Mon, 03/15/2004 5:54 pm UPDATE
2004シーズン NFLとは NFLヨーロッパ NFLイベント NFLフラッグフットボール サイトマップ
NFLビギナー NFLマニア NFLエンタメ コミュニティレポート NFL JAPAN チアリーダー
   NFL JAPAN top page>NFLとは>チームインフォメーション>ジャクソンヴィル・ジャガーズ
NFLとは
NFLとは
NFLの組織
ヒストリー
シーズンの流れ
チームインフォメーション
スーパーボウルとは
NFL人気度

チームインフォメーション
 
JAGUARS TOP

2004200320022001

デルリオはレフトウィッチを今後も起用


再びチャンスが巡ってきたレフトウィッチ
 ジャクソンビル・ジャガーズのジャック・デルリオHCは今後もバイロン・レフトウィッチを先発QBとして起用することにした。
デルリオは、デイヴィッド・ギャラードを起用し、レフトウィッチをベンチに下げることを考えていたが、ジェッツ戦での敗戦で学んだことから、彼はQBを変更しないことを選択した。デルリオは彼のウィークリーのラジオショウで「私はこの件については熟考したが、バイロンをベンチに下げることに適切な理由はなかった。もし、QBの変更が今、そして将来より良いフットボールチームになるのを助けてくれるのであれば、私はそうしていた。ただ私はそうは感じなかった」と語った。彼はこの決定を発表する前にスタッフ、QBコーチのケン・アンダーソンにレフトウィッチと話したと言っている。また彼は昨年の4順目指名、ギャラードを先発に起用するのは「このフランチャイズにとってベストなことではない」と語った。
[2003年11月26日]

レフトウッチがベンチへ


まだまだプロの水に慣れていないレフトウィッチ
 ここ2試合で1個のTDを演出したあと、ジャクソンビル・ジャガーズの新人QBバイロン・レフトウィッチは、ベンチに向かうことになりそうだ。
ジャック・デルリオHCは11月30日のバッカニアーズ戦で、デイヴィッド・ギャラードを先発QBに起用することを考えていると語った。彼は今週の終わりにこの決断をすることになる。デルリオは「私たちは今、高いレベルでプレーしていない。私はバイロンには輝かしい未来があると思っている。しかしデイヴィッド・ギャラードは有望な若手QBであり私たちは彼にプレー機会を与えるかどうか決定することになる。3点や10点以上は得点を挙げたい」と語った。
ジャガーズは第12週でジャッツに13対10で敗れ、2週間前のタイタンズ戦は10対3で破れている。11月24日、ギャラード、レフトウィッチのどちらを起用するかコメントはでなかった。マーク・ブルネルは未だ利き腕の肘の手術からの回復中であり、デルリオはブルネルは現在、選択肢に入っていないと認めている。
[2003年11月25日]

テイラーの膝は大事に到らず


RBテイラーが軽傷ですんだことはジャガーズにとっては朗報
 ジャクソンビル・ジャガーズのRBフレッド・テイラーの膝には大きなダメージはなかった。チームのスポークスマンであるダン・エドワーズは、テイラーが医師からMRI検査の後、深刻なケガはどこにもないと告げられたと発表した。テイラーは日曜日のタイタンズ戦の第4クォーターのほとんどを膝を捻り、激しいヒットをうけた後で欠場していた。ジャック・デルリオHCは彼のケガは深刻ではないと言っていた。しかしテイラーは両膝のMRI検査を受けたと明かし、水曜日の練習にはおそらく参加する用意はできていないと語っていた。プロ最初の4年間はケガに苦しんできたテイラーだが、現在26試合連続出場をし今季はチームトップのラン800ヤード、38捕球を挙げている。
[2003年11月19日]

ジョンソンがジャガーズに加入


ブラウンズのかつてのエース、ジョンソンを獲得したジャガーズ

 ジャクソンビル・ジャガーズはクリーヴランド・ブラウンズからウェーバーにかけられたWRケヴィン・ジョンソンの獲得を要求した。その結果、WRのJ・J・ストークスを放出し、センターのブレット・ロムバーグを練習スクワッドに移した。ジャック・デル・リオHCは「私たちはロースターを強化できる機会を見つけた。ケヴィンは経験があり能力の高い選手だ。私たちは彼がチームによくフィットすると思っている」と語っている。27歳のジョンソンは放出されるまでブラウン図で5年間を過ごした。180センチ、89キロの彼は1999年、シラキュース大から2巡目で加入し64試合中63試合に先発出場していた。彼は通算274捕球、3,455ヤード(平均12.6ヤード)、21TD捕球を挙げている。彼のベストシーズンは84捕球、1,097ヤード、9TD捕球を挙げた2001年である。彼の背番号は83番となる。彼の加入を受け、放出されたストークスは6月にFAで契約し、6試合に出場し3試合で先発を務めた。しかし、13捕球116ヤードに終っていた。

