Tue, 01/06/2004 1:59 pm UPDATE
2004シーズン NFLとは NFLヨーロッパ NFLイベント NFLフラッグフットボール サイトマップ
NFLビギナー NFLマニア NFLエンタメ コミュニティレポート NFL JAPAN チアリーダー
   NFL JAPAN top page>NFLマニア>シーズン関連トピックス
NFLマニア
シーズン関連トピックス
チーム関連トピックス
今週のプレイヤー、コーチトピックス
フランチャイズ物語
NFL戦略アナライシス
ビジネストピックス
コラム
NFL Report Japan

シーズン関連トピックス

NFL2002シーズン、いよいよ開幕!
 
現地時間9月5日(木)ジャイアンツ・スタジアムで行われる、サンフランシスコ・49ers対ニューヨーク・ジャイアンツの一戦でいよいよ新たなシーズンが幕を開ける。史上4度目となる日曜日以外の開幕戦で、当日はニューヨークのタイムズスクエアで、「NFLキックオフ・ライヴ・フロム・タイムズスクエア」として、ボン・ジョヴィやエンリケ・イグレシアスなども出演する音楽とフットボールの融合されたイベントも行われる。同イベントでは昨年の9月11日に起きた同時多発テロ事件の犠牲者への追悼式も行われる。

また、今シーズンからヒューストン・テキサンズが加わり、併せてリーグも再編成された。これにより、地区内の力関係にも変化が生まれ、新たなライバル対決も形成されていく。

昨シーズンはペイトリオッツのドラマティックなスーパーボウル制覇で幕を閉じたが、今シーズンもまた新たなシンデレラチームが出現するのか、また、ラムズ、ペイトリオッツを中心に優勝候補と目されるチームが順当にスーパーボウルまで駒を進めるのか興味は尽きない。

毎週様々なドラマが待ち受けているNFLから、今シーズンも目が離せない!!


開幕に向けて準備も急ピッチで進む
【NFLキックオフ・ライヴ・フロム・タイムズスクエア】
9月5日(木)にジャイアンツ・スタジアム(ニュージャージー州)で午後9時にキックオフされるサンフランシスコ・49ersとニューヨーク・ジャイアンツの2002シーズン開幕戦にさきがけ、マンハッタンのタイムズスクエアで“NFLキックオフ・ライヴ・フロム・タイムズスクエア”が開催される。

このイベントは音楽とフットボールが融合したもので、NFLシーズンの開幕を告げるとともに昨年の9月11日に起きたテロ事件から復興するニューヨークとアメリカの魂を祝うものとなる。

当日、年始のカウントダウンでマンハッタンの象徴でもある“ビッグ・アップル”落としが行われる場所で、フットボールが落とされ開幕が告げられる。

主な出演者は、ボン・ジョヴィ、エンリケ・イグレシアス、アリシア・キーズらが予定されている。また、昨年のテロの犠牲者への追悼イベントも行われる。

【第1週 対戦カード】
 
9月5日(木) TIME STADIUM
サンフランシスコ・49ers ニューヨーク・ジャイアンツ 20:30 ジャイアンツ・スタジアム

9月8日(日) TIME STADIUM
アリゾナ・カーディナルズ ワシントン・レッドスキンズ 13:00 フェデックス・フィールド
アトランタ・ファルコンズ グリーンベイ・パッカーズ 13:00 ランボー・フィールド
ボルティモア・レイヴンズ カロライナ・パンサーズ 13:00 エリクソン・スタジアム
デトロイト・ライオンズ マイアミ・ドルフィンズ 13:00 プロプレーヤー・スタジアム
インディアナポリス・コルツ ジャクソンビル・ジャガーズ 13:00 オールテル・スタジアム
カンサスシティ・チーフス クリーヴランド・ブラウンズ 13:00 クリーヴランド・ブラウンズ・スタジアム
ミネソタ・ヴァイキングズ シカゴ・ベアーズ 13:00 メモリアル・スタジアム
ニューヨーク・ジェッツ バッファロー・ビルズ 13:00 ラルフ・ウィルソン・スタジアム
フィラデルフィア・イーグルス テネシー・タイタンズ 13:00 アデルフィア・スタジアム
サンディエゴ・チャージャーズ シンシナティ・ベンガルズ 13:00 ポール・ブラウン・スタジアム
ニューオリンズ・セインツ タンパベイ・バッカニアーズ 16:15 レイモンド・ジェームズ・スタジアム
シアトル・シーホークス オークランド・レイダーズ 16:15 ネットワーク・アソシエイツ・コロシアム
セントルイス・ラムズ デンヴァー・ブロンコズ 16:15 インヴェスコ・フィールド・アット・マイルハイ
ダラス・カウボーイズ ヒューストン・テキサンズ 20:30 リライアント・スタジアム

