Fri, 10/10/2003 10:06 am UPDATE
2004シーズン NFLとは NFLヨーロッパ NFLイベント NFLフラッグフットボール サイトマップ
NFLビギナー NFLマニア NFLエンタメ コミュニティレポート NFL JAPAN チアリーダー
   NFL JAPAN top page>NFLとは>NFL人気度
NFLとは
NFLとは
NFLの組織
ヒストリー
シーズンの流れ
チームインフォメーション
スーパーボウルとは
NFL人気度

NFL人気度

 NFLは過去38年間アメリカで最も人気のあるスポーツの座を保ってきた。ハリス社で毎年行われる調査で、1965年以来1位の人気を誇っているのを初めとして、様々な調査で多くのファンがNFLを最も好きなスポーツとして答えている。次の表はアメリカのスポーツ専門ケーブルTV局、ESPNが2002年に行った調査の結果である。
 
表:観戦するのが好きなスポーツ(2002年ESPN調べ)
 
表:熱狂的ファンであるスポーツ(2002年ESPN調べ)
 
 近年、スポーツを非難することが娯楽となりつつある。批評家たちは労使問題、オーナー権の問題、テレビ視聴率の下降、観客動員の減少などを嘆いている。しかし、NFLはそれとは逆の上昇傾向にある。
 「市場に介入する多くの巨大企業がスポーツ関連のスポンサー契約を減らしている時期に、NFLだけは得点を挙げ続けている」と、USAトゥデイ紙が、昨春NFLが連続して成立させた巨大契約についてレポートした。
 「NFLを観察すると、スポーツ界における真のアメリカの情熱がNFLであることがよくわかります」と語るのは、2億ドルに及ぶと言われる5年間のスポンサー契約を交わしたペプシコ社のスポーツマーケティング部長、ジョン・ギャロウェイ。「私たちは、NFLのパワーを信じています」。 
 それは、他のアメリカ企業も同様だった。いくつかの例を挙げてみよう。
 
スポンサー契約 NFLは昨年、クアーズ社とスポンサー契約を締結した(5年間で3億ドルとの報道)。この契約と、前述のペプシコ社との契約は、全国的な展開として独占的な権利となる一方で、各チームにはそれぞれの都市でこれら2社並びに同業他社との契約も認めている。また、モトローラ社も、全国的な独占的権利を、5年間2億ドルで更新した。
テレビ放送 2002年のNFLの試合中継(視聴率10・1%)は、ゴールデンアワーの平均視聴率(7・1%)を42%上回り、過去5年間で最大の差となった。一方、『NFLマンデーナイト・フットボール』は、01年のテレビシーズンで全番組中10位につける人気を集め、18歳から49歳の男性視聴者を対象とした調査では1位につけた。
 

下の表は2002年シーズンでの他スポーツリーグとのレギュラーシーズン中の平均視聴率の比較である:

表:レギュラーシーズンの平均視聴率(2002年ニールセン社調べ)
商品 『ライセンス・マガジン』2003年4月号によると、NFLファンはNFLグッズを総計31億ドル以上購入してスポーツリーグの中ではトップ、世界のライセンスブランドの中でも、ディズニー(140億ドル)、ワーナー・ブラザース(60億ドル)、ボンジュール(50億ドル)に次ぐ4位につける。
 
下の表は、他スポーツリーグとの12歳以上のファンがライセンス商品を持っている比較である:
表:12歳以上のファンがライセンス商品を持っている割合(2002年ESPN調べ)
サイバースペースでも熱狂は変わらず、多くのファンがNFL.comを自分のホームページに選んでいる。2002年9月にNFLのオフィシャルサイトを訪れたファンの数は990万人に達し、スポーツリーグのサイトとしては群を抜く数字で、全体でも、全てのスポーツ情報をファンに提供するESPN.comに次ぐ人気となっている。
ウォールストリート 投資家たちが、NFL株に殺到した。2002年5月、G_3スタジアム建設計画の資金援助のため、NFLは15年債を3千5百万ドル分を売却した。格付け会社フィッチ社のマネージングディレクター、ダン・シャンポウは、「NFLは、3つの要素で支えられている非常に強力な団体です。3つとは、全国中継のテレビ放映契約、各チーム間における利益分配、そして選手会との協和的な関係です」と語った。
 
 
以下にNFLの人気を示す様々なデータを集めてみた:
 
◎2002シーズンは観客動員過去最高を記録
2002シーズン中にスタジアムでNFLのレギュラーシーズンゲームを観戦したファンは、合計で過去最高の16,833,310人にのぼり、1試合平均で65,755人がスタジアムに詰め掛けたことになる。「スポーツ界最高のファンに、今年も今までと変わらぬ絶大な声援を頂いたことを感謝します」とNFLコミッショナー、ポール・タグリアブー。「我々のチームと選手たちは、NFLのスタジアムを訪れる熱狂的なファンを非常にありがたく思っています」。レギュラーシーズン全256試合で売れた16,833,310枚のチケットは、有料入場者数が全スタジアムの合計収容人員の90%を超えたことを示している。また、これも新記録となる89%(256試合中229試合)の試合が、キックオフの72時間前には完売している。これまでの記録は2000シーズンの86%だった。

有料入場者数を基準にしたトップ5シーズンは、下の表の通り:
 
観客動員数 試合数 平均観客動員
2002 16,833,310 256 65,755
2000 16,387,289 248 66,078
1999 16,206,640 248 65,349
2001 16,166,258 248 65,187
1998 15,364,873 240 64,020
 
