Sun, 02/01/2004 3:10 pm UPDATE
2004シーズン NFLとは NFLヨーロッパ NFLイベント NFLフラッグフットボール サイトマップ
NFLビギナー NFLマニア NFLエンタメ コミュニティレポート NFL JAPAN チアリーダー
   NFL JAPAN top page>NFLマニア>シーズン関連トピックス
NFLマニア
シーズン関連トピックス
チーム関連トピックス
今週のプレイヤー、コーチトピックス
フランチャイズ物語
NFL戦略アナライシス
ビジネストピックス
コラム
NFL Report Japan

シーズン関連トピックス

第38回スーパーボウルのキーポイント
 
Bフィル・シムズ
(フィル・シムズはジャイアンツのQBとして2度のスーパーボウル制覇を果たし、第21回スーパーボウルではMVPに輝いた。シムズは1979年に始まった15年のキャリアで2度のプロボウル出場を誇り、引退後は米国CBSテレビの解説者として活躍、第38回スーパーボウルの解説も担当する。)
 
第38回スーパーボウルでは、ペイトリオッツQBトム・ブレイディとパンサーズのフロントフォーの対戦が注目される
パンサーズのフロントフォー

 私の最初の印象:パンサーズのディフェンスラインは非常に強力だ。しかし、それがどれだけ大きな要因となりうるだろうか?果たしてペイトリオッツQBトム・ブレイディはパスを投げる場面で、パンサーズのディフェンスラインが充分なプレッシャーをかけられるほど、長くボールを持ち続けるだろうか?これが、私が両チームの試合のフィルムを見ながらまず感じたことだ。

 ペイトリオッツはいつも短いパスで攻撃する。ブレイディはスナップを受けてからボールを素早く離す。果たしてパンサーズはブレイディにロングパスを投げさせるほどに、
ペイトリオッツの短いパスのルートをカバーできるだろうか?もしそれができれば、クリス・ジェンキンズ、ジュリアス・ペッパーズ、マイク・ラッカーらがQBに迫るチャンスは倍増するだろう。

誰がランを止めるのか?

 次に思ったことは:パンサーズのラン攻撃は非常にうまく機能している。スティーヴン・デーヴィス、デショーン・フォスターらのフィルムを見て私は非常に驚かされた。特にデーヴィスは素晴らしい。彼は大きく、タフで爆発力がある。それには今まで気がつかなかった。彼のプレーをレッドスキンズ時代に見ていい選手だと思ったことはある。しかし今やデーヴィスはスティーヴ・スパリアーのチームでプレーをしていない。彼は今シーズン、よりラン攻撃を大切にするチームでプレーしている。一方フォスターは、アウトサイドを走るのを得意とし、よりスピードがある。

 ペイトリオッツはパンサーズのラン攻撃を止められるだろうか?パンサーズはラン攻撃に関して徹底しており、非常に我慢強い。これはおそらく、ペイトリオッツがしばらく対戦していなかったタイプのチームであろう。レギュラーシーズン中に対戦したフレッド・テイラー擁するジャガーズが、パンサーズとよく似ている。その試合ではペイトリオッツはテイラーをうまく封じ込めている。

 相手を翻弄するペイトリオッツのパスディフェンスについてはよく話題に上る。しかし、この試合ではDTテッド・ワシントン、DEリチャード・シーモアらがより重要となる。ラン攻撃を止められるかは、これらディフェンスの第一線の選手達の働きが左右するからだ。

 この試合の準備をするにあたり、お互いのコーチ達が相手を知り尽くしている点が非常に興味深い。ジョン・フォックスはこの世界での親友はビル・ベリチック、チャーリー・ワイス、ロミオ・クレネルであると明言している!!と言うことは、彼らのやり方や戦略上の観点からも、どのようなことを好むか知っているはずだ。

 彼はさらに彼らの性格も熟知しており、それも大きなプラスとなる。時々それは試合中のさまざまな状況で、そのコーチが攻撃的になるか、勝負を仕掛けてくるかといった判断を下す助けになる。