9月9日(月) TIME STADIUM
ピッツバーグ・スティーラーズ ニューイングランド・ペイトリオッツ 21:00 ジレット・スタジアム

今週の見所
 
いよいよ開幕を迎えるNFLシーズン。開幕第1週の注目のカード、まずは昨シーズンのAFCチャンピオンシップゲームの再戦となる、スティーラーズ対ペイトリオッツ。マンデーナイトに行われるこの試合が、ペイトリオッツの新たな本拠地、ジレット・スタジアムでの初公式戦となる。昨シーズンの試合ではペイトリオッツがスペシャルチームで2つのタッチダウンをあげ、24対17とホームで戦ったスティーラーズを破った。両チームともディフェンスが安定しているだけに、オフェンスの出来が勝負を分けそうだ。ペイトリオッツは昨シーズン優勝の立役者、QBトム・ブレイディの真価を問われる年に。そしてスティーラーズはRBジェローム・ベティスのラン攻撃主体。両チームとも今シーズンもAFCの優勝候補だけに、この試合は大事な一戦となる。

今シーズンの開幕戦となる、木曜日に行われる49ersとジャイアンツの一戦は全米の注目を浴びることになる。49ersはQBジェフ・ガルシアを中心に、RBギャリソン・ハースト、WRテレル・オーウェンスと爆発力のあるオフェンスと、昨シーズン最後の6試合中3試合でシャットアウトを記録した若いディフェンスでスーパーボウル出場を狙う。対するジャイアンツは昨シーズンのサック王、DEマイケル・ストレイハンがディフェンスの中心となる。CBジェイソン・シーホンのケガにより、両CB共に若い選手となるため、オーウェンスらをどう止めるかが注目される。オフェンスにはドラフト1位指名でTEジェイミー・ショッキーが加わり、攻撃の幅が厚くなったが、センターのケガで入れ替えられたオフェンスラインが49ersのディフェンスにどう対処するかも見所に。

そして、ヒューストン・テキサンズはフランチャイズとしての公式戦初戦を、同じテキサス州内のライバルとなるダラス・カウボーイズと戦う。また、今後テキサンズを背負って立たねばならない、ドラフト全体1位指名QBデイビッド・カーも公式戦デビューを果たす。“史上最強のエクスパンションチーム”の呼び声高いテキサンズが、“先輩”カウボーイズに対しどこまで食い下がるか注目である。カウボーイズは2年目のQBクィンシー・カーターの成長に期待する。また、ベテランRBエミット・スミスはウォルター・ペイトンの持つ歴代ラッシング記録1位(16,726ヤード)にあと540ヤードと迫る。

リーグ再編成
 
今シーズンからNFL32チーム目となるヒューストン・テキサンズが加わることにより、1970年以来となるリーグ再編成が行われた。これにより、AFC、NFCの各カンファレンスは4チームからなる4つのディビジョンで編成されるようになる。また、併せてスケジュールを決める際のフォーミュラも変更され、全チームが4年に1度は必ず対戦するような仕組みとなる。

また、プレーオフ出場チームは各カンファレンス6チームずつのままだが、各ディビジョンの優勝チームで4チームとなるため、ワイルドカードでの出場枠は3チームから2チームに減る。

AFC
東地区 北地区 南地区 西地区
バッファロー・ビルズ ボルティモア・レイヴンズ ヒューストン・テキサンズ デンヴァー・ブロンコズ
マイアミ・ドルフィンズ
シンシナティ・ベンガルズ
インディアナポリス・コルツ
カンサスシティ・チーフス
ニューイングランド・ペイトリオッツ クリーヴランド・ブラウンズ ジャクソンビル・ジャガーズ オークランド・レイダーズ
ニューヨーク・ジェッツ ピッツバーグ・スティーラーズ テネシー・タイタンズ サンディエゴ・チャージャーズ

