Thu, 08/28/2003 11:38 am UPDATE
2004シーズン NFLとは NFLヨーロッパ NFLイベント NFLフラッグフットボール サイトマップ
NFLビギナー NFLマニア NFLエンタメ コミュニティレポート NFL JAPAN チアリーダー
   NFL JAPAN top page>NFLマニア>今週のプレイヤー、コーチトピックス
NFLマニア
シーズン関連トピックス
チーム関連トピックス
今週のプレイヤー、コーチトピックス
フランチャイズ物語
NFL戦略アナライシス
ビジネストピックス
コラム
NFL Report Japan

今週のプレイヤー、コーチトピックス


ブラウンズを襲った苦悩
 
新たなシーズンの出鼻をくじかれそうなブラウンズ
 ブッチ・デイヴィスをヘッドコーチに迎えて2年目の昨シーズン、1999年のチーム復活以来初めてのプレイオフ進出を果たし、96年のチームのボルティモア移転以来、つらい日々を送ってきたファンに久々に明るいニュースをもたらしたクリーヴランド・ブラウンズ。今季は宿敵ピッツバーグ・スティーラーズを打倒し、89年以来の地区優勝を狙うシーズンとなるはずだった。しかし、サラリーキャップの厳しい制約の中、ドゥウェイン・ラッド(タンパベイ・バッカニアーズに移籍)、アール・ホームズ(デトロイト・ライオンズに移籍)、ジャミア・ミラー(引退)と昨年の先発LB3人全員を含め、多くのスターターを失い、一点チームは再建ムードに包まれてしまった。
 となれば、チームが期待を寄せるのは、4月のドラフトで指名した7人の新人選手たち。特に1巡指名のCジェフ・フェイン(ノートルダム大出身)は、過去4シーズン先発を務めたデイヴ・ウォーラボー(セントルイス・ラムズに移籍)移籍の穴を埋める存在として、プロ1年目からの即戦力の活躍が期待されていた。
 ルーキーたちを1日も早く実戦に投入したいデイヴィスは、新人のトレーニングキャンプ合流を7月21日と、リーグでも4番目に早い日付に設定。新シーズンへの意気込みを見せていた。
 ところが、である。合流日の21日になっても、ドラフト指名ルーキーたちは一人として姿を見せない。理由は単純で、どの選手もチームと契約を結べていないからだ。NFLの規定では、契約を済ませていない選手はキャンプに合流できない。未契約のうちは、「ホールドアウト」と呼ばれる、キャンプ欠席を強いられるのだ。
 ルーキーたちのホールドアウトはその後もつづき、とうとう24日のベテラン選手合流日が来てしまった。続々とベテラン選手がクリーヴランド入りする中、いまだドラフト指名ルーキーたちは全員契約を結べていない状態だ。当初は心配するそぶりを見せなかったデイヴィスコーチも、この異常事態にはいら立ちを隠せない。「こんな状況は聞いたことがない。数人でも、契約してくれればと思っていたけど。何とかこの問題を解決したいね」。
 そして、その怒りは契約に合意せずキャンプに姿を見せないルーキーたちに対して向けられた。「現状は、彼ら自身のためにも、クリーヴランド・ブラウンズのためにもならない。ベテランたちが合流してきている今、キャンプに来なければ、チームの一員にはなれないということを思い知るだろう」と語気を荒げる。
 高額な契約金のともなうドラフト1巡指名選手は、契約がキャンプに間に合わず、やむなくホールドアウトに至るケースがしばしば見られる。ただ、リーグ規定の最低年俸にいくらばかりかの契約金をプラスした3年契約が常識と考えられているドラフト下位指名選手については、ホールドアウトは非常に稀である。
 この状況は、一番チームに合流してもらいたい即戦力のフェインの契約交渉にも悪影響を与えている。「もしフェイン以外のルーキーが全員契約を済ませてしまっていたら、少しはあせりを感じたかもしれない。でも、誰一人として契約できていないんだから、問題はチーム側にあると思っている。彼らが解決しなければならない問題ということだ」と、フェインの代理人ベン・ドグラ氏は冷たく突き放す。
 「最終的には、大半の選手が今の我々の提示額に近い条件で契約しなければならないのだから……」と、デイヴィスコーチの発言は哀願にすら聞こえてきた。このままではAFC北部地区タイトルの奪取はおろか、昨年並みの成績を残すことすら難しくなってきてしまう。
[2003年7月30日]

