Wed, 07/14/2004 10:56 am UPDATE
2004シーズン NFLとは NFLヨーロッパ NFLイベント NFLフラッグフットボール サイトマップ
NFLビギナー NFLマニア NFLエンタメ コミュニティレポート NFL JAPAN チアリーダー
   NFL JAPAN top page>NFLとは>チームインフォメーション>ニューイングランド・ペイトリオッツ
NFLとは
NFLとは
NFLの組織
ヒストリー
シーズンの流れ
チームインフォメーション
スーパーボウルとは
NFL人気度

チームインフォメーション
 
PATRIOTS TOP

200420032002

LBテディ・ブルスキがペイトリオッツと2007年まで契約延長

 ニューイングランド・ペイトリオッツのLBテディ・ブルスキがチームと2007年までの契約延長を交わした。ブルスキは04年シーズン終了後、FAになる予定であった。彼のサインボーナス額は明らかにされておらず、またスポークスマンのステイシー・ジェイムズはチームがこの件についてコメントしないと述べた。31歳のブルスキは96年ドラフト3巡目で入団し、昨年チーム2位の137タックルに2サック、3INT、3ファンブルフォース、1ファンブルリカバーを挙げている。

 

[2004年6月23日]

ペイトリオッツの面々がスーパーボウルリングを受け取る

 ニューイングランド・ペイトリオッツの選手、コーチたちがロバート・クラフトオーナーの自宅で行われたプライベートディナーでスーパーボウルリングを受け取った。セレモニーの前、クラフトは「(昨年は)この特別なチームが特別なシーズンを送り、私たちの地元に特別なものをもたらしてくれた。彼らはこのイベントを楽しみにしていたね。彼らは(リングさえ貰えれば)、この食事に何の前菜もメインコースもいらなかったと思うよ」と語り、最後に「今夜が終われば、昨年の優勝は歴史となる。私たちはもう、新シーズンに向かっている」と付け加えた。ペイトリオッツはここ3年間で2度のスーパーボウル制覇を成し遂げている。また現在、記録続行中である15連勝は、1972年にパーフェクトシーズンを達成したドルフィンズのNFL記録17連勝に次ぐものだ。
リングは14カラットのホワイトゴールドで作られ、3.8オンスの重さである。そして、最も大きいスーパーボウルリングとなった。各リングには合わせて5.05カラットとなる104個のダイヤモンドが使われた。32個のダイヤモンドはNFL32チームを表しており、その上にペイトリオッツのロゴが飾られている。頂上にある15個のダイヤモンドは、チーム記録である15連勝を表すものだ。側面には各選手の名前と背番号、本拠地ジレットスタジアム、ロンヴァルディトロフィーが描かれている。もう片方には、15連勝と書かれた文字、第38回スーパーボウルのロゴ、更にはペイトリオッツとパンサーズのロゴに試合の最終スコアが刻まれている。チームは製作費用を明らかにしていないが、01年スーパーボウル優勝時のものは1万5000ドル以上かかったと見られている。

[2004年6月16日]

CBローがペイトリオッツ残留希望を表明

 ヘッドコーチを嘘つきと呼びチームを去りたいと宣言していたニューイングランド・ペイトリオッツのCBタイ・ローだが一転、ペイトリオッツで引退したいと発言した。ミニキャンプ初日の6月10日、ローはビル・ベリチックヘッドコーチと会談し、自分の意志を伝えた。ベリチックはこの件に対し「私の仕事はチームを指揮し、レギュラシーズン開幕戦に向けて準備を整えることだ。そして彼の仕事は試合に出場する準備を行うことだ。私は、お互いの役割を果たすことを期待している。この件は過ぎてしまったことで過去は過去だ。起きてしまったことは仕方なく、これはビジネスだ。私はペイトリオッツの一員であることを嬉しく思っている」とレポーターに語っている。
ローは昨年、ペイトリオッツのスーパーボウル制覇に大きく貢献したが、契約延長についてチームともめている。現在の契約は2年間総額1690万ドルが残っているが、チームは彼に660万ドルのサインボーナスを含む4年間総額2600万ドルの延長をオファーした。しかし、ローはこれを「顔を叩かれた」ものと語り不満を表した。更に彼は「このチームのユニフォームをもう着ることさえないだろうね。それくらい、ここでプレイすることは気分悪いことだ」と続け、ベリチックを「嘘をついて金を貰っている」と評していた。だが木曜日、彼は和解の態度を見せ、チームのチャンピオンシップ防衛を助けたいとコメントしている。

