Thu, 08/28/2003 11:35 am UPDATE
2004シーズン NFLとは NFLヨーロッパ NFLイベント NFLフラッグフットボール サイトマップ
NFLビギナー NFLマニア NFLエンタメ コミュニティレポート NFL JAPAN チアリーダー
   NFL JAPAN top page>NFLマニア>今週のプレイヤー、コーチトピックス
NFLマニア
シーズン関連トピックス
チーム関連トピックス
今週のプレイヤー、コーチトピックス
フランチャイズ物語
NFL戦略アナライシス
ビジネストピックス
コラム
NFL Report Japan

今週のプレイヤー、コーチトピックス


大物2世QBが東京ドームにやってくる!
 
NFL TOKYO2003でのNFLデビューが予想される、バッカニアーズのドラフト3位指名QBクリス・シムズ
 今年の8月2日・土曜日、東京ドームで開催されるアメリカンボウル『NFL Tokyo 2003』で来日が決定している前年度リーグ王者タンパベイ・バッカニアーズ。NFLのディフェンディング・チャンピオンが、連覇へ向け戦力をどれだけ整えてきているのか、注目が集まるプレシーズンの一戦だ。
 チャンピオン・チームだけあって現時点でチーム力に穴はさほどないが、長期的に見るとQBのポジションにいささか不安を抱えている。
 現在のエースQBは、ミスのないプレイで爆発力不足のオフェンスを効率的に機能させたベテラン、ブラッド・ジョンソン。今季開幕直後に35歳を迎える年齢もさることながら、昨季もレギュラーシーズン3試合に欠場を強いられるなどケガの不安が常につきまとう。今後何年も、ジョンソンに頼ることはできない。
 その懸案をクリアすべく、現地4月26、27両日に開催された2003年NFLドラフトで、バッカニアーズは大学界を代表する大型パサーを指名した。クリス・シムズ、22歳。テキサス大出身のサウスポーである。
 かつてニューヨーク・ジャイアンツで名QBとして活躍し、第21回スーパーボウルではMVPに輝くパフォーマンスでチームを優勝に導いたフィル・シムズ。現在はテレビネットワーク局CBSの看板解説者としてファンにもおなじみだが、クリスはそのシムズの息子にあたる。
 高校時代から父親譲りの長身、強肩で全米にその名を轟かせていたクリス。大学進学時はNFL入りしたペイトン・マニング(現コルツ)、ティー・マーティン(前スティーラーズ)らを継ぐべくテネシー大への進学がほぼ決まりかけていたが、一転アメリカ中西部の名門校テキサス大への入学を発表。3年生時の2001年から本格的にスターターの座を手にし、大学キャリア通算でチームを26勝5敗の好成績に導いている。
 素材だけ見れば、明らかにドラフト1巡指名を受けてもおかしくない素材。もしその通りの評価を今回のドラフトで受けていたなら、バッカニアーズ入団は実現しなかっただろう。バッカニアーズは昨シーズンオフにオークランド・レイダースからジョン・グルーデンヘッドコーチを引き抜くため、今年のドラフト1巡指名権も譲渡してしまっていたからだ。