NFC
東地区 北地区 南地区 西地区
ダラス・カウボーイズ
シカゴ・ベアーズ
アトランタ・ファルコンズ
アリゾナ・カーディナルズ
ニューヨーク・ジャイアンツ
デトロイト・ライオンズ カロライナ・パンサーズ セントルイス・ラムズ
フィラデルフィア・イーグルス グリーンベイ・パッカーズ ニューオリンズ・セインツ サンフランシスコ・49ers
ワシントン・レッドスキンズ ミネソタ・ヴァイキングズ タンパベイ・バッカニアーズ シアトル・シーホークス

ヒューストン・テキサンズ
 
テキサンズのドラフト1位指名QBデイビッド・カー
今シーズンからヒューストン・テキサンズが新たにNFLに加わり、アメリカ第4の都市であるテキサス州ヒューストンに再びNFLが戻ってくる。

ヒューストンには、元来、ヒューストン・オイラーズ(1960年〜1966年、現テネシー・タイタンズ)がフランチャイズを構えていたこともあり、NFLは6年ぶりの復活となる。ロサンゼルスとのNFL32番目のフランチャイズとなるため競い合い、1998年10月6日その権利を勝ち取った。

ヘッドコーチには元カロライナ・パンサーズ ヘッドコーチ、ドン・ケイパースが就任。パンサーズでもチーム創設時にヘッドコーチに就任し、エクスパンションチームとしては記録となる7勝9敗の記録を残した。1996年にはNFC西地区制覇、そしてパッカーズに敗れはしたがNFCチャンピオンシップまで勝ち進んだ。

テキサンズはエクスパンションドラフトで、OTトニー・ボセリ、LBジェイミー・シャーパーら実力のある選手を多数補強。ドラフトでも全体1位指名でフレズノ州立大QBデイビッド・カーを獲得。史上最強のエクスパンションチームの呼び声も高い中、今シーズンの活躍に注目が集まる。

本拠地は、NFL初の開閉式の屋根を持つリライアント・スタジアム(69,500人収容)。チーム名の「テキサンズ」は、テキサス州に根差した馴染みのある名前として、ファン投票によって選出された。

新ヘッドコーチ
 
注目のレッドスキンズ新ヘッドコーチ、スティーブ・スパリア−
今シーズンから新たに4人のヘッドコーチが就任。3人のヘッドコーチがチームを変わった。

中でも話題は、カレッジフットボールの名門フロリダ大で12シーズンヘッドコーチを務め、1回の全米チャンピオンと7回のカンファレンスチャンピオンを獲得し、その間122勝27敗1分という成績を引っさげレッドスキンズのヘッドコーチに就任したスティーヴ・スパリア−だ。その5年2,500万ドルという契約額も話題を呼んだ。スパリアーはパスを主体とした攻撃を得意としており、そのスタイルは“ファン・アンド・ガン”というニックネームがついている。

そして、チームを替わったヘッドコーチとしてはレイダーズのジョン・グルーデンがタンパベイ・バッカニアーズへと移った。レイダーズとの契約期間も残っていたため、バッカニアーズはレイダーズに対しドラフト指名権として2002年の1位と2位、2003年1位、2004年2位を譲渡した。


<新任ヘッドコーチ>
チーム 新ヘッドコーチ 旧ヘッドコーチ
オークランド・レイダーズ
ビル・キャラハン ジョン・グルーデン
カロライナ・パンサーズ ジョン・フォックス ジョージ・シーファート
ワシントン・レッドスキンズ スティーヴ・スパリア− マーティー・ショッテンハイマー
ミネソタ・ヴァイキングズ マイク・タイス デニス・グリーン
(シーズン途中から暫定的にマイク・タイスに)

