Thu, 08/28/2003 11:37 am UPDATE
2004シーズン NFLとは NFLヨーロッパ NFLイベント NFLフラッグフットボール サイトマップ
NFLビギナー NFLマニア NFLエンタメ コミュニティレポート NFL JAPAN チアリーダー
   NFL JAPAN top page>NFLマニア>今週のプレイヤー、コーチトピックス
NFLマニア
シーズン関連トピックス
チーム関連トピックス
今週のプレイヤー、コーチトピックス
フランチャイズ物語
NFL戦略アナライシス
ビジネストピックス
コラム
NFL Report Japan

今週のプレイヤー、コーチトピックス


ドラ1契約にこぎ着けたチーフス
 
早くもチーフスとの契約を済ませたドラフト1位のRBラリー・ジョンソン(ペン州立大)
 カンザスシティ・チーフスの球団社長兼ジェネラルマネジャー(GM)のカール・ピーターソンは、1990年代の10年間にチームを102勝58敗(勝率.638)の好成績に導いた、現代NFL有数の球団経営者の一人である。初めてのドラフトで1巡指名したLBデリック・トーマス(故人)をはじめ、大学選手のスカウト手腕も卓越している。ただ、ことドラフト1巡指名選手との契約に関しては、毎年苦難つづきである。新人に法外な高額の契約金を払うことは決してしない、というポリシーなのからかもしれない。夏のトレーニングキャンプ初日までにドラフト1巡指名選手との契約を済ませた例は、ピーターソン政権下の過去14年間で、わずか4人しかいない。
 ここ数年を見ても、98年のTヴィクター・ライリー(現ニューオリンズ・セインツ)との早期契約に成功して以降は、99年のWRシルヴェスター・モリス、2000年のTジョン・テイト、そして昨年のDTライアン・シムズと(01年はドラフト1巡指名権なし)、キャンプを欠席する1巡指名選手が後を絶たない(NFLではルール上、未契約の選手はキャンプに参加できない)。テイトはトレーニングキャンプやプレシーズンがとうに終わった9月に入るまで契約合意には至らなかったし、昨年のシムズもレギュラーシーズン開幕前日まで契約にサインすることはなかった。そのようにしてキャンプやプレシーズンマッチを欠席した選手たちにプロ1年目からの活躍を期待するというのは無理なことで、シムズは10月にはケガのため戦線を離脱、まったくチームに貢献できなかった。
 ただ、今年に限っては、やや事情が異なっている。7月19日のキャンプ開幕前の17日、今ドラフト1巡指名のRBラリー・ジョンソン(ペン州立大出身)がチーフスとの7年契約に合意したのだ。この時点で、NFLチームとの契約に合意していたドラフト1巡指名選手は、ドラフト当日前にすでに契約を結んでいたシンシナティ・ベンガルズのQBカーソン・パーマー(南カリフォルニア大出身)のみ。例年の傾向をまったく逆転させ、他球団に先駆けてのドラフト1巡指名選手のチーム合流となったのだ。
 ドラフト1巡指名選手の契約は、同じ1巡指名とは言っても、どの順位で指名を受けたかによって100万ドル(約1億2000万円)単位の差が出る。そのため各チームは近い順位で指名を行った他球団の契約交渉の行方を待って、提示金額の折り合いをつけようとする。新人選手・エージェント側にとっては、他球団が契約を行っていない段階でチームと契約を結ぶことは、非常にリスクをともなうのだ。
 これには、チーフスでジョンソンの先輩となるRBプリースト・ホームズも目を丸くする。「ラリー・ジョンソンがこんなに早く契約を結んだなんて、びっくりだね。『こいつはバカか? 自分の指名順前後の連中が契約するまで待つべきだろうに』って思う人が大半だろう。ジョンソンの性格が表れていると思うよ。奴はフィールドに出て練習に参加したいんだ」。
 こう語るホームズ自身、実は契約問題を抱えている。現在、ホームズはボルティモア・レイヴァンズからフリーエージェント権を得てチーフスに移籍時に結んだ総額800万ドル(約9億6000万円)の5年契約の3年目を迎えるところ。しかし移籍後の2シーズンで周囲の予想をはるかに上回る活躍を見せ、一躍リーグのトップランナーとなったホームズにとっては、そのパフォーマンスに見合った新契約が喉から手が出るほど欲しい。当然、新契約を求めてのキャンプ欠席の可能性も取り沙汰されてきていた。
 しかし、「ホールドアウトしたらどれだけ余分にもらえただろうか、なんて考えたくない。もしチーフスの条件提示が『年俸10ドルと家、犬2匹』でも、首を縦に振ったよ。だって、大学を出たばかりで、僕は自分の力では何一つ手にしていないんだ。それなのに、自力で手にしたわけでもないのに『もっと金をよこせ』なんて言うのは、失敬な話だ。今の選手たちに対してだけでなく、これまでチーフスでプレイしてきた選手すべてにとってね」と語る優等生の新人RBを目の当たりにしては、「俺はキャンプに行かないよ、なんて言えるわけがない」とホームズも素直にキャンプに合流している。
 何よりホームズにとって、昨年12月に負った臀部の大ケガが完治していることを証明しなければならない大切なトレーニングキャンプである。そうして初めて、総額1000万ドル(約12億円)はくだらないだろうとされる新契約の契約金を手にすることができる。
 私欲を捨てて2003年シーズンのスタートを切ったチーフスの新旧RB。その奮闘の末には、97年シーズン以来遠ざかっているプレイオフ返り咲きも見えてくるはずだ。
[2003年7月23日]

