Thu, 08/28/2003 11:32 am UPDATE
2004シーズン NFLとは NFLヨーロッパ NFLイベント NFLフラッグフットボール サイトマップ
NFLビギナー NFLマニア NFLエンタメ コミュニティレポート NFL JAPAN チアリーダー
   NFL JAPAN top page>NFLマニア>今週のプレイヤー、コーチトピックス
NFLマニア
シーズン関連トピックス
チーム関連トピックス
今週のプレイヤー、コーチトピックス
フランチャイズ物語
NFL戦略アナライシス
ビジネストピックス
コラム
NFL Report Japan

今週のプレイヤー、コーチトピックス


ブロンコス、新エースQB候補を決定か
 
 過去4シーズン、先発QBを務めたブライアン・グリーシーの今オフ中の放出が確実視されているデンヴァー・ブロンコス。その後継候補として、チームは現カーディナルズのジェイク・プラマーに照準を合わせた模様だ。

 01年シーズンには自身初めてTD数(18)がINT数(14)を上回り、懸案の安定感をついに手に入れたかと期待されたプラマーだったが、今季は18TDに20INTと以前のパフォーマンスに逆戻り。しかし、全試合先発をした選手がまったくいないなど、攻撃ラインにケガ人が相次いだあげく、エースWRデイヴィッド・ボストンを筆頭に、フランク・サンダース、マーテイ・ジェンキンズと3番手までのパスターゲットが皆負傷者リザーブ入りして戦線を離脱するなどまさに八方ふさがりの状況で、その低調ぶりをプラマー一人の責任とするのは酷かもしれない。

 今回スーパーボウル優勝を果たしたタンパベイ・バッカニアーズのDEシミオン・ライスは、プラマーの可能性を高く評価する。「俺は『スネーク』(プラマーの愛称)の力を信じている。奴は信頼に足る男だぜ。ただ、環境が悪かったんだ。でも、奴の才能はこれから花開くんだ」。

 ライスも96年にドラフト1巡指名で入団後、2000年までカーディナルズに在籍した選手。98年にはDTエリック・スワン、マーク・スミス、DEアンドレ・ワズワースとリーグ屈指の守備ラインを形成し、プラマー率いる攻撃陣とともに、50年ぶりのチームのプレイオフ勝利に貢献している。しかし翌99年には自己最高の16.5サックをあげながらも、チームは6勝10敗と再びリーグの下位に沈み、「勝てないチームでプレイするつらさ」を誰よりも理解している。

 ライス以外にも、今回リーグ制覇を成し遂げたバッカニアーズには昨オフにFA移籍したRBマイケル・ピットマンも在籍。今スーパーボウルではラン124ヤードを獲得する大活躍を見せており、彼もまた、ライス同様「カーディナルズを出ることで恩恵を得た」選手と言える。

 「毎年のように、選手がカーディナルズから出たがっている。それは、選手の扱われ方がひどいからだ。ビドウィル家(カーディナルズのオーナー一家)は選手をチームに引き留めるために金を払おうとはしないんだ。俺も彼らに捨てられた選手の一人だし、今度はジェイクを捨てようとしている」。

 マイク・シャナハンヘッドコーチ、ゲイリー・クービアック攻撃コーディネイターとウェストコースト攻撃を代表する2人のオフェンス戦術家を擁し、レシーバー陣にもロッド・スミス、エド・マキャフリーのベテラン勢に02年ドラフト1巡指名のアシュリー・レリーと人材豊富なブロンコス。プロのQBとして再起を期すプラマーにとって、これ以上の環境はないと思われる。

 また、ブロンコスの本拠地コロラド州デンヴァーが、プラマーの故郷アイダホ州ボイジに程近いことも、彼のプレイに好影響を及ぼすのではと言われている。今年のFA市場解禁は2月28日。本格的にブロンコスがプラマー獲りへ動けば、いよいよグリーシーの退団は決定的なものとなる。
 
[2003年2月4日]

