測できたかと聞かれると、笑った。「私が誉められるべきだよ。あの時は、勝つために必要なことをしただけだ」と、9月7日の逆転劇について語った。「ジェイクが入って、週を追うごとにチームがよくなって行った。でも、このことを初めから予想していたと言うと、うそになるね」。
 デローム自身も、この快進撃には驚いている様子だ。そして、最初の試合以来、チームに自分がどんなに不利な状況からでも、チームを救い出せると信じ込ませようとしていると語る。
「開幕戦では、どんなプレーでも成功させてくれるチームメイトがいることが幸運だった。その試合の勝ち方がその後の好調をスタートさせ、さらに同じような試合にもう何試合か勝つことができたんだ。QBとしては、チームメイトの信頼が何よりも大切だよ。おそらくみんな僕を信じてくれていると思うし、僕もチームメイトを信頼している」。
 デロームはレギュラーシーズン中、3,219ヤード、19TD、16INTを投げ、現在残っている4人のQBの中ではコルツのペイトン・マニングに次ぐ成績を残している。パンサーズに来る前、マイク・ディトカ時代のセインツで2度の先発を経験しただけのQBにしては、悪くない数字だ。
ラムズ戦後、フォックスは、「これが初めてじゃないしね。私は我々のオフェンス、ジェイク・デローム、レシーヴァーのことが書かれている記事を見ると、いつも笑ってしまいそうになる。彼らはみんなが思うより、もう少しいい働きをしているよ。特にジェイクは、難しい場面ですごい事をやってのける。バッカニアーズ戦では強力ディフェンスに対し、1分ぐらいでフィールドの端から端までドライヴして逆転したし、NFL1位のカウボーイズ・ディフェンスにも、同じような活躍で勝利に導いた。私は彼が好きだし、他の人間がジェイクを好きでも嫌いでも気にしないよ」と、コメントした。
 アメリカは彼を知り始めているのかもしれないが、カロライナではデロームがすでに共通の言葉になっている。ここまではデローム自身も予測できなかったような、起伏に満ちながらも驚くべき快進撃だった。
 デロームは今シーズン成し遂げたことの重大さを実感しているかと聞かれると、少々考え込み、実感できないと答えた。
 「おそらくその答えは、オフシーズンになって落ち着いて考えられるようになった時に出ると思う。パンサーズと契約したとき、ただプレーする機会だけを求めていた。契約したとき、契約したその日に、自分たちがチャンピオンシップでプレーするなんて考えていたかな?たぶん考えていなかったよ。自分はプレーする機会を求め、それを得て突っ走った感じだよ。でも、さっき答えられなかった質問への答えは、できれば2月になるまで答えられないでいたいね」。

答えは未だ闇の中
(パット・カーワンはジェッツやバッカニアーズでアシスタントコーチやチームの選手人事担当、スカウトなどを務めた。また、選手との契約、トレード交渉、サラリーキャップの分析なども行っていた。)
 
by パット・カーワン
 NFLの勝利の裏側に潜む真理を探求するため、私は毎年、莫大な時間を費やしている。“ディフェンスを制するチームがNFLを制す”、“サードダウン獲得が勝敗の分かれ目”、“ターンオーバー争奪戦が鍵”などなど、語り継がれる格言がどれほど機能しているか、これから私はここで検討していきたい。
 いつものように今シーズン躍進したチームに焦点を当てると、そこにはいくつかの興味深い結果が浮かび上がってくる。しかし一方で、それは詳細な分析よりも恐らくシンプルなものなのだろう。
 レギュラーシーズンに関する限りでは、与えたヤード数でトップ6に入るディフェンスを誇るチームはディヴィジョナル・プレーオフに残った8チームの中に1チームも姿を見せない。この統計は、“ディフェンスを制するチームがNFLを制す”の理論に大きく反する。その上、さらに深くディフェンスについて言及すれば、トップ7に入るサードダウン・ディフェンスを誇ったチームでプレーオフにまで進出したのはわずかに1チームしか存在しない。この数字もまた“サードダウン獲得が勝敗の分かれ目”という格言めいた理論に疑問を投げかける。
 それでは“ランプレーを必ず止めろ“という理論はどうだろう?これを私は間違いなく信じる。だが、トップ10に入るランディフェンスを誇るチームのうち、わずか3チームだけにしかプレーオフ第2ラウンドへの出場権は廻ってこなかった。そればかりではない、“最少失点を誇るチームが最後まで生き残る”という理論もまた、失点でトップ10に入るチームがわずか3つしかベスト8に残らなかった事実によって、簡単に否定された。
 1つだけ結果に裏付けされた理論を挙げるとすれば、それは“ターンオーバーの割合”だろう。その数字のトップ8チームのうち6チームがプレーオフへと駒を進めてきた。チーフス、ペイトリオッツ、タイタンズ、コルツ、ラムズ、そしてイーグルス。この事は、少なくとも“オフェンスのためのボール奪取”という言葉に意味を与えている。