ベテランDT、突然のチーム離脱
 
 前バッファロー・ビルズのヘッドコーチ、ウェイド・フィリップスを守備コーディネイターに迎え、3−4隊形ディフェンスを導入した昨季のアトランタ・ファルコンズ。失点はリーグで7番目に少なく、総QBサック数でもリーグ4番目の多さと健闘を見せた。
 3−4隊形ディフェンスのカギとなるポジションと言えば、守備ライン中央に鎮座するノーズタックルもその一つ。4人のラインバッカーが自由に動いてプレイを決めるには、ノーズタックルを中心とした守備ラインが、敵攻撃ラインのブロックを完璧に受け止める必要がある。
 ただ、今季のファルコンズはこのポジションに不安を抱えている。昨シーズン全試合に先発出場したエド・ジャスパーが春に腰痛の手術を受け、コンディション面が気がかりな状態だ。代わって、昨季DTとしてはタンパベイ・バッカニアーズのウォーレン・サップに次ぐ7QBサックをマークしたエリス・ジョンソンがポジションを埋めることが期待されていた。
 しかし、チーム関係者のこうした期待は、思わぬ事態の展開によって突如裏切られた。7月上旬に開催されたファルコンズのミニキャンプで、ジョンソンは9日の身体検査を受けただけで、翌日からの練習には参加せず、自宅のあるインディアナポリスへ戻ってしまったのだ。
 突然のチーム離脱の原因は即座には明らかにはならなかったが、インディアナポリスに住む妻と息子と離れての生活にストレスがたまっていたという。
 1995年にドラフト1巡指名でインディアナポリス・コルツに入団したジョンソン。その後7シーズン、主戦DTとして活躍したが、昨年コルツの新ヘッドコーチに就任したトニー・ダンジーとソリが合わず、本人の希望から開幕前に契約を解除。その直後にファルコンズが総額430万ドル(約5億1600万円)の3年契約で拾われていた。しかし、家族はジョンソンが牧場を経営してもいるインディアナポリスからアトランタへは引っ越さず、シーズン中は「単身赴任」状態だった。
 そうして一人、チームから去った格好のジョンソン。現地25日のトレーニングキャンプ開幕を目前に控え、果たしてファルコンズに戻るのか、情報が錯綜した。
 そんな中、現地21日の月曜日に、ファルコンズ重役のレイ・アンダーソンが「代理人と話をしたが、エリスは気が変わったようだ」とジョンソン復帰の可能性を示唆。「チームとして、彼にチームに留まってもらいたいと考えているし、(キャンプ開幕前日の)木曜日には、彼を暖かく迎えてやりたい」と語った。
 しかし、今度はその21日夜、ジョンソンがインディアナポリスの地元紙記者で、コルツ時代に馴染みだったマイク・チャペル氏に「もう終わった。十分考えた末のことだ。家族の存在が一番の理由。もうプレイすることはない」と語った、とのニュースが流れた。この報に、アンダーソン重役は「今はコメントはない。事の推移を見守りたい」と語るに留まった。
 実は昨季終了後の時点ですでに、ジョンソン側からファルコンズに対し、引退したいとの意思表明があったらしい。しかしヘッドコーチのダン・リーヴスは、決断を待つように説得。チーム側もジョンソンとの契約を1年延長し、ジョンソンはオフシーズンのチーム練習に参加していたが、ここにきて再び気持ちは、フットボールよりも家族へと傾いてしまったようだ。
 「まだあと何年かはプレイできるかもしれない。でも、アトランタへ戻ることが、私にとって魅力的ではなくなったんだ」と語るジョンソン。今後、再びの心変わりは期待できないかもしれない。
 困ったのはファルコンズだ。ただでさえ不安を抱えるポジションで、ベテラン選手が一枚欠けてしまったのだから。ノーズタックルのポジションは、ケガの不安が残るジャスパーの他、昨季の練習生上がりのライアン・ワトソンとドラフト外新人のフロイド・ブラックのみ。プロ9年目を迎えるベテランDE、トラヴィス・ホールを急遽ノーズタックルへコンバートする可能性もある。新戦術の下、上昇の機運を感じさせた昨季のファルコンズ守備陣。今回のジョンソン離脱が、その勢いに水を差さなければいいが。
[2003年7月23日]

僻地でのキャンプは時代遅れ?
 
