Thu, 08/28/2003 11:35 am UPDATE
2004シーズン NFLとは NFLヨーロッパ NFLイベント NFLフラッグフットボール サイトマップ
NFLビギナー NFLマニア NFLエンタメ コミュニティレポート NFL JAPAN チアリーダー
   NFL JAPAN top page>NFLマニア>今週のプレイヤー、コーチトピックス
NFLマニア
シーズン関連トピックス
チーム関連トピックス
今週のプレイヤー、コーチトピックス
フランチャイズ物語
NFL戦略アナライシス
ビジネストピックス
コラム
NFL Report Japan

今週のプレイヤー、コーチトピックス


チーフス オフの最大の懸案はRB
 
 昨シーズン、リーグ最高の得点力を誇りながら、守備成績が最下位に沈み、プレイオフ進出を逃したカンザスシティ・チーフス。オフにはLBマイク・マスラウスキら自軍の守備選手はきっちりキープする一方、前イーグルスのLBショーン・バーバーを総額3000万ドル(約36億円)の7年契約、前パッカーズのDEヴォニー・ホリデイを総額2130万ドル(約25億5600万円)の5年契約で引き抜き、ディフェンスのテコ入れに動いている。
 しかし、今オフのチーフス最大の懸案は、実はディフェンスではない。1試合平均29.2点を叩き出した攻撃陣、それもその中核であるRBのポジションである。
 昨季、チーフスRBプリースト・ホームズはランで1615ヤード、24TDを獲得、パスレシーブでも70回捕球で672ヤード、3TD獲得と、まさにオフェンスの中心選手として獅子奮迅の活躍を見せ、リーグの最優秀攻撃選手にも選ばれている。しかし、12月15日、第15週のブロンコス戦で背後からタックルを受けた際に臀部を負傷、残り2試合の欠場を余儀なくされている。
 去る3月25日にその負傷箇所の手術を受けたホームズ。今後4週間は松葉杖での歩行となり、チームの春のミニキャンプには欠席するが、6月までには全力で走ることもできる模様。ヘッドコーチのディック・ヴァーミールも「(6月の復帰を)見込んでいる」と語り、不安のないことを強調している。
 他方で、ホームズに関してはもう一つ、懸案がある。契約の問題である。
 2001年にフリーエージェント(FA)でレイヴァンズからチーフスに移籍したホームズ。その際結んだ5年契約は、総額845万ドル(約10億1400万円)と、3月末にジャグワーズのフレッド・テイラーが結んだ総額1681万ドル(約20億1720万円)の5年契約延長と比べて、約半分の待遇である。成績的にはRBとしてリーグトップの実績を残していながら、現状に満足できなくてもある意味当然だ。
 しかし、チーフス側はホームズの契約更新の要望を飲まない意向を表明。残り3年を残している現契約を続行する判断を、とりあえずは下している。これに対し、ホームズが不満を訴えホールドアウト(チーム合流拒否)を行う可能性もある。
 ケガの回復が遅れるか、または契約問題でこじれるか、いずれにせよ、新シーズンのチーフスが不動のエースRBを欠いた状態での戦いを強いられるというのも、あながち考えられないことではないのだ。
 その可能性も視野を入れ、オフのFA市場でチーフスはベテランのRB獲得へ積極的に動いている。しかし前カウボーイズのエミット・スミスや前イーグルスのドーシー・レヴェンズらは他チームとの契約に合意、最も強力にアプローチをしていた前ビルズのショーン・ブライソンへは契約提示にまで至ったものの、その申し出をブライソン側が拒否、結局ブライソンはライオンズとの1年契約を選択している。
 目前に迫ったドラフト上位でチーフスがRB指名を行う可能性もあるが、あくまでエースRBはホームズであり、そのホームズに万一のことがあった場合、即座にその穴を埋められる存在として、プロでの経験豊富な人材の獲得が望ましいとチーフスは考えている。6月1日以降にサラリーキャップ対策で各チームから解雇される、『フリーエージェント第2幕』の選手たちがそのターゲットとなりそうだ。
[2003年4月11日]

