Tue, 08/24/2004 9:41 pm UPDATE
2004シーズン NFLとは NFLヨーロッパ NFLイベント NFLフラッグフットボール サイトマップ
NFLビギナー NFLマニア NFLエンタメ コミュニティレポート NFL JAPAN チアリーダー
   NFL JAPAN top page>NFLとは>チームインフォメーション>サンディエゴ・チャージャーズ
NFLとは
NFLとは
NFLの組織
ヒストリー
シーズンの流れ
チームインフォメーション
スーパーボウルとは
NFL人気度

チームインフォメーション
 
archive
チャージャーズが新人QBリヴァーズとようやく契約を結ぶことに

 サンディエゴ・チャージャーズが、新人QBフィリップ・リヴァーズと1425万ドル(約15億6000千万円)のサインボーナスを含む総額4050万ドル(約44億5500万円)を支払うことになる。また、彼は出来高払いで最大約11億円以上を受け取ることもできる。チャージャーズのA.J.スミスGMは、リヴァーズがサンディエゴから車でトレーニングキャンプに向かっており、23日遅くもしくは翌日の早くに契約を結べる予定と語っている。スミスは「この契約はフィリップとチャージャーズの両方にとって公平なものだ。私たちは交渉がまとまり、フィリップとチャージャーズ、ファンとともに明るい未来へ向かうことができて幸せだ。彼がフィールドへ立ち、04年シーズンへの準備へ向かうことを楽しみにしている」とコメントした。
リヴァーズは今季のドラフト全体4位でジャイアンツから指名された。だが、その直後全体1位指名のイライ・マニングとのトレードにより、チャージャーズへ交渉権が移っていた。契約交渉が難航し、トレーニングキャンプ4週間不参加とプレシーズン2試合を欠場している。この長期に及ぶ合流の遅れからチャージャーズの開幕先発QBはリヴァーズではなく、プレシーズンで好成績を残している3年目のドリュー・ブリーズが務めると見られている。

[2004年8月24日]

 
 
創立
1960年
NFL加盟
1960年
レギュラーシーズン
通算成績
308勝341敗11分 勝率.467
プレーオフ
通算成績
7勝11敗 勝率.389
スーパーボウル出場
1回(1994年度)
スーパーボウル優勝
0回
NFLチャンピオン
0回
チームカラー
ネイビーブルー、白、ゴールド
スタジアム

クアルコム・スタジアム
(カリフォルニア州)
・1967年建造
・天然芝
・71,000人収容


 
1999年 8勝8敗(AFC西地区3位)
2000年 1勝15敗(AFC西地区5位)
2001年 5勝11敗(AFC西地区5位)
2002年 8勝8敗(AFC西地区3位)
2003年 4勝12敗(AFC西地区4位)
 
 
 チャージャーズは、1960年に当時ヒルトンホテルの会長を務めていたバロン・ヒルトンが、ロサンゼルスで創設した。その1年後に、新聞社の編集長ジャック・マーフィーが、サンディエゴにプロスポーツチームを誘致しようとする運動を展開し、この結果、1962年にサンディエゴ・チャージャーズが誕生することになった。
創立当初は好調だったチームも、チーフス、レイダーズといった同地区のチームの台頭もあって、長らく低迷を経験した。しかし、1973年にQBダン・ファウツ、1978年にヘッドコーチ ドン・コリエルがチームにやってくると、NFL史上有数の得点力を誇るパス攻撃を確立。1979年から3年連続地区優勝を果たすなど、一気にブレイクした。
 次にチャージャーズが浮上したのは、1992年にボビー・ロスがヘッドコーチに就任してからだった。1994年には初のスーパーボウル進出も果たした。
2002年シーズン前に、名将マーティ・ショッテンハイマーがヘッドコーチに就任。2002シーズンは2年目のRBラデイニアン・トムリンソンら若手選手の台頭もあり、前年の5勝11敗から8勝8敗に飛躍を遂げた。しかし2003シーズンは4勝12敗と再び低迷。2004シーズンはチーム再建の切り札として、ドラフト1位でQBフィリップ・リヴァースを指名。将来のスターターとして期待が高まっている。
 チーム名の「チャージャーズ」(強襲する人)は、1961年にフロントのリーディーが提案したものを、ヒルトンが承認したもの。このときの説明は、「ドジャー・スタジアムやUSC(サザンカリフォルニア大)のゲームで音楽に合わせて、観客が『チャージ!』と叫ぶシーンが好きだったんだ」

→戻る