1週より2週の間隔の方がより良い

 私はスーパーボウルまで2週間の間隔がある方を好む。まず、選手達はこの瞬間を楽しむことができる。そして試合までより準備をする時間があることで、肉体的にも精神的にも休むことができる。しかし、何よりもコーチ達に試合中に起こりうることに対してのさまざまなシナリオを用意する時間を与えてくれるので、コーチ達は試合中にパニックに陥ることが無くなる。

 このことにより、よりよいチームが勝つ可能性が高くなる。NFLのシーズンを振り返ったとき、最高のチームに勝って欲しいと思うのは当然だろう。シーズンオフの選手との契約、ドラフト、ミニキャンプ、トレーニングキャンプ、プレジーズン戦、シーズン中に重くのしかかる勝敗、負傷・・・。これらを乗り越え、プレーオフを勝ち抜き、最後に残るべきチームは今シーズン最も良いチームであるべきだ。

 少なくとも私はそう思う。だからこそ、2週間というのがこの試合にとってとても大きな意味を持つのだ。

2004シーズン展望:NFC西地区
2004シーズン展望:NFC北地区
2004シーズン展望:NFC南地区
2004シーズン展望:NFC東地区
2004シーズン展望:AFC北地区
2004シーズン展望:AFC南地区
2004シーズン展望:AFC西地区
2004シーズン展望:AFC東地区
デプスの戦い
新スターターたちよ、準備はいいか?
2004NFLドラフトの行方
2004ドラフト注目選手
ドラフトにまつわるトリビア
2004NFLドラフト概要
NFLフリーエージェントFAQ
NFLスカウティング・コンバイン総括
フランチャイズ・タグを読む
2004ドラフト指名順位
NFLスカウティング・コンバイン前のドラフト候補選手ランキング
2004 NFLカレンダー
ブレイディ、頂点に立つ!
究極のCBを目指すロー
勝負はQBが決める
ミルズ、フィールズに捧げる勝利
ベリチック、名将パーセルズの影から名将へ
第38回スーパーボウルのキーポイント
デーヴィス、パンサーズを救う
ペイトリオッツ・ディフェンスバック陣の新たな挑戦
進化するパンサーズ・ディフェンスライン
マーヴ・レヴィ: スーパーボウル・ウィークの裏側
ブレイディ、影のNFLナンバーワンQB
フォックス、パンサーズをタフなチームに変える
強い2チームがスーパーボウルへ
スーパーボウルにまつわるトリビア
マニング、すべての雑音をかき消す
デローム、カロライナで輝く!
答えは未だ闇の中
AP通信NFLオールプロ発表
マニング、マクネア、MVP同時受賞
ベリチック、AP通信コーチ・オブ・ザ・イヤーに選ばれる
AP通信オフェンス部門プレーヤー・オブ・ザ・イヤーはジャマール・ルイス
レイ・ルイス、AP通信ディフェンス部門プレーヤー・オブ・ザ・イヤーに輝く
ボルディン、満票でAP通信オフェンス部門ルーキー・オブ・ザ・イヤーに
サッグス、AP通信ディフェンス部門のルーキー・オブ・ザ・イヤーに
キトナ、AP通信カムバック・プレーヤー・オブ・ザ・イヤーに輝く
マニング、ヴァミール、マクスウェル賞受賞
NFL2003シーズン プロボウル選出選手発表!
2004プロボウル、ウェブ上での投票スタート!
2003シーズン・プレビュー
河口正史選手、トレーニングキャンプ情報
6月1日のカットに向けての準備
2003NFLドラフト概要
ドラフト候補選手トップ15人 Byジル・ブランド
コンバイン前のポジション別ランキング Byジル・ブランド
2003NFLドラフト、ベンガルズが全体1位指名!
2003年レギュラーシーズン対戦相手
前半戦を終えての各賞
ブランドが選ぶオール2002チーム(第7週終了時点までの)
NFL2002シーズン、いよいよ開幕!
2002年NFLサマーキャンプ日程
ミニキャンプダイジェスト
NFL、2002年度のルール変更を発表
NFL2002年の各チーム、対戦相手決定
NFL第17週のキックオフ時間を発表&NFL第7週のスケジュール変更を発表
NFLレギュラーシーズン16試合制を維持
NFL、第2週の見送りを決定

▲戻る