 しかし、クリスの評価は、大学通算パス7097ヤード、58TDを記録した実績にもかかわらず伸び悩んだ。原因は、重要なゲームで勝てない、というレッテルである。特に、所属リーグ「ビッグ12」南部地区のライバル校、オクラホマ大学戦は01年、02年ともに連敗、ファンの期待する全米王座はおろか、ビッグ12チャンピオンにすら名門チームを導けなかった。加えて、「あのフィル・シムズの息子」、という本人にとってははた迷惑かもしれない看板も常につきまとった。4年前にはクリスの入学に沸いていた大学町テキサス州オースティンは、今や彼に「期待はずれ」の烙印を押してしまっていた。
 精神面でのタフさに欠ける、チームを勝たせることができない、こうした定評のため、今回ドラフトトップ指名を受けたカーソン・パーマー(南カリフォルニア大→ベンガルズ)やバイロン・レフトウィッチ(マーシャル大→ジャグワーズ)、カイル・ボーラー(カリフォルニア大→レイヴァンズ)からクリスは大きく引き離されてしまった。
 それでも、ドラフト1巡下位から2巡目あたりには指名されるのではないか、それがドラフト評論家の一般的なクリス評価だった。それが、ドラフト1日目の最終指名順、ドラフト3巡目、全体の97番目の指名権が来るまで、クリスは指名されることがなかった。ドラフト開始から半日近く、スポーツ専門テレビ局ESPNのドラフト中継を見ることに嫌気がさしたクリスは、途中からプロバスケットボールNBAのプレーオフ中継にチャンネルを変えてしまったそうだ。
 こうして、その日最後の指名権で、バッカニアーズはクリスを指名した。「彼はドラフト評論家だの、専門家たちが間違っていた、もっと高い順位で指名すべき選手だったと証明したくてしょうがないはず」。指揮官グルーデンはそうクリスの思いを代弁した。クリスも「グルーデンコーチのすばらしいところは、厳しい批判にさらされている僕の境遇を理解してくれていることだ。周りは敵ばかり、そんな状況で、これからは彼と一緒に、批判が誤りだったと証明できればと思う」と、指揮官の心意気に心酔した様子だ。
 昨シーズンの2番手QB、ロブ・ジョンソンがフリーエージェント(FA)でレッドスキンズに移籍。その穴を埋めるため、今オフにバッカニアーズは昨季3番手のショーン・キングと再契約するとともに、前ベアーズのジム・ミラー、前レッドスキンズのシェイン・マシューズと他チームでスターターを務めていたベテラン選手を獲得した。そのため、実際に今ドラフトにおいては、QB指名の優先順は低かったが、クリスほどの人材が自チームの指名順までの残っていたとなれば、指名せずにはおれない。ドラフト終了後間もなく、バッカニアーズはマシューズを解雇し、将来のエースQBとして、クリス育成の体制が急速に整いつつある。
 「彼がここタンパで、その潜在能力を開花させるチャンスは大いにある。少なくともこの指名が正しいものだと証明するために、我々が全力を尽くすということだけは約束できる」。QB育成に絶対の自信を持つグルーデンのこの言葉が、クリスにとって何よりの支えとなっていくだろう。そして8月、東京ドームがクリスが初めてプレイするNFLのフィールドとなる。
[2003年5月1日]

