Thu, 08/28/2003 11:35 am UPDATE
2004シーズン NFLとは NFLヨーロッパ NFLイベント NFLフラッグフットボール サイトマップ
NFLビギナー NFLマニア NFLエンタメ コミュニティレポート NFL JAPAN チアリーダー
   NFL JAPAN top page>NFLマニア>今週のプレイヤー、コーチトピックス
NFLマニア
シーズン関連トピックス
チーム関連トピックス
今週のプレイヤー、コーチトピックス
フランチャイズ物語
NFL戦略アナライシス
ビジネストピックス
コラム
NFL Report Japan

今週のプレイヤー、コーチトピックス


ジャガーズ二番手WRの座を巡る争い
 
ジャガーズWRケヴィン・ロケット
 1995年のチーム創設以来、一貫してチームの指揮を執り続けてきたトム・コフリンが更迭され、ジャック・デルリオを新指揮官に迎え戦力再建を図るジャクソンヴィル・ジャグワーズ。ただ、チームの補強ポイントというのは、1年前から大差はない。昨オフにベテランWRキーナン・マッカーデル(現バッカニアーズ)をサラリーキャップ対策で放出して以来、エースレシーバーのジミー・スミスとコンビを組むことができる人材を欠いているのだ。
 スミスはジャグワーズ初年度の95年より在籍。翌96年にマッカーデルがフリーエージェント(FA)でブラウンズから加入、以来6シーズンにわたり、両選手はジャグワーズの誇る爆発的なパス攻撃の両輪として、QBマーク・ブルネルからのパスを受け続けた。
 この6シーズンの間、スミスの成績は1年平均でパスレシーブ94回1329ヤード、7TD。マッカーデルは年平均パスレシーブ83回1066ヤードをマークしている(5TD)。99年シーズンにはリーグトップの116回捕球を記録したスミスだが、その陰には常に、逆サイドでコンスタントにシーズン1000ヤードレシーブを叩き出すマッカーデルの存在があったのだ。
 そのマッカーデルが昨オフに退団し、代役としてスティーラーズからボビー・ショー、レイヴァンズからパトリック・ジョンソンらをFAで獲得したジャグワーズだったが、結果は芳しいものではなかった。スミスを除けば、WR陣で最高の成績はショーのパスレシーブ44回525ヤード(1TD)、次いでジョンソンの9回187ヤード(2TD)、シーズン途中加入のケヴィン・ロケットが5回76ヤード(2TD)と続く。実に彼ら全員の成績をトータル(パスレシーブ58回788ヤード、5TD)しても、前年までのマッカーデル一人の数字に遠く及ばなかった。
 逆サイドの脅威がなくなったことで、敵ディフェンスのマークはエースWRのスミスに集中し、スミス自身の成績も入団2年目以降で最低の獲得ヤード(それでも1027ヤードと1000ヤードは突破したが)に終わった。
 昨シーズンの失敗を踏まえ、今年はドラフトを含め、WRのポジションがチームの補強の最重要ポイントと見られていた。二番手WRとして昨季10試合先発のショーはビルズへ、6試合先発のジョンソンはレッドスキンズへと、それぞれわずか1年の在籍でチームを去り、残ったベテラン選手は2試合先発のロケットのみと、昨年以上にこのポジションの陣容は薄くなってしまっていた。
 しかし、蓋を開けてみるとドラフト上位指名権はおろか、ドラフト下位でもWRの指名は行われず、ドラフト終了後に2名、ドラフト外ルーキーと契約したのみだった。
 一方、FA市場では前ペイトリオッツのドナルド・ヘイズ、前テキサンズのジャーメイン・ルイスの両ベテラン選手を獲得したジャグワーズ。しかしルイスはキックリターナー専任での起用が有力。新天地で昨季の不振からの再起が期待された大型WRヘイズは入団早々、春のミニキャンプで膝を負傷し、戦線復帰の目処は立っていない。
 6月1日以降、49ersから解雇されることが確実なJJ・ストークスを獲得するという噂もまことしやかに流れているが、仮にストークスが加入したとしても、マッカーデルのような安定した活躍はとうてい見込めない。やはり、現有戦力の底上げが必須なのだ。
 新スターターの座へ、人一倍やる気を見せているのがプロ7年目の中堅選手となったロケット。97年にドラフト2巡でチーフス入り以来、なかなか出番を与えられずレッドスキンズ、昨季途中からジャグワーズへと渡り歩いた。これまでの最高は99年にマークしたパスレシーブ34回426ヤード(2TD)。1シーズンで5試合以上先発出場したことがないという典型的なバックアップ要員選手だった。そこへ降ってわいたスターター昇格のチャンスに「俺個人にとっても、WRのポジションの皆にとってもチャンス。ジミー(スミス)の逆サイドのポジションを確立しないことには、敵は毎プレイ、ジミーをダブルカバーしてくるんだ」と語る。
 他に、マイカ・ロス、ジミー・レッドモンドらこれまで主にスペシャルチームで活躍してきた若手選手もポジション争いに参戦する。この中から、エースWRスミスにかかるプレッシャーを軽減させられる人材が出てくるのか。開幕直前までジャグワーズの二番手WRのポジション争いは白熱しそうだ。
[2003年5月22日]

