Sun, 02/01/2004 3:10 pm UPDATE
2004シーズン NFLとは NFLヨーロッパ NFLイベント NFLフラッグフットボール サイトマップ
NFLビギナー NFLマニア NFLエンタメ コミュニティレポート NFL JAPAN チアリーダー
   NFL JAPAN top page>NFLマニア>シーズン関連トピックス
NFLマニア
シーズン関連トピックス
チーム関連トピックス
今週のプレイヤー、コーチトピックス
フランチャイズ物語
NFL戦略アナライシス
ビジネストピックス
コラム
NFL Report Japan

シーズン関連トピックス

究極のCBを目指すロー
 
第36回スーパーボウルでは47ヤードのインターセプト・リターンTDを決めたタイ・ロー

 タイ・ローは目標に向かって突き進んでいる。目前に控える仕事は2度目のスーパーボウルを制覇することだ。そしてその先には、ホール・オブ・フェーム入りするという目標がある。
 ペイトリオッツが前回制した第36回スーパーボウルのメンバーで残っている唯一のセカンダリーであるローは、爆発力のあるラムズオフェンスを止めた時と同様のりにのっている。その試合で47ヤードのインターセプト・リターンTDを決めたローは、今年のプレーオフでもAFCチャンピオンシップで絶好調だったコルツQBペイトン・マニングから3個のインターセプトを記録した。

 3個のインターセプト同様に印象的だったのは、コルツWRマーヴィン・ハリソンを封じ込めたことだ。ローのスクリメージライン上でのタイトでフィジカルなカバーは、ハリソンを3回のキャッチで19ヤードの獲得に抑えたのだ。
 ヘッドコーチ ビル・ベリチックはローの活躍について、「ものすごい。」と表現した。あまり大げさな表現を使わないコーチのその言葉が全てを言い表している。
 チームメイトのSロドニー・ハリソンは、「あの試合では彼がリーグでも最高のCBであることが証明された。」と話す。
 ローはマーヴィン・ハリソンのスピードを抑えただけではなく、コルツレシーヴァー陣のパスルートに入り込みマニングの邪魔をした。違う場面ではローはコルツのレシーヴァー達をある程度パスルートに走りこませながら、パスディフェンスやインターセプトを狙える位置にポジション取りをすることで、マニングのミスを誘った。
 ペイトリオッツの誰よりもチームワークを大切にするローは、自らに対する賞賛を自分1人への評価とは受け取らない。
 「時として俺はいいカバーをすることがあるが、それも全て前で守ってくれる仲間達のおかげだ。」コルツ戦後ローは言った。「彼らのおかげでマニングは早くボールを投げなければならなくなった。俺はただそのチャンスをものにしただけだ。」
NFLで9年も生き残れるようなCB達は、仮にスピードが衰えたとしてもそれを経験で補える。2002年のラムズ戦と今年のコルツ戦でローは、フィジカルなプレーでWR達のタイミングを崩した。
 「スピードに唯一勝てるのはパワーだ。俺たちは至ってシンプルなゲームプランで試合に臨んだ。それはスクリメージライン上での勝負に勝つことだ。スーパーボウルでもそれに変わりはない。そして最後にはよりタフなほうが勝つ。」ローは語った。
 スーパーボウルでローは、爆発力のあるパンサーズのWRスティーヴ・スミスと多く対することが予想される。
 「CBをプレーするにはなくてはならないのだが、フィールド上でプレーしているとき俺はいつでも自信を持っている。」ローは言う。「でも自信を持つということは、チームに貢献し、勝利の要因になることにもつながっているんだ。」
 今シーズンローは新たなセカンダリーのチームメイトとプレーしている。第36回スーパーボウルをともに戦ったCBオーティス・スミス、Sテバッキー・ジョーンズ、ロイヤー・ミロイはすでにチームを離れた。ロー自身もスーパーボウル後にチームとの契約が切れるが、彼はただ1人第38回スーパーボウルのフィールドに立つ。比較的若い選手のポジションであるCBで、ローが長い間トップレベルでやってこられた秘訣はなんであろうか?
 「仕事に対する姿勢だね。オフシーズン中には激しいトレーニングをするんだ。」
 ペイトリオッツでの将来については、「俺にできる交渉はフィールド上でプレーすることだけだ。」とローは語る。「チームが俺を残したいと思ってくれるといいね。でも今はスーパーボウルに勝つことしか考えていない。」
 日曜日にペイトリオッツがパンサーズに勝ったとしても、ローは2個目のスーパーボウルを得ることだけでは満足しない。
 「この後、俺には究極のゴールがあるんだ。それはホール・オブ・フェーム入りすることだ。それに向かって努力すれば、他の全てのことはそれに伴ってついてくるはずだ。」
 ローは第38回スーパーボウルで3個のインターセプトを記録しないかもしれないが、ペイトリオッツのディフェンスの中で大きな役割を果たすことは間違いないだろう。