「FA第2ラウンド」間近。ドルフィンズQB動向
 
ドルフィンズを解雇されたQBレイ・ルーカス
 NFLにもフリーエージェント(FA)制がかなり浸透し、オフシーズンのタイムテーブルもかなり確定してきた。今オフも3月のFA解禁、4月下旬のドラフトとオフシーズンは進行し、次に大きな分岐点を迎えるのは6月1日となる。
 この日を境に、各チームの契約下にある選手の給料をサラリーキャップ枠に加算する額が変動する。通常、複数年契約を結んでいる選手は年俸のほか、契約締結時に「サイニング・ボーナス」(=契約金)を手にする。この契約金はもちろん、契約を結んだ時点で球団から支払われるものだが、だからといって、その年のサラリーキャップにその全額が加算されてしまうわけではない。契約金はその額を契約期間の年数で割った数だけ、その年のサラリーキャップ枠に加算される。つまり、契約2年目以降も同じ額ずつ、その年の年俸にプラスされてサラリーキャップ加算額となるのだ。
 ただし、それは選手が契約年数を全うした場合の話。複数年契約の年数が残っている状態でチームが選手を解雇した場合、その後加算されるはずだった契約金支払い額はどうなってしまうのか。
 5月31日以前に複数年契約下にある選手をチームが解雇した場合、サラリーキャップ未加算分の契約金額が残りまとめてその年のサラリーキャップに加算されてしまう。例をあげると、ある選手がチームと5年契約を結び、500万ドルの契約金を手にしたとする。この500万ドルは、契約期間5年間に割り振られ、1シーズンあたり100万ドルがサラリーキャップに加算される。しかし、その選手が契約3年目を終えた時点でチームから放出された場合、キャップに未加算だった契約金額の残り200万ドルがその年のサラリーキャップに反映されてしまう。つまり、契約金分だけ見れば、前年の倍額がキャップに加算されてしまい、選手を解雇しているにもかかわらず、キャップに加算される額は増えるという逆転現象が起きてしまう。これでは、不要な選手でもおいそれと解雇できなくなってしまう。
 この状況が、6月1日以降になると一変する。この日以降に解雇された場合は、契約金額をサラリーキャップに加算する額を翌年に繰り越せるのだ。つまり、先の例でいくと、今年の加算額は前年までと同様100万ドル。翌年に残り100万ドルがサラリーキャップに加算されるので、より解雇がしやすくなる。
 これが、俗に言われる「FA第2ラウンド」、6月1日以降に解雇される選手が続出する仕組みである。また、この対象となるのは高額の長期契約を過去に結んだ選手が主に対象になるため、自然とベテランのスター選手が続々FA市場に流れ込んでくることとなる。現在の戦力の穴を埋めてくれる即戦力の選手を補強するのに、この「FA第2ラウンド」は最適なのだ。
 そして、ドラフトが終了した今、NFLの各チームは早くもこの6月1日以降を見込んだ戦力補強策に焦点を移している。ドラフト終了の翌日、現地4月28日の月曜日に、マイアミ・ドルフィンズがQBレイ・ルーカスを解雇したのもその関係である。
 昨シーズンのドルフィンズはエースQBのジェイ・フィードラーがケガのため6試合先発を外れ、ルーカスが代役を務めた。その間、チームは2勝4敗と不振に陥り、そのことがプレーオフ進出を逃すことにつながってしまった。そもそもルーカスは1999年にジェッツで9試合先発した実績を買われ、フィードラーの控え役として2年前にドルフィンズに引き抜かれたが、そのルーカスがこの体たらくでは、また次にフィードラーがケガに見舞われたときのことを考えると大きな不安点となる。
 そこでドルフィンズはルーカスを放出し、6月以降のFA第2ラウンドで彼に代わる2番手QBを補強しようと考えたのだ。そして、その候補としてかねてより名があがっているのが、現ブロンコスのブライアン・グリーシーである。
 かつてドルフィンズを2度の全米王座に導いた名QBボブ・グリーシーの息子であるブライアンは、すでにブロンコスの来季構想からは外れている。ブロンコスは今オフ、前カーディナルズのジェイク・プラマーをFAで獲得、新エースQBに据えている。ただ、グリーシーは2年前、ブロンコスと総額3900万ドル(約46億8000万円)の6年契約を結んでしまっているため、今は解雇されずにいるのだ。6月1日以降、グリーシーが解雇されるのは確実。今回のドルフィンズの動きは、そのことを見越した上での判断なのだ。
 一方、今回解雇されたルーカスは、ジェッツでの恩師でもあるビル・パーセルズが新指揮官に就任したダラス・カウボーイズ入りも噂されている。チャド・ハッチンソン、クウィンシー・カーターと実績に乏しい若手QBしかいないチーム状況を考えると、ルーカスが一躍、新スターターの座を射止める可能性もゼロとは言えない。
 ドルフィンズが目論見通り、かつての名シグナルコーラーの血を受け継ぐグリーシーを獲得できるのか。また、ルーカスは新たな働き場を見つけられるのか。すでにFA第2ラウンドの序章の幕は上がっている。
[2003年5月1日]