[2003年11月13日]

レフトウィッチが次戦も先発QBに


連敗が続くジャグワーズは再び新人レフトウィッチに期待をかける

 ジャクソンビル・ジャガーズは今週のチャージャーズ戦の先発QBに新人のバイロン・レフトウィッチを2戦連続で起用すると発表した。開幕3試合で先発したマーク・ブルネルは、今週も控えに周ることになった。左ひじに裂傷を負ったことでQuestionable(クエッショナブル)リストに入っているブルネルであるが、彼自身はひじの状態は問題ないと語り、個人練習でも良いボールを投げていた。しかし、チーム練習では2日連続でレフトウィッチが1軍のスナップの大半を受けブルネルは一斉、受けなかった。
 ジャック・デルリオHCは練習の後、この発表を手短に行った。彼は「(ブルネルの)ケガはこの決定、多少は影響している。私はこれが勝利の為には最善の選択であると感じている」と語った。レフトウィッチは先週のテキサンズ戦、プロ初先発でパス231ヤード、1TDを記録した。しかし、3INTを喫し、チームが逆転負けをくらうきっかけとなった致命的なファンブルを犯してしまった。

[2003年10月3日]

ブルネルの故障で新人レフトウィッチに先発の可能性も


先発の座をバックアップのレフトウィッチに譲りそうなブルネル
 ジャクソンビル・ジャガーズの先発QB、マーク・ブルネルが2日続けて練習を欠席した。これにより新人のバイロン・レフトウィッチが今週のテキサンズ戦にプロ初先発する可能性が高まっている。今日の練習ではレフトウィッチが大半のスナップを受けていた。
 ブルネルは先週のコルツ戦、第1クォーターで肘の骨が皮膚を破る負傷で試合後、5針を縫って以来、練習には参加していない。9月24日にはケガについて、完治する前に感染症にかかる危険もあると示していた。ブルネルは「(負傷箇所は)かなり良くなってきている」と語ったが、それ以上のコメントをせずに立ち去っている。
[2003年9月26日]

テキサンズOTボセリ、引退

引退を決断したテキサンズOTトニー・ボセリ
 テキサンズOTトニー・ボセリは、肩の負傷のため引退を決断した。ボセリは、テキサンズで1プレーも出場することなく、引退することになる。
31歳のボセリは、2002年にテキサンズのエクスパンション・ドラフトで1位指名を受け、ジャガーズから移籍した。
8年のキャリアのボセリは、ジャガーズでの2001シーズンを負傷によりほぼ棒に振り、テキサンズでの2002シーズンも、出場できるまでに回復をしなかった。
ボセリはジャガーズでの7シーズンで、わずか15.5個のサックしか許さなかった。ジャガーズはボセリを1995年のドラフト全体1位で指名、以来5回のプロボウル出場を果たした。
[2003年7月18日]

WRハチェット、NFLELでの活躍を認められる

ジャガーズと契約したWRマシュー・ハチェット
 ジャガーズはNFLELで活躍をした、WRマシュー・ハチェットと契約をした。
 キャリア45回のレシーヴで684ヤードを獲得しているハチェットは、先日契約したばかりのJ.J.ストークス、ドナルド・ヘイズらと、ナンバー2レシーヴァーの座を競うことになる。
 ハチェットは1997年にドラフト7位でヴァイキングズに指名されると、その後4シーズンをヴァイキングズ、1シーズンをジェッツでプレーした。昨シーズン前にはレイダースと契約をしたが、トーレーニングキャンプ前に解雇された。
 今月終了したばかりのNFLEL2003シーズンを、アムステルダム・アドミラルズでプレーしたハチェットは、61回のレシーヴで790ヤード、8TDでリーグをリードした。
[2003年6月19日]

ジャガーズ、WRストークスを獲得

ジャガーズと契約したWRJ.J.ストークス
 ジャガーズは先日49ersを解雇されたWR J.J.ストークスと1年契約を結んだ。チームはストークスがジミー・スミスに次ぐ、ナンバー2レシーヴァーとなることを期待している。
 ストークスは49ersでの8年、1995年のドラフト全体10番目の指名の期待に応えることができなかった。1シーズン平均41回のレシーヴにとどまり、1,000ヤードを越すシーズンはなかった。
[2003年6月17日]