 次にオフェンスについて述べる。
レギュラーシーズンのトップ5RBのうち、唯一ディヴィジョナル・プレーオフに出場したパッカーズ、アーマン・グリーン
 昨年、スーパーボウルに出場したレイダース、バッカニアーズは両チームとも1000ヤード・ラッシャーを擁していなかった。今年ディヴィジョナル・プレーオフに進出した、トップ10に入るRBはたった3人だけ。このデータは“ランプレーで勝負しろ”という教えが大変危険である事を改めて私に教えてくれた。私はランプレーの重要性は信じる。だが、何故トップ15に入るRBのうちの5人しかディヴィジョナル・プレーオフに残らなかったのか?
 1人のGMが、私に言った言葉がある。「現在のNFLにおいては、レシーヴァーとしての高い能力がRBに求められる。」確かにそうだろう。だが、RBでトップ15に入るレシーヴァーとしての成績を残したプレーヤーのうち、ディヴィジョナル・プレーオフのフィールドに立ったのはたった4人だけである。
 それではWRはどうだろう?TDレシーヴでトップ10の成績を誇ったWRは、ディヴィジョナル・プレーオフに残った最終8チームのうち、わずかに2人しかいない。
 知れば知るほど、事は混乱を極めていく。
 それでは、古い決まり文句の中でも多くの人々が口にする“昔とった杵柄”はどうだろう?もしあなたが首を横に振りたいならば、ワイルドカード・プレーオフを彩ったヘッドコーチたちの顔ぶれを見てみるといいかもしれない。すべてのゲームはスーパーボウル優勝経験のあるコーチVS優勝経験のないコーチと特徴づけられていた。マイク・ホルムグレンVSマイク・シャーマン、マイク・シャナハンVSトニー・ダンジー、ブライアン・ビリックVSジェフ・フィッシャー、ビル・パーセルズVSジョン・フォックス。チャンピオン・リングを持つ4人(ホルムグレン、シャナハン、ビリック、パーセルズ)、その全員が試合に敗れた。その古い決まり文句も今は捨てさらねばなるまい。
 先週末、私はどのチームがプレーオフ第1ラウンドで勝利するかウィークリーコラムの中で選ばなければならなかった。ホームチーム?ヴィジターチーム?鉄壁のディフェンスを誇るチーム?爆発的なランニング・ゲームができるチーム?優秀なコーチ陣?それとも過去の歴史?あらゆるシュミレーションの後でも、私は「これだ!」という結論を導き出す決定的な要素を見出す事はできなかった。そこで、NFLについて私がもっとも信じているある1つの事に立ち返った。それは“QBがチームの中心である“という事だった。私はその1つ1つの試合におけるQBのマッチアップで、より優れたQBを擁するチームを支持する事に決めた。リーダーシップ、競争力、そして経験、そのQBの質に基づいて自分の予想を賭けた。
 私は4試合すべての勝利チームを的中させた。考えてみて欲しい。もしあなたがQBのマッチアップに基づいて勝利チームを選んだのなら、いったい誰を選ぶだろうか?ブレット・ファーヴとマット・ハッセルベック、ペイトン・マニングとジェイク・プラマー、スティーヴ・マクネアとアンソニー・ライト、ジェイク・デロームとクウィンシー・カーター。成績や評価はすべて忘れて、単純に純粋に自分自身に尋ねてみよう。どのQBをこれらのマッチアップの中から選ぶか?その基準が私の予想を的中させた。
最後に、私がNFLに関して最も好きな事がある。それはブロンコズが2週間前にコルツを破ったとか、ジャマール・ルイスが誰にも止められないランナーであるとか、エディー・ジョージがもう既にピークを過ぎたプレーヤーであるとか、パーセルズがマジックを起こせるとか、マニングがプレーオフで勝てないとかとは全然関係なく、ただ我々が手にしているもの、それがフットボールの与えてくれる週末の興奮なのだという事である。
 来週どのチームが勝つか、そしてそれをどのように予想するか、私にはまだわからない。しかし、私はQBというポジションの持つ特性を強く信じている。