大学プレイ経験なし。フープ界からNFLへの転身
 
コルツTEマーカス・ポラードも大学時代にフットボールのプレー経験がない
 近年でこそカナディアン・フットボール・リーグ(CFL)に加え、日本人選手も参戦しているNFL欧州リーグやアリーナ・フットボール・リーグ経由でのプレイ経験を経てNFL定着を果たす選手も増えてきているが、メジャー・リーグ・ベースボールのようなマイナー組織を持たないNFLにとっては、選手の供給元は自ずから大学フットボール界に限られてしまう(ドラフトへのエントリー資格は高校卒業後3年を経なければ与えられないため、高校生のドラフト指名は制度的に不可能)。
 当然、今春に大学界からNFL入りする選手たちも、皆大学フットボール界でのプレイを積んできた選手である。そんな中、大学でのフットボール経験のない異色の選手がNFLチームと契約を果たした。
 FA制度施行前の1992年までは各チーム12巡までの指名権があったドラフトも、FA制度の採用とともに93年に8巡、94年以降は7巡までに減らされた。当然、ドラフト経由で各チームが確保できる選手の数は減り、これだけではオフシーズンの選手登録枠80人を埋めることはできなくなってしまう。そこでそれまで以上にドラフト外入団選手の重要性が高まり、選手によってはドラフト7巡で指名を受けた選手以上の契約金でドラフト外選手の獲得競争が起こることも珍しいことではなくなってきた。
 また、こうしたドラフト外選手は各チームのスカウトの腕の見せ所でもある。他チームからは注目されていない人材に密かに目をつけ、一流選手へと育て上げられることもある。昨年度プロボウルに選出を受けた選手の中にも、チーフスRBプリースト・ホームズ(97年レイヴァンズ・ドラフト外入団)らドラフト外でNFL入りした選手の顔ぶれがあった。
 そんなドラフト外選手として、ドラフト翌日の4月28日、ケント州立大のアントニオ・ゲイツがサンディエゴ・チャージャーズと2年契約を果たした。チャージャーズではTEとしてのプレイが予定されているゲイツだが、フットボールをプレイするのは何と高校時代以来となる。
 高校卒業後、一度はフットボールを志し、ミシガン州立大に進学。しかし一学期間を過ごしたのみで東ミシガン大に転校し、その後はバスケットボールに専念することとなった。1年後の2001年度にオハイオ州にあるケント州立大に転校。いきなりその年からフォワードとして活躍し、チームのNCAAトーナメント準々決勝進出に貢献した。
 大学最終学年の2002年度も、2年連続のNCAAトーナメント進出こそならなかったものの、全31試合に先発出場し、自慢のリバウンド力でチームのミッド・アメリカン・カンファレンス(MAC)東部地区優勝の原動力となった。身長196センチ、体重113キロの恵まれた体躯を持ち、バスケットボール仕込みの跳躍力と高い位置での玉際の強さに期待が集まっている。
 大学時代にフットボール経験がない選手と言えば、インディアナポリス・コルツのTEマーカス・ポラードの名が思い浮かぶ。彼もゲイツ同様、大学で2年間バスケットボール・チームのレギュラーを務めた後、95年にドラフト外でコルツに入団。練習生を経て、新人年から8試合に出場を果たしている。その後の活躍は周知の通り。パスレシーブ能力に関してはリーグ屈指の実力を持ち、QBペイトン・マニング率いるコルツの爆発的パス攻撃の一翼を担うまでになっている。
 ゲイツがポラードのようなサクセス・ストーリーを歩めるのか。まずは夏のトレーニング・キャンプでチーム残留を果たすことが第一歩となる。

[2003年5月1日]


back number
「2003年7月30日号」

「2003年7月23日号」

「2003年7月10日号」
「2003年7月7日号」
「2003年7月1日号」
「2003年6月23日号」
「2003年6月12日号」
「2003年6月4日号」
「2003年5月28日号」
「2003年5月22日号」
「2003年5月14日号」
「2003年5月6日号」
「2003年5月1日号」

「2003年4月25日号」

「2003年4月16日号」
「2003年4月11日号」
「2003年4月2日号」
「2003年3月26日号」
「2003年3月20日号」
「2003年3月18日号」
「2003年3月14日号」
「2003年3月11日号」
「2003年3月6日号」
「2003年2月25日号」
「2003年2月10日号」
「2003年2月4日号」
「2003年1月27日号」
「2003年1月16日号」
「2003年1月9日号」
「2002年12月25日号」
「2002年12月20日号」
「2002年12月12日号」
「2002年12月4日号」
「2002年11月28日号」
「2002年11月21日号」
「2002年11月13日号」
「2002年11月7日号」
「2002年10月29日号」
「2002年7月26日号」
「2002年7月15日号」
「2002年6月26日号」
「2002年6月20日号」
「2002年6月3日号」

▲戻る