複雑なビルズRB事情
 
負傷にも関わらずドラフト1位指名でビルズ入りしたRBウィリス・マゲイヒー
 昨シーズン、ランで1753ヤードを稼ぎ、28TDを記録したマイアミ大のRBウィリス・マゲイヒー。その活躍の結果、大学フットボール界屈指のRBとして、NFLの各チームから注目を集める存在だった。しかし、昨季最終戦となった全米王者決定戦フィエスタボウルで、マゲイヒーを悲劇が襲う。この試合でマゲイヒーは、膝の靱帯3本を断裂する重傷を負ってしまったのだ。
 その将来に暗雲が立ちこめる中、それでもマゲイヒーは負傷直後の今年1月にNFL入りを表明。完全復帰を誓い、想像を絶するほどの厳しいリハビリに打ち込む日々を送った。そのマゲイヒーの姿に共感をしたのか、バッファロー・ビルズがドラフト1巡でマゲイヒーを指名。どれほどマゲイヒーがリハビリの日々を送ろうが、今季中の試合出場は厳しい、との意見が大勢を占める中でのビルズの指名は、当然驚きをもって迎えられた。
 ただし、そのビルズも、マゲイヒーに今季中の完全復活を期待しているわけではなかった。そもそも、ビルズには昨季ラン1438ヤード、13TDをマークした不動のエースRB、トラヴィス・ヘンリーが在籍している。まだプロ経験はわずか2年、今後の成長も大いに期待されている若手スター選手である。さらにRBの選手層を厚くするため、新人年の99年にはスターターとして活躍した経験もある前デンヴァー・ブロンコスのオランディス・ゲイリーも補強。RBのポジションは、NFLのどのチームと比べても引けを取らないほどの充実度なのだ。今年はマゲイヒーには活躍してくれなくてもいい、とビルズはのんびり構えているのだ。
 そのチームの態度は、マゲイヒーの契約交渉の経過にも表れている。ビルズはすでにマゲイヒー以外の7人のドラフト指名ルーキー全員と契約を済ませ、ベテラン選手がキャンプ地に到着する26日には、マゲイヒー以外の全所属選手が顔を揃える。他方でマゲイヒーの契約交渉はなかなか進展を見せず、チーム合流の目処は立っていない。
 「ウィリスの戦列復帰のスケジュールはまったく立てていない。今年中に復帰できれば、くらいに考えている。まだプレイできる状態じゃない選手との契約という意味で、彼の状況は特別だ」と球団社長のトム・ドナホーはチーム側の意図を語る。
 マゲイヒーがチーム練習に参加できるのは10月以降になる、との報道もある。トレーニングキャンプを全休することから考えても、マゲイヒーがまったくプレイせずに今シーズンを終える可能性は非常に高い。
 だからと言って、ビルズのマゲイヒー指名が失敗だと言い切るのは早計だ。外科手術の権威、ロバート・ブロンスタイン医師は、「マゲイヒーが完調時のプレイを取り戻す可能性はきわめて高い。論議の余地はないと思う」と言い切る。
 チームの意図はずばり、「2年後の2005年シーズンにエースRBを務める選手をじっくり選びたい」ということになるだろう。ヘンリーはラン総獲得距離こそリーグ5位の好成績を残したものの、ラン100ヤードを大幅に上回った試合があったと思えば、翌週では全然走れないことがままあるなど、パフォーマンスの波が非常に大きい選手。もしビルズがヘンリーに全幅の信頼を置いているなら、マゲイヒーを指名することはあり得なかったはずだ。
 有力なシナリオとしては、今季のラン攻撃は、ヘンリーに任せ、プレイに安定度が増しているかを見極める。その上で、2004年には、コンディションが回復したマゲイヒーとヘンリーでポジション争いをさせる。2004年シーズン終了後に、ヘンリーは無制限フリーエージェント権を得る。マゲイヒーがもしヘンリー以上のパフォーマンスを見せられれば、ヘンリーに高額の契約を提示することなく、放出してしまうことができるのだ。
 マゲイヒーの存在で一番プレッシャーを受けているのは、実は現エースのヘンリーなのだ。
[2003年7月30日]

