Thu, 08/28/2003 11:35 am UPDATE
2004シーズン NFLとは NFLヨーロッパ NFLイベント NFLフラッグフットボール サイトマップ
NFLビギナー NFLマニア NFLエンタメ コミュニティレポート NFL JAPAN チアリーダー
   NFL JAPAN top page>NFLマニア>今週のプレイヤー、コーチトピックス
NFLマニア
シーズン関連トピックス
チーム関連トピックス
今週のプレイヤー、コーチトピックス
フランチャイズ物語
NFL戦略アナライシス
ビジネストピックス
コラム
NFL Report Japan

今週のプレイヤー、コーチトピックス


アリゾナに新たな地元スター誕生か?
 
今週末のドラフトで上位指名が予想されるアリゾナ州立大のDEテレル・サッグス
 先月、待望の新スタジアム建設案を発表したアリゾナ・カーディナルズ。現在使用している本拠地サンデヴィル・スタジアムは周知の通り、アリゾナ州立大学のキャンパス内に位置する同大学フットボール・チームのホームスタジアムだ。
 昨シーズンまで、カーディナルズにはそのアリゾナ州立大をローズボウル出場に導いたスターQBであり、97年のドラフト2巡で入団したジェイク・プラマーが在籍してきた。そのプラマーが今オフ、フリーエージェント(FA)でブロンコスに移籍。戦力の再建途上にあるチームにとって、新たにチームの「顔」となれる選手の台頭が切望されている。
 今週末に迫った2003年のNFLドラフトに、その看板選手となり得る選手がエントリーしている。プラマーと同じくアリゾナ州立大出身のDEテレル・サッグスである。
 昨シーズン、3年生のサッグスはNCAA1部A記録となるシーズン24サックを記録、大学界随一のパスラッシャーとして全米にその名を轟かせた。身長191センチ、体重117キロと守備ラインマンとしては計量だが、敏捷性とスピードでQBサックを量産するスピード派DEだ。ちょうど、一昨年のシーズンに大学界トップの17.5サックをマークし、昨年のドラフト1巡でコルツ入りしたドワイト・フリーニーに似たタイプ。身長185センチのフリーニーもプロ入りの際に上背のなさが懸念されたが、ふたを開けてみればシーズン中盤以降、スターターの座を獲得し、チーム1位の13サックをあげる期待以上の活躍ぶりだった。
 計量ながら抜群のスピードとパスラッシュのセンスを生かせるポジションとして、近年NFLで再び勢力を増しつつある3−4守備隊形(守備ライン3人、ラインバッカー4人を配する守備フォーメーション)のアウトサイド・ラインバッカーが適任と見られていた。事実、ベンガルズ、ライオンズに次ぎ今ドラフトで3番目の1巡指名権を持つヒューストン・テキサンズが、3−4守備のアウトサイドLBとしてサッグス指名を検討していたという。
 ところが、ドラフト前にNFL各チームのスカウト陣を前にサッグスが行ったワークアウトで、40ヤード走のタイムは4秒9前後。サッグス側が触れ込み4秒6、4秒7にはほど遠く、期待されたほどのスピードがないことが明らかになってしまった。この数字に、サッグスのLB起用を検討していたテキサンズは指名を回避するものと見られている。
 そんな中、全体の6番目の1巡指名権を持つカーディナルズに一転、当初は不可能と見られていたサッグス獲得の可能性が見えてきたのだ。
 昨シーズンのチームの総QBサック数がリーグ最低のわずか21個に終わったカーディナルズ。建て直しが急務のディフェンスにあって、特に懸案なのがパスラッシュ力不足だ。もしカーディナルズの指名順までサッグスが指名されずに残っていたとすれば、指名せずにはおれない人材だ。
 「試合終盤にパスラッシュで勝敗を決定づけられる選手がいれば、それは大きなアドバンテージとなる」とカーディナルズのヘッドコーチ、デイヴ・マッギニスはパスラッシャーを獲得することの意義を語る。QBプラマーに代わる新たな「サンデヴィルの英雄」として、稀代のサック・アーティスト、サッグスがカーディナルズの守備復活の大任を担っていく可能性は大いにある。
[2003年4月25日]