ジャガーズ、RBテイラーの契約を延長

ジャガーズとRBフレッド・テイラーは、出場ごとのボーナスを盛り込んだ契約延長に合意
 ジャガーズとRBフレッド・テイラーは、4年の契約延長に合意した。
 テイラーが過去5シーズンで24試合をケガで欠場していることもあり、チームとテイラーのエージェントは、テイラーが1試合に出場するたびに$40,000のボーナスを受け取るという、ユニークな条項を盛り込んだ。
 ジャガーズはテイラーとの契約延長に成功したことで、次はQBマーク・ブルネルとの契約延長を目指す。
[2003年3月31日]

゛フランチャイズ゛Sダリアス、ジャガーズと契約

 ジャガーズは゛フランチャイズ゛プレーヤーに指定していた、Sドノヴァン・ダリアスと1年のテンダー契約をした。
 ジャガーズは今後も長期契約を目指して、ダリアスと交渉を進めていく模様。長期契約へのサインが6月15日以降になると、ジャガーズはその契約期間中他の選手を゛フランチャイズ゛指定することができなくなる。
[2003年3月26日]

ジャガーズ、PRルイスを獲得

 キックリターンのスペシャリスト、ジャメイン・ルイスがジャガーズと3年契約を結んだ。
 ルイスは昨シーズンをテキサンズで過ごしたが、先月チームを解雇された。
 8年のキャリアのルイスは、2年前にパント・リターンの獲得距離で1位となり、2000年にも16.1ヤードの平均獲得距離でリーグをリードした。
得した。
[2003年3月24日]

ジャガーズ、DEダグラスを獲得

ジャガーズと契約したDEヒュー・ダグラス(左)
 FAのDEヒュー・ダグラスが、ジャガーズと5年契約を結んだ。
 昨シーズン、イーグルスで12.5サックを記録したダグラスは、シーホークス、ジャイアンツ、チーフスをも訪れたが、ジャガーズが最も興味を示した。
 ダグラスは8年のキャリアで73.5サックを記録、ジャガーズ・ディフェンスに必要とされていたパス・ラッシュ力を与えることになる。
 また、ジャガーズは過去2シーズンをペイトリオッツで過ごしたFA、FBマーク・エドワーズも獲得した。
[2003年3月17日]

ジャガーズ、LBピーターソンと契約

 ジャガーズはコルツのFA、LBマイク・ピーターソンと6年契約を結んだ。
 ピーターソンは1999年のドラフト2位でコルツに入団、昨シーズンは16試合全てに先発出場を果たし、173タックルを記録した。
 ピーターソンはジャガーズのある、ジャクソンビル近郊の出身。
[2003年3月14日]

ジャガーズ、WRへイズを獲得

 ジャガーズは先月ペイトリオッツを解雇された、WRドナルド・ヘイズと1年契約を結んだ。
 ヘイズは昨シーズンを、わずか12回のレシーヴで終えた。ヘイズはペイトリオッツに加入する前の4シーズンをパンサーズでプレー、その間132キャッチを記録し、2000年には66回のレシーヴで929ヤード獲得している。
 ヘイズは、ジミー・スミスの逆サイドのスターターを争うことになる。
[2003年3月12日]

Sダリアス、ジャガーズのフランチャイズプレーヤーに

 ジャガーズはSドノヴァン・ダリアスを“フランチャイズ”プレーヤーに指定、今後長期契約に向けた交渉を行う。
  NFLのシステムでは、“フランチャイズ”プレーヤーに指定された選手も他チームと交渉することは可能だが、契約の合意に至った場合、ジャガーズはその契約条件に合わせることでダリアスの権利を保持できる。また、その条件に合わせず他チームがダリアスを獲得した場合、そのチームから2個のドラフト1位指名権を譲渡される。
  ジャガーズがダリアスと長期契約を結ぶ期限は3月14日。それ以降に契約が結ばれた場合、チームはその契約期間中“フランチャイズ”プレーヤーを指定することはできない。
 “フランチャイズ”プレーヤーとして、ダリアスはリーグの年棒トップ5位までのSの平均年棒以上が保証される。
[2003年2月21日]

ジャガーズ、コーディネーター陣を決定

 ジャガーズの新ヘッドコーチ、ジャック・デルリオは、オフェンス・コーディネーターにビル・マスグレイヴ、ディフェンス・コーディネーターにマイク・スミス、スペシャル・チーム・コーディネーターにビル・ベイツの起用を発表した。
 マスグレイヴは、49ersとブロンコズでQBとしてプレーした経験を持つ。ここ2シーズンに渡り、ヴァージニア大のオフェンス・コーディネーターを務めた。それ以前は、パンサーズのQBコーチだった。
 スミスはテネシー工科大で12シーズンを過ごした後、1999年にレイヴンズにLBコーチとして加入した。レイヴンズがスーパーボウルに勝利した2000年には、デルリオと共にコーチを務めた。
 ベイツはここ2シーズンを、カウボーイズのスペシャル・チームのアシスタント、ニッケルバック・コーチを務めた。プレーヤー、コーチとしてカウボーイズで20年を過ごしたベイツは、現役時代、カウボーイズ史上で最も人気のある選手の1人だった。
[2003年1月22日]

デルリオ、ジャガーズの新ヘッドコーチに就任!