[2004年6月16日]

ペイトリオッツがハレン獲得で攻撃ラインを補強

昨年度王者から誘いがかかったハレン

 ニューイングランド・ペイトリオッツは、FAの攻撃ライン、ボブ・ハレンを獲得した。ハレンはケント州立大から98年ドラフト2巡目でファルコンズに指名され4シーズンを過ごし、ここ2シーズンはチャージャーズに在籍していた。しかし、昨年はケガでシーズンのほとんどを棒に振っている。彼は3試合に出場した後、胸の筋肉を痛め故障者リストに入っていた。

 

[2004年5月12日]

ペイトリオッツがトレードでRBディロンを獲得

ついにディロンを手放したベンガルズの思惑は…

 ニューイングランド・ペイトリオッツは、ドラフト2巡目指名権とのトレードで、シンシナティ・ベンガルズのRBコーリー・ディロンを獲得した。29歳のディロンは、ベンガルズに7年間在籍しラン記録のほとんどを保持している。しかし、昨年チームがマーヴィン・ルイスHCの下、復活を遂げ充実したシーズンを送った中にあって役割の減少に不満を訴えていた。
一方スーパーボウルチャンピオンのペイトリオッツは、昨年ラン攻撃がリーグ27位と低迷し、QBトム・ブレイディのパスに依存する形となっていた。ビル・ベリチェックHCは「コーリーはケヴィン・フォークや他の有能なRBに加わり、すでに競争が激しいRBのポジションに厚みを加えてくれた」と語っている。このトレードにより、昨年から続いたベンガルズとディロンの争いに終止符が打たれた。ディロンは昨シーズン最終戦が終わると、ロッカールームを片付け繰り返し自らのトレードを働きかけていた。彼は昨季途中、脚の付け根を痛め欠場したことによりルディ・ジョンソンに先発の座を奪われていた。このトレードにより、ベンガルズは4巡目までに7つの指名権を保持することになる。

[2004年4月20日]

ベテランCBスミスがペイトリオッツ復帰

人望の厚いスミスだけに周囲の目も温かい

 ニューイングランド・ペイトリオッツは、ベテランCBオーティス・スミスと契約した。ペイトリオッツは肩のケガからの回復が順調でなかった彼を解雇してから、1年以内に呼び戻すことになった。38歳のスミスは昨シーズン、ライオンズでプレイし16試合に出場、13試合で先発している。彼は59タックル、1INT、1.5サックを挙げた。プロ14年の彼は、02年ペイトリオッツがスーパーボウル出場を果たしたときの立役者の1人となった。ラムズ戦で彼がQBカート・ワーナーから奪ったINTは、20対17となる決勝FGを演出した。ビル・ベリチェックHCは、昨年の8月に放出したとき彼を「真のチャンピオン」と呼び「みんな私よりもオーティスに敬意を払っているよ。これはロースターに関する難しい決断であった」と語っていた。
スミスは通算564タックル、5.5サック、29INTで645ヤード7TDを挙げている。彼は90年、FA新人としてイーグルスに入団した。95年ジェッツに移籍するまで5年間、イーグルスに在籍していた。そして96年ペイトリオッツと契約し9試合に出場、97年には敗れたがパッカーズと対戦したスーパーボウルにも出場している。97年にジェッツへ再加入し、00年前にペイトリオッツと再び契約を交わしていた。

[2004年4月14日]