何に代えても欲しい? ドラフト1巡・上位指名権
 
 開催まで3週間を切った2003年NFLドラフト(現地4月26〜27日)。FAによる戦力補強も大方落ち着き、NFLの32チームは大学界トッププレイヤーの吟味を集中的に行っている季節だ。
 中でも注目を集めるのは、今シーズンから即戦力として活躍が期待される1巡目のドラフト指名。昨季の大学界の最優秀選手に選ばれた南カリフォルニア大QBカーソン・パーマー、ミシガン州立大WRチャールズ・ロジャーズ、アリゾナ州立大DEテレル・サッグスら有力プレイヤーがどのNFLチームに入団することになるのか、今後ドラフト当日まで、話題は持ちきりとなるだろう。
 ドラフト1巡指名権は他の指名権と同様、当然のごとくNFLの全32チームに均等に割り当てられる。が、NFLのドラフト指名順は完全ウェーバー制であるため、昨季のリーグ最低勝率だったベンガルズが第1巡の1番目に指名を行い、スーパーボウル優勝チームのバッカニアーズが1巡目のラスト、32番目に指名を行うこととなる(ただし、バッカニアーズは昨オフにジョン・グルーデンを新ヘッドコーチとして引き抜く代償に、この指名権をレイダースへ譲渡してしまっている)。
 そして、本当の意味でルーキー・シーズンからNFLでインパクトを与えられる活躍をできる逸材は、毎年10人程度と言われている。つまり、同じドラフト第1巡と言えども、指名順の上位と下位とでは、その価値には大きな開きがある。特にドラフト上位10番目以内の指名権は、何にも代え難い大切な権利なのだ。
 昨年のドラフトでは、全体の8番目とすでに上位の1巡指名権を有していたチーフスが、ノースキャロライナ大DTライアン・シムズ獲得のため、3巡指名権、2003年の6巡指名権をカウボーイズに譲渡、カウボーイズが有していた全体6番目の1巡指名権を手に入れた。
 実際に指名権のトレードが実現するかどうかは別として、こうした各球団間の指名権交換の噂も、ドラフト当日までの話題の中心的存在となる。
 すでに出てきている噂としては、バッカニアーズがスターDTウォーレン・サップをベンガルズにトレードし、先述の通りベンガルズが保有しているドラフト1巡目のトップ指名権を獲得する、というもの。バッカニアーズではサップともう一人のDTアンソニー・マクファーランドが今季、契約最終年となる。今季終了後までに契約更改が成されなければ、両選手ともFA資格を得るのだ。当然、サラリーキャップの厳しい制約下にある現行制度の下では、一つのチームが高額な選手を何人も抱えていることはできない。2人のうち、30歳とより高齢なサップを放出し、25歳のマクファーランドとの長期契約合意を目指すのでは、というのがこの噂の背景だ。
 この噂は、即座にベンガルズ指揮官マーヴィン・ルイスによって「間違った情報だ」と否定された。しかし、こうした噂は次から次へ、リーグの至るところから噴出するものだ。
 ヴァイキングスがエースQBダンテ・カルペッパーをカーディナルズへトレード、カーディナルズの持つドラフト1巡6番目の指名権獲得を目指しているとの噂も聞かれるようになった。カルペッパーもバッカニアーズの2選手と同様、2003年シーズンが契約最終年。高額の契約を強いられるより、トレードで得られた指名権で先述のパーマーに続く今ドラフト2番目評価のQBバイロン・レフトウィッチ(マーシャル大)を獲得した方が良い、とヴァイキングスが考える可能性もあり得るからだ。
 生まれては消え、生まれては消え、を繰り返すこうした噂。ドラフト当日までに実際に成立するトレードはいくつあるのだろうか。
[2003年4月11日]