2年連続で49ersのトレーニングキャンプに参加するLB河口正史選手
 昨年に引き続き、2年連続でLB河口正史選手の参戦が決まったサンフランシスコ49ersのトレーニングキャンプ。しかし、キャンプの開催場所は昨年と異なっている。過去5年間、49ersは夏のトレーニングキャンプをサンフランシスコから真西に100kmほど行ったカリフォルニア州ストックトンのパシフィック大学で開催していた。しかし今年、49ersは同大学とのキャンプ地使用契約を破棄し、チーム本部と練習施設のあるサンタクララでキャンプを行うことを決定したのだ。
 キャンプは遠く離れた場所でやるもの、という「常識」に反するような49ersの決定だが、実はこの「常識」は、もはや「常識」とは言えなくなってきているのだ。49ersを含め、NFL32チーム中、実に13ものチームが今年のトレーニングキャンプを自チーム本部に併設されている練習施設で行うのだ。ジャクソンヴィル・ジャガーズ、ニューイングランド・ペイトリオッツなどは、通常レギュラーシーズンのホームゲームを戦う本拠地球場でのキャンプというから、まったく雰囲気はシーズン中と変わり映えしないトレーニングキャンプとなる。
 かつてトレーニングキャンプは、それぞれに思い思いのオフシーズンを過ごしたベテラン選手と、大学出たての新人選手とが、一つ屋根の下で寝食を共にし、チームとしての一体感を養う場だった。そういう意味で、夏休みで空になった大学の寮を宿舎とし、大学のグラウンドで練習を行う従来のスタイルが最適だったのだ。そうした中で生まれた「常識」だった。
 しかし、現在のNFLは高年俸化し、オフシーズンに副業に勤しむ選手は皆無となった。チーム側もオフシーズンとは言え選手の体調・運動能力管理を徹底しようと、春の時期にミニキャンプやチーム合同自主トレーニングを積極的に開催している。わざわざ約1カ月のキャンプ期間に、選手たちを一カ所にカンヅメにしておく意味は薄れてきているのだ。テネシー・タイタンズの指揮官ジェフ・フィッシャーなどは、家族や日常から隔離された環境でのトレーニングキャンプは、チームの団結や戦力アップの役には立たないとまで言い切っている。事実、タイタンズはテネシー州ナッシュヴィルのチーム練習施設をキャンプ地としている。
 また、2001年のミネソタ・ヴァイキングスのトレーニングキャンプ中にコーリー・ストリンガー選手が熱中症で死亡した事故などから、できるだけキャンプの環境を通常のシーズンと似かよった状態にしよう、という気運が高まったことも、僻地でのキャンプ開催が敬遠され始めている一因だという。
 ただ、こうした近年の傾向に異を唱えるコーチもいる。今年、37年連続でペンシルヴェニア州ラトローブのセントヴィンセントカレッジでトレーニングキャンプを張るピッツバーグ・スティーラーズのビル・カウワーもその一人だ。
 「俺は昔気質のタイプだからな。(僻地でのキャンプ開催は)必要だと思うよ。選手たちが求められていることを理解し、チームは現有戦力の力を計る必要がある。住み慣れた環境でのいろいろな問題から選手たちを切り離して、より密接にさせることができれば、戦力を分析したり重要な決断を下しやすいからね」とカウワーはその理由を語る。
 またスティーラーズの場合、オーナーのルーニー家がセントヴィンセントカレッジに多額の投資をし、フットボール部立ち上げを後押しもしていることからも、キャンプ地移転の可能性は低い。「キャンプ地の問題はノータッチだ」と語るカウワーの指揮の下、今年も例年同様、スティーラーズは25日金曜からトレーニングキャンプを立ち上げる。