2004シーズン展望:NFC西地区
2004シーズン展望:NFC北地区
2004シーズン展望:NFC南地区
2004シーズン展望:NFC東地区
2004シーズン展望:AFC北地区
2004シーズン展望:AFC南地区
2004シーズン展望:AFC西地区
2004シーズン展望:AFC東地区
デプスの戦い
新スターターたちよ、準備はいいか?
2004NFLドラフトの行方
2004ドラフト注目選手
ドラフトにまつわるトリビア
2004NFLドラフト概要
NFLフリーエージェントFAQ
NFLスカウティング・コンバイン総括
フランチャイズ・タグを読む
2004ドラフト指名順位
NFLスカウティング・コンバイン前のドラフト候補選手ランキング
2004 NFLカレンダー
ブレイディ、頂点に立つ!
究極のCBを目指すロー
勝負はQBが決める
ミルズ、フィールズに捧げる勝利
ベリチック、名将パーセルズの影から名将へ
第38回スーパーボウルのキーポイント
デーヴィス、パンサーズを救う
ペイトリオッツ・ディフェンスバック陣の新たな挑戦
進化するパンサーズ・ディフェンスライン
マーヴ・レヴィ: スーパーボウル・ウィークの裏側
ブレイディ、影のNFLナンバーワンQB
フォックス、パンサーズをタフなチームに変える
強い2チームがスーパーボウルへ
スーパーボウルにまつわるトリビア
マニング、すべての雑音をかき消す
デローム、カロライナで輝く!
答えは未だ闇の中
AP通信NFLオールプロ発表
マニング、マクネア、MVP同時受賞
ベリチック、AP通信コーチ・オブ・ザ・イヤーに選ばれる
AP通信オフェンス部門プレーヤー・オブ・ザ・イヤーはジャマール・ルイス
レイ・ルイス、AP通信ディフェンス部門プレーヤー・オブ・ザ・イヤーに輝く
ボルディン、満票でAP通信オフェンス部門ルーキー・オブ・ザ・イヤーに
サッグス、AP通信ディフェンス部門のルーキー・オブ・ザ・イヤーに
キトナ、AP通信カムバック・プレーヤー・オブ・ザ・イヤーに輝く
マニング、ヴァミール、マクスウェル賞受賞
NFL2003シーズン プロボウル選出選手発表!
2004プロボウル、ウェブ上での投票スタート!
2003シーズン・プレビュー
河口正史選手、トレーニングキャンプ情報
6月1日のカットに向けての準備
2003NFLドラフト概要
ドラフト候補選手トップ15人 Byジル・ブランド
コンバイン前のポジション別ランキング Byジル・ブランド
2003NFLドラフト、ベンガルズが全体1位指名!
2003年レギュラーシーズン対戦相手
前半戦を終えての各賞
ブランドが選ぶオール2002チーム(第7週終了時点までの)
NFL2002シーズン、いよいよ開幕!
2002年NFLサマーキャンプ日程
ミニキャンプダイジェスト
NFL、2002年度のルール変更を発表
NFL2002年の各チーム、対戦相手決定
NFL第17週のキックオフ時間を発表&NFL第7週のスケジュール変更を発表
NFLレギュラーシーズン16試合制を維持
NFL、第2週の見送りを決定

▲戻る