ジャガーズの新ヘッドコーチに就任したジャック・デルリオ
 ジャガーズはトム・コフリンに代わる新ヘッドコーチとして、パンサーズのディフェンス・コーディネーター、ジャック・デルリオの就任を発表した。報道によると、デルリオとチームは5年契約を交わした。
 デルリオは発表の記者会見に詰め掛けた約2,000人のファンの前で、攻守ともにアグレッシブなプレーと、ジャクソンヴィルにプロフットボールの新たな1ページを記すことを約束した。
 「我々はこのスタジアムに、情熱を取り戻す」と、デルリオは決意を語った。
 39歳のデルリオは、NFLで2番目に若いヘッドコーチとなる。オーナーのウェイン・ウィーヴァーは、デニス・グリーン、マイク・ムラーキー、カーク・フェレンツ、ニック・サバーンの5人の候補者からデルリオを選んだ。
 「誰を選んでも、素晴らしいフットボールコーチになっただろう。しかし、我々はフットボールコーチを探していたのではない、誰か特別な人間を探していたのだ。」、ウィーヴァーはコメントした。
 デルリオは1985年から95年まで、セインツ、チーフス、カウボーイズ、ヴァイキングズでLBとしてプレーした。
[2003年1月18日]

マリウーチ、ジャガーズには行かず

 トム・コフリンに代わる新たなヘッドコーチを探すジャガーズは、49ersを解任されたスティーヴ・マリウーチへのアプローチを試みたが、早くも交渉の可能性はなくなった。また、アイオワ大ヘッドコーチ カーク・フェレンツも、今後の交渉を辞退した。
 ジャガーズの残る選択肢はパンサーズのディフェンス・コーディネーター ジャック・デルリオ、スティーラーズのオフェンス・コーディネーター マイク・ムラーキーとなった。チーム広報によると、現地時間1月16日にもどちらかの候補者にオファーをする模様。
 オーナーのウェイン・ウィーヴァーはマリウーチ解任のニュースを知るやいなや、マリウーチの代理人ゲイリー・オヘイガンに電話をしたが、「スティーヴはしばらく休んで、テレビの仕事をすることを考えている。」との返事を受け、今後の交渉は行わない。
 フェレンツはジャガーズと交渉を続けてきたが、大学に残ることを決断した。
[2003年1月16日]

ジャガーズ、デルリオと交渉へ

 マーヴィン・ルイスのベンガルズ・ヘッドコーチ就任で、唯一の空きとなったジャガーズのヘッドコーチ候補者として、チームはパンサーズのディフェンス・コーディネーター ジャック・デルリオと交渉を行う。パンサーズはジャガーズに対し、デルリオと交渉をする許可を与えた。
 デルリオは2年前にリーグ最下位だったパンサーズ・ディフェンスを、今シーズン2位まで引き上げた立役者であるが、パンサーズのGMマーティ・ハーニーは、「チャンスをつかもうとしている人間を、邪魔することはしない。」と話した。
 現在のジャガーズのヘッドコーチ候補にはデルリオのほかに、スティーラーズのオフェンス・コーディネーター マイク・ムラーキーとアイオワ大のヘッドコーチ カーク・フェレンツがいる。

 

[2003年1月15日]

ジャガーズ、デニス・グリーンと交渉

 トム・コフリンに代わる新たなヘッドコーチを探すジャガーズは、オーナー ウェイン・ウィーヴァーが前ヴァイキングズ・ヘッドコーチ デニス・グリーンと接触した。
 グリーンはジャガーズが交渉を予定する候補者3、4人のうちの1人と考えられている。チーム広報によると、ウィーヴァーはここ数日でグリーンを含め数人の候補者との交渉を持つ予定である。
 グリーンはヘッドコーチの他に、選手の人事にも決定権を持つことを希望しているといわれており、それがジャガーズのヘッドコーチ就任への障害となる可能性がある。
 ウィーヴァーはコフリンの解雇時、今後はヘッドコーチにGMを兼任させるような仕組みにはしないと明言した。ウィーヴァーはすでに、ビルズのアシスタントGMトム・モドラックとジャガーズのGM就任について交渉を行っている。また、セインツの前GMランディ・ミューラーも候補者の1人と考えられている。
 ジャガーズは、スーパーボウル前には新ヘッドコーチを発表したい意向。

[2003年1月9日]

→戻る