NFL復帰目指し 元スターRBの挑戦
 
 大学界の全米最優秀選手に毎年贈られるハイズマン賞。「ハイズマン賞を受賞したQBはプロでは大成しない」とはよく言われる。90年代以降だけ見ても、タイ・デトマー(ブリガムヤング大、90年受賞)、ジーノ・トレッタ(マイアミ大、92年受賞)、チャーリー・ウォード(フロリダ州立大、93年受賞)、ダニー・ワーフェル(フロリダ大、96年受賞)、クリス・ウィンキ(フロリダ州立大、00年受賞)、エリック・クラウチ(ネブラスカ大、01年)と6人のハイズマン受賞QBがいるが、NFLでスターターに定着し活躍できている選手はいない。今年もドラフトいの一番の指名権で昨年度のハイズマン受賞者、南カリフォルニア大のQBカーソン・パーマーがベンガルズ指名された。ジンクスを跳ね返し、パーマーがNFLで活躍していくことができるのか、注目されている。
 QBに比べ、RBのポジションではエディ・ジョージ(タイタンズ)やリッキー・ウィリアムズ(ドルフィンズ)のように、大学時代にハイズマン賞を受賞し、プロでもスター選手として活躍している例もある。逆に、QBの多くの場合と同じように、プロでは全く期待に応えられなかった選手もいる。
 ラシャーン・サラームもそうした選手の一人。コロラド大学3年時にはマーカス・アレン、バリー・サンダースら往年の名RBたちに次ぎ史上4人目のラン2000ヤード突破を果たし、94年度のハイズマン賞を受賞した。大学4年目のシーズンを放棄しNFLドラフトにエントリーしたサラームは、95年のドラフト1巡、全体の21番目の指名権でシカゴ・ベアーズに指名され、プロ入りした。
 サラームのプロ1年目は、十分にその期待に応えるものだった。全試合に出場、うち12試合に先発出場し、ラン1074ヤード、10TDを記録した。ファンブルが9個とボールの扱いに課題を残したが、ルーキーとしては十分合格点のプレイ内容だった。
 しかし、2年目の96年は先発が6試合と前年の半分に減り、ラン獲得距離は半分以下に落ち込んだ。復活を期した97年はケガのためわずか3試合出場しただけでシーズンを棒に振った。翌98年シーズン前にベアーズから解雇されたサラームは、その後レイダース、ブラウンズ、パッカーズとチームを転々としたが、99年にブラウンズで一度ボールを持った(2ヤード獲得)きり、NFLの舞台から姿を消してしまった。
 2001年には1年限りで消滅した新興リーグXFLに参戦、メンフィス・マニアックスで日本人選手・山田晋三(現NFL欧州アムステルダム・アドミラルズ)のチームメイトとしてプレイし、リーグ4位の528ヤードを走っている。
 ファンブル癖、ケガ、さらに後に彼自身が明かしたマリファナ中毒との戦いを経て、今年、ようやくサラームはNFLの舞台への復帰を本格的に目指している。「身体のコンディションは、これまでの人生で最高の状態。パワー、スピード、知識、我慢強さ、すべてが最高なんだ」と現在の自らの状態を語るサラーム。間もなく、サンフランシスコ49ersからミニキャンプ参加の誘いが来た。
 今季の49ersのRB陣は、新エースにと期待されている3年目ケヴァン・バーロー、ベテランのギャリソン・ハーストの2人は健在なものの、選手層の薄さが懸案となっている。そんな中、サラームはミニキャンプで軽快な動きを49ers首脳陣に見せつけ、夏のトレーニングキャンプに参加できる可能性も出てきた。
 サラームはカリフォルニア州サンディエゴの出身。高校時、当時UCLAのヘッドコーチだった現49ersのGMテリー・ドナヒューは、サラームを熱烈に勧誘したのだという。「本当に必死で誘ったのだけどね。学校訪問に来たときは好感触だと思ったんだが、結局UCLAには来てくれなかった。しかし、世間は狭い。彼(サラーム)に言ったんだ、物事は巡り巡っていくもんなんだってね」とドナヒューは語る。
 かつてのハイズマン・ウィナーもすでに28歳。NFL復帰へ、チャンスはもうそう多くはないはず。サラームは見事復活を遂げられるのだろうか。
[2003年5月22日]