 
◆NFLの試合は「予約されたテレビ番組」
 「スポーツファンは、NFLを見る「予約」をする。
 2002年にESPNが行った調査で、このような結果が出た。
 「予約されたテレビ番組」は、事前に番組を見るプランを立てる習慣があるという意味で、NFLは他のどのスポーツ番組よりも多くの支持を得ている。調査では、NFL、メジャーリーグ、NBA、NHLのどのスポーツを「見ようと思い、選択肢の中から選ぶ、またはチャンネルを変えている時にそのスポーツのところで止まる」かを尋ねた。
 NFLファンの7割(70.2%)が、フットボールを計画的に見ると答え、他のスポーツを大きく上回っている。ランキングは下表の通り
 
予約されたテレビ番組
(スポーツを計画的に見ると答えた人の割合)
 
 
◎NFLの存在がニューオーリンズにもたらした利益
セインツの経済効果
 スーパーボウルが、ホスト都市に膨大な経済効果をもたらすことはよく知られている。スーパーボウルが多く開かれるニューオーリンズにとっては朗報だ。
 あまり知られていない事実は、ニューオーリンズがすでにNFLの存在によって多大な利益をこうむっていること。ニューオーリンズ大学が最近行った調査によると、セインツは、ルイジアナ地域で、州と地元政府に2,059万ドルをもたらした。このうち、1,436万ドルはルイジアナ州が、621万ドルはニューオーリンズ地区の地元政府が受け取った。
 調査では、今後25年間にセインツがもたらすと予期される影響を『驚異的』であるとしている。現在のドルで計算した場合、今後25年間に州にもたらされる経済効果は125億8千万ドルにのぼると予測された。
 
 
◎NFLについてのコメント…
NFLについて、スポーツを取材するコメンテーターや記者が語ったコメントを集めてみた。
「我々の社会は、フットボールを基盤として成り立っていると思う。フットボールはテレビにはもってこいのスポーツだ。スタジアムを見渡すと、半分のファンが本物そっくりのジャージを着ている。毎シーズン、多くの試合で最後の最後まで勝敗がわからない激戦が見られる。野球がアメリカの国民的娯楽ならば、フットボールはアメリカの情熱そのものだ」−ブーマー・イサイアソン、CBSラジオ
「NFLは支配しているだけではない。君主であり、主権者であり、王である」−ラリー・ワイズマン、USAトゥデイ

「まだまだNFLは最も熱いスポーツだ」−ジェームズ・ブラウン、FOX・TV
「NFLはいまだにボスであり、畏敬の念を起こさせる存在で、今日ある中で最高のプロスポーツだ。断固としたアメリカの現象で、過去に現在ほどの人気があったことはない。今シーズンもまた、NFLは他の全てのスポーツリーグのねたみを受けた。健康的で幸福で、今後もすばらしい年を迎え続けることだろう」−ショーン・パウェル、ニューズデイ

「他からうらやましがられるスポーツ・リーグだ。NFLは驚異的なほど独創的だ。誰がケチをつけるだろうか。収益分配がしっかりしていて、競う機会が全員に公平に与えられている。均等に組まれたスケジュールが、急速な成長の機会を広げている。サラリーキャップの条項が判断ミスを犯したチームに罰を与える仕組みを成しており、ひとつのチームが長期にわたってトップに君臨する可能性をほとんどなくしている。NFLこそが競技の原点だ」−ボブ・ライアン、グローブ

「NFLがアメリカのスポーツ界のトップに君臨していることは、言うまでもない。NFLは(汚い言葉で形容されることもある)平等の精神を基にピラミッド型の成功を築いている。リーグには、いずれも健全なチームが揃っている。野球・バスケットボールあるいはホッケーのように、給料が手のつけられない方向に進むことをNFLは平等の精神で防いでいる。同時に、1987年以降労使間の和平が保たれていることにも役立っている。他の3つのメジャースポーツは、いずれも手痛いストライキやロックアウトを経験した。これに、今ではアメリカの文化に染み込み、唯一自分たちで宣伝活動を行ってきたリーグが30年にわたって養ってきた、注意深く作り上げられたタフな男のイメージを加えれば、“新世紀で間違いなく最高の価値をもつスポーツ界の資産は、NFLのチームである”の定義が出来あがる。これは、ハーヴァード大法学部スポーツ法の客員専門家でホロウ・スポーツ・ベンチャーズ/オムニコムの社長、リック・ホロウの言葉である」−マルコス・ブレントン、サクラメント・ビー

「人々は、NFLに飽きることはない。シーズンの長さは疲れるものではないから」−レスリー・ヴィサー、CBSスポーツ 「今シーズンは、多くの試合が最後の最後までもつれ、近年で最もエキサイティングなNFLシーズンだった」・グレン・ディッキー、プロフットボール・ウィークリー

「NFLがアメリカの真の国民的娯楽であることを、改めて示したのには理由がある。プレーオフでのコマーシャルは関係ない。それは、『平等の精神』だ。様々な報道に毒されている同胞が平等の精神を侮辱的な言葉のように口にすることがあるが、私の考えでは、平等の精神こそがNFLを他の米国プロスポーツリーグと区別するものであると思っている」―ボブ・クラヴィッツ、インディアナポリス・スター

「フリーエージェント制かもしれないし、エクスパンションチームのおかげかもしれない。いずれにしろこの5年間は、近年のプロフットボールの、他のどの5年間と比べても負けないくらいすばらしく、もしかしたら過去を越えているかもしれない」−ダン・デイリー、ワシントン・タイムズ

→戻る