<チームを替わったヘッドコーチ>
チーム 新ヘッドコーチ 旧ヘッドコーチ
インディアナポリス・コルツ トニー・ダンジー ジム・モーラ
タンパベイ・バッカニアーズ ジョン・グルーデン トニー・ダンジー
サンディエゴ・チャージャーズ マーティー・ショッテンハイマー マイク・ライリー

新スタジアム
 
リライアント・スタジアム
フォード・フィールド
ジレット・スタジアム
シーホークス・スタジアム
2002シーズン、新たに4つの スタジアムが誕生する。

ヒューストン・テキサンズ
今シーズンから加入する新チームの本拠地名はリライアント・スタジアム。9月8日(日)の同じ州内のライバル、カウボーイズ戦でその幕を開ける。収容人員69,500で、フィールドは自然芝を使用。NFL唯一の開閉式の屋根を持つ。2004年2月1日に行われる第38回スーパーボウルの開催地となる。

デトロイト・ライオンズ
ライ オンズの新たな本拠地となるフ ォード・フィールドも 2006 年2月5日の第40回スーパーボウルの開催地となる。デトロイト市街に位置し、近辺にある歴史的建造物と調和したデザインになっている。また、スタジアム内の巨大なガラスでできた壁からは、デトロイト市街を見ることができる。収容人員は65,000。

ニューイングランド・ペイトリオッツ
昨シーズンのチャンピオン、ペイトリオッツは今シーズンを31年ぶりに建てられた新スタジアム、ジレット・スタジアムで迎える。スタジアム内には灯台や橋なども作られ、また、スタジアム内の売店にはニューイングランド地方6州の観光名所の名前がつけられるなど、ニューイングランド地方独特の雰囲気を演出する。収容人員は68,000。

シアトル・シーホークス
キングドームで24年間プレー(過去2シーズンはワシントン大のハスキー・スタジアム)した後、シーホークスは市街地に位置するオープン・エアのシーホークス・スタジアムを本拠地とする。収容人員67,000のこのスタジアムは、フィールドと客席の距離が非常に近いのが特徴だ。スタジアムからはダウンタウンやシアトルの自然が見渡せる。

この他には、シカゴ・ベアーズがソルジャー・フィールドの改修工事のため、今シーズンはイリノイ大学のメモリアル・スタジアムでプレーする。来シーズンはベアーズ、パッカーズ(ランボー・フィールド)が改修されたスタジアムでプレーし、イーグルスの新スタジアム、リンカーン・ファイナンシャル・フィールドがオープンする。また、2005年にはカーディナルズが新スタジアムで開幕を迎える。

新ユニフォーム
今シーズンのルール変更
 
ターンオーバー後にディフェンス的役割をするQBのヘルメットめがけてのコンタクトの禁止
キッキングプレイでのチョップブロックの禁止
ボール保持者からボールを奪い取る行為が合法化
前後半残り2分以内でQBがサックされても時計は動きつづける
プレーヤーがパイロンに触れた場合、アウト・オブ・バウンズとはみなされない
プレーが完結した後のファウルは全てデッド・ボール・ファウルとみなされる
キックオフ時、プレーヤーがボールに触れるまで時計はスタートしない
   

2002シーズンカレンダー
 
9月5-9日 キックオフ2002ウィークエンド
10月15日 トレード期限終了
12月28-30日 レギュラーシーズン最終週
1月4-5日 ワイルドカード・ウィークエンド
1月11-12日 ディビジョナル・プレイオフ
1月19日 AFC、NFCチャンピオンシップゲーム
1月26日 第37回スーパーボウル−クァルコム・スタジアム(サンディエゴ)
2月2日 プロボウル(ホノルル)
 
今シーズンから3チームがユニフォームを一新した。

ビルズ新ユニフォーム
シーホークス新ユニフォーム
レッドスキンズ新ユニフォーム
バッファロー・ビルズ
ビルズは1984年にヘルメットの色を白から赤に変更して以来の新ユニフォームとなる。1962年以来の赤、白、青のチームカラーは変えずに、濃い青が新たに加わった。ヘルメットにも新たにニッケル・グレイと紺のストライプが加えられる。ニッケル・グレイはチームが創設された1960年当時のチームカラーで、今回はチームの伝統に敬意を表す意味でも採用された。ジャージとパンツにもこの色が使用される。