2004シーズン展望:NFC西地区
2004シーズン展望:NFC北地区
2004シーズン展望:NFC南地区
2004シーズン展望:NFC東地区
2004シーズン展望:AFC北地区
2004シーズン展望:AFC南地区
2004シーズン展望:AFC西地区
2004シーズン展望:AFC東地区
デプスの戦い
新スターターたちよ、準備はいいか?
2004NFLドラフトの行方
2004ドラフト注目選手
ドラフトにまつわるトリビア
2004NFLドラフト概要
NFLフリーエージェントFAQ
NFLスカウティング・コンバイン総括
フランチャイズ・タグを読む
2004ドラフト指名順位
NFLスカウティング・コンバイン前のドラフト候補選手ランキング
2004 NFLカレンダー
ブレイディ、頂点に立つ!
究極のCBを目指すロー
勝負はQBが決める
ミルズ、フィールズに捧げる勝利
ベリチック、名将パーセルズの影から名将へ
第38回スーパーボウルのキーポイント
デーヴィス、パンサーズを救う
ペイトリオッツ・ディフェンスバック陣の新たな挑戦
進化するパンサーズ・ディフェンスライン
マーヴ・レヴィ: スーパーボウル・ウィークの裏側
ブレイディ、影のNFLナンバーワンQB
フォックス、パンサーズをタフなチームに変える
強い2チームがスーパーボウルへ
スーパーボウルにまつわるトリビア
マニング、すべての雑音をかき消す
デローム、カロライナで輝く!
答えは未だ闇の中
AP通信NFLオールプロ発表
マニング、マクネア、MVP同時受賞
ベリチック、AP通信コーチ・オブ・ザ・イヤーに選ばれる
AP通信オフェンス部門プレーヤー・オブ・ザ・イヤーはジャマール・ルイス
レイ・ルイス、AP通信ディフェンス部門プレーヤー・オブ・ザ・イヤーに輝く
ボルディン、満票でAP通信オフェンス部門ルーキー・オブ・ザ・イヤーに
サッグス、AP通信ディフェンス部門のルーキー・オブ・ザ・イヤーに
キトナ、AP通信カムバック・プレーヤー・オブ・ザ・イヤーに輝く
マニング、ヴァミール、マクスウェル賞受賞
NFL2003シーズン プロボウル選出選手発表!
2004プロボウル、ウェブ上での投票スタート!
2003シーズン・プレビュー
河口正史選手、トレーニングキャンプ情報
6月1日のカットに向けての準備
2003NFLドラフト概要
ドラフト候補選手トップ15人 Byジル・ブランド
コンバイン前のポジション別ランキング Byジル・ブランド
2003NFLドラフト、ベンガルズが全体1位指名!
2003年レギュラーシーズン対戦相手
前半戦を終えての各賞
ブランドが選ぶオール2002チーム(第7週終了時点までの)
NFL2002シーズン、いよいよ開幕!
2002年NFLサマーキャンプ日程
ミニキャンプダイジェスト
NFL、2002年度のルール変更を発表
NFL2002年の各チーム、対戦相手決定
NFL第17週のキックオフ時間を発表&NFL第7週のスケジュール変更を発表
NFLレギュラーシーズン16試合制を維持
NFL、第2週の見送りを決定

▲戻る