元ペイトリオッツ、ジャイアンツのLBマッグリューが死去

46歳の若さで逝ったマグリュー
 ニューヨーク・ジャイアンツでスーパーボウル優勝を経験したローレンス・マッグリューが46歳の若さで死去した。マッグリューは4月2日、自宅で倒れ病院に運ばれたが、死去した。検視官によると死因は、まだ特定されていない。
 彼は1980年、南カリフォルニア大からドラフト2巡目でペイトリオッツに入団し11年間在籍した。この間、彼は先発アウトサイドLBを務めている。彼のベストシーズンは84年でキャリアハイの167タックルを記録、85年にはチームベストの92タックルを挙げ、スーパーボウル進出に貢献した。彼はその後、ブラウンズを経て90年シーズンの途中、ジャイアンツを契約した。彼はレギュラーシーズン、プレイオフを通して11試合に出場、主に控えとスペシャルチームでプレイしジャイアンツのスーパーボウル制覇の一員となった。
[2004年4月7日]

トレイラーがペイトリオッツに

 ニューイングランド・ペイトリオッツは守備タックルのキース・トレイラーを獲得した。彼はチームを去ったテッド・ワシントンの穴を埋めることとなる。無制限FAのトレイラーは、ベアーズで3シーズンを過ごした後、ペイトリオッツに加入することになる。NFL13年の彼は107試合の先発を含む通算171試合に出場、427タックル13サックを挙げている。3月初め、ワシントンはペイトリオッツからの3年契約のオファーを断ってFAになり、レイダースと4年契約を結んでいた。
[2004年4月1日]

ペイトリオッツのフォークが残留

パッツオフェンスに不可欠な走りをみせたフォーク
 ニューイングランド・ペイトリオッツは、RBケヴィン・フォークと再契約を結んだ。フォークはスーパーボウル制覇の昨季、ラン攻撃の鍵としてラン178回で自己新の638ヤードを挙げ、パス48捕球440ヤードを記録した。彼のラン獲得ヤードはアントワン・スミス、パス捕球ではWRディオン・ブランチに継ぐチーム2位であった。ルイジアナ州立大出身の彼は99年ドラフト2巡目でペイトリオッツに指名され、5年間のキャリアでラン通算1,875ヤード8TD、パス178捕球1,571ヤードに7TDを挙げている。また、フォークの3,353キックオフリターンヤードはフランチャイズ記録だ。
[2004年3月11日]

マクダニエルがペイトリオッツのQBコーチに

 ニューイングランド・ペイトリオッツは、新QBコーチにジョシュ・マクダニエルを選んだ。彼はこの3年間、QB部門の下位レベルのコーチをしていた。前任者のジョン・フネーゲルはNFLで30年のキャリアを誇るベテランで、ジャイアンツの新HCとなったトム・コフリンと再び働くことになる。彼はコフリンがジャガーズのHCを務めていたときの、QBコーチであった。マクダニエルは99年、ミシガン州立大の大学院生助手としてコーチ職のスタートを切った。その当時、ミシガン州立大のHCは今季、ルイジアナ州立大を全米王座に導き、最優秀コーチ賞を獲得したニック・セイバンである。WRコーチのブライアン・ダボールも同じようにサイバンの下でコーチ職を始め、ペイトリオッツで下位レベルのコーチを経て現在のポジションに昇格している。
[2004年2月16日]

ペイトリオッツがRBスミスを放出へ

来シーズンはペイトリオッツでプレーしないことが確実になったRBアントワン・スミス

 ニューイングランド・ペイトリオッツはRBアントワン・スミスとのオプション契約を更新しないこととなった。これにより彼は無制限FAとなる。7年目のスミスは2001年シーズンにスーパーボウルを制覇したあと2002年3月、ペイトリオッツと5年契約を結んでいた。ビル・ベリチェックHCは「ペイトリオッツでの3シーズン、彼はチームの成功に重要な役割を果していた。彼は本物のプロフェッショナルであった。この組織の一員として、私たちは彼が今後も成功を続けていることを願っている」と書面で語った。スミスは3シーズンの間、ペイトリオッツのリーディングラッシャーだった。彼は先週、パンサーズとのスーパーボウルで試合の鍵となるTDを決めていた。彼はペイトリオッツと2001年6月にFAで契約する前、ビルズで4年間プレーしていた。

[2004年2月9日]