また一人、プロ野球界からの転身プレイヤー
 
テネシー大WRケリー・ワシントン
 スポーツのシーズン制が確立しているアメリカでは、高校、大学時代に複数のスポーツで活躍する選手は珍しくない。過去には、ボー・ジャクソン(元レイダース)やディオン・サンダース(元レッドスキンズほか)のように、NFLとメジャー・リーグ・ベースボールという2つのプロスポーツを掛け持ちする選手すらも存在した。
 現在も掛け持ちでこそないものの、カウボーイズのQBチャド・ハッチンソンは2001年にセントルイス・カーディナルズでメジャー・デビューを果たした後にNFL入り。ほかにもドルフィンズのRBリッキー・ウィリアムズ、パンサーズのQBクリス・ウィンキのようにプロ野球界を経験した後にNFL入りした選手は少なくない。
 今週末の2003年ドラフトでも、同様にプロ野球界からの転身を図ろうとしているアスリートがいる。テネシー大のWRケリー・ワシントンである。
 ワシントンは1979年4月21日、ヴァージニア州スティーヴンズシティで生まれた。父親はおらず、母親、祖母、曾祖母に育てられた。シェランド高時代はQBとセーフティのポジションで活躍、最終学年時にはパス1887ヤード、20TDを記録するとともに、同校記録の9インターセプトをマークした。
 しかし、97年、メジャー・リーグのフロリダ・マーリンズからドラフト10巡で指名を受けると、ワシントンはホフストラ大学(NCAA1部AA所属)からのフットボール奨学金の申し出を断り、家計を助けるためにプロ野球界へ身を投じた。
 しかし、ワシントンにとってプロ野球界は甘くなかった。マーリンズ傘下のマイナー球団、A級ケインカウンティ・クーガーズで4年間プレイし、通算打率.213、9本塁打、98打点。21歳のとき、ベースボールで壁にぶち当たったワシントンは、大学へ進学し、再度フットボールをプレイすることを志す。
 プロ野球界でのキャリアを中断するからには、弱小校でのプレイは我慢ならない。ワシントンはヴァージニア大、ルイジアナ州立大、マイアミ大、ノースキャロライナ大といったそうそうたる有名大学に手紙を送った。しかし、どのチームもワシントンに関心を示してはくれなかった。唯一、ワシントンに興味を持ってくれたチームが、テネシー大学だった。ワシントンの高校時代のコーチ、ウォルター・バーと同大学の守備バックコーチ、ラリー・スレイドが選手時代からの旧知の仲だったことが追い風になった。
 奨学金のない自主入部でテネシー大フットボールに参加したワシントンは、「21歳の1年生」として即戦力の活躍を見せる。鍛え上げられた身長188センチ、体重101キロの体躯と、40ヤードを4秒45で駆け抜けるスピードを生かし、大学1年目から全試合に出場。うち5試合に先発を果たし、レシーブ64回、1010ヤード獲得(5TD)の活躍で大学フットボール界に旋風を巻き起こした。
 大学2年目の昨季はケガのためわずか4試合の出場に留まったが、23歳を迎えたワシントンにとって、NFL入りの気は熟していた。「家族、チーム、そして僕自身にとってベストの選択をしたつもりだ」とワシントンは語った。
 大学入学当時、ワシントンはこう口にしていた。「毎日の練習前、試合前に、僕は家族のためにいつでも死ねる、という覚悟を決めている。そうやって一日一日、乗り越えてきたんだ。僕の願いは、母親が最高に幸せに暮らしてほしい、ということだけだ」。
 愛する母のため、ベースボールでは叶わなかったスター選手への道を、フットボールのフィールドに舞台を変えて再度目指すワシントン。愛する母のため、挑戦をつづけるワシントンの勇姿を、私たちは間もなく目にすることができる。
[2003年4月25日]

NFLドラフト展望: 注目の兄弟選手[5]
 