フットボール界を去る大学スター
 
昨シーズンに続き開幕前にチームを去ったQBエリック・クラウチ
 大学フットボール界のスーパースターであっても、NFLでまったく目が出ない選手は多い。2001年の大学界最優秀選手(ハイズマン賞)に選ばれたエリック・クラウチも、そんな選手の一人のようだ。
 全米有数の強豪校ネブラスカ大で、走力のあるQBとして爆発的なオプション攻撃を指揮。大学フットボール1部A史上、通算でランで3000ヤード以上(3434ヤード)、パスで4481ヤード(4000ヤード以上)を稼いだ3人目の選手となった。大学2年次の1999年には、1試合でラン、パス、レシーブすべてでTDを記録する偉業も成し遂げている、まさにスーパーアスリートだった。
 ただ、NFLの世界では、走れるだけのQBは通用しない。QBの仕事は、まずパスなのだ。2002年のドラフトでクラウチを3巡指名したセントルイス・ラムズは、クラウチをWRにコンバートした。しかし、このコンバートに納得しきれなかったクラウチは、シーズン開幕前に契約金120万ドル(約1億4400万円)をラムズに返し、チームを去ってしまう。
 昨シーズン終了後、ラムズはクラウチを支配下選手登録から外した。ラムズ退団後、フットボールへの情熱をかなりの部分失ってしまっていたが、思いがけず、グリーンベイ・パッカーズからウェーバーで拾われる。今度はQBとして、NFL再チャレンジをスタートさせたクラウチだった(2003年6月4日号)。
 しかし、2度目の挑戦は、昨年よりもさらに早い時期に、終幕を迎えた。クラウチは、パッカーズの夏のトレーニングキャンプに、一度も足を向けることはなかった。
 春のミニキャンプには参加していたクラウチだったが、パス力でコーチ陣の評価を高めることはできなかった。チームは新たな控えQB候補として、シンシナティ・ベンガルズを解雇された元ドラフト1巡指名選手、アキーリ・スミスを獲得した。そのほか、昨季の2番手QBであるベテランのダグ・ピーダーソンに、今春のNFL欧州でリーグトップのパス成績を残した2年目クレイグ・ノールも在籍し、QBのポジションの生き残り競争は非常に厳しいものだった。チーム残留の可能性を探って、キックリターナーとしても練習を積んだ。しかし、ヘッドコーチのマイク・シャーマンから、「レギュラーシーズンのロースターには残れない。今季は練習生としてチームに残り、来春はNFL欧州で経験を積むといい」と告げられたとき、クラウチの気持ちは固まった。「もう区切りをつけるべきだ」と。クラウチは、フットボール人生に終止符を打ったのだ。
 「フットボールにもう情熱を注げない、そうクラウチは言った。その決断は尊重したい。今後、彼がパッカーズか、どこか他のチームでプレイを再開したいと思うかはわからない。ただ言えるのは、パッカーズか、他のどこかのチームに、彼の能力についてきちんと判断させるべきだった、ということだ。彼のことをけなすつもりはないけど、彼はオフシーズン通してチーム施設に通って、熱心にフットボールの研究をしていたんだ。もう少し、可能性を探るべきだった」と、パッカーズのエースQB、ブレット・ファーヴは残念がる。
 しかし、クラウチはすでに、第2の人生に足を踏み出したようだ。「フットボールはすばらしいスポーツだ。ゲームの一瞬一瞬を、心から楽しんだ。競争、楽しさ、血と汗と涙。でも永遠に現役ではいれない。ただ、現役生活が長い選手もいれば、短い選手もいるというだけのことだ」。

[2003年7月30日]


back number
「2003年7月30日号」

「2003年7月23日号」

「2003年7月10日号」
「2003年7月7日号」
「2003年7月1日号」
「2003年6月23日号」
「2003年6月12日号」
「2003年6月4日号」
「2003年5月28日号」
「2003年5月22日号」
「2003年5月14日号」
「2003年5月6日号」
「2003年5月1日号」

「2003年4月25日号」

「2003年4月16日号」
「2003年4月11日号」
「2003年4月2日号」
「2003年3月26日号」
「2003年3月20日号」
「2003年3月18日号」
「2003年3月14日号」
「2003年3月11日号」
「2003年3月6日号」
「2003年2月25日号」
「2003年2月10日号」
「2003年2月4日号」
「2003年1月27日号」
「2003年1月16日号」
「2003年1月9日号」
「2002年12月25日号」
「2002年12月20日号」
「2002年12月12日号」
「2002年12月4日号」
「2002年11月28日号」
「2002年11月21日号」
「2002年11月13日号」
「2002年11月7日号」
「2002年10月29日号」
「2002年7月26日号」
「2002年7月15日号」
「2002年6月26日号」
「2002年6月20日号」
「2002年6月3日号」

▲戻る