シアトル・シーホークス
26年のチーム史上初の新ユニフォームとなる。新ユニフォームのメインカラーは“シーホーク・ブルー”となり、ヘルメットとアウェイ用のパンツはブルーになる。NFL史上初めて、シーホークスはファンの投票によりヘルメットデザインを決めた。

ワシントン・レッドスキンズ
レッドスキンズは1965年から69年まで使用された槍のロゴが入ったヘルメットを復活させる。バーガンディーのジャージにゴールドのパンツ、そして両袖の部分にも槍のデザインが施される。このユニフォームは今シーズンのホームゲームのみで着用される。
ビルズ、シーホークス、レッドスキンズは近年続いている、ユニフォームを変えたチームはプレーオフに進出できるというジンクスにあやかりたいところだ。ユニフォームを一新した過去7チームは全てその年にプレーオフに出場している。
  [2002年9月5日]

2004シーズン展望:NFC西地区
2004シーズン展望:NFC北地区
2004シーズン展望:NFC南地区
2004シーズン展望:NFC東地区
2004シーズン展望:AFC北地区
2004シーズン展望:AFC南地区
2004シーズン展望:AFC西地区
2004シーズン展望:AFC東地区
デプスの戦い
新スターターたちよ、準備はいいか?
2004NFLドラフトの行方
2004ドラフト注目選手
ドラフトにまつわるトリビア
2004NFLドラフト概要
NFLフリーエージェントFAQ
NFLスカウティング・コンバイン総括
フランチャイズ・タグを読む
2004ドラフト指名順位
NFLスカウティング・コンバイン前のドラフト候補選手ランキング
2004 NFLカレンダー
ブレイディ、頂点に立つ!
究極のCBを目指すロー
勝負はQBが決める
ミルズ、フィールズに捧げる勝利
ベリチック、名将パーセルズの影から名将へ
第38回スーパーボウルのキーポイント
デーヴィス、パンサーズを救う
ペイトリオッツ・ディフェンスバック陣の新たな挑戦
進化するパンサーズ・ディフェンスライン
マーヴ・レヴィ: スーパーボウル・ウィークの裏側
ブレイディ、影のNFLナンバーワンQB
フォックス、パンサーズをタフなチームに変える
強い2チームがスーパーボウルへ
スーパーボウルにまつわるトリビア
マニング、すべての雑音をかき消す
デローム、カロライナで輝く!
答えは未だ闇の中
AP通信NFLオールプロ発表
マニング、マクネア、MVP同時受賞
ベリチック、AP通信コーチ・オブ・ザ・イヤーに選ばれる
AP通信オフェンス部門プレーヤー・オブ・ザ・イヤーはジャマール・ルイス
レイ・ルイス、AP通信ディフェンス部門プレーヤー・オブ・ザ・イヤーに輝く
ボルディン、満票でAP通信オフェンス部門ルーキー・オブ・ザ・イヤーに
サッグス、AP通信ディフェンス部門のルーキー・オブ・ザ・イヤーに
キトナ、AP通信カムバック・プレーヤー・オブ・ザ・イヤーに輝く
マニング、ヴァミール、マクスウェル賞受賞
NFL2003シーズン プロボウル選出選手発表!
2004プロボウル、ウェブ上での投票スタート!
2003シーズン・プレビュー
河口正史選手、トレーニングキャンプ情報
6月1日のカットに向けての準備
2003NFLドラフト概要
ドラフト候補選手トップ15人 Byジル・ブランド
コンバイン前のポジション別ランキング Byジル・ブランド
2003NFLドラフト、ベンガルズが全体1位指名!
2003年レギュラーシーズン対戦相手
前半戦を終えての各賞
ブランドが選ぶオール2002チーム(第7週終了時点までの)
NFL2002シーズン、いよいよ開幕!
2002年NFLサマーキャンプ日程
ミニキャンプダイジェスト
NFL、2002年度のルール変更を発表
NFL2002年の各チーム、対戦相手決定
NFL第17週のキックオフ時間を発表&NFL第7週のスケジュール変更を発表
NFLレギュラーシーズン16試合制を維持
NFL、第2週の見送りを決定

▲戻る