ライオンズとマリウーチの相思相愛に思わぬ壁
 
 レギュラーシーズン終了から1か月を過ぎたスーパーボウル翌日の1月27日、デトロイト・ライオンズは突如、ヘッドコーチのマーティ・モーニンウェグを解任した。就任以来2シーズンで5勝27敗(敵地では16戦全敗)と惨憺たる成績に終わったモーニンウェグ。しかし、シーズン終了直後には、来季以降の続投を約束されていただけに、今回の展開に、「まったく驚きだ。説明も何もなかった。たった2秒の会話で解任を告げられた」と心境を語った。

 一度は続投が決定しながら、なぜこんな時期に、という印象が強いが、理由ははっきりしている。約10日前、こちらも突如、49ersヘッドコーチを解任されたスティーヴ・マリウーチの存在だ。

 ライオンズのマット・ミレン現社長とマリウーチとは、ミレンが01年に現職に就く以前にFOX局のテレビ解説者をしていた頃からの親友の間柄。ライオンズの社長就任後、ヘッドコーチ候補としてミレンが真っ先に触手を伸ばしたのもマリウーチだった。しかし49ersとの契約下にあるマリウーチを引き抜くことはできず、当時49ersの攻撃コーディネイターだったモーニンウェグを指揮官に招聘したのである。

 そのマリウーチが49ersから放出されたのだから、ミレンにとっては降って湧いた朗報だった。チームの全権を握る球団社長として、就任以来2年間、まったく結果を残せておらず、自身も今季終了後に解任の噂もあっただけに、2003年はミレンにとっても勝負の年。最愛のマリウーチを招き、一気に汚名を拭いたいというところだろう。

 マリウーチにとっても、ライオンズは魅力あるチームと言えるだろう。ブレット・ファーヴ(パッカーズ)、マーク・ブルネル(ジャグワーズ)、ジェフ・ガルシア(49ers)らを育て上げ、QB育成には定評があるマリウーチだが、ライオンズには来季2年目を迎える期待の新星ジョーイ・ハリントンがおり、その手腕を十二分に発揮できる環境がある。また、ミシガン州アイアンマウンテンに生まれ、2部校ながら北ミシガン大学在学中には好パサーとして全米に名を轟かせたこともあるマリウーチ。幼少時よりの大親友で、現ミシガン州立大バスケットボール部ヘッドコーチのトム・イゾーと並び、ライオンズの地元ミシガンの英雄的存在でもある。

 事実、ミレン社長はモーニンウェグ解任発表の席で、「(マリウーチが49ersから解雇されたことは)今回の動きの背景の一つ」とはっきり認めている。まさに相思相愛、一気に新指揮官就任へ、となりそうなところだが、ことはさほど単純ではなかった。

 理由は、この度リーグがヘッドコーチ招聘に関し定めたガイドラインにある。いわく、「ヘッドコーチの選定に際しては、マイノリティ人種(=黒人)の候補と面接を行うこと」。2002年シーズンのNFLで黒人のヘッドコーチが32球団中、わずか2チーム(ジェッツのハーマン・エドワーズとコルツのトニー・ダンジー)しかいなかった現状を改めるべく、人種間差別をなくすためにNFLが課した方針である。

 今回のライオンズの次期ヘッドコーチ候補として、前ヴァイキングス指揮官のデニス・グリーンら黒人コーチの名前もあがったが、皆揃ってライオンズとの面接を拒否している。ライオンズのマリウーチ招聘の意向があまりにもあからさまになったため、面接しても採用される見込みがないと踏んでいるのだ。

 このままではリーグの定める黒人コーチとの面接を行うことができず、ライオンズはマリウーチを次期ヘッドコーチに任命することはできないことになる。自軍アシスタントのシャーマン・ルイスらと面接を行う、という話も出ているが、マリウーチ招聘のためだけの茶番劇に乗ってくるお人好しが出てくるのかは疑わしい。

 悩めるフランチャイズの新体制はいつ固まるのだろうか。
[2003年2月4日]