ペイトリオッツがパレードを実施

まさにチーム全員の力で手にした2度目の栄光

 ニューイングランド・ペイトリオッツはボストン市内でスーパーボウル制覇のパレードを行った。MVPを受賞したQBブレイディが「俺たちは(スーパーボウルチャンピオンとして)戻ってきた」とシティーホールプラザに集まった観客に向かって叫んだ。そして彼は「ロンヴァルディトロフィーなしに、俺たちがこの場に戻ってくることはあり得なかった。俺たちは、この場にいるべきファンと共に戻ってきた」と語り、MVPと呼ぶファンに対して「1つめは素晴らしかったが、2つめはもっと素晴らしい。しかし、俺には3個目が必要だ」と語った。オーナーのロバート・クラフトとビル・ベリチェックHCは選手たちの、チーム重視の態度がスーパーボウル制覇までの15連勝を導いたと賞賛した。ベリチェックは「チームが目標を達成するために、皆が自分の主張を犠牲にしなければならない。そしてうちの選手たちは、それを行った。だからこそ、彼らはチャンピオンになったんだ」と語った。クラフト、ベリチェック、ブレイディはオールプロCB、タイ・ローと数千人のファンから拍手を受け、勝利のダンスを踊った。

[2004年2月4日]

ファン、ペイトリオッツを歓迎!

ペイトリオッツを3年で2度目のスーパーボウル制覇に導いたヘッドコーチ ビル・ベリチック

 第38回スーパーボウルの行われたヒューストンから現地時間2月2日にジレット・スタジアムに戻ったペイトリオッツ・オーナー ロバート・クラフトは、バスから降りる途中で待ち受ける数千人のファンに向かってヴィンス・ロンバルディ・トロフィーを掲げた。
 「我々のファンは信じられないよ」、クラフトは2年ぶり2度目にスーパーボウルを制覇したチームの帰還を、長い時間待っていたファンたちを見て言った。
 ペイトリオッツは2月1日にテキサス州ヒューストンのリライアント・スタジアムで行われたスーパーボウルで、試合終了4秒前にKアダム・ヴィナティエリが逆転のFGを決め、32対29でパンサーズに劇的な勝利を収めた。
 2月3日にはボストン市街で優勝パレードが行われる予定で、この日はスーパーボウルMVPとしてディズニーワールドに招待されたため、チームとは別行動をとっているQBトム・ブレイディも参加する。
 「このファンたちのおかげで勝つことができた」、ペイトリオッツとスーパーボウルロゴ入りのバスローブを着てバスから降りたOTマット・ライトはしみじみと話した。
 ルーキーCダン・コッペンは初めて見る光景に、「今は何も言葉にならない」とコメントした。

[2004年2月3日]

ブルスキが練習に参加

復帰が濃厚なブルスキ

 ニューイングランド・ペイトリオッツのテディ・ブルスキはAFCチャンピオンシップで負った脚のケガの影響を見せず、今日の90分間の練習に参加した。しかしTEのクリスチャン・フォーリエイ、RBパトリック・パスと共に故障者リストに載っている。ペイトリオッツはテキサンズの室内フィールドから、ライス大学の屋外スタジアムに練習の場を移した。スーパーボウルはリライアントスタジアムで行われるが、開閉式の屋根はほとんど閉まる予定だ。ビル・ベリチェックHCは「チームにとって最も興味深いのはここにいることだと思う。風が強いことは私たちが今までプレーしていた状況とおそらく似ている」とリポーターに語っている。Sのユージーン・ウィルソンはある期間、サイドラインにいてストレッチをした後、練習に戻っていった。ベリチェックは、彼については問題ないと言っている。

[2004年1月29日]

故障者情報、ペイトリオッツは3人、パンサーズは0人

エースRBデイヴィスの走りがみられそう

 ニューイングランド・ペイトリオッツはLBのテディ・ブルスキがプロバブル(Probable)リスト、そしてTEのクリスチャン・フォーリエイ、RBのパトリック・パスも同リストに載っている。彼らはスーパーボウルに出場する可能性は75%である。パンサーズは故障者リストに誰も入っていない。RBスティーヴン・デイヴィスは練習にすべて参加できるまでに回復した。彼は1月10日のディビジョナル・プレイオフのラムズ戦で左脚の大腿四頭筋を負傷していた。NFCチャンピオンシップから、普段より試合間隔が1週間空いたことに関してデイヴィスは今週の始めに「回復するのにとても役立った。ただ、休んで治療をしていたことが、大きな利点となった」と語っている。