高給ベテラン選手 受難の時代
 
スティーラーズRBジェローム・ベティス
 4月のドラフトで各チームから指名を受けた選手たちは、現在そのほとんどが未契約の状態。ベンガルズからいの一番指名を受けたカーソン・パーマーは、ドラフト当日時点ですでに契約を結んでいたが、それ以外の選手は、今後夏のトレーニングキャンプに向け、チームと交渉を行っていくことになる。
 当然、彼らルーキーの契約もNFLが採用するサラリーキャップ(総年俸上限枠制度)の枠内に収められなければならない。新人にはサラリーキャップの他、「ルーキー・プール」と呼ばれる二重の年俸上限枠が設定されているため、ベテラン選手に比べればその年俸は安価。それでもドラフト上位指名選手となると、数百万ドル規模の契約金もざらである。
 チームと未契約の選手は、トレーニングキャンプ参加が認められない。新人のキャンプ欠席(=ホールドアウト)を避けるためにも、常に各チームは自球団のサラリーキャップ状況に目を光らせておかなければならないのだ。
 そして、オフシーズンの一つの区切りとなる6月1日が間もなくやってくる。この日以降、各チームからベテラン選手が数多く放出されることとなるが、これらは純粋に能力だけを見て、というよりも、サラリーキャップ上の負担の大きさが加味されての判断となるため、むしろ年俸の高いチームの看板選手クラスが解雇され、フリーエージェントとなることが多い。
 90年代中盤以降、強豪ピッツバーグ・スティーラーズのオフェンス陣を支えてきた2人のベテラン選手にとっても、このオフは正念場となっている。一人は「バス」の愛称で親しまれてきたRBジェローム・ベティス。昨季もランで9TDと決定力は示したが、シーズン後半のケガのためレギュラーシーズン3試合に欠場。プレイオフでもほとんどプレイすることができず、シーズンの最も重要なゲームでチームに貢献することができなかった。
 一昨年もケガで5試合欠場を強いられたベティス。その間に今季プロ5年目を迎える新鋭エイモス・ゼロウェイが急台頭し、昨季はベティスを押さえチーム1位のラン762ヤードを獲得している。
 31歳の年齢と度重なるケガ、若手の台頭という状況の中、現契約を4年残しているベティスと言えどもその立場は安泰ではない。逆に年俸が高く、今年6月1日以降に解雇となれば総計570万ドル(約6億5550万円)が今後2年間のサラリーキャップから削減することができるとあって、有力なリストラ対象者の候補としてしばしばメディアにもその名があがるようになってきている。「バスにはまだ燃料が残っている」、そう語るベティス。そのことが本当だと証明できなければ、チームを去らねばならなくなる可能性もある。
 同様に厳しい立場に立たされているのがTEマーク・ブルーナー。95年ドラフト1巡で入団し、今季スティーラーズ9年目を迎える生え抜き選手である。しかしそのブルーナーもベティス同様、過去2年はケガに苦しみ、ともにプレイオフに出場できていない。
 このオフ、TEのポジションを補強ポイントの一つとしたスティーラーズは、パスレシーブ力に定評あるジェイ・リーマズマ(前ビルズ)をFAで獲得。さらに過去2年、ブルーナーのバックアップ役としてその穴を埋めてきた若手ジェレミー・トゥーマンとも3年間、総額330万ドル(約3億7950万円)で再契約を結んだ。今季のキャップ加算額が265万ドル(約3億475万円)と高額なブルーナー。リーマズマという新戦力が加わっているという点で、ベティス以上に現在の立場は厳しい。「過去8年間、スティーラーズで毎年いいシーズンを過ごしてきたし、もっとプレイしたい気持ちもある。もしスティーラーズのジャージを着てプレイできないとなれば、それはとても残念なことだろうけど、それでもまだまだ活躍できるはずだと思っている」。
 数多くのベテラン選手の思いが交錯するNFLのオフシーズン。今年もどれだけの「CAP CASUALTY」(サラリーキャップの犠牲者=サラリーキャップ対策で各チームから放出されるベテラン選手のこと)が、移籍を余儀なくされるのだろうか。

[2003年5月22日]


back number
「2003年7月30日号」

「2003年7月23日号」

「2003年7月10日号」
「2003年7月7日号」
「2003年7月1日号」
「2003年6月23日号」
「2003年6月12日号」
「2003年6月4日号」
「2003年5月28日号」
「2003年5月22日号」
「2003年5月14日号」
「2003年5月6日号」
「2003年5月1日号」

「2003年4月25日号」

「2003年4月16日号」
「2003年4月11日号」
「2003年4月2日号」
「2003年3月26日号」
「2003年3月20日号」
「2003年3月18日号」
「2003年3月14日号」
「2003年3月11日号」
「2003年3月6日号」
「2003年2月25日号」
「2003年2月10日号」
「2003年2月4日号」
「2003年1月27日号」
「2003年1月16日号」
「2003年1月9日号」
「2002年12月25日号」
「2002年12月20日号」
「2002年12月12日号」
「2002年12月4日号」
「2002年11月28日号」
「2002年11月21日号」
「2002年11月13日号」
「2002年11月7日号」
「2002年10月29日号」
「2002年7月26日号」
「2002年7月15日号」
「2002年6月26日号」
「2002年6月20日号」
「2002年6月3日号」

▲戻る