■2003年NFLトレーニングキャンプ開催地

アリゾナ・カーディナルズ 北アリゾナ大学(アリゾナ州フラッグスタッフ)7月25日(ベテランは28日)〜
アトランタ・ファルコンズ ファーマン大学(サウスキャロライナ州グリーンヴィル)7月24日〜
ボルティモア・レイヴァンズ マクダニエルカレッジ(メリーランド州ウェストミンスター)7月27日〜
バッファロー・ビルズ セントジョン・フィッシャーカレッジ(ニューヨーク州ピッツフォード)7月23日(ベテランは28日)〜
キャロライナ・パンサーズ ウォフォードカレッジ(サウスキャロライナ州スパルタンバーグ)7月25日〜
シカゴ・ベアーズ オリヴェット・ナザリーン大学(イリノイ州バーボネイズ)7月24日〜
シンシナティ・ベンガルズ ジョージタウンカレッジ(ケンタッキー州ジョージタウン)7月27日〜
クリーヴランド・ブラウンズ ブラウンズ練習施設(オハイオ州ベレイ)7月21日(ベテランは24日)〜
ダラス・カウボーイズ アラモドーム(テキサス州サンアントニオ)7月25日〜
デンヴァー・ブロンコス ポール・D・ボーレン記念センター(コロラド州イングルウッド)7月24日〜
デトロイト・ライオンズ ライオンズ練習施設(ミシガン州アレンパーク)7月23日(ベテランは26日)〜
グリーンベイ・パッカーズ セントノーバートカレッジ(ウィスコンシン州ドゥパー)7月18日(ベテランは20日)〜
ヒューストン・テキサンズ リライアント・パーク(テキサス州ヒューストン)7月25日〜
インディアナポリス・コルツ ローズ=ハルマン工科大学(インディアナ州テラホート)7月27日〜
ジャクソンヴィル・ジャガーズ オールテル・スタジアム(フロリダ州ジャクソンヴィル)7月25日〜
カンザスシティ・チーフス ウィスコンシン大学リヴァーフォールズ校(ウィスコンシン州リヴァーフォールズ)7月19日〜
マイアミ・ドルフィンズ ノヴァ南東大学(フロリダ州デイヴィ)7月24日〜
ミネソタ・ヴァイキングス ミネソタ州立大学(ミネソタ州マンカト)7月25日〜
ニューイングランド・ペイトリオッツ ジレット・スタジアム(マサチューセッツ州フォックスボロ)7月23日〜
ニューオリンズ・セインツ セインツ施設(ルイジアナ州マテイリー)7月25日〜
ニューヨーク・ジャイアンツ オルバニー大学(ニューヨーク州オルバニー)7月24日〜
ニューヨーク・ジェッツ ホフストラ大学(ニューヨーク州ヘムステッド)7月21日〜
オークランド・レイダース ナパヴァレー・マリオット(カリフォルニア州ナパヴァレー)7月24日〜
フィラデルフィア・イーグルス リーハイ大学(ペンシルヴェニア州ベスレヘム)7月25日(ベテランは28日)〜
ピッツバーグ・スティーラーズ セントヴィンセントカレッジ(ペンシルヴェニア州ラトローブ)7月25日〜
セントルイス・ラムズ 西イリノイ大学(イリノイ州メイコム)7月24日〜
サンディエゴ・チャージャーズ ホームデポ・センター(カリフォルニア州カーソン)7月22日(ベテランは25日)〜
サンフランシスコ・フォーティナイナーズ 49ers施設(カリフォルニア州サンタクララ)7月24日〜
シアトル・シーホークス 東ワシントン大学(ワシントン州チェイニー)7月23日(ベテランは25日)〜
タンパベイ・バッカニアーズ ディズニー・スポーツコンプレックス(フロリダ州ブエナヴィスタ)7月23日(ベテランは25日)〜
テネシー・タイタンズ タイタンズ練習施設(テネシー州ナッシュヴィル)7月25日〜
ワシントン・レッドスキンズ レッドスキンズ・パーク(ヴァージニア州アッシュバーン)7月27日〜

[2003年7月23日]


back number
「2003年7月30日号」

「2003年7月23日号」

「2003年7月10日号」
「2003年7月7日号」
「2003年7月1日号」
「2003年6月23日号」
「2003年6月12日号」
「2003年6月4日号」
「2003年5月28日号」
「2003年5月22日号」
「2003年5月14日号」
「2003年5月6日号」
「2003年5月1日号」

「2003年4月25日号」

「2003年4月16日号」
「2003年4月11日号」
「2003年4月2日号」
「2003年3月26日号」
「2003年3月20日号」
「2003年3月18日号」
「2003年3月14日号」
「2003年3月11日号」
「2003年3月6日号」
「2003年2月25日号」
「2003年2月10日号」
「2003年2月4日号」
「2003年1月27日号」
「2003年1月16日号」
「2003年1月9日号」
「2002年12月25日号」
「2002年12月20日号」
「2002年12月12日号」
「2002年12月4日号」
「2002年11月28日号」
「2002年11月21日号」
「2002年11月13日号」
「2002年11月7日号」
「2002年10月29日号」
「2002年7月26日号」
「2002年7月15日号」
「2002年6月26日号」
「2002年6月20日号」
「2002年6月3日号」

▲戻る