[2004年1月29日]

ペイトリオッツが強風の中、練習

ヒューストン到着後もすぐに練習に移ったパッツ

 天候が荒れているボストンから離れ、ヒューストンに到着した翌日、屋外のライス大のスタジアムで練習したペイトリオッツは強風に苦しめられた。ビル・ベリチェックHCは「このような風の日はキックをするのがタフになる」と練習を見に来ていたレポーターに語った。一通りの練習を1時間45分かけて行い、ベリチェックが選手たちを集めて簡単な話しを行う前、最後は軽く走り、キッカーのヴィナティエリが数本のFGを決めて練習を終えていた。コルツとのAFCチャンピオンシップで脚を痛めたLBテディ・ブルスキを含む全員が練習に参加。選手たちはヘルメットにウインドブレーカーを着用していたが、それでもボストンよりは気候は暖かい。スーパーボウルは開閉式の屋根を持つリライアント・スタジアムで行われるため、もし当日の天候が悪かった場合、屋根は閉められる予定だ。

[2004年1月27日]

ブルスキの脚の状態は回復も、詳細は明らかにされず

思ったほど悪い状態ではなかったブルスキのケガ
 ニューイングランド・ペイトリオッツのLB、テディ・ブルスキの痛めた右脚は回復している。しかし、ケガの状態については明らかにされていない。ビル・ベリチェックHCは「彼のケガは月曜日よりも、かなり良くなった。私たちは毎日、彼の状態を見ていく」と語った。ベリチェックはシーズンを通して、ケガに関しては少ししか詳細を発表しない方針でいる。ペイトリオッツは、チームキャプテンでチーム2位のタックル数を残したブルスキが脚を負傷したとしか、発表していない。ブルスキはスーパーボウルに出場できるか、どうかについて何も語っていない。彼は「何も知らせることはないよ。申し訳ないが、この件についてどういうことになっているかは知っていると思う。それに俺はルールには従っている。スーパーボウルまで2週間あるのは嬉しい。いつもバイウィークは回復するのに良いことなのは明らかだからね」と語っている。
[2004年1月23日]

ブルスキが脚の故障で検査

チーム2位のタックル数をあげていたブルスキの状態やいかに
 ニューイングランド・ペイトリオッツのLB、テディ・ブルスキが痛めた脚の検査を受ける。彼はAFCチャンピオンシップのコルツ戦で、脚を引きずりながらフィールドを去っていた。ビル・ベリチェックHCは、彼のケガについては少しの情報しか報告していない。彼は「私たちは、彼がどんな状態なのか見ている。何か分かり次第すぐに、情報を知らせる」と語った。ブルスキはコルツ戦の残り1分51秒で、相手のパスを防いだ際に右脚を負傷した。彼はこの試合、5タックルを記録していた。彼はレギュラシーズン16試合、すべてに出場しチーム2位のタックル数を挙げている。
[2004年1月20日]

マッギネストがプロボウルへ

プレイオフでも活躍しているネッギネスト
 ニューイングランド・ペイトリオッツのLBウィリー・マッギネストが、プロボウルのAFCロースターに加わることになった。彼はチームメイトのタイ・ロウ、リチャード・シーモアと共にプレーする。プロ10年目のマッギネストにとって、2度目のプロボウル出場となる。彼は今季、チーム5位の79タックルに5.5サックを記録した。そして第16週、9タックルに1.5サック、15ヤードのINTリターンTDを挙げてジェッツ戦の勝利に貢献し、AFCの週間守備選手賞を獲得した。彼はフランチャイズ史上4位の通算62.5サックを挙げており、プロ10年間で139試合中114試合に出場し577タックルを記録している。
[2004年1月15日]

→戻る