NFLドラフト展望: 注目の兄弟選手[3]
 
 ジョージア大学フットボールにとって、マット・スティンチコムは特別な存在だった。1995年から98年まで在籍し、強力攻撃ラインの核として活躍。4年生時のミシシッピ大学戦に肩の負傷で欠場するまで、1年生時より通算33試合連続先発出場を記録した鉄人ラインで、全米最優秀ラインマンに与えられるロンバルディ賞の最終選考にまで残った。
 一方で、学業においてもスティンチコムの優秀さは群を抜いていた。経営学専攻で成績は3.96のGPA(GPA4.00が日本で言うところの『オール“優”』)。ナショナル・フットボール基金の大学院奨学金1万8000ドル(約216万円)を獲得した。
 大学卒業後、99年のドラフト1巡でオークランド・レイダースに指名され、プロフットボール選手としての道を歩んだスティンチコム。しかし、プロ生活を終えた後には、この奨学金で経営学大学院に進学、MBA(経営学修士)の学位を目指すという。まさに、文武両道を地でいくアスリートなのだ。
 そのスティンチコムの歩んだ道に、続く者が現れた。ジョン・スティンチコム、マットの2歳年下の実弟である。
 ジョンも兄同様、ジョージア大の攻撃タックルとして大学4年間通算で40試合に先発出場。同校の所属リーグSECトップの1試合平均32.1得点をマークした爆発的攻撃力の立役者となり、ジョージア大を20年ぶりのSEC王座に導いた。兄が最終選考に残ったロンバルディ賞選考でも、第2次審査まで残った。
 大学でのジョンの専攻は微生物学。ここでも兄マットに負けない優秀ぶりを発揮し、GPAは3.75。兄に続いてナショナル・フットボール基金奨学金を獲得している。
 「もちろん、フットボール選手生活は続けたい」とNFL入りの意気込みを語るジョン。「だけど、フットボールを引退したら、すべての時間と努力を医者になるために捧げたい」。兄同様、奨学金の使い道はすでに決めてある。
 プレイスタイルもマットに近く、長身で長いリーチから繰り出すパスブロックが魅力。NFLのタックルとしては軽量だが、俊敏な動きとテクニックで敵のパスラッシュを封じる。兄はレイダース入り後、タックルとしては伸び悩み、ガードやセンターとして出場機会を探っている現状だが、ジョンは攻撃ラインの最重要ポジションである左タックルをプレイできる素材として、兄以上のポテンシャルを持つとも評価されている。その類い希な運動能力と知性が、NFLのフィールドで発揮される日は近い。

[2003年4月11日]


back number
「2003年7月30日号」

「2003年7月23日号」

「2003年7月10日号」
「2003年7月7日号」
「2003年7月1日号」
「2003年6月23日号」
「2003年6月12日号」
「2003年6月4日号」
「2003年5月28日号」
「2003年5月22日号」
「2003年5月14日号」
「2003年5月6日号」
「2003年5月1日号」

「2003年4月25日号」

「2003年4月16日号」
「2003年4月11日号」
「2003年4月2日号」
「2003年3月26日号」
「2003年3月20日号」
「2003年3月18日号」
「2003年3月14日号」
「2003年3月11日号」
「2003年3月6日号」
「2003年2月25日号」
「2003年2月10日号」
「2003年2月4日号」
「2003年1月27日号」
「2003年1月16日号」
「2003年1月9日号」
「2002年12月25日号」
「2002年12月20日号」
「2002年12月12日号」
「2002年12月4日号」
「2002年11月28日号」
「2002年11月21日号」
「2002年11月13日号」
「2002年11月7日号」
「2002年10月29日号」
「2002年7月26日号」
「2002年7月15日号」
「2002年6月26日号」
「2002年6月20日号」
「2002年6月3日号」

▲戻る