守備コーディネイター相次ぐ高額契約の背景
 
 スティーヴ・マリウーチ解雇を受け、次期ヘッドコーチ探しを進めているサンフランシスコ49ers。現在候補にあがっている名前は、自軍守備コーディネイターのジム・モーラ、ジェッツ守備コーディネイターのテッド・コトレル、ペイトリオッツ守備コーディネイターのロミオ・クレネル、ベアーズ守備コーディネイターのグレッグ・ブラッシと、ディフェンス専門のコーチばかり。新指揮官には守備畑のコーチを、というのが首脳陣の意向のように見える。

 守備畑のコーチと言えば、今季のNFLで大いに手腕を発揮した2人のビッグネームの名前が浮かぶ。NFC決勝で対戦したタンパベイ・バッカニアーズとフィラデルフィア・イーグルスで両軍の守備を指揮していたモンテ・キフィン、ジム・ジョンソン両守備コーディネイターである。

 強力な守備ラインを軸に、抜群の統率力でリーグのナンバー1守備を築いたキフィンと、これでもかというブリッツ多用戦術でNFLトップの56サックをあげたジョンソン。操る戦術は対照的ながら、ともに現代NFLを代表するディフェンスの専門家として高い評価を集めている。

 当然のように、49ersも新ヘッドコーチ候補として両コーチに触手を伸ばしている。しかし、両名ともその誘いを断り、揃って現所属チームへの残留を選んでいる。

 まずはジョンソンがアシスタントコーチとしてはNFL最高給となる総額360万ドル(約4億3200万円)の4年契約でイーグルスに残留。つづくように、今度はキフィンが年平均でジョンソンの契約の約2倍となる総額510万ドル(約6億1200万円)の3年契約をバッカニアーズと結んで、新たにリーグ最高給アシスタントコーチの座に就いた。

 まさに49ersが両コーチの好待遇を引き出したような形だが、このような守備アシスタントの年俸高騰は、一方でビル・ウォルシュ(現49ersコンサルタント)、マイク・ホルムグレン(現シーホークスヘッドコーチ)以下連綿と続くウェストコースト攻撃系のオフェンスコーチがNFL内の一大勢力としてヘッドコーチの座を席巻していることと密接に関わっている。

 今回、守備コーディネイターと高額契約を結んだバッカニアーズとイーグルスも、ともにジョン・グルーデン、アンディ・リードというホルムグレン門下の攻撃コーチが指揮を執っている。彼らはオフェンスのプレイコールを自ら出す(従来の攻撃コーディネイターの役割を兼任する)一方、ディフェンスの指揮権は守備コーディネイターに一任しているのだ。チーム全体の戦術を監督的な立場で見渡す、といったヘッドコーチの概念は、現代NFLでは必ずしも当てはまらなくなってきているのだ。

 このようにオフェンスのプレイコール権も併せ持つウェストコースト攻撃ヘッドコーチの先駆チームである49ersが、ディフェンス中心の次期指揮官候補選びを行っていることは、大変興味深い。今後も現所属チームとの間で守備コーディネイターの引っ張り合いが見られるかも知れない。
[2003年2月4日]

back number
「2003年7月30日号」

「2003年7月23日号」

「2003年7月10日号」
「2003年7月7日号」
「2003年7月1日号」
「2003年6月23日号」
「2003年6月12日号」
「2003年6月4日号」
「2003年5月28日号」
「2003年5月22日号」
「2003年5月14日号」
「2003年5月6日号」
「2003年5月1日号」

「2003年4月25日号」

「2003年4月16日号」
「2003年4月11日号」
「2003年4月2日号」
「2003年3月26日号」
「2003年3月20日号」
「2003年3月18日号」
「2003年3月14日号」
「2003年3月11日号」
「2003年3月6日号」
「2003年2月25日号」
「2003年2月10日号」
「2003年2月4日号」
「2003年1月27日号」
「2003年1月16日号」
「2003年1月9日号」
「2002年12月25日号」
「2002年12月20日号」
「2002年12月12日号」
「2002年12月4日号」
「2002年11月28日号」
「2002年11月21日号」
「2002年11月13日号」
「2002年11月7日号」
「2002年10月29日号」
「2002年7月26日号」
「2002年7月15日号」
「2002年6月26日号」
「2002年6月20日号」
「2002年6月3日号」

▲戻る