レッドスキンズCBチャンプ・ベイリーの弟、ジョージア大LBボス・ベイリー
 2000年度スーパーボウルのMVPに輝いたボルティモア・レイヴァンズのレイ・ルイス、昨季チャンピオン、バッカニアーズ強力守備の中核であり、2002年度リーグ守備MVPに輝いたデリック・ブルックス。両者に共通することは、それまでのラインバッカーのイメージを完全に塗り替えたということだ。
 ラインバッカーはラン守備のスペシャリスト、そんなイメージはなお強く残っている。身長6フィート4インチ(約193センチ)、体重250ポンド(約113キロ)という数字が、今もこのポジションの理想的サイズとして挙げられることも少なくない。そこで想起されているのは、往年のシカゴ・ベアーズの名LBディック・バトカスのような大男の姿だろう。
 しかし時代は変わり、パス主体のオフェンス戦術の広がりとディフェンスにおけるスピードの強調が、ルイスやブルックスのような新たなタイプのラインバッカーを生んだ。小柄ながら抜群のスピードと運動量でフィールドの端から端までカバーする。ブルックスに至っては身長は180センチをかろうじて超える程度、体重も100キロそこそこである。10年前ならセーフティをプレイしているような選手が、今はラインバッカーとして活躍をしているのだ。
 ジョージア大学のLBボス・ベイリーも、そうした軽量ラインバッカーの一人。身長こそ190センチを超えるが、体重は230ポンド=104キロ程度。事実、今ドラフトでベイリーに関心を示しているNFLチームの中には、セーフティ起用を前提としているチームもあるくらいだ。
 大学時代のベイリーは、主にストロングサイドの守りを担当していた。スピードがありパスカバー能力に長けるベイリーは、対戦相手のTEをことごとく完封してみせた。「もちろん、プロではラインバッカーがやりたい。でも、レシーバーをマンツーマンでカバーできる力も僕にはある。パスカバーを命じられたら、やってのける自信はある」とベイリーは語る。
 しかし、NFLスカウトの目から見たベイリーは、ブルックスがバッカニアーズでプレイしているのと同じ、ウィークサイドのラインバッカーのポジションが最適、というものだ。スピードだけでなく、ベイリーの魅力はその跳躍力。かつてジョージア大フットボールチームの垂直跳の記録は42インチ(約107センチ)。ベイリーと、その実兄であり、現在はワシントン・レッドスキンズで活躍するCBチャンプ・ベイリーが打ち立てた記録だ。その記録を昨年、WRのレジー・ブラウンが0.5インチ上回った。
 ベイリー家の誇りにかけて、また自らの運動能力への自負をかけて、ベイリーは直後に46インチ(約117センチ)の大ジャンプをチームの皆の前で披露したのだ。これは、プロバスケットボールNBAの選手たちにも決して引けをとらないほどの跳躍力である。
 その運動能力を生かし、大学時代にはほとんど見られなかったパスラッシュでも活躍させたい、というのがベイリーをウィークサイド起用したがるNFLチーム側の意図と言えるだろう。
 ベイリーの本名はロドニー・ベイリー。兄ローランドが母親から「チャンプ」のニックネームを与えられたように、ロドニーは祖母から「ボス」と綽名された。「親分」の名を持つスピード派ラインバッカーが、「王者」の名を持つ兄とともに、NFLのフィールドでその実力を見せつける日は近い。

[2003年4月25日]


back number
「2003年7月30日号」

「2003年7月23日号」

「2003年7月10日号」
「2003年7月7日号」
「2003年7月1日号」
「2003年6月23日号」
「2003年6月12日号」
「2003年6月4日号」
「2003年5月28日号」
「2003年5月22日号」
「2003年5月14日号」
「2003年5月6日号」
「2003年5月1日号」

「2003年4月25日号」

「2003年4月16日号」
「2003年4月11日号」
「2003年4月2日号」
「2003年3月26日号」
「2003年3月20日号」
「2003年3月18日号」
「2003年3月14日号」
「2003年3月11日号」
「2003年3月6日号」
「2003年2月25日号」
「2003年2月10日号」
「2003年2月4日号」
「2003年1月27日号」
「2003年1月16日号」
「2003年1月9日号」
「2002年12月25日号」
「2002年12月20日号」
「2002年12月12日号」
「2002年12月4日号」
「2002年11月28日号」
「2002年11月21日号」
「2002年11月13日号」
「2002年11月7日号」
「2002年10月29日号」
「2002年7月26日号」
「2002年7月15日号」
「2002年6月26日号」
「2002年6月20日号」
「2002年6月3日号」

▲戻る